2017年08月

■ 中期指向で物色トレンドの変化を客観視する

【勘流雑感】
昨日の米株は続伸。ドル円や日経先物の上昇も鑑みれば、北朝鮮の蛮行が需給ベクトル反転の合図として機能しているようだ。週末の米雇用統計や来週末のメジャーSQにかこつけた下押しも警戒されるが、同程度の確率で19,800円近辺まで反発する動きも想定しておいた方が善かろう。来月20日の米FOMCや24日のドイツ総選挙を経るまでは20,000円オーバーは難儀ゆえ、買い戦術に関しては現在の19,500円近辺までに目途をつけ、19,800円近辺ではいつでも売れる状況を整えたい。
さすれば、昨日の途転買い戦術が早くも機能している先物に関しては、本日も19,550円から19,4●0円までを買いソーンとし、大半を60−80円幅で抜くスタイルで挑む。個別に関しては少しずつ回転期間を長めに変更する事で伸ばせる利益は貪欲に伸ばす。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
□ 2330 フォーサイド

8/28 373円より 8/28 397円 +24 6%高
昨日は日経高に伴う新興売り、東証コア銘柄買いの進行により急反落。東証コア銘柄買いが中期化する可能性は極めて低いゆえ、3●0円近辺までは胆力をもって挑まれたい。□ 3653 モルフォ も押しは強気。

□ 4651 サニックス
8/21 298円より 8/30 370円 +72 24%高
昨日の前日比11%高が買い陣営による目先の仕上げを示唆している。目標は4●0円超えだが、会員サロンにて利入れ条件としてきた出来高500万株超えに触れているゆえ、思い思いに利入れを図られたい。

【勘流銘柄】 8/1以降の全提唱銘柄。

・ 6627 テラプローブ8/1 1,320円 8/18 1,289円 −2%

・ 7874 レック 8/3 2,898円より 8/4 3,250円 12%高

・ 7172 JIA 8/7 4,630円より 8/17 5,140円 11%高


・ 3656 KLAB 8/15 2,170円より 8/18 2,353円 8%高

 6619 WSCOPE 8/17 2,090より 8/21 2,415 15%上昇

□ 4651 サニックス 8/21 298より 8/30 370 24%高

□ 3653 モルフォ 8/23 5,100より 8/28 5,450 6%高

□ 2330 フォーサイド 8/28 373より 8/28 397 6%高

月初仕込みのテラプローブでの損切後は7連勝。上昇銘柄の大半が瞬間的な高値ではなく、高値当日に売り逃してもそこそこの株価での利入れが可能だったことに注目されたい。

■ 本日からの新たなる勘流銘柄
短期マネーが東証コア銘柄に向かうか、材料株に留まるかの分かれ目を迎えているだけに、様子見もかねて中間に位置するインフラ関連を攻めたい。昨日からの ■ 7000番台銘柄とともに長め、2,3週間での回転を目す。

何動きが出たものから順に記す
  ↓    
 

公開前の初動から、背後関係と売買メドを押さえて挑むが理想。
  ↓  ↓  ↓
会員制情報サロン GSvs勘助
銘柄解説を長々と述べる事や上がる確率の高い銘柄を挙げる事はたやすいさ。しかし、重要なのは種蒔きや買い乗せの頃合い、利入れや撤収ポイント、他の持ち株との兼ね合いなどを把握しているか否か。皆でそれらの急所を押さえながら、長期的している過剰流動性相場をシンプルに生かす。

 参加概要 http://www.gs-kansuke.com

□ 7連勝後は,■ 中期指向で厚みを持たせる

【勘流雑感】
昨日の米株は北朝鮮の蛮行も即時軍事行動には至らぬとの見方から反発。中国の領海侵犯にしろ今回の本土上空のミサイル通過にしろ、トランプ氏と米軍の頼りなさが際立つが、安全よりも憲法と平和主義が大切との一部国内世論も鑑みればやむをえぬのかもしれぬ。いずれにしても、極東有事を軽んじて上昇した米株とドル円を追い風に、本日の日本株は19,500円台回復を試す堅調な動きが期される。目先の買い一巡後は米雇用統計待ちの19,000円台中盤での小康状態入りが本命、メジャーSQに向けた先物の紛れによる19,000円までの急落、20,000円までの急騰が大穴として予想される。
さすれば、連日の売りスタイルにより相応の利益を叩き出したであろう先物については、この辺で一度試し買いを入れてみたい。19,450円近辺から19,300円までをピラミッド型に買い下がり、上昇時は60−80円幅で大半を利入れに回る。19,250円割れは撤収。個別に関しては足元が覚束ない地合いの中で材料株をコツコツと回してきた優位性を生かすべく、新たなる取り組みに挑む。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
8/1以降の全提唱銘柄。

・ 6627 テラプローブ
8/1 1,320円 8/18 1,289円 −31 −2%

・ 7874 レック
8/3 2,898円より 8/4 3,250円 +352 12%高

・ 7172 JIA
8/7 4,630円より 8/17 5,140円 +510 11%高

・ 3656 KLAB
8/15 2,170円より 8/18 2,353円 8%高

 6619 WSCOPE
8/17 2,090円より 8/21 2,415円 +325 15%上昇

□ 4651 サニックス
8/21 298円より 8/29 333円 +35 11%高

□ 3653 モルフォ
8/23 5,100円より 8/28 5,450円 +350 6%高

□ 2330 フォーサイド
8/28 373円より 8/28 397円 +24 6%高

月初仕込みのテラプローブでの損切後は7連勝。上昇銘柄の大半が瞬間的な高値ではなく、高値当日に売り逃してもそこそこの株価での利入れが可能だったことに注目されたい。

■ 新たなる勘流中期指向
会員サロンでは本日からの参陣。前述の□ 短期指向銘柄の勢い、一波動で4,5割高を果たしうる爆発力、従来からのアナリストの高評価などを踏まえて眼前の押しを耽々と集められたい。

会員制情報サロン GSvs勘助
銘柄解説を長々と述べる事や上がる確率の高い銘柄を挙げる事はたやすいさ。しかし、重要なのは種蒔きや買い乗せの頃合い、利入れや撤収ポイント、他の持ち株との兼ね合いなどを把握しているか否か。皆でそれらの急所を押さえながら、長期的している過剰流動性相場をシンプルに生かす。
  ↓  ↓  ↓
 参加概要 http://www.gs-kansuke.com


(その他)
3990 UUUM

本日の新規上場。公開価格2050円に対して2倍弱の4,●00円以下で寄るなら拾ってみたい。ただし、材料株の需給が改善しつつある現状を鑑みれば無理をする必要はない。

8101 GSIクレオス、3186 ネクステージ、4316 ビーマップ
場中対処が可能な者であればこの辺を材料株の逆襲狙いで注目。抜かりなく利入れにかけたアイフリーク(3845)は押し目待ち。

何かしら参考になっていれば是非
  ↓    
 

□ 北朝鮮を怖がる素振りで玉整理

【勘流雑感】
北朝鮮が今朝6時ごろミサイルを発射。北海道上空を通過した後、日本の排他的経済水域内に落下した模様だ。米株や日経先物が取引を終了した直後ゆえに市場の反応は見極めにくいが、円相場が対ドルで109.20台108.60台まで急上昇しているゆえ、朝方の日本株は売り一色となろう。「憲法と平和主義を守っても安全を守れず」、国家の危機を前にトランプ氏や米軍を縋る思いで見つめるしかない現状は情けない限りだが、谷が深くなれば山は高くなるゆえ、目先の鋭角な下値を期待できる気概と戦術をもって挑まれたい。
すなわち、トランプ氏と金氏と外人部隊が決める事となる下値と下落期間を予想して株価に振り回されるのではなく、買い余力に不安があれば本日寄り付きで一部を処分し、日経一段安には先物売り、最近述べてきた個別全体の底堅さには現物主体の買いで備える。
具体的に、先物売り戦術に関しては昨日の19,500円付近でエントリーした残りを利入れにかけ、目先の安値から150〜250円程度のリバウンドを待って再度売りを仕込む。安値から300円反発時は撤収。個別に関してはそれぞれの撤収条件を遵守しつつ、下げの勢いが乏しきもの、この局面で買われるものへと資金を移していくが善かろう。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
□ 4651 サニックス、□ 6619 WSCOPE
既に一定以上の利益を叩き出したものは利入れを慌てずに買い時を見極めるが上策。

□ 昨日からの新提唱
7月提唱時の急騰と同じからくりに触れながら、メンバーサロンでは昨日からの再提唱。即日6%高を達成。北朝鮮の影響は市場が始まってみない事には分らぬが、380円以下まで売られるなら買い戻したい。

地合いが混乱しているゆえ早めに公開する    
  ↓    
 

(その他)
8101 GSIクレオス、4316 ビーマップ
 など
全体展望を鑑みれば持ち株を増やすは下策だが、場中対処が可能な者であればこの辺を材料株の逆襲狙いで注目。アイフリーク(3845)は利入れ先行にて押し目待ち。

会員制情報サロン GSvs勘助
銘柄解説を長々と述べる事や上がる確率の高い銘柄を挙げる事はたやすいさ。しかし、重要なのは種蒔きや買い乗せの頃合い、利入れや撤収ポイント、他の持ち株との兼ね合いなどを把握しているか否か。皆でそれらの急所を押さえながら、長期的している過剰流動性相場をシンプルに生かされたい。
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

□ 材料株再興の兆し

【勘流雑感】
先週末のイエレン・ドラギ講演は今後の金融政策に対して明確な指針は示さず、米株はショートカバー一巡後に売り直された。為替もユーロ高ドル安トレンドが継続し、ドル円は109円台序盤まで下落した一方でユーロ円は130台を回復する堅調ぶり。これらを鑑みれば、今週の日本株はお盆前からの調整ベクトルの続行が予測される。チャートつきからは19,000円割れも頭に置く必要があるが、良好な企業業績や茨城県知事選での与党勝利による外資勢のご祝儀買いの余地などを無視して売り込むにも限界があるゆえ、仮に先物主導で日経が18,000円台まで売り込まれても好業績銘柄の下値は限られる、または一瞬の下振れに留まろう。ゆえに、今週も先物は売り主体、個別は買い主体の変則ロングショートで挑まれたい。
さすれば、本日の先物も19,550円までは売り上がり、反落時は60−120円幅にて利入れを交える。19,600円オーバーなら一時撤収後、再度売りエントリーの頃合いを計る。個別に関しては近々の日経暴落時には東証コア銘柄に乗り換える頭も持ちながら、流れ善き材料株への取り組みを続行。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
□ 4651 サニックス

3/21 298円より 3/21 329円 +31 10%高
台風シーズンはヒアリが毒性を増す時期であり、今回の騒動がこのまま収束する可能性は低い。踏み上げの様相を呈しているチャートもフォローとなるゆえ、今週も9月序盤までの4●0円オーバー狙いを続行。

□ 6619 WSCOPE
8/17 2,090円より 8/21 2,415円 +325 15%上昇
市場心理の低迷長期化はリチウム電池関連にとっては追い風。値ごろ感や理屈をこねて乗りそびれた投機マネー群も2,500円オーバーからは耐えられずに飛び乗ってこよう。

□ 本日からの2000番台銘柄
先週水曜からの□ 3600番台銘柄と同様に再度侵攻は必至であろう。眼前の押しを粛々と集める。

仕込み最中でも動意を示せばここに記す
  ↓    
 

(その他)
3845 アイフリーク、43●●

新興復興を期すのであれば、ゲームやバイオなどは視界から外してこの辺に着目するも面白い。

5711 三菱マテリアル、5706 三井金属、5703 日本軽金属
東証コア銘柄関連を拾うなら、引き続き非鉄に注目されたい。

【雑記】

前述のように、昨日の茨城県知事選は道路整備に実績のあった前任者を破って自民公明の推薦候補が当選。ここ数年はマスコミの扇動により民進党系の躍進が続いているように映っていた茨城における勝利は政府にとって大きい。一部ディーラーが夏季休暇中の外人部隊がこれをもって即座に買い上がるは望み薄だが、安倍政権の支持率上昇と日本株は一定以上の相関性を有するゆえ、大した材料がないまま20,000円台を回復する局面も頭の片隅に留め置かれたい。

会員制情報サロン GSvs勘助
銘柄解説を長々と述べる事や上がる確率の高い銘柄を挙げる事はたやすいさ。しかし、重要なのは種蒔きや買い乗せの頃合い、利入れや撤収ポイント、他の持ち株との兼ね合いなどを把握しているか否か。皆でそれらの急所を押さえながら、長期的している過剰流動性相場をシンプルに生かされたい。
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

□ ジャクソンホールに近づきすぎない

【勘流雑感】
昨日の米株は、四方八方に敵意むき出しのトランプ氏に対する不信感がマイナス要因となったが、ジャクソンホール待ちにて小動きに終わった。本日の日本株もイエレン・ドラギ発言を確認したいとの思惑から19,400円近辺での玉整理が中心となろう。週明けも世間で騒がれているようなレベルの上下は考えにくいが、北朝鮮やトランプ氏の乱心リスクを鑑みれば買いでの一本足打法は避けられたい。
さすれば、先物に関してはショートでの利益増幅戦術を邁進。夜間中はジャクソンホールに絡めた乱高下が予測されるゆえ、日中相場の19,400円から19,5●0円までを売り上がったデイトレに処すが善かろう。買いのみで十分に勝負になっている個別に関しては、週明けの新銘柄への参入も目してキャッシュを多めに空けながら、流れ善き銘柄を少数精鋭で攻め入られたい。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
□ 6619 WSCOPE

8/17 2,090円より 8/21 2,415円 +325 15%上昇
昨日は終値での8月高値を更新。不安に駆られた市場心理の行き着く先は想像に難くない。市場が混迷度を増すほどに日々の成果を要求されるディーラー連中が押し寄せてこよう。

□ 4651 サニックス
3/21 298円より 3/21 329円 +31 10%高
流れ善き銘柄を多少のリターンで切り捨てるは下策。従来戦術の継続にて利益の拡張を図られたい。

□ 昨日からの新提唱
 
出直り期待を目した提唱だが、昨日の提唱後に既に3%高を果たしている。5,●00円オーバーからは一気に注目されよう。

仕込み最中でも動意を示せばここに
  ↓    
 

会員制情報サロン GSvs勘助
銘柄解説を長々と述べる事や上がる確率の高い銘柄を挙げる事はたやすいさ。しかし、重要なのは種蒔きや買い乗せの頃合い、利入れや撤収ポイント、他の持ち株との兼ね合いなどを把握しているか否か。皆でそれらの急所を押さえながら、長期的している過剰流動性相場をシンプルに生かされたい。
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

□ 先物で種銭を拡充し材料株を攻める!

【勘流雑感】
昨日の米株は、メキシコとの国境の壁建設が叶わないなら政府機関の機能ストップもやむをえないとのトランプ発言を嫌気。自らの白人至上主義のもみ消さんと躍起になっていると思いきや、ヒスパニック軽視策を断行せんとする矛盾ぷりは圧巻。現在のトランプ政権に万民が納得する税制改革を期待するのは無理難題ゆえ、過度の弱気とともに過度の強気も捨て去った短期回転指向を続行するが善かろう。
先物に関しては、大陽線が打ち立てられるまではショート主体。19,350円から19,500円までの幅広いエリアを売り上がり、大半を60−80円幅の小救い狙いに処されたい。19,550円オーバーは撤収。なお、ジャクソンホールについては金曜のイエレン氏、ドラギ氏の演説が山場となるゆえ、本日中は神経質になる必要はない。□ 3656 KLAB、□ 6619 WSCOPE、□ 4651 サニックス
など買いのみで十分に勝負になっている個別に関しては、本日も順張り主体で果敢に攻め入る。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
□ 昨日からの新提唱
前述の□3銘柄で上値追いを期しながら、ここでは底打ち出直りに照準を合わせる。信用買い残の多さを頭に置き、欲は張らずに買値10%から15%高を目標値とされたい。■ 6627 テラプローブも上振れまでにさほどのきっかけも不要であろう。

仕込み最中でも動意を示せばここに
  ↓    
 

(その他)
5711 三井金属、日本軽金属

市場心理の冷え込みゆえに不安も残る材料株を補完するなら、非鉄のメジャーどころを押さえるも上策。

会員制情報サロン GSvs勘助
銘柄解説を長々と述べる事や上がる確率の高い銘柄を挙げる事はたやすいさ。しかし、重要なのは種蒔きや買い乗せの頃合い、利入れや撤収ポイント、他の持ち株との兼ね合いなどを把握しているか否か。皆でそれらの急所を押さえながら、長期的している過剰流動性相場をシンプルに生かされたい。
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

□ 買い乗せか、新規買いか

【勘流雑感】
昨日の米株はショートカバーに押し目買いも加わって大幅高。本日の日本株も19,500円台回復を射程圏に入れた堅調地合いが期される。明日からのジャクソンホールや米債務上限問題、米朝紛争、トランプ乱心などのリスクを鑑みれば、先物売り個別買いの変則ロングショートから買いでの一本足打法に転じるは時期尚早だが、過度の弱気視点は一旦捨て去るが善かろう。
さすれば、先物に関しては昨日までよりも投入資金を減らしたうえで、19,450円から19,550円までを売りでエントリー。反落時は60−80円幅で大半を、19,3●0円付近では全玉を利入れる構えで挑まれたい。個別に関しては買い値が高い銘柄の買い乗せを優先。さほど引かされている銘柄がなければ新たなる銘柄に種を蒔くが上策。

【勘流銘柄】
□ 4651 サニックス

3/21 298円より 3/22 329円 +31 10%高
ヒアリ騒動は終焉しておらず、防衛関連と同様に不定期に注目度が高まろう。昨日の続伸も186万株止まりの出来高なら過熱感はない。2日で10%高の好発進を軽んじる事なく、本日も押さば買い戻す。

□ 6619 WSCOPE
8/17 2,090円より 8/21 2,415円 +325 15%上昇
3,4%のデイトレで満足する手法に未来はない。長いものに巻かれるなら徹底的に。

□ 新たなる勘流銘柄

直近の高値圏で推移している短期指向銘柄が増えてきたゆえ、底打ち出直りが期される銘柄に耽々と種を蒔く。

仕込み最中でも動意を示せばここに
  ↓    
 

(その他)
3672 オルトプラス

6月大相場の際の高値掴み玉を外す事を目的とした水準訂正が目されているようだ。サロン解説条件を睨みながら拾うも面白い。

会員制情報サロン GSvs勘助
銘柄解説を長々と述べる事や上がる確率の高い銘柄を挙げる事はたやすいさ。しかし、重要なのは種蒔きや買い乗せの頃合い、利入れや撤収ポイント、他の持ち株との兼ね合いなどを把握しているか否か。皆でそれらの急所を押さえながら、長期的している過剰流動性相場をシンプルに生かされたい。
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

□ 変則ロングショート、個別は連勝中

【勘流雑感】
先週末の米株はショートカバーが支えて小幅反発。4連敗中の日本株もリバウンドが期待されるが19,500円を壁とするようなら、更なる売り仕掛けによる19,200円割れも危惧される。木曜から開催される米カンザスシティ連銀が主催するジャクソンホールの経済シンポジウムに関しては材料視されぬと踏んでいるが、月末までの米韓共同軍事演習に関しては米朝首脳が癇癪を起すようなら世界的な同時株安にも警戒しておく必要がありそうだ。さすれば、先物売り、個別買いの変則ロングショートにて株価の上下双方に身構えられたい。
本日の先物に関しては19,400付近から19,550円までを売りエリアとし、大半を60−80円、一部を19,000円割れをも目したホールドに処されたい。19,600円オーバーは撤収。博打ならオプション9月限20,000円コールの15円割れを拾うも善かろう。個別に関しても今週半ばまでの時間分散、慎重を期すなら月内一杯くらいまでに時間を分散しながら仕込みを入れるが上策。無論、仕込み途中でもロスカットに関しては速やかに行い、利入れは極力引っ張る気概で挑まれたい。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
□ 6619 WSCOPE

8/17 2,090円より 8/21 2,415円 +325 15%上昇
何の変哲も捻りもない提唱ではあるが、疑心暗鬼が蔓延する中での穴狙いは机上の空論に終わりやすいだけに、リチウムイオン電池関連見直しムードを素直に利用した3,●00円オーバー目標を続行。今の地合いで3日で15%高なら他でギャンブルに走る余力も生まれよう。

□ 昨日からの新提唱
サロンでは先週火曜の□ KLAB<3656>、木曜のWSCOPEに次いで昨日から参陣。即日7%高を達成。500万円前後の枠なら一瞬にして売り買いが可能な出来高ゆえ、資金の一部は即回転も効いたであろう。

銘柄は既に記してある
  ↓    
 

(その他)
7718 スター精密

上方修正と自社株買い、自社株消却と一気に複数の材料を発表。自動車部品を見直す動きも見受けられるため1,800円近辺で寄るなら拾ってみたい。

会員制情報サロン GSvs勘助
銘柄解説を長々と述べる事や上がる確率の高い銘柄を挙げる事はさほど難儀ではない。重要なのは種蒔きや買い乗せの頃合い、利入れや撤収ポイント、他の持ち株との兼ね合いなどを把握しているか否か。皆でそれらの急所を押さえながら、長期的している過剰流動性相場をシンプルに生かされたい。
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

□ 日柄分散と少数精鋭

【勘流雑感】
先週末の米株は続落。主要国の経済統計は大半が良好なものとなっているが、久方ぶりにマイナス材料に反応しやすい需給環境となっている。今週も今日からの米韓共同軍事演習や木曜からの米カンザスシティ連銀が主催するジャクソンホールの経済シンポジウムなどに絡めた下振れには注意されたい。証券会社のアナリストは手数料稼ぎを目的に日経平均の割安さを謳い逆張りでの買い下がりを推奨しているが、1週間買い時を早まっただけで1か月の時間の浪費が危惧される。ゆえに、今週半ばまでの時間分散、慎重を期すなら月内一杯くらいまでに時間を分散しながら仕込みを入れるが上策。無論、仕込み途中でもロスカットに関しては速やかに行い、利入れは極力引っ張る気概で挑まれたい。
先物に関しては、先週末は19,500円付近を売りでエントリーし、その後の19,310円までの下落によって悠々と利入れをこなしたが、今週もひとまずはショート主体で攻め入る。本日は19,500円から19,●●0円までの幅広エリアを売り上がりながら、下落時は大半を60−80円幅、一部を19,400円割れで利入れるスタイルで。また、今週中に日経再暴落があればオプション9月限の屑コールを拾うも面白い。小口ならNYダウ先物の買いも狙い目。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
□ 3656 KLAB 

8/15 2,170円より 8/18 2,353円 +183 8%高
良好な決算とチャート形状を利した強気戦術を続行。押しは2,1●0円近辺までを強気に処し、噴かば2,800円超えを目しながら部分的に利入れを交えられたい。

□ 木曜からの新提唱
全く捻りのない提唱ではあるが、疑心暗鬼が蔓延する中で奇を衒いすぎるは下策。先週木曜からの参陣後、2日で10%高を達成した勢いを生かすべく、目先の押しは果敢に買戻す。

銘柄は既に記してある
  ↓    
 

(その他)
・ 3825 リミックスポイント、4563 アンジェス、6997 ケミコン

日銭稼ぎのディーラー連中の選択肢は少ない。本日も押しはギャンブル買いで対処。

□ 新たなる勘流銘柄
防衛関連と同様に不定期に注目度が高まろう。業績回復基調の鮮明さ、信用売り残を多く残す取り組み妙味、しこり感のないチャートつきなどを鑑み、9月序盤までの●00円オーバー狙いで種を蒔き始めたい。

会員制情報サロン GSvs勘助
知人からも「何を買えば良いか」という質問をしばしば受けるが、銘柄名だけを分かったところで種蒔きや買い乗せの頃合い、利入れや撤収ポイント、他の持ち株との兼ね合いなどを理解していなければ無用の長物。それらの急所を押さえながら、長期的している過剰流動性相場をシンプルに生かすが上策。

みなとともに領土拡張を目指されたい。
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

□ 7172 JIA、□ 3656 KLAB 

【勘流雑感】
昨日の米株は欧州景気の良化を好感して買い派有利で進むに見えたが、自らの助言組織を解散するトランプ氏の乱心により伸びを欠いた。政権発足から7か月が経たんとする現状でも政府の重要ポストが固まらず、経済政策もあやふやなまま北朝鮮やら白人至上主義やらのトラブルに時間を割かれる米大統領は見聞きした事がない。ウォール街や軍需産業にとっては血の気が多く無能な大統領は好都合ゆえに野放しとなっているが、アメリカ第一主義は着々と崩壊せんとしている。
さて、本日の日本株も19,700円を挟んだ活気のない動きが推測されるが、お盆とはいえ出来高が減少傾向の今の需給環境はプラス材料にはやれやれの戻り売り、マイナス材料には狼狽売りが殺到する危険性を孕んでいる。何ら解消されていない米朝の軋轢や8月の株安アノマリーを鑑みれば、早くとも来週一杯くらいまでは鋭角な下落があると踏んで、現金枠を多めに残しながら淡白な売り買いを続行されたい。
さすれば、昨日19,800円近辺をショートでエントリーした後に19,700円割れで即回転が効いたであろう先物に関しては、本日も19,770円近辺から19,850円までを売りで入り、大半を60−80円幅の小救い、残りを19,650円割れを目したホールドに処されたい。、、、、、、、、、、、、、なら撤収。個別に関しては最近の連休前後で甚大なダメージを負った銘柄は見捨て、順張り指向を続行。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
□ 7172 JIA
昨日は連騰にて2日で約10%高を達成。勘流銘柄としては週初からここだけに触れてきたゆえ、相応に買えたのではなかろうか。押し目買い直しメリットと□ 本日からの新提唱銘柄を天秤にかけながら、更なる領土拡張を図られたい。

□ 3656 KLAB 
8/15 2,170円より 8/16 2,349円 +179 8%高
ここは今週火曜からの提唱。昨日までの2日で既に8%高を達成。暴力的な地合い悪化を回避した事で思惑通りの、、、、、、、が実行されている。本日も2,●00円オーバー目標にて押しは買い戻す。昨日久方ぶりに動意を示した■ 6627 テラプローブは、本日も押さば強気、1,2●0円台も買い乗せにて挑まれたい。

□ 新たなる勘流銘柄
下方修正後の急ピッチの持ち直しやサロン解説事由を頭において、眼前の押しを集められたい。

仕込み最中でも動意を示せばここに
  ↓    
 

(その他)
6166 中村超硬
決算を起点にチャートの見栄えは急回復。本日は利入れも交えながら3,500オーバーを目す。

2461 ファンコミ
業績の良好さや売り長の取り組みの良さを鑑み、2,3週間の中期指向を続行。

会員制情報サロン GSvs勘助
「株は上がれば何でも善い」は事実だが真実ではない。先々の壊滅につながる目先の利益、先々の大成につながる目先の損失。万人が周知のデータ、戦術なき株価解説、株価とチャートだけを見ていても核心に近づくことはない。

みなとともに領土拡張を目指されたい。
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com
Profile
KANSUKE
色即是空
しがない一投資家


会員制掲示板(会員サロン)

QRコード
QRコード
Sラボ関連サイト

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ