カブログゥ!

相場観や経済、投資、トレードの話題中心のブログです。

2013年11月

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!


現在 2013年11月29日 16時21分

日経平均、下げそうで下げませんね。
一時200円超下げる場面もありましたが、大引けにかけて下げ幅を縮小しました。
11月相場も今日で終わり。月足チャートを見てみましょう。

日経平均株価 月足チャート
平成25年11月29日(金)日経平均月足チャート

やはり、11月は強い・・・。
力強い陽線が示現し、節目超えを伺わせる動きです。
節目を超えた事で強気論者もかなり増えて来ました。
円相場でも明確な円安トレンドが形成されており、素直に考えるなら買いとなります。
個別株では年初来高値に届いていない銘柄も多く、
その辺りにしっかり買いが入って来るかどうかに注目したいですね。

去年の11月に所謂アベノミクス相場が始まって今月で1年が経ちました。
昨年11月から5月までの半年と5月から11月までの半年で相場はガラリと動きが変わりましたが、
1年、本当に早いものだとヒシヒシ感じます。
皆さん昨年の11月から1年、振り返って見ていかがでしょうか?

相場は勝ち逃げするのが非常に難しいところです。
今年1年で凄まじい好成績を出したとしても、
資金管理やリスク管理を怠ればそれがものの数ヶ月でマイナスになります。
短期の成績に一喜一憂するのもいいですが、
やはり3年、5年、10年経ってどうだったのかという長期的な視点が大切だと思います。
今年も5月までの上昇相場で大きく儲けて、その後の半年で吐き出した方も多いのではないでしょうか。

そう考えると、いつ仕込むかというのも大事ですが、いつ仕込まないかというのも大事ですね。
5月の高値局面を振り返って見ると、やはりあの時は周りが総強気といって良い状況でした。
アナリストも続々と目標高値を切り上げており、日経平均18000円という声も出始めていた矢先の急落でした。
2011年の3.11の際もそうでしたが、先物・オプションで退場者続出の光景を目の当たりにして、
私は改めて株式の優位性を噛み締めました。
欲という時は“谷が欠ける”と書きます。
山あり谷ありではなく、山しかありません。尽きることがないのです。
利益だけが全てとなってしまうと巨利を得るため無茶な売買をしたり、
損失に対する恐怖からエントリーを見送ってしまう事になりかねません。
それよりも、銘柄選別の鑑定眼や売買技術を磨くということを追求したいですね。



●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

本日の相場観


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!


[日経平均]
15,661.87 (-65.25)

[出来高]
23億8141万株

[売買代金]
2兆1536億円

[次の新月]
12月3日

[売買シグナル]
騰落レシオ 103.7%
25日乖離率 5.4%
ストキャス 88.7%
RSI 83.4%

[三本新値]
陰転値 15,365.60円
(11月14日 陽転)

29日の東京市場、日経平均株価は反落となった。
今日は前場に大きく円安に動いたが、日経平均がそれほど伸びず。
後場に入り円相場がジリジリ円高に動き始めると日経平均は下げ幅を拡大。
後場に200円近く下落する場面もあったが、引けにかけ持ち直した。
大した調整も挟まず上昇を続けて来た反動が後場に出たようだが、崩れないところが地合いの強さを表している。
今日で11月相場も終わり、週明けからは師走相場入り。
2日新甫は荒れると言うだけに波乱も予想される。
ただ、短期的な調整があったとしてもそこまで大きく下押す展開は考え難い。
ここから節税対策の売りや5月から保有を続けている個人投資家のヤレヤレ売りも出ると思われるが、
下値の堅さを見極めたいところだ。
米感謝祭で海外勢休暇の為、商いが細ると予想されたが売買代金は2兆円を超えている。


●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!


現在 2013年11月28日 16:07

強い日経平均。
円安を受けて一気に終値ベースでの年初来高値更新となりました。
感謝祭前で大きな動きはないだろうと見ていたところ、この動き。
相場とは本当に天邪鬼ですね(汗)
さすがに海外投資家が休暇入りする事を考えると、
このまま4月~5月にかけてのようなブル相場が来るとは考え難いところ。
ただ、現状の先物主導で思いがけない値を付ける可能性も考えられます。
舵取りが難しい局面ですが、押すまで待つか少額で損切り値を決めて割り切って乗っていく相場でしょう。

NT倍率は昨日の動きで水準訂正に入るかな~と思ったのですが、更に肥大。
確かに、NT倍率やオシレーターなどは明らかに過熱水準にありますが、
昨日の独り言でも言ったように5月の急落局面程の過熱感がないのも事実。
銘柄をしっかり選定し、焦らず冷静になりたい局面です。
恐らく、どこかで反動が出るはずですがトレンドが“本物”ならしっかりと戻してくる筈です。

日経平均株価 日足チャート
平成25年11月28日(木)日経平均

トヨタ<7203> 日足チャート
平成25年11月28日(木)トヨタ

マツダ、ホンダは既に5月の高値を超えましたがトヨタはなかなか動きません。
業績がかなり良かっただけに不可解ではありますが、買いが入っていないのは事実。
何か理由が背景にあるのかも知れませんが、ここからトヨタが動意付いてくるかどうかも見ておきたいですね。



●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

本日の相場観


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!


[日経平均]
15,727.12 (+277.49)

[出来高]
22億7616万株

[売買代金]
1兆9675億円

[次の新月]
12月3日

[売買シグナル]
騰落レシオ 109.9%
25日乖離率 6.1%
ストキャス 89.6%
RSI 87.2%

[三本新値]
陰転値 15,365.60円
(11月14日 陽転)

28日の東京市場、日経平均株価は大幅反発。
終値ベースでは5月の高値を超え、節目の15700円に乗せてきた。
米国株高、半年ぶりの米ドル円102円台の円安を受け、
寄り付き窓空けスタートとなった後は揉み合いが続いたが、後場に入り円安が加速。
日経平均は先物主導で引けにかけ、上げ幅拡大となりほぼ高値引けとなった。
本日は米感謝祭で米国株式相場は休場。海外投資家のオーダー減の影響で売買代金は低水準。
それも先物主導に輪を掛けたか、TOPIXに比べ日経平均の上昇率が依然大きく、NT倍率は更に肥大。
この動きに現物株が付いてくるかどうかが師走相場の方向性を決める鍵となる。
本日はPF銘柄として1銘柄を買い助言。



●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!


現在 2013年11月27日 16:16

日経平均は本日も一服となりました。
このまま調整を挟まずに上昇を続けるより、一服しといたほうが良いかも知れませんね。
今日の動きを見ていると、値嵩株が崩れても日経平均は割合しっかりとした動きとなっており、
地固めしているかのような印象を受けました。

日経平均株価 日足チャート
平成25年11月27日(水)日経平均

チャートを見ても堅調な動きです。
こういう上昇局面で下手にチャートを見ると買えません。
リスクを取るなら高値で買って高値で売るつもりで、ある程度割り切って乗じる必要があるでしょう。

先物主導が指摘されていますが5.23の急落直前にどんな動きがあったか整理しておいた方がいいでしょう。
喉元過ぎれば熱さ忘れると言いますが、人間強烈な出来事でも時間が経つと案外忘れているものです。
また、予兆と思われるような異常な動きも急落した後に振り返って見れば異常だったと認識できるのですが、
実際に熱狂の渦中にいると、
「もっともっと上昇するのではないか?」とか
「更なる上昇の予兆ではないか?」と逆に買いを考えてしまったり、冷静に判断出来ないものです。

5.23と言えば当日の先物とファーストリテイリングの値動きが凄く印象的でした。
私が印象に残っているのは23日の前日22日に双日<2768>が特に大きな材料もないのに、
一時ストップ高まで上昇したことです。
買われるものがなくなって、一気に短期資金が集まったのでしょうがあり得ない動きだったと言えます。

双日<2768> 日足チャート
平成25年11月27日(水)双日

チャートを見ても5/22の動きはおかしいですね。
双日クラスの銘柄が仕手化したような動きを見せたのは、やはり異常と言えるでしょう。
あの時は双日だけでなく、業績が冴えないニコン<7731>も5月10日辺りから窓を空けて急騰するなど、
とにかく動いた銘柄に資金がバッと集まるような地合いでした。
それを考えると今は先物主導の上昇とは言え、まだマトモと言えるでしょう。
何か怪しげな兆候を見せ始めた場合は取り上げたいと思います。



●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

記事検索
簡易実績

ランキング

☟クリックお願いします☆☟ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




  • ライブドアブログ