2012年08月

■ ヒステリックな相場に売りを忍ばせる

【勘流雑感】

来週一杯までは8900〜9200円のボックス相場の確率が50%としてきたが、本日の下げでその下限に接近せんとしている。

8,900円では売り派の買戻しも入り、それなりの抵抗力を示すがゆえに、先物に関しては買い続行でしかるべきであろう。

しかし、個別株については9,000円台で飛びついた資金群がヒステリック型の悲観に傾いていることから、日経が1下げれば1.5の売りがなだれ込む。

さすれば、出口に駆け込もうとしてるパニック集団に紛れて売りを忍び込ませることで目先の利益獲得を図りながら、再び買い一辺倒に転じる頃合いを見極めていくが上策。その買い候補については、週末中に吟味の上 来週頭にはここで述べていく予定だ。

【勘流銘柄】
■ 3千番台空売り銘柄

提灯マネーの心の隙を狙うべく、今週月曜から空売りにて着陣。相変わらず個人の人気は高いが、7/26 1,170円に底打ち感はなく、ここを割れれは目標到達も早かろう。

リバ待ちの売りを図るべきゆえ、現値売りは賛同せぬが、買い持ちしている者は何らかの決断を急がれたい。

銘柄はここに記す。
  ↓
ブログランキング

本日からは新たなる6千番台売り銘柄に着手。

何かしら参考となっていれば是非に。
  ↓         ↓
 株・投資ランキング

運に頼らず必然の中で


目標や期待が低い投資手法では、長期で市場に残る事は出来ても勝者にはなれぬ。まずは、情報、戦術を武器にリアルな目標、期待水準を引き上げるが肝要。

会員制情報掲示板
↓ ↓
   http://www.gs-kansuke.com/



■ センチメントを利用する

【勘流雑感】

米株は持ち合いを継続。これで本日の日本株も、戻れば売りたいがため株価を凝視する多くの投資家と、その狼狽度アップを出口で待つ投資家の2タイプにより株価が構成されていく。

現段階で先を見通すは多分に憶測主体の話になるが、目先2週間は、9200円を明確に上回るは15%、8900〜9200のボックス継続が50%、8,900円割れによる下値不安台頭が35%との見立てで挑むが善かろう。

ゆえに、先物はよほどの事がなければ買い戦術で問題ない。9,000円近辺を中心に買い、噴かば部分利入れ、8,900円割れは撤収策で挑まれたい。

『センチメントを利用する』

個別戦術については、人気だけで株価が維持されている銘柄を売りで狙い、狼狽極まった局面を途転買いで攻められたい。

月替わりにて物色志向がダイナミックに変化する可能性の高さゆえ、月内は従来からの銘柄を中心に枝葉を広げすぎぬ事も気に留めるが善かろう。

────────────────────────────

【勘流銘柄】
(その他)
3715 ドワンゴ
押し目買い継続。

6101 ツガミ(売り)
戻り売り、下げ場は小刻みに回転。

【雑記】
昨日も述べたように、情報化社会により、個人投資家が孤独を感じる機会が増えている。ゆえに、理論よりも独りよがりのセンチメントに傾きやすい。この傾向が今後益々強くなる事を鑑み、逆算した立ち居振る舞いを意識したいものだ。

何かしら参考となっていれば是非に。
  ↓         ↓
ブログランキング  株・投資ランキング


運に頼らず必然の中で


目標や期待が低い投資手法では、長期で市場に残る事は出来ても勝者にはなれぬ。まずは、情報、戦術を武器にリアルな目標、期待水準を引き上げるが肝要。

会員制情報掲示板
↓ ↓
   http://www.gs-kansuke.com/

■ 出口で待つ

【勘流雑感】

昨日の日本株は、一時9,000円割れまで下落。最終的な下げ幅52円は驚くに値しないが、個別の下げっぷりは何度も述べた夏祭りの終焉を露呈した格好。8,400円付近から攻め込み、9,000円台では斜に構えられた面々とは異なり、9,000円台乗せという可視的な現象を買い事由としてきたディーラー連中にとっては数日はきつい日が続くであろう。そして、彼らが自己反省することはなく、今回同様に大底圏でブン投げた後の上昇では自己弁護と周辺批判を繰り返す。ありがたい存在だ。

ゆえに、先週からの予定通り、ECB理事会が控える来週木曜まではそれらの狼狽売りを粛々と拾いながら、目先では売りに注力しながら前進するが上策。

日本株の目先2週間、9200円を明確に上回るは15%、8900〜9200のボックス継続が50%、8,900円割れによる下値不安台頭が35%との見立ては変わらぬ。

『出口で待つ』

先物はよほどの事がなければ買い戦術で問題ない。9,000円近辺を中心に買い、噴かば部分利入れ、8,900円割れは撤収策で挑まれたい。個別に関しては、極一部のコアな話がある銘柄だけを買い、人気の高いだけの銘柄は 自制心を失った投資家が出口に集結する動きに合わせた売り主眼で挑まれたい。

────────────────────────────

【勘流銘柄】

(その他)

4751 サイバー、7122 近畿車輛(売り)
現況は、反騰への足場固めではなく、一段安へのプロローグ。売り継続。

3715 ドワンゴ
昨日の全面安でもチャートを維持した統制力は注目。

6753 シャープ
粗方狙い通りの株価推移。更なる上値を見込める環境ではあるが、目先資金の乱入により相場が不用意に荒れ始めた。利入れ先行。

■ 勘流雑記
PCの普及に伴う情報化社会はいかにも便利だが、人の頭脳が進化しているとは思いにくい。先進国での紛争激減も理由であろうが、事の是非を周囲の判断に任せる風潮が日増しに強まっている感がしてならない。

新聞やマスコミ報道をいちいち疑う事がインテリジェンスの証と勘違いされているように、目の前の株価の全てを現実とするのもいただけない。

何かしら参考となっていれば是非に。
  ↓         ↓
ブログランキング  株・投資ランキング


運に頼らず必然の中で


目標や期待が低い投資手法では、長期で市場に残る事は出来ても勝者にはなれぬ。まずは、情報、戦術を武器にリアルな目標、期待水準を引き上げるが肝要。

会員制情報掲示板
↓ ↓
   http://www.gs-kansuke.com/

□ 4813 ACCESS

【勘流雑感】

米株は動意乏しき小幅安。この辺で上手く息を抜く事ができれば、9月からの欧米政治業界の新装オープンに絡んだ上値追いも可能であろうが、週末のバーナンキ講演では市場が好感はしても、納得は出来ぬ結果となるであろう。

すなわち、一段高となったところで一発の打ち上げ花火で終わり、嫌気された折には来週木曜のECBまで市場心理が好転する事はないとみる。さすれば、現状は売り買いを交えたロングショートで挑むが上策。

日本株の目先2週間は、9200円を明確に上回るは15%、8900〜9200のボックス継続が50%、8,900円割れによる下値不安台頭が35%と見立てている。

『先物買い、個別売り傾斜のロングショート』

以下も昨日述べた通りだが、当面は、全体の値上がり銘柄数よりも値下がり銘柄数の方が多い日が続く。その一部の値上がり銘柄が日経平均を底堅く映らせるがため、先物は9,000円付近を中心に買いを継続し、反発時はこまめに利入れを交える。前述の流れから8,900円割れは撤収。

個別に関しては、極一部のコアな話がある銘柄だけを買い、個人人気の高いだけの銘柄は売り主眼で挑まれたい。

【勘流銘柄】
□ 9449 GMO

8/9 440円より 8/27 492円  +52  11%高
本日も上昇基調では軽めの利入れを交えながら、押さば買い。

□ 4813 ACCESS
8/13 61,200円より  8/27 67,200円 +5000 8%高
小康状態からの公開により安値を拾えている者も多かろう。目標地点を変えずに兵力を強弱する。

(その他)

4751 サイバー、7122 近畿車輛(売り)
現況は、反騰への足場固めではなく、一段安へのプロローグ。

・6753 シャープ
8/16 165円より 8/17 198円 +33  20%高
現値は信用での大勝負は避け、現物主体、1,2ヶ月粘る気概で拾うが善かろう。

何かしら参考となっていれば是非に。
  ↓         ↓
ブログランキング  株・投資ランキング


運に頼らず必然の中で


目標や期待が低い投資手法では、長期で市場に残る事は出来ても勝者にはなれぬ。まずは、情報、戦術を武器にリアルな目標、期待水準を引き上げるが肝要。

会員制情報掲示板
       ↓ ↓
     http://www.gs-kansuke.com/








■ 先物買い、個別売り傾斜のロングショート

【勘流雑感】

先週末の米株は25日線を壁とした反発。9月からの政治業界の新装オープンへの期待が先行しているゆえ、一見下値は頑強に映る。しかし、それら期待やら思惑やらとは無関係に月末の利入れ需要が上値押さえ、ややもすれば下振れの理由として機能すると見ておくが上策であろう。米追加緩和が背景とはいえ、1.8%をも上回れぬ米10年債利回りを鑑みれば、今の米株高も信念なきマネーゲームとしての騰勢。

さすれば、日本株の目先2週間は、9200円を明確に上回るは15%、8900〜9200のボックス継続が50%、8,900円割れによる下値不安台頭が35%といったところであろう。

『先物買い、個別売り傾斜のロングショート』

当面は、全体の値上がり銘柄数よりも値下がり銘柄数の方が多い日が続く。その一部の値上がり銘柄が日経平均を底堅く映らせるがため、先物は9,000円付近を中心に買いを継続し、反発時はこまめに利入れを交える。前述の流れから8,●00円割れは撤収後、ショート主体へ転じる。

個別に関しては、極一部のコアな話がある銘柄だけを買い、個人人気の高いだけの銘柄は売り主眼で挑まれたい。


【勘流銘柄】
上値模索中の9449 GMO、発射待ちの3436 SUMCO、4813 ACCESS、6千番台銘柄
を粛々と攻める。売りはあの3千番台へ。

本日からの3千番台買い銘柄も、追い風となる環境が整っているが故、押しを粛々と集められたい。

(その他)
6101 ツガミ(売り)
3月の高値掴み分を期日前に外すための後ろ向きな相場もまもなく終焉となろう。

何かしら参考となっていれば是非に。
  ↓         ↓
ブログランキング  株・投資ランキング


運に頼らず必然の中で


目標や期待が低い投資手法では、長期で市場に残る事は出来ても勝者にはなれぬ。まずは、情報、戦術を武器にリアルな目標、期待水準を引き上げるが肝要。

会員制情報掲示板
 ↓ ↓ 
    http://www.gs-kansuke.com/

■ 打診売り

【勘流雑感】

米株は、昨日述べた違和感の表面化による下落。上昇指向の強さは変わらぬが、短期では火曜の高値から400ドル下の12,900ドルから12,800ドル付近まで下げ余地がある前提が上策。

ここ最近では先週後半の上げ過程で「夏祭りのクライマックス」と述べ、その後の落ち合いも「買うならアホになって買う。時が満ちるまで本気の買いは回避」と述べてきた。今日はその効果がなんぼか現れる相場となろう。

『打診売り』

9,000円台になってから腰を上げた提灯集団が 予想通りに篩いにかけられる流れだけに、ここは久々に空売りを交えたロングショートで挑む。

先物は個別ほどは戦況は悪くないがゆえに、9,000円までの買い下がりを続行。9,000円を割れし際には半数を早め撤収とされたい。新たなる個別は、空売りから入る。

【勘流銘柄】
上値模索中の9449 GMO、発射待ちの3436 SUMCO、4813 ACCESS、6千番台銘柄
を粛々と攻める。

新たなる取り組みは、前述の動きから個人やディーラー人気の高いあの銘柄の空売りへ。


(その他)
4004 昭和電工

中堅ディーラーが集結中。本日も押さば買い。

何かしら参考となっていれば是非に。
  ↓         ↓
ブログランキング  株・投資ランキング


運に頼らず必然の中で


目標や期待が低い投資手法では、長期で市場に残る事は出来ても勝者にはなれぬ。まずは、情報、戦術を武器にリアルな目標、期待水準を引き上げるが肝要。

会員制情報掲示板
 ↓ ↓ 
    http://www.gs-kansuke.com/

■ 提灯筋が篩われる番

【勘流雑感】

昨日の米債券の急騰は、追加緩和への期待ゆえ額面通りに悲観視することはない。むしろ警戒すべきは、追加緩和期待にもかかわらず冴えない経過を辿った米株そのもの。6月以降の調整時は粗方400ドル程度押している事を鑑みれば、火曜の高値から400ドル下の12,900ドルから12,800ドル付近までは下げ余地があるとするが上策であろう。

『時が満ちるのを待つ』

昨日述べたように、現況は株価が上がってから本気になった提灯集団が篩いにかけられる頃合い。彼らが目先の株価に心惑わされるのを横目に見ながら、茶でも嗜むみつつ、本気買いの気が熟すのを待つが肝要。充電継続。

さすれば、先物は9,050円までの買い下がりを続行しながら、9,000円を割れるようなら半数程度を早め撤収、個別も志は下げずして細やかな回転も交えられたい。新規買いへのチャレンジは週明けまで待つが妥当。

【勘流銘柄】

□ 3436 SUMCO
浮ついたディーラーが買ってくるのは、短期で値幅が狙えて出来高のある銘柄。仕手株が上値を買いにくい事も上値魅力を高めている。


□ 9449 GMO
8/9 440円より 8/21 475円  +35 7%高
サイバーから離れた富裕層マネーがなだれ込み始めた。元来癖の悪い銘柄だが、上方修正を機に世間様の見方も友好的になっているがゆえ、前述の輩の一部が目す目標株価程度までなら さほど日柄をかけずに達成しえよう。


□ 4813 ACCESS
既報の業績改善風潮に加味して、新たなる材料、アップル株の再生を大義名分とした上値追いの動きが出てきそうだ。昨日の下髭も善いアクセントになっている。

(その他)

4004 昭和電工
中堅ディーラーが集結中。今日も押さば買い。

6753 シャープ
8/16 165円より 8/17 198円 +33  20%高
現値は信用での大勝負は避け、現物主体、1,2ヶ月粘る気概で拾うが善かろう。

何かしら参考となっていれば是非に。
  ↓         ↓
ブログランキング  株・投資ランキング


運に頼らず、株価に流されず、必然の中で


目標や期待が低い投資手法では、長期で市場に残る事は出来ても勝者にはなれぬ。まずは、情報、戦術を武器にリアルな目標、期待水準を引き上げるが肝要。

会員制情報掲示板
 ↓ ↓ 
    http://www.gs-kansuke.com/

◎ GS銘柄は材料株中心に!

おはようございますGSです!

昨日のNYは68ドル安。来月にかけても欧州債務問題克服への進展度合いが焦点になりそうですが、ギリシャとドイツ首相の会合やECB理事会を意識しながら、今日も押し目買いスタンスで攻めてる予定です。

勘助氏の方では、8,400円台から強気一貫で攻めた余裕に加えて、方向感の鈍い今の状況は「悩みすぎがは悪」とでもいうように、シンプルなコメントに。

────────────────────────────
【勘流雑感】

9,000円付近まで株価が上がってから本腰を入れてきた提灯連中の買いが一巡したことで、日本株の上値が重くなっている。米債券市場が示すは株式市場の上昇ベクトル継続であり、為替も追い風になっている現状で売りに軸足を奥は早計だが、気張って買うのはその提灯連中が投げるまで待つが善かろう。

「充電」

前述9,000円台から参戦した輩が目先に一喜一憂している現状は、現値買いは「アホになった」心持ちにて気楽に挑み、同時に粛々と持ち株を整理する事で心を充電するが上策。先物に関しては本日も9,050円近辺までを買い下がり、噴かば部分的に利入れを交える。

────────────────────────────

【勘流銘柄】
□ 3436 SUMCO
8/17 632円より 8/20 661円 +29 4%高
「浮ついたディーラーが買ってくるのは、短期で値幅が狙えて出来高のある銘柄。仕手株が上値を買いにくい事も上値魅力を高めている。」押し目買い!

□ 1919 エスバイエル

「背後資金群の話からは、、、、、中に見せ場を作れるかどうかに注目している。」期待!!

□ 4813 ACCESS
「既報の業績改善風潮に加味して、新たなる材料、アップル株の再生を大義名分とした●万円オーバー狙いの動きが出てきそうだ。」ここからが本番!

月曜からの新6千番台銘柄
も中期スタンスでがっちりと!

私の方では、材料系を中心に!!

昨日好スタートを切った1000番台のほか、今日からはあの5千番台の仕込を開始!!

ご期待ください!

【GS vs 勘助 会員サロン】
会員制の掲示板です。
市場開催日の当日寄り付き前後に勘助氏が 全体相場展望と勘流銘柄の解説を、開催日前日に私がGS銘柄の解説と 先物・オプションについての指針をコメントさせていただいています。

8/31までのスタートの場合の参加費用は、
3か月コース(11月末まで) 34,000円
1か月コース(9月末まで) 16,000円

一緒にステップアップに向けた足がかりを作っていきましょう!! 
 ↓ ↓ ↓  
6546
 
  http://gs-kansuke.com/
 


よかったら1ぽち頂けると嬉しいです。
 ↓          ↓
ブログランキング 株・投資ランキング


■ 動かざる事山の如し

【勘流雑感】

マーケットの浮世離れが進んでいる。戦術上は昨日述べたようにミリ単位の株価推移に一喜一憂することなく「アホになって攻める」が上策だが、市場参加者最大の共通認識である欧州金融不安を鑑みれば、海外市場に不穏な動きあらばいつでも資金を撤収する気構えも持って挑まれたい。

その予兆としては米債券市場に注目。10年債利回りが前日比で0.08%前後低下するようであれば要注意だ。

以上を踏まえ、先物に関しては本日も9,050円近辺までを買い下がり、噴かば部分的に利入れを交えるスタンスを続行。個別に関しては、流れ善きものを「動かざる事山の如し」が心情で攻むる。

────────────────────────────

【勘流銘柄】
昨日は短期指向4銘柄中3銘柄が推奨後の高値を記録。

中でも3千番台銘柄と4千番台銘柄陣営の動きが面白くなっている。

銘柄はそれぞれここで確認されたい。
  ↓
ブログランキング

□ 1919 エスバイエル
8/15 159円より 8/16 164円 +5 3%高
背後資金群の話からは近々見せ場を作れるかどうかに注目している。サロン提唱の戦術を邁進されたい。

■ 新たなる6千番台
中期狙いはここ一本。


(その他)

6358 酒井重工
サロン提唱条件が整いし際には迎撃。即転重視。

6753 シャープ
8/16 165円より 8/17 198円 +33  20%高
先週金曜の参戦時、160円台で述べた190円台回転目標は翌日の198円で達成。昨日はここでも利入れ重視と述べたが、あとは現物主体、1,2ヶ月粘る気概で拾うが良かろう。

何かしら参考となっていれば是非に。
  ↓    
株・投資ランキング

運に頼らず、株価に流されず、必然の中で


目標や期待が低い投資手法では、長期で市場に残る事は出来ても勝者にはなれぬ。まずは、情報、戦術を武器にリアルな目標、期待水準を引き上げるが肝要。

会員制情報掲示板
 ↓ ↓ 
    http://www.gs-kansuke.com/

■ 6753 シャープ 必然の中で利入れを進める

【勘流雑感】

ユーロ危機勃発から4年。欧州要人は口先介入やマスコミの使用法を会得し、市場統制力を大いに高めている。不安を増すばかりの欧州情勢が世界的な経済不安を継続させている状況に変化はないが、実体経済と市場の格差は今後も拡大していきそうだ。

相場スケジュールとしては、月末までに市場心理を冷やしこみ、9月前半の諸会合を皮切りにぶち上げるが最も分かりやすく容易でもあるが、例年通りに9月安に持ち込みたいのであれば、8月中は浮かれ気分で買うもの一興。

『アホになって買う』

売買戦術としては、8,400円台での強気傾斜から、先週は手綱を締めたものへと転じていったが、前述の流れからもしばし強気ムードに身を任せてみたい。現実経済を鑑みれば買うはアホウ、市場需給を鑑みれば売るもアホウ。同じアホなら買いで攻めるが建設的。

先物に関しては、先週9,200円前後までの上昇裏で粗方利入れた後、今週は9,050円までの下げを頭においてうっすらと買い直されたい。個別は材料株相場の仕上げに乗る。

【勘流銘柄】

■ 6753 シャープ

8/16 165円より 8/17 198円 +33  20%高
会員サロンでは、最近の怒涛の売りの真相を述べながら、先週木曜165円よりの買い推奨。そして、翌日にはその真相が世間の目に触れることで198円までの上昇。2日で20%高を達成

一連の上下を、企業不安の売り、その緩和による急反発というレベルで見ている世の評論家並みの志向や分析では決して到達する事のない利益を得る事ができたであろう。

200円台を回復してしまえば、今の神経質な需給環境もがらりと変わり、230円台まで上進してくる余地があろう。しかし、そこは前述の人並みの勝負しかできる輩が集う場所。先週利入れを入れつつ安値玉が残っている者は、サロン提唱の戦術で挑むか、本日からの中期指向6千番台銘柄で資産拡大を図るが上策。

短期指向なら、9449 GMOほか既存3銘柄に粛々と種を撒く。

(その他)
8291 東日、8103 明和産業、6440 JUKIなど
継続して押しを果敢に攻むる。

シャープ、東日など、何かしら参考となっていれば是非に。
  ↓         ↓
ブログランキング  株・投資ランキング


運に頼らず、株価に流されず、必然の中で


目標や期待が低い投資手法では、長期で市場に残る事は出来ても勝者にはなれぬ。まずは、情報、戦術を武器にリアルな目標、期待水準を引き上げるが肝要。

会員制情報掲示板
 ↓ ↓ 
    http://www.gs-kansuke.com/

Profile
KANSUKE
色即是空
しがない一投資家


会員制掲示板(会員サロン)

QRコード
QRコード
Sラボ関連サイト

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ