2017年07月

□ ギャンブル相場はつかず離れず

【勘流雑感】
先週末の米株は4−6月期GDPなど良好な経済指標がフォローとなり4日続伸。日経先物は利上げペースの鈍化思惑から米長期債利回りとともに調整中のドル円が足かせとなって伸び悩んだが、経済のファンダメンタルズがしっかりしている以上、明日のアップルの決算が波乱材料とならなければ今週も底堅い流れが予測される。さすれば、ヒヤッとする場面を中心に押しを買い向かいながら、20,100円オーバーではさらりと利入れを交えるスタイルで挑まれたい。
日経先物に関しては20,000円割れを19,850円近辺までを買い向かって大半を60−80円幅で回す。個別株に関しては、場中の対処が可能な者にとっては動意づいたものに飛び乗るデイトレ狙いも面白いが、基本戦術としては全般的なギャンブル色の強まりを危惧し、本日中のやんちゃ、新規買いは控える指針にて挑まれたい。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
■ 6773 パイオニア
自動車株への資金回帰、自動運転関連への見直しムードなど先高期待は高いまま。今週も8月上旬2●0円オーバー狙いの現値買い、2●0円も買い乗せにて一段高は部分利入れを交えられたい。□ 短期指向2銘柄も先週末の新興安を利用すべく、安値買い噴かば部分利入れにて挑まれたい。

(そのほか)
◎ 2389 オプト
GS君提唱中。先週末の陽線が変調の兆しとなるか否か。1460円超えは買い乗せが奏功しそうだ。

【雑記】
昨日の横浜市長選では林氏が3選を決めた。有権者は良いものは良いとする知性を維持している事が証明された。安倍政権の支持率低下は、くだらない事案で大騒ぎする野合連中や法律すれすれの悪質な世論調査を繰り返すマスコミの影響も大きいが、経済的な成果による自然体での回復を期待する。

何かしら参考になっておれば是非に。
  ↓    
 

会員制情報サロン GSvs勘助
「株は上がれば何でも善い」は事実だが真実ではない。先々の壊滅につながる目先の利益、先々の大成につながる目先の損失。万人が周知のデータ、戦術なき株価解説、株価とチャートだけを見ていても核心に近づくことはない。

みなとともに領土拡張を目指されたい。
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

□ ギャンブル相場は斜に構えた強気

【勘流雑感】
昨日の米株はダウの最高値更新の一方でナスダックが反落。アマゾンの決算もさえず、ドル円も軟調な中での週末の日本市場は20,000円近辺での推移となりそうだ。今晩の米4−6月期GDPは市場予想通りに良好な結果が予測されるゆえ悲観的に構える必要はないが、主力から小型株までギャンブル色が濃厚となっている現状は不退転の決意で相場に挑むは下策。ゆえに、好雰囲気銘柄を騙された素振りで拾った短期回転指向を続行するが善かろう。
さすれば、日経先物に関しては20,000円割れを待って19,900円近辺までを買い向かい、大半を60−80円幅で回して連勝記録を伸ばしながら、個別株は不用意に手を広げずに市場心理の落ち着きを待つが善かろう。□短期指向は直近提唱3銘柄、主力は■ 6773 パイオニア一本勝負。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
(その他)
6254 野村マイクロ、6266 タツモ

2,3週間の中期指向なら半導体セクターをさらりと押さえるも上策。

6628 オンキョー
再始動気配に順じた強気スタイル続行。パス<3840>も押さば買い、噴かば利入れ先行。

【雑記】
稲田大臣が辞任の運びとなった。安倍政権の支持率低下を鑑みればやむをえない。辞任理由の大半は防衛省の体質そのものにあるが、マスコミや野合連中の安倍政権や日本に対するネガティブキャンペーンの前では正論は通用しない。松居氏、蓮舫氏、上西氏など思い込み先行で他人には過度に厳しく自、分には極端に甘い著名人が安穏とする中では英断といえよう。

何かしら参考になっておれば是非に。
  ↓    
 

会員制情報サロン GSvs勘助
「株は上がれば何でも善い」は事実だが真実ではない。先々の壊滅につながる目先の利益、先々の大成につながる目先の損失。万人が周知のデータ、戦術なき株価解説、株価とチャートだけを見ていても核心に近づくことはない。

何(武器、銘柄)で戦うかではなく、
どのような戦術で戦うかが重要


みなとともに領土拡張を目指すなら
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

□ 仕手相場下の振る舞い

【勘流雑感】
昨日の米株はダウ、ナスダックともに過去最高値を更新。金利が上がっても強気、下がっても強気の楽観ムードが高まりつつある。これにより日本株需給も底堅き流れが予測されるが、東証コア銘柄といえども不安定なドル円や決算前のために本気では買われにくい環境だ。日本株は元より外人部隊が旗振り役の仕手株と言われているが、目先はその様相を強めてこよう。さすれば、理屈重視で動きの悪い銘柄をホールドするよりも、騙された素振りにて流れ善きものに資金を割り当て短期回転を目すが妥当。
先物に関しては20,000円割れを待って19,900円近辺までを買い向かい、大半を60−80円幅で回して連勝記録を伸ばされたい。19,850円割れは撤収。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
 3688 VOYAGE 
7/20 2,667円より 7/25 2,899円 +232 8%高
昨日引け後の決算は先々の上方修正に含みを持たせたが、短期的には利入れの口実ともなりうる内容。昨日の利確により残した分は素直にプラス材料視されるようなら3,〇00円オーバー目標の強気策を邁進、サロン提唱条件に触れるようなら一旦撤収にて乗り換えられたい。

□ 6100番台短期指向銘柄
サロンでは先週末から提唱。昨日の小動意が再始動発展するようであれば買い乗せを図る。

□ 新たなる勘流銘柄
業績面に見どころは皆無だが、アジアゲート(1783、旧AC)やアジア開発キャピタル(9318 旧日本橋倉庫)でさえ見せ場を作れるゲテモノ歓迎相場を前に水準訂正の仕掛けを入れたい面々が集結しているようだ。先週 短期14%高を果たしたジャパンフード&リカー<2538>に続くべく本日から参陣。

(その他)
6628 オンキョー
再始動気配に順じた強気スタイル続行。昨日からのパス<3840>は押さば買い、噴かば利入れ先行。

何かしら参考になっておれば是非に。
  ↓    
 

会員制情報サロン GSvs勘助
「株は上がれば何でも善い」は事実だが真実ではない。先々の壊滅につながる目先の利益、先々の大成につながる目先の損失。万人が周知のデータ、戦術なき株価解説、株価とチャートだけを見ていても核心に近づくことはない。

何(武器、銘柄)で戦うかではなく、
どのような戦術で戦うかが重要


みなとともに領土拡張を目指すなら
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

□ 前場の堅調地合いは利入れ先行

【勘流雑感】
昨日の米株は軒並み市場予想を上回った企業決算や経済統計を素直に買い材料視。FOMC前の小康商い予想に反して大幅高となった。米長期債利回りも月初までのような中央銀行の引き締め策に沿った受動的なものではなく、景況感の改善という能動的な事由で上昇。本日の日本株は、112円近辺まで巻き返したドル円が日経先物のショートカバーを誘発する堅調な動きが予測される。気になるのは、経済政策を打ち出せないままに身辺整理で右往左往している米トランプ政権、重要度の低い事案を天下の一大事とばかりに騒ぎ立てるマスコミと烏合の衆に前進を阻まれている安倍政権、景気対策よりもブレグジットの処理に熱心な欧州の面々など政治リスクの根深さ。ゆえに、昨日の下落局面での買い向いとは異なり、本日の上昇局面を血気盛んに飛び乗るは下策となろう。
さすれば、昨日19,900円台序盤までを買い下がり、大半を20,000円付近で利入れたであろう先物に関しては、寄りからの上昇局面では残りも利入れ先行で挑み、その後20,000円割れがあれば19,850円までの買い下がりを再開されたい。19,800円割れは撤収。上記のように個別に関しても血気盛んに買うべきころあいではないゆえ、明日以降のヒヤッとする場面を待ちながらサラリと保有株を手当てするが上策。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
□ 3688 VOYAGE 

7/20 2,667円より 7/25 2,899円 +232 8%高
5/23から6/9までに34%高を成し遂げたレントラックス<6045>、6/21から6/29までに9%高成し遂げたバリューコマース<2491>に続くネット広告関連第3弾。

昨日は、、、、、、やマネーゲームに懲りた提灯資金の集結により2,900円目前まで上値を切り上げた。ここからは本日の決算も踏まえて思い思いに処されたい。

□ 月曜からの新勘流銘柄
先週触れた再号令による上昇ベクトル回帰が近いとの事。行政による規制強化が懸念される業界だが、即回転狙いであればまだまだ有効。昨日までの2日で5%高を成し遂げた後も押さば強気に挑まれたい。

□ 短期、■ 中期6千番台銘柄も従来戦術を邁進。

(その他)
2497 ユナイテッド

年内新規上場予定のメルカリ関連。メルカリの躍進ぶりは言うに及ばぬが、前身企業に出資した3億円が化けるは必至。昨日3,050円近辺でエントリーした者は3,20●0円超えも買い乗せから検討。

【雑記】
夏の甲子園東京予選にて清宮君を擁する早稲田実業の進撃が続いている。父同様にラグビーの道を選んでも活躍は必至であったろうが、よりメジャーな野球を選択した事は大正解。彼の活躍を目の当たりにするたび、日本人離れした肉体と運動能力を持ちながら一般的にはマイナースポーツであるハンマー投げを選択した室伏広治氏が悔やまれる。

何かしら参考になっておれば是非に。
  ↓    
 

会員制情報サロン GSvs勘助
「株は上がれば何でも善い」は事実だが真実ではない。先々の壊滅につながる目先の利益、先々の大成につながる目先の損失。万人が周知のデータ、戦術なき株価解説、株価とチャートだけを見ていても核心に近づくことはない。

何(武器、銘柄)で戦うかではなく、
どのような戦術で戦うかが重要


みなとともに領土拡張を目指すなら
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

□ 3688 VOTAGE 

【勘流雑感】
昨日の米株はダウが続落、ナスダックは反発。トランプ大統領への不信感やFOMC後の混乱を回避したい思惑と、良好な企業決算を好感する動きが交錯。アルファベットが好決算を発表しながら時間外で売られたように、早くとも明日のFOMCを終えるまでは膠着感の強い流れとなりそうだ。本日の日本株は111円付近を彷徨うドル円に足を引っ張られる19,850−20,100円範囲の動きが予測され、個別に関しては玉整理圧力が優位の不安定な推移となりそうだ。IMFによる世界の景気見通しの引き上げ、底這いのトランプ期待などを鑑みればヒヤッとする場面は買いの一手だが、大量の買い残を抱えている銘柄やちょっとした売り物で値を崩されやすい薄商い銘柄、過去の栄光が頼りの銘柄などは一度手放して柔軟性を高めておくも善かろう。
先物に関しては19,800−20,200円のボックス相場を見込み、本日も20,000円割れを買いで入って大半を60−80円の小救い狙い、残りを20,100オーバー狙いに処すが上策。

【勘流銘柄】
□ 3688 VOTAGE 

7/20 2,667円より 7/24 2,854円 +187 7%高
レントラックス<6045>、バリューコマース<2491>に続くネット広告関連第3弾。同社が力を注ぐアドテクのポテンシャルの高さを鑑みれば、マネーゲームに懲りた提灯資金が集結した際にはお盆前の3,●00円オーバーも射程圏に入ろう。明日の決算を意識して戦術面では微調整も交えられたい。


□ 新たなる短期指向2銘柄
会員サロンでは、先週末と昨日から新たな銘柄への種まきを開始。共通項は「再始動の時期」。

■ 6773 パイオニア
日経の安定味やドル円の堅調さに比較して出遅れ色の強い自動車関連を推す声が高まっている。自治体向けの多言語対応の翻訳サービスも材料としては面白い。8月上旬2●0円オーバー狙いの現値買い、噴かば部分利入れを続行。

(その他)
6628 オンキョー
再始動気配を示しているゆえ、本日は買い乗せから検討。

何かしら参考になっておれば是非に。
  ↓    
 

会員制情報サロン GSvs勘助
「株は上がれば何でも善い」は事実だが真実ではない。先々の壊滅につながる目先の利益、先々の大成につながる目先の損失。万人が周知のデータ、戦術なき株価解説、株価とチャートだけを見ていても核心に近づくことはない。

何(武器、銘柄)で戦うかではなく、
どのような戦術で戦うかが重要


みなとともに領土拡張を目指すなら
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

□ 先週木曜からの3600番台銘柄

【勘流雑感】
先週末の米株は小幅に下落。買い派有利の形勢に変わりはないが、トランプ氏とロシアとの黒い交際が政局リスクを高めているゆえ週内は21,400−21,700ドルで様子を見る動きが予測される。今晩のアルファベット、明日のキャタピラー、木曜のアマゾンの決算、週末の米4−6月期GDPと市場のリアクションには注意されたい。国内情勢を振り返れば、マスコミと大陸系政党の絶え間ないネガティブキャンペーンに惑わされ、安倍政権による4年連続の賃上げやEUとのEPA大枠合意に対する評価よりも加計学園問題を非難する不義理が横行。このため不安材料に際しては19,800円を割り込む場面も危惧されるが、国内投資家の売り、外人部隊の買いの結末は後者の勝利と相場が決まっているゆえ、ヒヤッとする場面は果敢に買い向かう気概で挑まれたい。
日経先物は19,800−20,200円のボックス相場を見込み、押し目買いから大半を60−80円の小救い狙い、残りは20,100オーバー狙いに処す。個別はおよそ2週間単位で物色の矛先に変化が生じているだけに、過去の栄光にとらわれず柔軟な頭で種蒔きと刈り取りをこなしていかれたい。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
□ 2538 ジャパンフード&リカー
7/18 48円より 7/21 55円 +7 14%高
「物色の矛先がうつろいやすい地合い」の中で国力減退の一因であるゲーム関連や、成長力の分かりにくいバイオ関連に固執したのと比べれば効率面での優位性が明白となった。低位ボロ株を久しく付き合うは大人の所作ではないゆえ、短期14%高達成後は楽しみの範疇で取り組むが上策。

□ 先週木曜からの3600番台銘柄
勘流銘柄として 5/23から6/9までに34%高を成し遂げたレントラックス<6045>、6/21から6/29までに9%高成し遂げたバリューコマース<2491>の後釜として、会員サロンでは先週木曜2667円から参陣。週末までの2日で6%高を果たしているが、同社が力を注ぐアドテクのポテンシャルの高さを鑑みれば、マネーゲームに懲りた提灯資金が集結した際にはお盆前の3,●00円オーバーも射程圏に入る。

銘柄はここに記す
  ↓    
 

□ 新たなる短期指向2銘柄
会員サロンでは、先週末と本日から新たな銘柄への種まきを開始。共通項は「再始動の時期」。先週末からその他として触れているRIZAP絡みの銘柄群よりも3段階テンションを上げて挑まれたい。

会員制情報サロン GSvs勘助
外人部隊に強いられるがまま、企業サイドは四半期毎、場合によっては1か月単位での業績良化に腐心している。投資家全般も短期のリターンを追求するあまり事の本質を見失いやすい時代だ。万人が周知のデータ、戦術なき株価解説、株価とチャートだけを見ていても核心に近づくことはない。

みなとともにビジョンをもって領土拡張を図られたい。
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

□ 勘流低位2000番台銘柄

【勘流雑感】
昨日の米株はECB定例理事会や総裁会見を経ても今後の欧州金利動向の先行きは不透明感が強いままであったが、ユーロドルが上昇志向を強めた事で米株は底堅い流れとなった。本日の日本株は、ドル売り主導の円高が足かせとなり利入れ先行ムードが強まりそうだ。ただし、日本、米国、欧州にて金融当局が景気良化を見越している以上、弱気になる必要はあるまい。日米ともに政権の支持率低下が新たな景気対策を強要している側面もあるゆえ、朝鮮有事やトランプ乱心以外の下げ場は買いの一手で挑むが善かろう。
さすれば、本日の先物は19,900円付近までを買い下がる即回転狙いにて連勝記録を伸ばしながら、個別は刈り取りと種蒔きを並行されたい。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
■ 6773 パイオニア
出遅れ色の強い自動車関連を推す声に便乗すべくメンバーサロンでは先週前半からの参陣。今のところ小康状態が続いているが、5G関連の再人気化ムードが広い意味での自動運転関連の買い余力を高めうる環境だ。中期指向にて本日も押さば胆力をもって買い進まれたい。


□ 勘流低位2000番台銘柄

週明け18日からの参陣。昨日までの3日で8%高を達成済み。株価2倍高情報は頭の片隅に追いやり、まずは3,4割高を目す。

銘柄はここに記す
  ↓    
 

□ 昨日からの新提唱

サロンでは昨日提唱後、即日5%高を達成。ディーラー連中の梃入れ、本業の成長力、マネーゲームに懲りた提灯資金の集結がミックスアップすれば、お盆までの2割高も通過点となろう。

□ 本日からの6100番台銘柄
本業は中長期成長ベクトルに乗らんとしており、仕掛け面でも再始動に向けた機運が高まっているようだ。ボックス相場で停滞している世の中から乖離した成果をあげられたい。

(その他)
3140 イデア、9980 マルコ

仕掛け人陣営にとっては突飛高を演出して売り圧力を確かめたい頃合い。

会員制情報サロン GSvs勘助
外人部隊に強いられるがまま、企業サイドは四半期毎、場合によっては1か月単位での業績良化に腐心している。投資家全般も短期のリターンを追求するあまり事の本質を見失いやすい時代だ。万人が周知のデータ、戦術なき株価解説、株価とチャートだけを見ていても核心に近づくことはない。

みなとともにビジョンをもって領土拡張を図られたい。
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

■ 6773 パイオニア

【勘流雑感】
昨日の米株は主要指数が揃って過去最高値を更新。ECBの緩和縮小をカネ余り相場の終焉として危惧する声も聞かれるが、金利と景気は緩やかに上昇するが正常な在り方であり、期待値が急落しているトランプ政権の財政政策が的を射たものになれば年内のダウは23,000ドル、日経も22,000円辺りまで上値見込みが高まろう。さすれば、現在のボックス相場中は耽々と押さば買い、噴かば売りにて対応しながら、大口外人部隊がボラティリティを高める目的にて下振れ工作を仕掛けてきた際には果敢に買い向かう気概を持って挑まれたい。
小救いにて連勝中の先物に関しては、本日も19,900円付近までを買い下がった即回転狙いを軸としながら、ECB定例理事会後に乱高下する局面では下げはショート、上げはロングの順張りにて挑まれたい。連休明けの材料株需給の混乱に巻き込まれた勘流銘柄に関しては、新たなる種蒔きを続行。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
■ 6773 パイオニア

出遅れ色の強い自動車関連を推す声に便乗すべくメンバーサロンでは先週前半からの参陣。今のところ小康状態が続いているが、本日の日経新聞による5G関連の報道が潜在的な買い余力を高めうる環境だ。中期指向にて押さば胆力をもって買い進まれたい。

□ 勘流低位2000番台銘柄
週明け18日からの参陣。株価2倍高情報は頭の片隅に追いやり、まずは3,4割高を目して種を蒔く。

□ 新たなる勘流銘柄
本日からの提唱。ディーラー連中の梃入れ、本業の成長力、マネーゲームに懲りた提灯資金の集結がミックスアップすれば、お盆までの2割高も通過点となろう。

(その他)
7810 クロスフォー、3480 JSB

本日の新規上場。ともに公開価格の25%高水準である4,000円、900円近辺で寄るなら拾ってみたい。破壊力重視なら昨日初値つかずのユニフォームネクスト<3566>に注目。

【雑記】
米国にて代替法案なきままオバマケアが撤廃されるようなら、国民の約1割3000万人もが保険資格を喪失するそうだ。その多くは有色人種であるためトランプ氏を筆頭に共和党のお偉方にとっては関心も低いのであろうが、保険制度が脆い国は民主国家ではない。

何かしら参考になっておれば是非に。
  ↓    
 

会員制情報サロン GSvs勘助
「株は上がれば何でも善い」は事実だが真実ではない。先々の壊滅につながる目先の利益、先々の大成につながる目先の損失。万人が周知のデータ、戦術なき株価解説、株価とチャートだけを見ていても核心に近づくことはない。

何(武器、銘柄)で戦うかではなく、
どのような戦術で戦うかが重要


みなとともに領土拡張を目指すなら
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

□ 材料株の需給悪化に警戒

【勘流雑感】
昨日の日本株は111円台まで下落したドル円に比べれば先物や東証コア銘柄こそ底堅い動きとなったが、材料株は大口の資金流出と見れらる需給悪化が目立つ結果に。本日も19,900円近辺では良好な日米景況感が下支えとなる反面、20,100円近辺では日銀金融政策決定会合やECB定例理事会を前にした玉整理が頭を押さえよう。さすれば、先物に関しては、値幅よりも連勝記録を伸ばす事に主眼を置き、19,900円付近までを買い下がって大半を60−80円幅の小救いで回す。個別は直近の提唱銘柄の体たらくも踏まえて、新規買いは一旦様子を見たい。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
(その他)
3566 ユニフォームネクスト

公開価格2,800円。6,●00円くらいまでに寄るなら拾ってみたい。

4552 JCRファーマ
帝人(3401)と「ヒト歯髄(しずい)由来幹細胞を用いた急性脳梗塞を適応症とする再生医療製品」の共同開発契約を締結したと発表。織り込み済みの案件だが再評価されるなら即回転狙いに処す。

6191 エボラブルアジア
6月取扱高の前年同月比54%増は立派だが、如何せん買い残が膨大。、、、、、、、、なら即回転狙い。

何かしら参考になっておれば是非に。
  ↓    
 

会員制情報サロン GSvs勘助
「株は上がれば何でも善い」は事実だが真実ではない。先々の壊滅につながる目先の利益、先々の大成につながる目先の損失。万人が周知のデータ、戦術なき株価解説、株価とチャートだけを見ていても核心に近づくことはない。

何(武器、銘柄)で戦うかではなく、
どのような戦術で戦うかが重要


みなとともに領土拡張を目指されたい。
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

□ 熱くなりすぎずに時勢を読む

【勘流雑感】
連休中の米株は経済指標がインフレ兆候を示さなかった事でイエレンFRBの利上げペースは緩やかになるとの思惑から堅調に経過。その裏返しでドル安円高が進んでいるゆえ、本日の日本株は売りが優勢の流れが予測されるが押さば買いの強気スタイルを変える必要はなかろう。今週注目すべきは米企業決算とECB定例理事会となるが、前者は金融やオールドエコノミー中心、後者はテーパリングに含みを残す事前予想の範囲内で着地するを見ているだけに、マーケット全体の需給ベクトルの影響はなかろう。すなわち、上値も下値も限定的なため、市場に楽観色が広がろうとも冷静に利入れを交えていく気概で挑まれたい。
先物に関しては、20,000円付近から19,900円までを買い下がって大半を60−80円幅の小救いで回す。それ以外は開店休業。個別に関しては低位ボロ株の躍進が目立つ薄っぺらい相場つきだけに熱くなりすぎず、事前の設定した売り買い要件に沿って耽々粛々と回していかれたい。勘流銘柄は □ 3669 モバイルクリエイト、□ 短期指向3600番台2銘柄、■ 中期指向6000番台銘柄に加えて、□ 本日からの新提唱5銘柄体制にて飛躍を期す。

【勘流銘柄】
(その他)
6628 オンキョー、6862 ミナト、76〇〇 etc
再号令を待ちながら現値を坦々と拾うが上策。

【雑記】
国内では安倍内閣の支持率低下でマスコミや取り巻き評論家風情が大喜び。籠池氏の人間性に関する問題を首相のそれにすり替え、官僚主導を政治主導に切り替える事案さえ批判のための批判。最近我が家にかかってきた某大手新聞の世論調査は、安倍内閣に対して「1非常に信頼している、2余り信頼していない、3信頼していない、4不信感を持っている」との設問。1以外は不支持票とする卑劣なやり口。TVではポンコツ評論家が安倍批判ありきで、政策により景気が着実に下支えされている事を示す具体的な数字には触れず、「景気が悪い」の一点張りで国民の理性ではなく感覚に訴える類の手口がオンパレード。安倍氏に代わるほどの官僚への発言力、海外重要人物との人脈力、政治家を動かせる力を有する仁があれば首相交代もやぶさかではないが、敵失を狙うだけのクリーンな能無し連中に何ができるのか。

物事の是非を数字で決める外人部隊の日本株離れは多少気掛かりだが、今週のECB理事会にて過度のテーパリング懸念が緩和されれば、カネ余り期待による上値追い相場入りもありえよう。

何かしら参考になっておれば是非に。
  ↓    
 

会員制情報サロン GSvs勘助
「株は上がれば何でも善い」は事実だが真実ではない。先々の壊滅につながる目先の利益、先々の大成につながる目先の損失。万人が周知のデータ、戦術なき株価解説、株価とチャートだけを見ていても核心に近づくことはない。

何(武器、銘柄)で戦うかではなく、
どのような戦術で戦うかが重要


みなとともに領土拡張を目指すなら
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

Profile
KANSUKE
色即是空
しがない一投資家


会員制掲示板(会員サロン)

QRコード
QRコード
Sラボ関連サイト

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ