□ 新たなる勘流6千番台銘柄

【勘流雑感】
昨日の日本株は北朝鮮外相の過激発言も意に介さぬ堅調っぷり。北朝鮮側はNY時間帯に宣戦布告にまで言及するヒートアップぶりだが、VIX指数の低位安定を鑑みれば米株やドル円の下落も利入れの範囲内であり、買い方優位の趨勢が続くとみるが妥当であろう。内閣不信任案を提出してさほど日がたっておらず、ミサイル2発を日本上空に打ち込まれながらも衆議院解散の大義がないと大騒ぎするマスコミと野党の政治センスの欠落には驚くばかりだが、市場目線で見た場合はあながち間違いとは言い切れぬのかもしれぬ。さすれば、買いエリアを広めに見積もった長めスパンの回転か、撤収要件を厳しく見積もった短期回転かのどちらかにて強気スタイルを続行するが善かろう。当サロンでは10月前半20,500円、年末21,000円オーバーを目しながら後者主体で挑む。
先物に関しては、夜間20,100円までを買い下がった分を60−80円幅で利入れながら、20,000円近辺までを買い直す。途転売りは見送り。個別については足が速そうなものと仕掛け待ち銘柄に幅広く仕込み入れながら、流れ善きものへと資金をシフトするスタイルで挑まれたい。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
■ 6728 アルバック
9/15 6,270円より 9/22 6,830円 +560 8%高
この手の銘柄は利入れを急かず、短期指向銘柄を攻略する上での担保のような位置づけにて処されたい。10月前半7,●00〜8,000円を目標価格帯とし、本日も押さば強気に。

□ 新たなる勘流6千番台銘柄
米朝関係が足を引っ張る東証コア銘柄、不安定な市場心理が足を引っ張る新興銘柄を避けるべく東証機械株を追加。数か月の調整による買い残の整理、閉塞感の強い中での古来からの仕手性の強さも考慮し、〇40円までの広めエリアで仕込みを入れられたい。

(その他)
7809 壽屋

本日の新規上場。フィギュアやプラモデルの製作販売を手掛ける地味な業態だが、最近のIPO人気を鑑みれば公開価格2,000円に対して5割増しの3,000円以下で寄るなら攻めてみたい。

【雑記】
小池都知事の国政参加が正式に決まったが、議員バッジが欲しいだけの輩に担がれた感は否めない。今の人気なら実現困難な東京第一と地方再生の両立をうたっても選挙民を騙せると判断したのか。そもそも、都議選の大勝は全盛期の切れを失った民進党候補に対する批判票が流れ込んだことも原因であり、都知事就任後に築地問題を大きくしただけの経緯も鑑みればが危険な賭けとなりそうだ。そして、いつもとおりに混乱を流布したいマスコミと尖閣から目を逸らさせたい中国が勝利する。

何かしら参考になっておれば
  ↓    
 

会員制情報サロン GSvs勘助
銘柄解説を長々と述べる事や上がる確率の高い銘柄を挙げる事はたやすいさ。しかし、重要なのは種蒔きや買い乗せの頃合い、利入れや撤収ポイント、他の持ち株との兼ね合いなどを把握しているか否か。皆でそれらの急所を押さえながら、長期的している過剰流動性相場をシンプルに生かす。

公開前に背後関係と売買メドを押さえて挑むなら皆とともに。

 参加概要 http://www.gs-kansuke.com


■ 6728 アルバック、◎ 6918 アパレルデータ

【勘流雑感】
先週末の米株は平穏に通過したが、北朝鮮外相が米国本土へのロケット攻撃をも辞さぬ覚悟を示した事で極東での地政学的リスクは膨張し続けている。20,100円台ではドイツ総選挙におけるメルケル勝利、明日が最終日となる中間配当権利取りがサポート要員となるとみているが、国内外の目まぐるしい政治情勢の変化に混乱気味の需給環境を鑑みれば、今週は19,800円台前半の13週ラインまで下落する場面もありうる頭で取り組まれたい。ただし、欧米巨大投資家群にとって北朝鮮問題は関心が低く、中国株式市場の堅調さも過剰な悲観スタイルを否定しているゆえ、10月前半20,500円、年末21,000円オーバーを目した買いタイミングの熟考に力を注ぐが善かろう。
さすれば、先物に関しては平時の半数程度の資金枠にて、20,100円台から20,000円近辺までを買い下がり、大半を60−80円幅の小救いに処す。19,950円割れは撤収。途転売りは見送り。個別に関しては先週末の需給悪化が一時的なものか否かを見極めたいため、本日中は手持ち銘柄のフォローに回られたい。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
■ 6728 アルバック
9/15 6,270円より 9/22 6,830円 +560 8%高
先週末は中小型株が幅広く売られる中で年初来高値を更新。10月前半7,●00〜8,000円を目標価格帯とし、今週も押さば強気に。

□■6千番台3銘柄
先の上振れを目して眼前の押しを粛々と。

(その他)
6998 タングステン

先週末は289円寄り付きから346円まで20%弱の躍進。2万株でも100万円程度のリターンとなった。核シェルター設置推進の正味の追い風力は未知数ゆえ、即回転による乗り換えが上策。

◎ 6918 アパレルデータ
GS君提唱中。9/6の1,781円から先週末の2,090円にて17%高、3000株でも約90万円のリターンに。目先は利入れ先行が得策ゆえ、押し目買いで注目したい。

【雑記】

日米で21年間活躍したプロ野球千葉マリーンズの井口資仁選手が、引退試合の最終打席でものの見事に同点ホームランを放った。近頃の国内政治は、議席に固執して平気で仲間を裏切っては勢いのある集団に移ろうとする風見鶏議員や他人の足を引っ張る事ばかりに執心する輩ばかりだが、日本人の禅の精神を思い出させる貴重な出来事に思える。

何かしら参考になっておれば
  ↓    
 
会員制情報サロン GSvs勘助
銘柄解説を長々と述べる事や上がる確率の高い銘柄を挙げる事はたやすいさ。しかし、重要なのは種蒔きや買い乗せの頃合い、利入れや撤収ポイント、他の持ち株との兼ね合いなどを把握しているか否か。皆でそれらの急所を押さえながら、長期的している過剰流動性相場をシンプルに生かす。

公開前に背後関係と売買メドを押さえて挑むなら皆とともに。

 参加概要 http://www.gs-kansuke.com

□ 3655 ブレインパッド

【勘流雑感】
昨日の米株は10日ぶりに反落。このところの一本調子の上値追いを鑑みれば妥当な下げ。国連での演説以降、暴走癖に拍車がかかっているトランプ氏と北朝鮮の関係やS&Pによる中国債の格下げの悪影響には細心の注意が要されるが、各統計が示している米経済の頑強さや先月の調整による玉整理圧力の希薄さが当面の下値を堅くしてこよう。さすれば、日本株に関しても昨日述べた20,000−20,500円のボックス相場を戦術策定の前提としながら、押さば買い、噴かば売りを続行されたい。
先物に関しては一連の急騰劇の後半部分をしっかり利した優位を生かし、本日も20,100円近辺までを買い下がり、大半を即転、一部を20,400円台で利入れる構えで挑まれたい。20,050円割れは撤収。■ アルバックに続く□ ブレインパッドの上昇で息を吹き返さんとしている個別に関しては、本日もシナリオの中で耽々と強弱を図られたい。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
□ 3655 ブレインパッド

9/7 1,038円より 9/21 1,233円 +195 18%高
昨日は、富士通とカナダ・トロント大学との量子コンピューター技術に関する研究拠点設立を材料視して急騰。初期目標の1,200円オーバーを達成。今月中盤の大して動きのない中でも連日触れてきただけに、それなりに買えたのではなかろうか。材料は今後も断続的に出現するゆえ、戦術を修正しながら更なる上値を目す。

□ 昨日からの6000番台短期指向、背後環境がしっかりしている ■ 6千番台中期指向2銘柄も動き出しに合わせて買い乗せられたい。 

(その他)
8088 岩谷産業

燃料電池関連の穴狙い。先週触れた加地テック<6391>も再戦の機を窺う。

6998 タングステン、4462 石原ケミカル
電池関連物色の範囲拡大による突発高狙いで注目。

【雑記】
安倍政権の圧勝を阻止したいマスコミと中国系政党、御用学者は悪評の流布に必死だ。国内の取るに足らない虚偽まみれの事案に固執し、性悪説をもって安倍首相を個人攻撃しながら、他方では核弾頭を撃ち込む気配を示している北朝鮮を性善説をもって接する不可解さ。国民の将来のために尖閣の現状を報道するマスコミは皆無。嘆かわしい。

何かしら参考になっておれば
  ↓    
 

会員制情報サロン GSvs勘助
銘柄解説を長々と述べる事や上がる確率の高い銘柄を挙げる事はたやすいさ。しかし、重要なのは種蒔きや買い乗せの頃合い、利入れや撤収ポイント、他の持ち株との兼ね合いなどを把握しているか否か。皆でそれらの急所を押さえながら、長期的している過剰流動性相場をシンプルに生かす。

公開前に背後関係と売買メドを押さえて挑むなら皆とともに。

 参加概要 http://www.gs-kansuke.com

□ 同じ阿呆なら踊らにゃ損々

【勘流雑感】
昨日の米FOMCでは利上げは見送り、FRBの資産縮小が決定された。「フライング買いの反動、テーパリングによる上振れともに警戒」とした市場の反応は後者に分のある流れとなっている。北朝鮮と遠距離にある米大統領が国連で北朝鮮を挑発する様は聞くに堪え難いものもあるが、本日の日本株は20,200台後半まで値を伸ばした日経先物に順じた堅調相場となりそうだ。一通り買われた後は直近7日で1000円高の反動で上値は重くなり、企業決算までの目先1か月程度は20,000‐20,500円のボックス相場に移行するとみているが、今のタイミングでトランプ政権による新たな、具体的な、ウォール街受けの善い経済政策が発表されるようならあっさりと21,000円オーバーを成し遂げるシーンも頭の片隅に留め置かれたい。
さすれば、連日のロング戦略により持ち直した先物は、本日は20,2●0円以下を20,100円まで買い下がり、大半を即転、一部を20,500円オーバー狙いのホールドに処されたい。20,050円割れは半数撤退。個別に関しては今から東証コア銘柄の比率を高めるも下策ではないが、先月総崩れとなった材料系に買い妙味の大きいものが複数残っているゆえ、今回の上昇ベクトルは材料株一貫で攻め入るが善かろう。

【勘流銘柄】
■ 6728 アルバック

9/15 6,270円より 9/20 6,770円 +500 7%高
低位株や連騰銘柄に対する異常な物色基調とは一線を画し、iPhoneXで再注目の有機EL関連に種を蒔く。リチウムからの資金シフトも観測されゆえ、10月前半●,●00〜8,000円を目標価格帯とし、本日も押さば強気に処されたい。

□ 新たなる6銭番台銘柄
前回同様にアジアマネーを旗振り役とする大波動形成が期される。長引く調整にて現時点では材料への反応が鈍っているものの、、、、、、、辺りまで底上げを図った後の材料には提灯集団が大挙してこよう。現値10−15%高の短期回転狙いと、4−5割高目標の長期志向の双方を頭において眼前の押しを耽々と拾われたい。 □ 3655 ブレインパッドも現値は底値となろう。

(その他)
8306三菱UFJ、8308 りそな、8750 第一生命

堅調な日経、FOMCの資産縮小が金利敏感株に再生の芽が生じさせうる。先物を手掛けていない場合は、本日もこの辺のゲテモノ東証コア銘柄を狙うが面白い。

6998 タングステン、4462 石原ケミカル
電池関連物色の範囲拡大による突発高狙いで注目。

【雑記】

日本を代表する女性シンガーの安室奈美恵氏が1年後の引退を発表。数年前まで毎回のように結婚式で聞いていた縁で2,3曲知っている程度だが、年々美しさを増している感があったたけに残念だ。若くして偉大な功績を残し、ファンに希望を与え続けた存在だけに第二の人生にも大いに期待したい。
 
何かしら参考になっておれば
  ↓    
 

会員制情報サロン GSvs勘助
銘柄解説を長々と述べる事や上がる確率の高い銘柄を挙げる事はたやすいさ。しかし、重要なのは種蒔きや買い乗せの頃合い、利入れや撤収ポイント、他の持ち株との兼ね合いなどを把握しているか否か。皆でそれらの急所を押さえながら、長期的している過剰流動性相場をシンプルに生かす。

公開前に背後関係と売買メドを押さえて挑むなら皆とともに。

 参加概要 http://www.gs-kansuke.com

□ フライング買いの反動、テーパリングによる上振れともに警戒

【勘流雑感】
昨日の日本株は連休中の海外市場の仕上がりの善さ、衆議院選の前倒しによる安倍政権の求心力アップ期待をフォローとして暴騰。あっさりと年初来高値を上抜け、売買代金も6/16以来となる3兆1000億円台まで膨らんだ。フライング気味の買い仕掛けゆえ、今晩のFOMCや明日の日銀金融政策決定会合の結果次第では急反落も危惧されるが、米市場にてFRBのテーパリングスタイルが明確となるなら、資金が債券市場から株式市場に流れ、結果として円安、日本株高に帰結する流れも頭の片隅に置いておくが善かろう。
さすれば、先週火曜から途転買いスタイルに戻している先物に関しては、本日は20,0●0円近辺までを買い下がり、大半を60-80円幅の小救い、一部を19,250円、19,500円などの節目を目標としたホールドに処されたい。昨日の陰線乱発予告が的外れとなった個別に関しては、新たなる銘柄への取り組みと既存銘柄の育成の両立を図られたい。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
■ 中期指向6千番台
先週末からの参陣後、昨日までの2営業日で6%高を果たした。無謀な穴狙いに神経を使う前に、王道で耽々と地力向上を図る。リチウムからの資金シフトも観測されゆえ、10月前半7,000〜●,松00円を目標価格帯とした強気スタイルを続行されたい。

銘柄はここに記す
  ↓    
 


■ 新たなる中期指向銘柄
サロンでは本日からの提唱。□ 6619 WSCOPE、□ 3655 ブレインパッドで目先のリターンを狙いながら、ここでは10月前半の躍進を目す。

(その他)
3656 KLAB、4777 ガーラ
ゲーム関連に復活の兆しが生じている。全般的に膨大な塩漬け玉を鑑みれば、春先のような大テーマ化は望めぬゆえ、パラパラと種を蒔き、動意初っ端の買い乗せ戦術が奏功しそうだ。

8306三菱UFJ、8308 りそな、8750 第一生命
堅調な日経、FOMCの資産縮小が金利敏感株に再生の芽が生じさせうる。先物を手掛けていない場合は、本日も押さば強気が面白い。

3669 モバイルクリエイト
7月提唱時はマザーズ指数に導かれるように下値切り下げによる撤収となったが、元より潜在能力は高いだけに、9/6安値350円での底打ち感の高まりを鑑みれば、6月高値432円超えを目した再戦も上策。

6464 ツバキ・ナカシマ
筆頭株主の売り出し決定を嫌気した2,200円台までの下落による灰汁抜け完了、M&Aか配当性向を高めんとする外人部隊好みの経営方針などを鑑みれば、売り出し価格が決定する9/26−28近辺までのワン回転狙いで注目。竹内製作所<6432>はそろそろ利入れ。

会員制情報サロン GSvs勘助
銘柄解説を長々と述べる事や上がる確率の高い銘柄を挙げる事はたやすいさ。しかし、重要なのは種蒔きや買い乗せの頃合い、利入れや撤収ポイント、他の持ち株との兼ね合いなどを把握しているか否か。皆でそれらの急所を押さえながら、長期的している過剰流動性相場をシンプルに生かす。

公開前に背後関係と売買メドを押さえて挑むなら皆とともに。

 参加概要 http://www.gs-kansuke.com

【雑記】

安倍首相による衆議院解散方針を受けて、マスコミによるネガティブキャンペーンも熱を帯びてきた。北朝鮮から定期的にミサイルが飛んできても「大儀なき解散」で押し通そうとする傲慢さと思慮浅さ、豊田議員のような単なる個人レベルの問題を国家の一大事、自民党の荒廃につなげようとする偏向ぶりは清々しくも感じる。給料が上がらないのは企業でも個人でもなく政府の責任、保育所が少ないのは自治体ではなく政府の責任、平和が維持されているのは日米安保のおかげではなく憲法のおかげ、政治目標が日本の飛躍ではなく政権交代 などの焦点ボケはマスコミが宿主の伝染病かもしれぬ。個人単位で政治を憂うのは当然ともいえるが、まかりなりにも政治家が日本の現状をただただ否定するのは完全なる職務放棄、責任逃れ。

Profile
KANSUKE
色即是空
しがない一投資家


会員制掲示板(会員サロン)

QRコード
QRコード
Sラボ関連サイト

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ