カブログゥ!

相場観や経済、投資、トレードの話題中心のブログです。

2013年05月

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!


現在 2013年5月31日 16:06

31日の東京株式市場は反発。
ですが、700円以上も下落した翌日にしては弱いといっていいでしょう。
日経平均1.37%上昇に対してTOPIXは0.12%の上昇に止まりました。
月末でしたので月足が10ヶ月連続の陽線になるかどうかに市場参加者の視線が集まりました。
結果、引け前に値を消したため5月の月足は陰線。「セルインメイ」となりました。

日経平均 月足チャート
平成25年5月31日(金)日経平均月足チャート

今月はまさに激動に1ヶ月となりました。
値動きもそうですが、売買高も過去最高となっております。
俯瞰して冷静にこの月足を見ると、この先新高値更新をするとしても時間が掛かる可能性が高いです。
過去の動きはそこまで参考にはなりませんが、同じような上昇過程での調整局面というと、
2006年の4月から6月の調整局面を思い出します。
この時は高値17563円から安値14045円まで調整しました。下落率は20%です。
日経平均の5月高値は15942円ですが、20%下落すると12753円となります。
その辺りまで下落する展開も想定しておきたいところ。
個別銘柄で気になるのは、日経平均寄与度が非常に大きいファーストリテイリングでしょうか。

ファーストリテイリング<9983> 日足チャート
平成25年5月31日(金)ファーストリテイリング日足チャート

ファンダメンタルズ面ではかなり割高といっても過言ではありません。
株価20000円でも全然違和感はないのですが、日経平均の上昇に伴いファーストリテイリングの株価も一気に40000円台まで上昇。
印象に残ったのはやはり23日の無茶な上昇&下落です。株価は高値44400円から一気に38100円まで下落。
仮にファーストリテイリング個別の材料で急落すれば、日経平均にも相応の影響を与えるでしょう。
全体相場の鍵を握る銘柄だけに6月の動きにも注目です。

今月は何とか利益を上げることができましたが、疲れましたね(笑)
アベノミクスへの期待相場は一旦終了し、新たな相場に突入したとみていいでしょう。
6月は下値を固めることが出来るのかどうかに注目ですね。
皆さん今月も1ヶ月おつかれさまでした。


●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

本日の相場観


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!


[日経平均]
13,774.54 (+185.51)

[出来高]
41億5455万株

[売買代金]
3兆2441億円

[次の新月]
6月9日

[売買シグナル]
騰落レシオ 98.7%
25日乖離率 -4.7%
ストキャス 12.3%
RSI 36.9%

[三本新値]
陽転値 15,381.02円
(5月23日 陰転)

31日の東京株式市場は反発。
日経平均は反発した・・・・が、
前日急落したファーストリテイリングやファナックといった値がさ株の上昇でかなり嵩上げされている。
またもや引け直前に先物が値をスルスルと下げたが、先物の不安定な動きも続いている。
ちなみに日経平均は14:53に13900円をつけたあと引けでは13774円と7分で130円一気に値を消した。
暴落から1週間経過したが荒れた動きは収束せず。来週も値振れの激しい展開が続きそうだ。
本日も新規の仕掛けはなし。


●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!


現在 2013年5月30日 15:50

30日の東京株式市場は大幅反落となりました。
先週23日に日経平均は歴史的な暴落を見せましたが、余波は消えていないようです。
日経平均先物は22日の夜間取引で16000円を付けた後、一週間で13600円まで下落。
商いが急激に増えたツケでボラティリティがかなり大きくなっていますが、
落ち着くまでにはまだ時間を要しそうです。
結局、五月の連休明けから見せた上昇分は5営業日で帳消しという予想だにしない展開となりました。

これといった悪材料がないだけに、先行きを楽観視する声も多いようです。
私も、さすがにここから往って来いの相場になる可能性は低いと見ています。
ただ、異次元緩和が思わぬ副作用や歪みを生む可能性もあるだけに、度を超した楽観は禁物だと考えて居ます。
昨年4月からの調整局面ではあっと言う間に往って来いとなりましたが、天井がどこかは誰にも予測出来ません。
16000円が天井になる可能性も当然あるわけで、固定観念は持たない方が良いでしょう。

日経平均 日足チャート
平成25年5月30日(木)日経平均日足

日経平均は昨秋の衆院解散以降、25日移動平均線を割って引けたのは4/2の1日のみでした。
しかし、現在日経平均は完全に25日移動平均線を割っており、トレンドは上昇トレンドから横ばいに変わったとみていいでしょう。
引き続き、安易な押し目買いは慎むべきと言うスタンスは維持。
米国株の上昇には連動せず、下落時には過剰に反応する状態も危惧されるところです。










●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

本日の相場観


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!



[日経平均]
13,589.03 (-737.43)

[出来高]
44億7963万株

[売買代金]
3兆3708億円

[次の新月]
6月9日

[売買シグナル]
騰落レシオ 97.4%
25日乖離率 -6.1%
ストキャス 15.7%
RSI 36.8%

[三本新値]
陽転値 15,381.02円
(5月23日 陰転)

30日の東京株式市場は続落。
日経平均はファーストリテイリングの痛烈な下落もあり5%超の大幅続落。
終始売り優勢で日経平均は五月の安値13660円を割って引けた。
大幅に下落して引けた為、自律反発も考えられるが短期トレンドは明確に下を向いている。
本日は買い銘柄1銘柄を損切りし、空売りで1銘柄を組み入れ。
混乱はまだ続くと思われ、大きなリスクを取る局面ではない。






●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!


現在2013年5月29日 15:37

荒れた動きが続く東京株式市場。
29日も上下に大きく振れる方向性の定まらない動きが目立ちました。
日経平均は引け10分前から謎の急落。一気に上昇幅を縮め、前日とほぼ変わらずで引けました。
今日は流石に、崩れる事はないかと思ったのですが分からないものですね。
TOPIXは日経平均よりも強く、全体相場は一定の反発を見せましたがまだ調整色は強いです。
振幅の激しい値動きに振り回される方も多いと思いますが、嵐が過ぎ去るのを待ちましょう。
こういう時は短期の値動きはあまり参考になりません。
週足や月足を見てポイントを定めたい局面です。

日経平均 週足チャート
平成25年5月29日(水)日経平均週足

日経平均 月足チャート
平成25年5月29日(水)日経平均月足

…週足チャートも月足チャートも正直、良い形とは言えません。
チャートは平気で騙しますから妄信は禁物ですが、需給悪化を示唆しています。
ここから短期で高値更新となると相当な無茶をしないと無理です。
足元の反発で調整完了と楽観はしない方がいいでしょう。
特に月足チャートのここまで長い上髭は近年、お目に掛かったことはありません。
今月も残すところ2営業日ですので、ここから月足の大きな変化はちょっと見込み薄です。
5月は急スピードで突っ走り衝突したような形となりました。
来月からは調整~横ばいの展開も想定され、これまでよりも我慢が強いられそうです。


●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。』

記事検索
簡易実績

ランキング

☟クリックお願いします☆☟ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




  • ライブドアブログ