カブログゥ!

相場観や経済、投資、トレードの話題中心のブログです。

2015年10月

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!

現在 2015年10月30日 15時43分

日経平均株価 週足チャート
平成27年10月30日(金)日経平均週足

今週の日経平均は先週に続き陽線が示現。
前週終値をしっかりと上回って引けており、19000円台を回復してきました。
昨年10月31日のハロウィン緩和から丁度1年。
きょうの日銀会合では追加緩和はありませんでしたが、日経平均は上昇。
恐らく、補正予算、3兆円超で調整 新規国債は発行せず この報道が効いたのではないでしょうか。
補正予算を今日発表したのは、現状維持で失望売りが出る事を考慮しての判断でしょう。

このまま、追加緩和無しで日経平均がNYダウのように急落前の水準まで戻すとは思えませんが、トレンドは上向きです。
基本は押し目買い狙いのスタンスですが・・・8月、9月の荒い動きは収まり、10月は一点ジリジリと値を上げる展開となりました。
足元過熱感もありますが、こういうジリ高は、突発的な悪材料が浮上しないとなかなか調整してくれません。
そういう点も考慮して、11月は少し買いエントリーを増やしたいと思います。


●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

本日の相場観


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!

[日経平均] 19,083.10 (+147.39)
[出来高] 26億6855万株
[売買代金]  3兆1519億円
[売買シグナル]
騰落レシオ   137.6%
25日乖離率      4.5%
ストキャス    82.8%
RSI           62.2%
三本新値陰転値 17,792.16円
(10月23日 陽転)


30日の東京市場、日経平均株価は3日続伸。
前場は日銀会合の結果待ちでもみ合いが続きました。
昼休み中に発表された日銀会合の結果は現状維持。
これを受けて後場は失望売りで下げ幅を拡大でスタートとなりました。
しかし、現状維持は織り込んでいたようですぐに下げ幅を縮小し切り返すと、上げ幅を拡大。
13時34分にはこの日の高値となる19202.34円まで上昇しました。
その後、大引けにかけてはやや失速したものの、終値では2ヶ月ぶりの19000円台回復となりました。
主要指数ではREIT指数のみ下落。売買代金は連日の3兆円超えとなりました。
業種別指数は33業種中29業種が上昇しています。
上昇率上位3業種は空運、医薬品、精密機器。
下落率上位3業種はその他製品、ガラス土石、証券。



●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!

現在 2015年10月29日 16時09分

日経平均株価 日足チャート
平成27年10月29日(木)日経平均株価

29日の東京市場、日経平均株価は小幅続伸で引けました。
日足チャートでは75日線に頭を抑えられるような形になっています。

NYダウ 日足チャート
平成27年10月29日(木)NYダウ

一方、NYダウは18000ドルが射程圏内に入ってきました。日経平均とは雲泥の差です。
まぁ、アップルやグーグル改めアルファベット、ウィンドウズ、Amazonと時価総額の大きな企業が軒並み好決算を発表していますから米株上昇は当然と言えば当然なのかも知れません。

東京市場では明日の日銀会合が注目されていますが・・・
「追加緩和があるから買い」「年金が買ってくるから買い」ってやっぱり、おかしいですよね(笑)
まぁ、難癖をつけても実際に追加緩和をやれば相場は動きますので、その辺は置いておきましょうか。
明日の日銀会合の結果がどうなるか、結果を受けた東京市場がどうなるか、それを見て戦略を構築したいと思います



●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

本日の相場観


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!

[日経平均] 18,935.71 (+32.69)
[出来高] 27億2557万株
[売買代金]  3兆4069億円
[売買シグナル]
騰落レシオ   126.7%
25日乖離率      4.1%
ストキャス    83.0%
RSI           64.2%
三本新値陰転値 16,930.84円
(10月23日 陽転)


29日の東京市場、日経平均株価は小幅続伸。
寄り付きは買いが先行しましたが、CME日経平均先物終値19180円には届かず失速。
前場を小幅安で引けると、後場は一段安し13時02分にはこの日の安値18809.48円をつける場面も。
しかし、明日の日銀会合への期待感から大引けにかけては持ち直しの動きとなり、プラスに切り返して取引を終えています。
主要指数はTOPIX、大型株指数が下落しており、決算を受けて売られる大型株が目立ちました。
連日大商いを伴って上昇が続いていたAppBank、GMOメディアなど直近IPO銘柄の一角も軟調。
TOPIXリバランスの影響もあって売買代金は久しぶりに3兆円を超えています。
業種別指数は全33業種中、18業種が上昇。15業種が下落しています。
上昇率上位3業種は精密機器、医薬品、機械。下落率上位3業種はその他製品、空運、証券。





●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!

現在 2015年10月28日 16時01分

日経平均株価 日足チャート
平成27年10月28日(水)日経平均

FOMCと日銀会合待ちで方向感の乏しい動きが続いています。
まぁ、ここで腰を据えて買っていく気にはなれないという心情は私も分かります(笑)
仮に日経平均がここから20500円まで上昇したとしても、上昇率は8%程度。
そう考えると、ここで大きなリスクを取る気になりません。

きのうの管理人の独り言で昨年10月の日経平均の日足チャートを載せました。
日経平均は追加緩和発表後、多少調整する場面もありましたが上昇を続けた訳ですが・・・
追加緩和以外に日本株上昇の追い風となった要因がもう一つあります。

上海総合指数 日足チャート(1年)
平成27年10月28日(水)上海

上は上海総合指数の1年間の日足です。
昨年の10月末から今年6月までに2倍以上の上昇を見せました。
この上海総合指数急騰は昨秋から今夏にかけての日本株の上昇にも影響したはずです。
6月15日から上海総合指数は咳を切ったように崩れましたが・・・
日経平均は8月まで高値圏を維持しました。

そのせいか、6月7月は「中国株は独立した市場だから上海指数が急落しても日本には関係ない」なんて無責任な解説もかなり多かったです。
私はこのブログで何度か、中国株安の影響が無いわけはないと書いてきました。

ここから中国、そして日本が予想を超える財政政策と追加緩和を投じ、再びバブル染みた上昇になる可能性もありますが・・・
今回の中国経済悪化の元凶はリーマンショック時の4兆元の財政出動と言われています。
そんな状況で中国がリーマンショック時同様に思い切った財政出動をやるのは難しいでしょう。



●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。
記事検索
簡易実績

ランキング

☟クリックお願いします☆☟ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




  • ライブドアブログ