カブログゥ!

相場観や経済、投資、トレードの話題中心のブログです。

2014年09月

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!


現在 2014年9月30日 15:45

日経平均株価 日足チャート
平成26年9月30日(火)日経平均

30日の日経平均株価は大幅反落。
ただ、後場は下げ渋りの動きもみられました。
今日は月末でしたが、下げ局面ではやはり年金マネー?が入る様です。

7203 トヨタ 1分足チャート
平成26年9月30日(火)トヨタ分足

トヨタの1分足チャートを見ると大引けに凄まじい買いが入っています。
今日も安倍首相のGPIFの運用方針に関する発言があったようですが、政府的には意地でも株高を維持したいようです。

ドル円 日足チャート
平成26年9月30日(火)ドル円

ドル円の日足チャートを見ると円安は一服していますが、大きく円高に振れた訳でもありません。
前場、日経平均が直近9/26の安値を割ってきた時は短期的にトレンドが変わるかなと思いましたが、
何とか持ち堪えましたね。
少し崩れると利益確定の売りが殺到する高値付近だけに、外部環境次第ではボラティリティの大きな展開となりそうです。
無理に動きに付いていこうとするよりも、難しいと感じた場合は無理せず様子見で良いんじゃないかと思います。


●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

本日の相場観


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!


[日経平均]
16,173.52 (-137.12)

[出来高]
23億3895万株

[売買代金]
2兆2798億円

[次の満月]
10月8日

[売買シグナル]
騰落レシオ 106.9%
25日乖離率 1.9%
ストキャス 79.7%
RSI 66.1%

[三本新値]
陰転値 15,948.29円
(9月2日 陽転)

30日の東京市場、日経平均株価は大幅反落。
米株安や寄り付き前の鉱工業生産悪化を受けて寄り付きから売り優勢の展開となった。
売り一巡後下げ渋る場面もあったが、香港株安もあって一時250円程度下げる場面も。
しかし、後場に入ると、年金買いの影響か、下げ幅を縮小して取引を終了した。
16000円防衛の意識があったのかも知れない。
ただ、8月の新築住宅着工件数が前年同月比12.5%減少するなど、経済指標の悪化は顕著。
下値は固いという声もあるが、海外勢が本気で売ってくれば8月初旬のような急落も十分有り得る。
何人たりとも中長期で相場をコントロールするのは不可能という点は意識しておきたい。

●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!


現在 2014年9月29日 15:36

日経平均株価 日足チャート
平成26年9月29日(月)日経平均


TOPIX 日足チャート
平成26年9月29日(月)TOPIX


ドル円 日足チャート
平成26年9月29日(月)ドル円


29日の東京市場は反発。日経平均、TOPIXともに上昇して引けました。
前場は上値の重さも感じられましたが、後場に入り安倍首相の所信表明を受けて円安が急伸。
その影響もあって、14時以降上げ幅を拡大する展開となりました。
ドル円で円は直近の安値を更新してきましたが日経平均とTOPIXはともに直近高値更新はなりませんでした。
ただ配当調整額をプラスして計算すると直近高値を更新しており、株価基調は強いと言えます。
本日、指数で年初来高値を更新したのが東証2部指数です。

東証2部指数 日足チャート
平成26年9月29日(月)2部指数

2部指数、群を抜いて強いですね。
年初が3600付近でしたから年初から16.7%上昇しています。
ただ、小型株が総じて強いというわけでもありません。

マザーズ指数 日足チャート
平成26年9月29日(月)マザーズ指数

日経平均、TOPIXでさえ年初の水準を超えてきたのにマザーズ指数は未だ年初の水準に及ばず。
(分かりやすくするようにマザーズ指数と2部指数のチャートには年始の水準に白いラインをひいています。)
ミクシィは年初から4倍近く上昇しているのですが、ガンホー下落の影響がキツイですね。
また、先日発表されたLINEの年内上場見送りというのも下げ要因となっているようです。
2部指数にはファンダ面で優良な銘柄が多く、NISA口座の需要が多いのも強さの背景にあるとみていいでしょう。
NISA口座は非課税期間、最長5年ですがソーシャルゲームなどは事業環境の変化が早く、
5年後にどうなっているのか全く読めません。
数年前まで隆盛していたものの、年初来安値更新を続けるグリー、DeNAなどがいい例ですね。
そう考えると、長期保有で手の出しづらい銘柄が多いですから、核となるガンホーかミクシィが大きく動くか、
他のゲーム株で牽引するような存在が出てこないと新興市場は暫く上値の重い展開が続くかも知れませんね。



●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

本日の相場観


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!


[日経平均]
16,310.64 (+80.78)

[出来高]
18億5339万株

[売買代金]
1兆7794億円

[次の満月]
10月8日

[売買シグナル]
騰落レシオ 108.6%
25日乖離率 2.9%
ストキャス 82.7%
RSI 73.7%

[三本新値]
陰転値 15,948.29円
(9月2日 陽転)

29日の東京市場、日経平均株価は反発。
米株高と円安を好感し、寄り付きから買い先行の展開となった。
買い一巡後は16300円を挟んで揉み合いの展開となったが、後場のl安倍首相の所信表明演説を受けて、
為替市場で一段と円安が進行し、日経平均も連動して上げ幅を拡大した。
特に目新しい材料はないが、為替市場で仕掛け的な動きがあったようだ。
主要指数ではマザーズ指数、JQ指数が下落しており新興市場はやや軟調。
配当落ち分は二営業日で埋めきったが、売買代金もは活況の目安となる2兆円を割り込んだ。
今週は国内では明日の鉱工業生産、1日の日銀短観、国外では2日のECB理事会、3日の米雇用統計とイベントラッシュ。
イベントの結果次第では上下に大きく振れる可能性も。
週内は神経質な動きが続きそうだ。


●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!


現在、2014年9月26日 14:59

25日のNYダウが梯子を外してきたことで日経平均は寄り付きから大幅安。
しかし、日中安値を付けたのは寄り付き直後で売り一巡後の下げ幅は限定的でした。

日経平均株価 週足チャート
平成26年9月26日(金)日経平均週足

本日の下落で週足は陰線が示現しましたが、主要平均線は割り込んで居らず上昇トレンドは維持。
株価が下落してくると出てくるのが株価に対する要人発言。
きょうも塩崎厚労相のGPIFに関する発言があったようですが、恒例となりましたね。
為替相場の変動要因として塩崎厚労相の名が上がるのは今月4度目です。

■9月3日、第2次安倍改造内閣で年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)改革に積極的な塩崎厚生労働相が就任したことで、ドル・円は105円71銭まで上昇。


■9月18日、塩崎厚生労働相が年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の改革法案で譲歩を示したことで、ドル・円は109円46銭まで続伸。


■9月25日、塩崎厚生労働相が「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の改革について、拙速でなくていいものをつくっていく観点で、がんがん議論している」と述べたことで、ドル・円は108円48銭まで反落。


■9月26日、塩崎厚生労働相が「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)改革の法改正を先送りする意図はない。法改正なしでできることを考えている」と述べたことで、ドル・円は109円11銭まで反発。


フィスコのニュースから抜粋させて頂きましたが、今の相場は下げると何か出てくると見た方が良いでしょう。
7月下旬も似たような雰囲気が漂っていました。しかし、8月初旬に一気に崩れましたね。
海外投資家が売ってくれば口先介入は役に立ちません。過信は禁物でしょう。
結局、その8月の急落時が目下最大の押し目買いポイントとなりました。
後は高いところを買ってくる投資主体が出てくるかどうかが鍵となります。


NYダウ 日足チャート
平成26年9月26日(金)NYダウ

急落でNYダウは崩れましたが、反発し上昇トレンドを維持するなら日本株も高値更新を続けそうです。
急落の割に日本株は底堅かった訳ですが、米国株が調整を続けた場合、さすがに日本株の独歩高は考え難いです。
足元非常に底堅い動きですが、株価水準的にポジションをガンガン積み増していくようなタイミングではありません。
欧米株のトレンドを注視しつつ、買いはセクターを絞りつつ押し目狙い・・・こんなスタンスでしょうか。

●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

記事検索
簡易実績

ランキング

☟クリックお願いします☆☟ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




  • ライブドアブログ