カブログゥ!

相場観や経済、投資、トレードの話題中心のブログです。

2016年10月

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!

現在 2016年10月31日 16時07分

日経平均株価 月足チャート

平成28年10月31日(月)日経月足

きょうで10月も終わりました。
10月はイベント前で荒れる展開を予想していましたが・・・相場は本当に天邪鬼なものです。
非常に底堅く推移し、ボラティリティを示す日経VIは年初来最低の数値を更新しました
きょうはまだ分かりませんが、10月に日銀が700億円を超えるETFを購入したのは14日、24日、26日の3日間。
薄商いが続くなか、海外勢の買いが全体相場を押し上げる展開となりました。

10月というとリーマンショック後の大荒れやブラックマンデーがあった月ですので、荒れる月と言う印象がありますが、アベノミクス相場以降で見ると10月は強いです。
日経平均株価の2000年以降の10月の成績(月初月末比)を見てみましょう。

2000年・・・-1207円
2001年・・・+591円
2002年・・・-742円
2003年・・・+340円
2004年・・・-52円
2005年・・・+32円
2006年・・・+271円

2007年・・・-48円
2008年・・・-2682円

2009年・・・-98円
2010年・・・-166円

2011年・・・+288円
2012年・・・+58円

2013年・・・-127円
2014年・・・+240円
2015年・・・+1694円


8勝8敗で全くの5分でした。
ITバブル崩壊の2000年とリーマンショックの影響をモロに受けた2008年の下落が強烈ですね
ただ、2011年以降は比較的堅調で、去年は特に強烈な上昇となりました。
では、11月はどうでしょうか?

2000年・・・+108円
2001年・・・+331円
2002年・・・+575円

2003年・・・-459円
2004年・・・+127円
2005年・・・+1265円

2006年・・・-125円
2007年・・・-1056円
2008年・・・-64円
2009年・・・-689円

2010年・・・+734円
2011年・・・-553円
2012年・・・+517円
2013年・・・+1333円
2014年・・・+1046円
2015年・・・+664円


2000年以降の日経平均株価の11月の成績は10勝6敗で10月よりも強いです。
ちなみに2000年以前の1994年~1999年の11月の成績は・・・

1994年11月・・・-913円
1995年11月・・・+1089円
1996年11月・・・+533円
1997年11月・・・+177円
1998年11月・・・+1319円
1999年11月・・・+616円


1995年~2002年まで11月は8年連続上昇しています。
1994年~2015年までの11月の成績は15勝7敗、勝率は68%。11月は強いですね。
明後日のFOMC、今週末の米雇用統計、そして来週8日の米大統領選と月初から大きなイベントが続く2016年の11月。
警戒感を強める市場参加者も多いと思いますが、意外高する展開も想定しておきたいと思います。
・・・まぁ、それを狙って大きなリスクを取るつもりはありませんが



●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

本日の株式市場


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!

[日経平均] 17,425.02 (-21.39)
[出来高] 22億4263万株
[売買代金] 2兆3298億円
[売買シグナル]
騰落レシオ   134.3%
25日乖離率      2.7%
ストキャス    94.2%
RSI           67.3%
三本新値陰転値 17,235.50円
(10月20日 陽転)

31日の日経平均株価は小幅反落となりました。
CME日経先物にサヤ寄せする格好から、寄り付きから売りが先行しました。
10時22分にはこの日の安値17327.62円を付けましたが、その後は下げ幅を縮小。
後場もマイナス圏ながら底堅い動きは変わらず、高値圏で取引を終えています。
主要指数では中型株指数と小型株指数を除いて全て上昇しており、全体相場はしっかり。
物色で目立ったのは海運大手の共同事業会社設立の材料が出た海運株の上昇。
個別では業績好調の6506安川電機、6857アドバンテスト、8035東京エレクトロンなど好決算銘柄が買われました。
半面、5333ガイシ、6703OKI、5851リョービといった業績予想未達の銘柄は大幅安。
業種別株価指数は全33業種中、19業種が下落。14業種が上昇しています。
下落率上位3業種はゴム製品、鉱業、医薬品。
上昇率上位3業種は海運、金属製品、保険。


●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!

現在 2016年10月28日 15時59分

日経平均株価 週足チャート
平成28年10月28日(金)日経平均週足

ドル円 週足チャート
平成28年10月28日(金)ドル円

NYダウ 週足チャート

平成28年10月28日(金)ドル円週足

日経平均株価は前週に続き、非常に堅調で5月31日につけた直近高値をブレイクしてきました。
次に意識される節目は4月25日につけた1万7613円、
そこを超えると2月1日の高値1万7905円が視野に入ってきます。

ちなみに2月1日のドル円は1ドル121円台半ばでした。
そう考えると1ドル105円台でいま日経平均が1万7500円手前というのは、かなり強いといっていいでしょう。
下支え要因となったのは日銀のETF買いと年金買い。
一方、NYダウの週足チャートは日経平均株価の週足チャートと対照的に先安感が漂う形状です。

昨秋の日経平均とNYダウは10月~12月初頭まで米利上げ観測をものともせず上昇しました。
今年も今のところ昨秋と似たような展開になっています。
今年も昨年と同じような展開になるのでしょうか?
12月利上げの鍵になるのが来週11月4日、日本時間の夜に発表される米雇用統計でしょう。

雇用統計の内容が強ければ、為替はもう一段円安に振れるかも知れませんが・・・段階的に利上げしていけるような状況ではありません。
そう考えると、仮に年内利上げが確実視されるような強い結果が出たとしても円安が進行する余地はそう大きく無いような気がします。
足元の株高で強気な声も出始めましたが、逆張りのスタンスは変えず慎重に立ち回りたいと思います。


●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

本日の株式市場


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!

[日経平均] 17,446.41 (+109.99)
[出来高] 26億2881万株
[売買代金] 3兆1330億円
[売買シグナル]
騰落レシオ   138.9%
25日乖離率      3.0%
ストキャス    95.5%
RSI           72.6%
三本新値陰転値 17,235.50円
(10月20日 陽転)

28日の日経平均株価は反発。
円安・CME日経先物上昇を受けて寄り付きから買いが先行しました。
前場は円安一服で伸び悩みましたが、後場に円相場が再び円安に振れたため高値を維持して引けました。
日中の高値安値の値幅は55円程度と、膠着した展開となりましたが、
TOPIXとJPX400指数の浮動株調整があったため、売買代金は3兆1000億円に膨らんでいます。
決算発表を受けて個別物色が際だっており、主力処では8604野村HDが好決算を受けて急上昇。
半面、冴えない決算を発表した4452花王は大幅安。
主要指数ではマザーズ指数、REIT指数が下落しています。
業種別株価指数は全33業種中27業種が上昇。6業種が下落。
上昇率上位3業種は証券、保険、銀行。
下落率上位3業種は不動産、電気ガス、陸運。



●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!

現在 2016年10月27日 16時10分

日経平均株価 日足チャート

平成28年10月27日(木)日経平均

27日の日経平均は小幅反落となりました。
ただ、高値圏は維持しており、先高感は残っています。

ドル円 日足チャート
平成28年10月27日(木)ドル円

円安基調も変わらず。
きょう引け後に発表された前週分の投資主体別売買動向では現物・先物合算の金額ベースで海外投資家が5127億円の買い越し。
これで海外投資家は3週連続の買い越しです。

ちなみに、今年にはいって海外投資家は3週以上連続の買い越しはありません。
今週の動きを見ると、海外投資家はどうやら4週連続で日本株を買い越しているようです。
ただ、日々の売買代金が全く膨らんでこないところを見ると、純投資で日本株を買ってきているようには見えません。
年内利上げの判断が決まる12月FOMC前に日本株売り・円買いのポジションを巻き戻している、もしくは決算前に株価が欲しい、そんな動きに見えますが・・・
悪材料が出るまでは「もうはまだなり」のジリ高が続くのかも知れません。
まぁ、買いの条件が整うまでは、買い銘柄は良く吟味して慎重に立ち回りたいと思います。



●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。
記事検索
簡易実績

ランキング

☟クリックお願いします☆☟ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




  • ライブドアブログ