カブログゥ!

相場観や経済、投資、トレードの話題中心のブログです。

2015年02月

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!

現在 2015年2月27日 16時00分

日経平均株価 月足チャート
平成27年2月27日(金)日経平均月足

上は1983年からの日経平均株価の月足チャートです。
先週、日経平均はリーマンショック前の高値をブレイクしましたが、
今週も勢いはそのままに日経平均は新高値を更新してきました

欧米株が多少下げても、為替相場で円が強含んでも日経平均、TOPIXともに全く動じません。
日経平均の次の節目となる高値はチャートの白丸の部分で囲った2000年4月の20809.79円です。
露骨な官製相場と言えますが、便乗して海外勢の買いが入ってくれば上昇が更に加速する可能性もあります。

きのう発表された前週分の投資主体別売買動向では、海外投資家の巨額の買い越しが明らかになりました。
半面、個人投資家は大きく売り越しており、上昇局面で売ってくるスタンスは変わらず。
個人投資家が買い越してくるまでは上昇が続くのかも知れませんね(笑)
来月もこの上昇が続くのかどうかは全く分かりませんが、トレイリングストップや逆指値、
そしてヘッジの売りなども交えながら立ちまわりたいと思います







●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

本日の相場観


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!

[日経平均] 18,797.94 (+12.15)
[出来高] 27億2046万株
[売買代金] 3兆0069億円
[売買シグナル]
騰落レシオ   140.6%
25日乖離率      4.5%
ストキャス    95.9%
RSI           89.0%
三本新値]陰転値 18,466.92円
(2月12日 陽転)

27日の東京市場、日経平均株価は小幅に続伸し年初来高値を更新。
寄り付きは買い先行のスタートとなったが、週末で利益確定の売りも出たようで終日揉み合い商状となった。
マイナス圏に転じる場面もあったが、下値では押し目買いがすかさず入り持ち直している。
主要指数は小型株指数のみ下落。業種別指数は約半数が下落。
きょうは買い銘柄を2銘柄決済助言し、新規でヘッジ売り1銘柄助言。
二日新甫は荒れると言うが、2月は非常に強い展開となった。3月も二日新甫。
この流れがどこまで続くのかは全く分からないが、急落した際の対処を明確にしてトレンドに着いていきたい。


●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!


現在 2015年2月26日 14時53分

日経平均株価 日足チャート
平成27年2月26日(木)日経平均


強いとしか言いようがない株式相場
きのう、日経平均は僅かに下げましたがきょう大幅高しあっさりと年初来高値を更新しました

ここにきて昨年既に報じられていた国家公務員共済組合連合会(年金)の資産構成見直しが再び大々的に報じられるなど、何やら意地でも株高にしたいような雰囲気も漂ってきました(笑)

チャートだけで判断するなら主力株の一角は明らかに買われすぎの水準ですが、
官製相場故、平時の常識は通用しないような動きとなる可能性もあります。
さすがに、ここから日経平均19000円を超えて更に上昇していくというのは考え難いですが、
何があってもおかしくないのが相場です
梯子を外される可能性と同時に、上昇が続く可能性も意識して立ちまわりたいと思います





●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

本日の相場観


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!


26日の東京市場、日経平均株価は大幅反発し年初来高値を更新。
前日終値とほぼ変わらずの水準で寄りつくと、その後はジリジリと上げ幅を拡大。
短期的な警戒感はあるものの、下げる場面ではすかさず買いが入り深押しする場面は一度もなし。
先週はTOPIX主導の上昇が目についたが、きょうはファーストリテイリング、ソフトバンク、
京セラ、KDDIといった日経寄与度の大きい値嵩株が挙って上昇しており今週は日経平均主導の色彩が強い。
ここにきて昨年の時点で決定していた国家公務員共済組合連合会の資産構成見直しが再びクローズアップされるなど、需給面での好材料も意識されているようだ。
半面、市場がリスク要因として懸念していたギリシャ問題、イエレンFRB議長の議会証言は無事に通過。
原油価格もこのところ安定しており、ロシア・ウクライナも休戦・・・
懸念されたリスク要因が一気に収縮したため、リスクオンムードが続く可能性も。
梯子を外された場合は仕方ないと割り切って乗っていく・・・そんな相場になってきた。




●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!

現在 2015年2月25日 15時32分

業績が悪く、株価が割高でも上昇が続くケースはままあります。
きょうはそんな一例を取り上げたいと思います

木曽路<8160> 日足チャート
平成27年2月25日(水)木曽路

この木曽路はチャートの黄色い丸の1月22日に空売りを仕掛けました。
業績はお世辞にも良いと言い難く、赤字。優待と空売りの買い戻しが上昇の要因となっていた銘柄です。
昨年、産地偽装のニュースで話題になったことをご記憶の方も多いでしょう

業績も悪く、株価は日足チャートのレンジでは上限付近に位置していましたので、
レンジ下限付近までの下落を見込んで空売りを仕掛けました。
しかし・・・株価はあっさりと損切り値に設定した2035円に達したため2月12日に損切りしました
その後も株価は上昇を続けています。

こういった“どう考えても株価は高過ぎる!”というような銘柄は思い込みがあるとなかなか切れません。
買いの場合は、業績も良く高配当なのに売られ続けているような銘柄が、それに当てはまります。
切れないどころか、ナンピン買い、ナンピン売りを仕掛けるような方も多いでしょう。
それが悪いとは言いませんが、どこまでナンピンをしてどうなったら撤退するのかは明確にしておきたいですね。
“下手なナンピン、素寒貧”という格言がありますが、ナンピンのやり方を間違えると致命傷になりかねません

今の相場も景況感やオシレーター、騰落レシオなどからは違和感のある上昇と言って差し支えないと思います。
私は順張りが全てだとは考えていません。逆張りで利益を出していらっしゃる投資家の方もいます。
ですから、この局面で売り向かうことを否定はしませんが・・・
その場合はどこで撤退するのか、それだけは明確にしておきたいですね。


●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。
記事検索
簡易実績

ランキング

☟クリックお願いします☆☟ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




  • ライブドアブログ