カブログゥ!

相場観や経済、投資、トレードの話題中心のブログです。

2013年08月

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!


現在 2013年8月30日 16:28

8月最後の日経平均は反落で引け、8月の日経平均株価月足は陰線となりました。
8月を振り返ってみると月初に急騰したものの、その後は尻すぼみでしたね。
7月に続き大きな上髭が示現しました。

日経平均株価 月足チャート
平成25年8月30日(金)日経平均月足

アノマリー通りの動きとなりました。
商いも急減しており、8月は典型的な夏枯れ相場となりました。
チャートの形は良くありませんし、先安感も強い形状です。
但し、6月下旬に揉み合った水準を下抜けている訳ではありません。
揉み合いが当分続く可能性も考慮しておくべきでしょう。
短期投資の場合、テクニカル面だけで判断するなら今は売りにやや分がある相場つきです。
しかし、急反発の可能性もあるため今の水準から売るならロスカットのラインは小さく取るべきでしょう。

来月はイベントが目白押しです。
来週末の米雇用統計が第一関門ですね。
その次がオリンピック開催地決定。
2020年のオリンピック開催地ですが現在、海外のオッズでは東京が最有力とされているようです。
しかし、こればかりは蓋を開けてみなければなんとも言えません。
関連銘柄は軒並み上昇していますから、落選すれば下落は免れません。
問題は東京に決まった場合ですね。
ポジティブな材料だとは思いますが材料出尽くしで下げる可能性もあり、株価動向が注目されます。

持ち越しスイングトレードの場合こういう、ちゃぶついた時期が一番損失を膨らませやすいと言ってもいいです。
とにかくエントリー前の根拠と手仕舞いのルールは明確にしておきたいところ。
来月に入っても方向感のない相場が暫く続きそうですが、堅実に立ち回りましょう。
皆さん今週も一週間おつかれさまでした。


●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

本日の相場観


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!


[日経平均]
13,388.86 (-70.85)

[出来高]
22億2070万株

[売買代金]
1兆9703億円

[次の新月]
9月5日

[売買シグナル]
騰落レシオ 79.1%
25日乖離率 -2.5%
ストキャス 37.7%
RSI 47.2%

[三本新値]
陽転値 13,660.55円
(8月28日 陰転)

8月最後の東京株式市場、日経平均は反落で引けた。
朝方は米国株の小幅上昇と円安を受けて堅調なスタートを切ったがジリジリ値を下げる展開。
9月はイベント目白押しだがシリア情勢など不透明な外部要因や、
来週2日はレーバーデーで米国株式市場が休みの為、ポジション調整の売りが出たようだ。
8月は結局月足陰線となった。
ここから更に大きく下落する展開も想像し難いが、底打ち感もない。
9月のFOMCまでは方向感のない動きが続きそうだ。
今日も新規エントリーはなし。
持ち越しのスイングトレードの場合、こういう時期に下手にリスクを抱えるべきではない。

●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!


現在 2013年8月29日 16:32

今日の東京市場、日経平均株価は反発しました。
大引け後に円安が急伸し、日経平均先物は夜間取引で上昇しています。
商いは依然として低水準で、依然として夏枯れ続き。
暫くは冴えない動きが続きそうです。

今、シリア情勢が問題になっていますがこういったケースは実際に軍事介入が行われた時点で株価が反転するケースも多いため、必要以上に懸念する必要はないと見ています。
今日もシリア情勢を意識して原油関連銘柄が大きくしました。
騰勢が続くかどうかはシリア情勢の先行き次第といったところ。


今日は某投資顧問さんである銘柄を助言されて、凄い含み損で動けず困っているという相談メールを頂きました。
その銘柄はコチラです。

Jトラスト<8508> 日足チャート 
平成25年8月29日(木)Jトラスト

なんでも7月に助言されたそうですが、
その際「この上ない底値で知ってる人は買い集めてる」と言われたそうです。
チャートを見て頂ければ分かりますが、先日急落。
その際、その某投資顧問さんからはナンピンしろと助言されたそうです。
私は自分の投資手法や主観が絶対に正しいとは言いません。
逆張りで利益を出している一握りの投資家が居るのも事実です。
ですので、その助言を間違っているとは言いません。
が、相談された以上は私なりの見解をハッキリと返答させて頂きました。

まず、このJトラストは75日移動平均線の下にあり明確な下げトレンドです。
下げトレンドの銘柄に買いで入るということは逆張りとなります。
逆張りの場合、トレンドに逆らった売買ですから短期投資が基本となります。
仮に長期投資前提でナンピンする場合は事前に買い下がる値を計画しておき、
最終的なロスカットの価格も設定しておかねばなりません。
ナンピンは本当に計画的に行わないと致命傷を負うリスクが非常に高くなるのです。
ですので、助言された投資顧問さんにそう言った計画を確認した上で返答がないようなら損切りした方が良いと返答しました。

この投資顧問さんの助言で私が疑問に思ったのは「知ってる人は買い集めている」という部分です。
私は誰が買い集めているとかそういう話は基本無視します。
寄り付き前の売買動向も見るには見ますが、そこまで真に受けません。
そういう情報が表に出て来た時点で逆に売り抜けたいのかな?と考えなければなりません。
まぁ、明らかに商いが増え、チャート的にも上昇しそうな形なら飛び乗る事もあります。
しかしチャートの形は非常に悪く、商いも減ってきているのに「誰々が買っているから」という情報だけで飛び乗る事は絶対にありません。
そういう「筋が買っている」系の胡散臭い話は無視しましょう(笑)
それで仮に一時儲けられたとしても後々大損する可能性大です。
私も過去にそういう痛い経験をしたことがあり、胸を張って言えます。


●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

本日の相場観


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!


[日経平均]
13,459.71 (+121.25)

[出来高]
18億1012万株

[売買代金]
1兆4763億円

[次の新月]
9月5日

[売買シグナル]
騰落レシオ 77.8%
25日乖離率 -2.2%
ストキャス 41.7%
RSI 46.7%

[三本新値]
陽転値 13,660.55円
(8月28日 陰転)

28日の東京株式市場、日経平均は反発。
シリア情勢は一先ず落ち着き、米国株の下げ止まりを好感した形。
商いは薄く、自律反発とみるが短期的に14000円程度までの戻りはあってもおかしくない。
但し、9月もイベント目白押しでFOMCの結果が出るまでは神経質な動きが続きそうだ。
個別銘柄では逆行高しているものもあるが、基本は全体相場を見ながら対応したい。
今は利益を狙うより、大きな損失を出さないよう心掛けたい局面。


●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!


シリア情勢の緊迫化が嫌気され27日の米国株は大幅安。
今日28日の日経平均株価も影響は避けられず大幅続落となりました。
米国と同盟国が29日にもシリアの反体制派に対して攻撃を行うとの情報もあり、
夏枯れで閑散とした相場にとっては恰好の材料となったようです。

日経平均株価 日足チャート
平成25年8月28日(水)日経平均

日経平均株価の日足チャートを見ると、トレンドは下向きで形は悪いです。
今日は後場にかなり下げ幅を縮小して引けましたが、商いも薄く力強さはありません。
小口の売買で大きく振れやすい相場ですから短期間で大きく戻す可能性もありますが、
やはりまだ今は慎重に立ち回るべきでしょう。

シリア問題自体はそう大きな問題に発展することはないと見ています。
ただ、最近の相場は先物の動きでやけに大きく動きます。意外安もあると考えた方が良いかも知れません。
トレードを続けて行く上でこういうトレンドのない期間をどう過ごすかというのはかなり大事なポイントです。
大きな損失をしないことを心掛け、焦らずいきましょう。



●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

記事検索
簡易実績

ランキング

☟クリックお願いします☆☟ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




  • ライブドアブログ