■ 少数精鋭、車懸りの陣

【勘流雑感】
 昨日の日米株は中国経済統計が示した成長鈍化を利用してチャート調整を入れてきた。それぞれ節目の35,000ドル、29,000円を超えて取引を終えた経緯を鑑みれば、先週木曜からの買い派のターンは継続するとみるが妥当であろう。次の山場としてはマイクロソフト、アップルの決算を控え、国内企業決算が本格化する来週火曜から木曜辺りの動向に注目されたい。

 さすれば、小動きが予想される本日の日経先物はノータッチまたは29,200円超え28,800円割れにて逆張り即回転狙いに処すが賢明。個別に関してはアホになって買うスタイルを続行。ただし、様々な銘柄を小口で拾う鶴翼の陣が通用する地合いではないゆえ、車懸り戦術が如く、少数精鋭で切り込み、勝敗が付いた銘柄と新たな銘柄を順次入れ替える戦術で挑まれたい。優先事項は第一に成長玉の加勢と停滞銘柄の見切り、第二に新銘柄への参入の心持にて処す。

【勘流銘柄】
■ 9514 エフオン
10/7 870円台からの参陣後の足取りの重さは想定の範囲内。月末のCOP26に関与した環境関連の再テーマ化を目し、小康状態で耽々と種を蒔き、コツンと来たところを買い乗せる気概で挑まれたい。

(その他)
4165 プレイド
9月下旬の提唱時は折からの日経暴落に巻き込まれたが、2,700円水準で足場を固めた事で買い好機が訪れている。決算を買い材料視したココナラ<4176>も1,●●0円割れを撤収要件として再注目。

◎ 2158 FRONTEO
GS君の方で10/12 1,771円からの提唱後、昨日までに11%高を達成。ほど良いテーマ性とチャートが上昇ベクトルの持続可能性を期待させる。十八番銘柄の◎ アドウェイズ<2489>も抜き足差し足な状況。

以上、会員サロンより抜粋

何かしら参考になっておれば
   ↓

ここ1か月の全勘流・GS銘柄

big (22)


現状維持、決断の先伸ばし癖からの脱却


     >> 入会案内



■ アホになって買う

【勘流雑感】
 ビットコインがついに700万円台に乗ってきた。9月中旬の400万円台半ばから1か月程度で5割強の上昇は異様だ。昨年の上昇はFRBの利下げモードによるドルから仮想通貨への資金移動で説明がつくが、このところの上昇はビットコインを巡る米当局の制度変更やテーパリングへの対応だけでは理解が難しい。本格的な中国経済の後退や米中軍事紛争に備えた「有事の金」ならぬ「有事のビットコイン買い」の一環との見方も頭の片隅に置いておくが善かろう。当観点からは1,2年以内の1,000万円オーバーも射程圏。

 さて、先週末の米株は続伸。ゴールドマンやバンカメなどの決算、9月の小売売上高が総じて市場予想を上回ったために終日堅調に経過。NYダウは8月の史上最高値35,625ドルにわずか300ドル程度まで急接近している。日経先物はナイトセッションを29,190円で終了。先週末の朝の時点で「突発的な下押しよりも想像以上に上昇する場面を念頭に」と述べたように、今週序盤も値ごろ感で売るよりも、アホになって買うスタイルが奏功しそうだ。

 さすれば、先物に関しては28,800円近辺までを買い下がっての即回転狙い。個別に関しては流れ善き持ち株の買い乗せ、新規銘柄への種蒔き、利入れの優先順位にて取り組まれたい。

【勘流銘柄】
□ 7000番台短期指向、□ 4000番台短期指向
先週月曜からの3日で29%高を果たしたインティメート<7072>の後継候補として、本日も押さば強気、動意初っ端も買い乗せる気概で挑まれたい。

中期指向の ■ エフオン<9514>に関しても周辺銘柄に資金が回ってきた流れを鑑み、900円近辺も買い乗せるが上策。底打ち気配を示している■ HUグループ<4544>も大望を胸に。

(その他)
◎ 2100番台銘柄
GS君の方で提唱中。先週火曜1,700円台から週末1,962円までの上昇により10%高を達成◎ 本日からの新提唱も時流に乗って即回転が効きそうだ。

2100番台はここに
  ↓



年末に向けた陣取り合戦は既に始まっている

     >> 入会案内



□ 流れ善き持ち株の買い乗せ

【勘流雑感】
 今の技術で太陽光など再生エネルギーに電力供給を頼ろうとすれば、結果として二酸化炭素の排出量が増加するジレンマは周知の事実。電力供給の低下による景気低迷もやむなしといった声も聞こえるが、その手の論戦を張る面々に限って最低賃金の引き上げに躍起だ。現在の日本経済を100とした場合、110、120と成長させる貯めの議論はせずに、100が80になるリスクをとった挙句にその80をどう分配するかという、町内会並みの議論が横行している。選挙民受けを狙った結果、選挙民を不幸にする虚しさたるや。電力供給力は国力の一面を示し、その高さが景気の柔軟性を生む。まともな政治家であれば、再生エネルギーの絵空事よりも小型原子炉の開発に活路を見出すであろう。

 さて、昨日の日本株は米ハイテク株高に続く、TSMCの好決算をフォローとして28,500円台まで躍進。米株もバンカメ、ユナイテッドヘルス、ウォルグリーンの決算を買い材料視して前日比500ドル超の急騰。日経先物は28,810円に返ってきたゆえ、本日は先物次第で29,000円際まで上昇する場面もありそうだ。来週に関しては中国経済統計と米企業の決算が注目ポイントとなるが、米株は決算シーズン序盤を買い派優位で経過した際には翌週も堅調に推移する習性があるだけに、突発的な下押しよりも想像以上に上昇する場面を念頭に置いて取り組まれたい。

 さすれば、本日の先物は28,700−29,000円圏内の逆張りデイトレ狙い。個別に関しては流れ善き持ち株の買い乗せに主眼を置いて取り組むが善かろう。

【勘流銘柄】
□ 7000番台短期指向、□ 4000番台短期指向
月曜からの3日で29%高を果たしたインティメート<7072>の後継候補として、本日も押さば強気、動意初っ端も買い乗せる気概で挑まれたい。中期指向の ■ エフオン<9514>、■ HUグループ<4544>も粗方同様。

(その他)
・ 7072 インティメート・マージャー
10/11 2,148円より 10/13 2,773円 +625 29%高
ギャンブル対象として持続的に注目されたい。

◎ 2100番台銘柄
GS君の方で火曜1,700円台から提唱。昨日の3日で7%高を達成中。元より人気の高いテーマだけに、チャート付きが改善したここからの動きに注目。KeePer技研<6036>もこの辺で止まれば年末に向けて視界が広がろう。

ここに記されるようだ
  ↓



年末に向けた陣取り合戦は既に始まっている

     >> 入会案内




□ インティメートの次に種を蒔く

【勘流雑感】
 昨日の日本株はたどたどしい足取りながら28,000円台をキープ。昨晩の米FOMC議事要旨と起点とする下落を避けられたゆえ、週内は28,000円台前半での手堅い推移が目される。本日の衆議院解散を大義名分とする売り派の仕掛けには注意が必要だが、マスコミやポンコツ連中が騒ぎ立てるほど、外人部隊にとって日本国内の政治に対する関心は高くないゆえ、日本株だけが売られる局面があれば粛々と買い向かうが上策。

 さすれば、本日の先物も狭いレンジでの不規則な推移が予想されるため、ノータッチで休養するか、28,050円割れを買い、28,300円超えをショートでエントリーした即回転狙いに処されたい。個別に関しては、まっとうな銘柄は軽視され、勢いのある銘柄にのみマネーが集約する風潮、インティメートの暴騰によるアドバンテージなどを鑑み、新たなる短期指向に種を蒔かれたい。

【勘流銘柄】
□ 新たなる短期指向
週初から短期指向で入ったインティメート・マージャー<7072>は昨日までの3日で29%高を達成。余勢を駆って値動きの激しめの銘柄にて利益の拡大を目す。□ 火曜からの4000番台も動意とともに買い乗せるが妥当。

■ 4544 HUグループ
年末にかけて世界中で本格始動が目されるワクチン接種証明書関連銘柄。7月から当社の健康確認用アプリ「ウィズウエルネス」に新型コロナワクチン接種履歴が確認できる機能を追加。岸田政権にとって消費活動の正常化も含めたコロナ対策強化は生命線ゆえ、目先の下げ一巡後の巻き返しピッチは他を凌駕するものとなろう。本日も2,800円台は胆力を持って接し、、、、、、近辺も買い乗せる気概で挑まれたい。

(その他)
◎ 2489 アドウェイズ
GS君の方で9月下旬の700円台後半から参陣中。流動性のある低位株はディーラー連中も虎視眈々と狙っていよう。凪の状況下をコツコツと。

何かしら参考になっておれば
   ↓

地合いの小康状態でこそ大胆なプランで挑む

     >> 入会案内


□ 割に合わないリスクを避ける

【勘流雑感】
 昨日の日米株は米債務上限問題の一時的解決後の上昇ベクトルに陰りが生じ、ひ弱なテクニカルへと変質。NY時間に売り材料とされたIMFの2021年世界経済の成長見通しは恣意性の低いデータゆえに気を引き締める必要があるが、下方修正によっても5.9%成長が見込まれるのであれば長期強気スタイルを変更する必要ない。今晩の米FOMC議事要旨、JPモルガンの決算をきっかけに再び27,000円台中盤まで売られるケースも考慮しながら、少数精鋭の種蒔きを続行する。

 先物に関しては神経質な対応を要される割には実利が小さくなりやすい環境ゆえ、回転休業又は28,000円周辺から27,850円までを買い下がった即転狙いに処すが善かろう。

【勘流銘柄】
■ 4176 ココナラ
10/4 1,800円 10/11 1,988円 +188 10%高
昨日は好決算が材料出尽くし売りを誘って1,803円まで急落。更にチャートを悪くするなら長居は不要だが、昨日の大商いで提灯マネーが抜けているなら上値が軽くなっている可能性もありそうだ。

□ 7072 インティメート・マージャー
10/11 2,148円より 10/11 2,611円 +463 21%高
提唱としては利入れ先行としているが、2,1●0円割れを撤収要件とする強気スタイルの続行も面白い。

(その他)
◎ 6036 KeePer技研
GS君の方で 10/6 3,080円から提唱。昨日3,465円にて12%高を達成。コロナ渦での高額消費の流れにて高額洗車需要は高水準で安定。個人的にも3年ごとのダイヤモンドキーパーを愛用させてもらっている。

不発に終わったGS銘柄、乃村工藝社<9716>の巻き返しにも注目。

何かしら参考になっておれば
   ↓


Profile
KANSUKE
色即是空
しがない一投資家


会員制掲示板(会員サロン)

QRコード
QRコード
Sラボ関連サイト

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ