2017年12月

□ 来年も「最後に買いが勝つ」

【勘流雑感】
2017年ラスト1週間は思いの外冴えない動きとなったが、13日のFOMCでの利上げを波乱なく消化した事で年初の数週間は買い派の攻勢余地が高まったとみるが上策。2018年を見通した場合もトランプ支持率が急低下せぬ限りは北朝鮮や中東での軍事衝突は回避され、過剰流動性と米経済のなだらかな上昇ベクトルのペアリングによる株価上昇ベクトルは維持されよう。さすれば、来年も「最後に買いが勝つ」気構えで諸々の苦難に立ち向かわれたい。
本日の先物は年末年始の環境悪化や極端に低いボラティリティを踏まえて開店休業に処す。個別についても現金枠の確保と銘柄集約を進め、年初からの好発進に備えられたい。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
■ 6240 ヤマシンフィルタ
メンバーサロンでは日中政府による関係改善アピールを利用した上値切り上げを期して今週火曜から参陣。第三者割当絡みの下落を利用して1,350円台までを買い下がったら、年初の躍進を目指して本日の押しも粛々と。

□ 新たなる6800番台銘柄
本年中にも十分に株価は化けたが、来年は更なる飛躍の年となろう。年初特有の業界の買い煽りと提灯買いも鑑んだ即回転狙いで挑む。

(その他)
4222 児玉化学

大半は本日中に利入れを図りながら、一部は年初の楽しみとしてホールドするが面白い。

何かしら参考になっておれば是非に  
  ↓    
 
  

会員制情報サロン GSvs勘助
評論家にとっての有望銘柄と勝ち組にとっての有望銘柄は似て非なるもの。売買戦術にも固執しながら皆でその他大勢からの脱却を図られたい。
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

□ 上がると儲かるは別物

【勘流雑感】
昨日の米株は堅調な消費動向を後押しに小幅高で終えているゆえ、本日の日本株は高原での保ち合いを継続しそうだ。年初の見立てに関しても、23,500円から24,000円近辺まで上値を試した後、1月後半からの日米企業決算を大義名分として調整局面入りするとした従来のものと継続。2018年全般に関しては無計画な計画経済を続ける中国の景気鈍化、ブレグジットを巡るEU内の不協和音、トランプ大統領による既存秩序の破壊が2018年のリスク要因となるが、FRBが利上げ見通しを年3回から4回以上に変更せぬ限りは買い派優位が続く。
さすれば、先物に関しては本日も勘を鈍らせない程度に小口で22,750円までを買い下がり薄利で回す。22,700円割れは撤収。個別に関しては年内残り2日も材料株有利の相場つきが予測されるが、上がると儲かるは似て非なるもの。浮足立って戦局を広げるよりも、胆力を持った種蒔きスタイルを続行されたい。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
□ 9904 ベリテ
12/25 325円より 12/26 353円 +28 8%高
11月の上方修正辺りから始まった現在の上昇相場の仕上げが期される。商いが過熱するまでは耽々と押しを買い直されたい。チャートの見栄えを善くしている □ タカラバイオ<4974>も流れに順じた攻めで。

■ 6143 ソディック
12/20以降の■ 中期指向6000番台3銘柄が一つ。高値から16%の下落による調整完了、先週発表された国内11月工作機械受注の急速な伸びを裏付けとする春先にかけては2,●00円オーバーが目される。本日もサロン提唱目標株価に向けて眼前の押しを粛々と。

(その他)
4222 児玉化学
トヨタとの関係強化による業容変貌期待にて年初資金による梃入れが目される。、、、、、をパラパラと集め、動意初っ端に買い乗せるが上策。

9474 ゼンリン、4667 アイサン、3666 テクノスジャパン
自動運転関連は年末年始の業界特集で注目度が高まるは必至。昨日はそれぞれにコツンときているゆえ、本日もサラリと買い乗せる気概で挑まれたい。

◎ 3929 ソーシャルワイヤー

GS君の方で提唱中。12/5から12/27までに19%高を果たしてなお押さば買える形状だ。10%高を果たしたニーズウェル<3992>も3,200円以下なら勝負のし甲斐があろう。

【雑記】

何かしら参考になっておれば是非に  
  ↓    
 
  

会員制情報サロン GSvs勘助
評論家にとっての有望銘柄と勝ち組にとっての有望銘柄は似て非なるもの。売買戦術にも固執しながら皆でその他大勢からの脱却を図られたい。
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

□ 年末は博打よりも種蒔き

【勘流雑感】
昨日の日米株式市場は動意なく経過。本日からの実質新年相場により東証コア銘柄の一角は動きも出るやもしれぬが、大半は小康状態を続けよう。中小型株についてもビットコインの調整一巡と税金対策売りの通過により落ち着きを示そうが、IPOや乱高下銘柄への近視眼的な資金流入に留まりそうだ。来月後半までの日本株動向に関しては、年初に23,500円から24,000円近辺まで上値を試した後、1月後半からの日米企業決算を大義名分として調整局面入りするとした最近の見立てを継続。さすれば、本日もパチンコ感覚の博打よりも種蒔きを重視するスタイルで挑まれたい。
先物に関しては本日もデイトレが効きにくい地合いが予測されるゆえ、勘を鈍らせない程度に小口で22,750円までを買い下がり薄利で回すが上策。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
□ 9904 ベリテ
12/25 325円より 12/26 353円 +28 8%高
11月の上方修正辺りから始まった現在の上昇相場の、、、、、、が期される。商いが過熱するまでは耽々と押しを買い直されたい。

■ 6143 ソディック
12/20以降の■ 中期指向6000番台3銘柄が一つ。高値から16%の下落による調整完了、先週発表された国内11月工作機械受注の急速な伸びを裏付けとする春先にかけては2,●00円オーバーが目される。まずはサロン提唱目標株価に向けて眼前の押しを粛々と。

(その他)
6494 NFK、7624 NaITO、23●●

あえての博打なら馴染みの深いこの辺で勝負。

◎ 3929 ソーシャルワイヤー

GS君の方で提唱中。12/5から昨日までに19%高を果たしてなお押さば買える形状だ。おとといまでに10%高を果たしたニーズウェル<3992>も3,200円以下なら勝負のし甲斐があろう。

【雑記】
今年前半までの日本の進路妨害の一翼を担っていた民進党が風前の灯火。悪質なインテリヤクザは立憲民主党へ、度胸に欠く軽犯罪者は希望の党へ逃亡した印象だ。自民党内でも多くのポンコツ議員は批判ばかりを繰り返しているが、暇をもてあそぶなら積極的に海外要人に会う気概が欲しい。

何かしら参考になっておれば是非に  
  ↓    
 
  

会員制情報サロン GSvs勘助
銘柄解説を長々と述べる事や上がる確率の高い銘柄を挙げる事はたやすい。しかし、重要なのは種蒔きや買い乗せの頃合い、利入れや撤収ポイント、他の持ち株との兼ね合いなどを把握しているか否か。皆でそれらの急所を押さえながら、長期的している過剰流動性相場をシンプルに生かされたい。
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

■ 年始に向けて種を蒔く

【勘流雑感】
クリスマスのために欧米市場は休場。現実味を増している米朝紛争やエルサレムを巡る中東の衝突は危惧されるが、しばらくは主要国内の政治情勢に動きは出にくいため 日本株は年内を平穏に通過、年初に23,500円から24,000円近辺まで上値を試した後、1月後半からの日米企業決算を大義名分として調整局面入りするといったところか。さすれば、本日もIPOや乱高下銘柄のギャンブルに勤しむこと無く、第2、第3の東芝、明豊エンター候補の種蒔きに励まれたい。
先物に関してはデイトレが効きにくい地合いが予測されるゆえ、勘を鈍らせない程度に小口で22,750円までを買い下がり薄利で回すが上策。22,700円割れは撤収。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
□ 4974 タカラバイオ

昨日は材料株への売り攻勢に屈した感があるが、買えるチャートを維持。明日からの実質新年相場の始まりによる需給変化も鑑み、本日も押さば粛々と。

□ 昨日からの新提唱

11月の上方修正辺りから始まった上昇相場の仕上げを期し、メンバーサロンでは昨日から提唱。寄り付き325円から即日6%高を果たしたが、本日も押さば貪欲に攻め入られたい。

銘柄はここに記す

  ↓    
 


■ 中期指向6000番台3銘柄
年初に向けては巨大テーマ、梃入れ情報、国際情勢などを踏まえて3方向に進路を取る。

(その他)
9474 ゼンリン、4667 アイサン
 など
自動運転関連は年末年始の業界特集で注目度が高まるは必至。眼前の安値をパラパラと集めておくも面白い。

会員制情報サロン GS vs 勘助
評論家にとっての有望銘柄と勝ち組にとっての有望銘柄は似て非なるもの。売買戦術にも固執しながら皆でその他大勢からの脱却を図られたい。
 ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

□ ギャンブルでの利益棄損は不毛

【勘流雑感】
2018年の日経高値予想は25,000円から27,000円辺りに集中する気前の善いものが多い。米トランプ政権が税制改革と同様にインフラ対策を首尾よく整え、日本においてもマスコミやポンコツ政党、与党内のクレーマーのような進路妨害勢力の助長を回避できれば十分に可能な数値とみる。ただし、長い目で見れば東京五輪後の視界不良、短期的には上昇基調で突入した年初相場は1月半ばの米決算から2月上旬までに一旦頭打ちとなる傾向にあるため、それらを持って現況を買い進むのは楽観にすぎる。さすれば、保ち合いが想定される年内についてはIPOのようなハイボラ銘柄でのギャンブルに勤しむのではなく、材料株の動意前の仕込みに徹して 20%超えを果たした11月の宮入バルブ<6495>、エディア<3935>、ビーマップ<4316>や今月の東芝、明豊エンターの利益棄損を避けるが肝要。
先物に関しては22,700円までをパラパラと買い向かい、大半を60−80円幅の小救いで回す従来スタイルを続行。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
□ 4974 タカラバイオ

タイムリーな選択ではないゆえ即騰は期せずとも、IPOからのトリクルダウンだけでも相応の値幅が狙いうる。三角持ち合い上離れでの買い乗せ後も隙あらば。

□ 新たなる勘流銘柄
メンバーサロンでは本日からの提唱。年始にかけて、11月の上方修正辺りから始まった現在の上昇相場の仕上げが期される。

■ 中期指向6000番台2銘柄
日々結果を求められるがゆえに無茶な勝負をせざるをえないディーラー連中の焦燥感を横に見ながら、王道路線にて東芝<6502>の利益に増幅させるが上策。

(その他)
6863 ニレコ、5950 パワーファスニング

ニレコは平時の商いがあまりに少なく、パワーファスニングは神戸鋼<5406>の代替需要期待が剥落しているが、サロン解説事由によりしばし注目。

何かしら参考になっておれば是非に  
  ↓    
 
  

会員制情報サロン GSvs勘助
銘柄解説を長々と述べる事や上がる確率の高い銘柄を挙げる事はたやすい。しかし、重要なのは種蒔きや買い乗せの頃合い、利入れや撤収ポイント、他の持ち株との兼ね合いなどを把握しているか否か。皆でそれらの急所を押さえながら、長期的している過剰流動性相場をシンプルに生かされたい。
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

□ ババ抜きには関与せず

【勘流雑感】
昨日の米株は反発。税制改革の成立が確実視された事でウォール街を中心にトランプ大統領を評する買いが入った。オバマ前大統領の実直な政策の上に成り立っていた景気改善傾向に油を注ぐような行き過ぎの面が目立つ税制であり、富裕層と大企業至上主義を明確にしただけの事ではあるが、株高を前に米国民の不満がかき消されている状況だ。国連でエルサレムのイスラエル首都認定に対して非難が集中しているが、これもロシアゲートをうやむやにするための策略ゆえ、トランプ氏にとって痛くも痒くもない。森友・加計問題を悪用して日本の進路妨害を図っていた朝日、毎日、ポンコツ政党の自滅、小池都知事の凋落により国政も安定味を増しているゆえ、マーケットの不安要素もだいぶ軽減されている。
2018年の不安点と言えば、昨年11月からトランプ政権への批判を込めて空売りしてきた資金群が一年間の踏み上げの末に税制改革をしてやられた事で、売り圧力の低下、踏み上げ原資の減少へと帰結することやもしれぬ。
さて、年内の日本株に関しては、1,2度はヒヤッとする場面があっても22,500〜23,200円に収斂していく意識で臨むが上策。さすれば、本日の先物も22,700円までをパラパラと買い向かい、大半を60−80円幅の小救いで回されたい。22,650円割れは撤収。個別に関してはIPO関連でのババ抜きが盛んになる一方、全般的には税金対策の売りに押されやすいだけに 来週火曜までは細々と処しながら水曜からの実質的な新年入りに備えるが善かろう。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
□ 4974 タカラバイオ

タイムリーな選択ではないゆえ即騰は期せずとも、IPOからのトリクルダウンだけでも相応の値幅が狙いうる。三角持ち合い上離れなら買い乗せ。

■ 中期指向2銘柄
先週までの材料株相場の余韻でIPOに手を染めるくらいであれば、東芝<6502>での利益は成長力のある準仕手株で更に膨らませるが上策。

何かしら参考になっておれば是非に  
  ↓    
 
  

会員制情報サロン GSvs勘助
銘柄解説を長々と述べる事や上がる確率の高い銘柄を挙げる事はたやすい。しかし、重要なのは種蒔きや買い乗せの頃合い、利入れや撤収ポイント、他の持ち株との兼ね合いなどを把握しているか否か。皆でそれらの急所を押さえながら、長期的している過剰流動性相場をシンプルに生かされたい。
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

□ 物色傾向の変化も配慮

【勘流雑感】
昨日の米株は、税制改革法案の議会通過も目先の買い需要ピークアウトにより小幅に続落。年内の重要なイベントは粗方終了したため、今週中に25,000ドルを超えられなければ年内は24,000ドル台後半での保ち合いとなりそうだ。日本株に関しても 一時114円台に乗せたドル円をもってしても日経先物の高値が22,900円止まりだっただけに、年内は22,500〜23,200円辺りで推移するとみるが善かろう。東証コア銘柄は半導体に覇気が戻らなければ循環物色止まり、中小型株は個別単位から再びテーマ株に目先が変わりそうだ。さすれば勘流銘柄についても時流に合わせた入れ替えを図っていきたい。
先物に関しては買いの一手。本日も22,700円までをパラパラと買い向かい、大半を60−80円幅の小救い狙い、残りを23,000円近辺、その先の23,●00円近辺で回していく気概で挑む。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
□ 8927 明豊エンター

12/8 366円より 12/19 494円 +128 34%高
9月の急騰劇を振り返れば現状も初動の可能性があるが、相場がマネーゲームに移行した後は新たなる銘柄の仕込みに専心するが上策。

リスク感覚が麻痺している市場心理を利用すべく □ 3200番台、□ 4900番台、□ 9115 明治海運で即回転を狙いながら、中期指向ではまっとうな銘柄での年始高を目し■ 6000番台2銘柄を粛々と集められたい。

(その他)
6850 チノー、2352 エイジア

直近触れてきた流れから押さば買い、噴かば利入れ先行で挑む。

【雑記】
日馬富士を巡る角界の騒動は貴乃花側に優位な決着となった。貴乃花の横綱時代の業界の栄華が忘れられない面々による自己保身な結末。そのすべてが伝統と言えばそれまでだが、若者の相撲離れは加速しよう。

何かしら参考となっていれば是非に  
  ↓    
 

会員制情報サロン GS vs 勘助
評論家にとっての有望銘柄と勝ち組にとっての有望銘柄は似て非なるもの。売買戦術にも固執しながら皆でその他大勢からの脱却を図られたい。
 ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

東芝<6502>、明豊エンター<8927>の次に種を蒔く

【勘流雑感】
昨日の米株は反落。税制改革法案は下院で一旦可決されたが、秋口以降の上昇相場で粗方織り込んでいた事や正味の好影響に不透明感が残るとの見方から利入れ優位となった。ただし、FRB側に動きがない中で長期金利が上昇している様を鑑みれば、税制改革を米景気のフォローとみているのは間違いない。年末特有のお気楽な評論家の楽観論に与する必要はないが、2018年も上昇ベクトルは継続するとみておくが妥当であろう。
さすれば、年内に一度や二度はヒヤッとする場面はあるものとして、本日も強気スタイルを続行。本日の先物に関しては22,700円までの買い向かい、大半を60−80円幅の小救い狙い、残りを23,000円近辺、その先の23,400円近辺で回していく気概で挑む。個別については、宮入バルブ<6495>、エディア<3935>、ビーマップ<4316>が20%超えを果たした11月の好調さから、中だるみを経て東芝<6502>が14%高、明豊エンター<8927>が34%高と値を飛ばしているゆえ、攻撃の手を緩めず仕込みに力を注がれたい。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
□ 8927 明豊エンター
12/8 366円より 12/19 494円 +128 34%高
9月の急騰劇を振り返れば現状も初動の可能性があるが、あくまでもここからの上値は仕掛け人の気分と提灯が決める事。利入れを進め、□ 3200番台、□ 4900番台、□ 9115 明治海運など初動銘柄の仕込みに回られたい。

■ 新たなる中期指向銘柄

メンバーサロンでは仕手株の提唱が続いたゆえ、この辺でまっとうなテーマ株を一本挟む。誰もが有望視するテーマに加えて、個人が買いやすい価格帯、買い方が動かしやすい時価総額なども鑑み、眼前の押しを粛々と集める。

(その他)
8925 アルデプロ

昨日の決算を囃して仕掛かるなら即回転狙いに処す。

2352 エイジア
年末の大幅高を画す輩ありとの事だが、如何せん出来高が薄すぎる。遊びの範疇で。1,330円割れなら撤収。6850 チノーも粗方同じ。過熱気味ゆえその他までとする。

【雑記】
最近の角界を巡る論争は貴乃花ファンの「自分自身を擁護する」評論家と、事実を見ながら貴乃花を批判する評論家に二分されている感がある。50才以上の日本人で貴乃花を嫌う者は少ないゆえ、マスコミが前者を重宝するのは理解できるが、事実よりも人物像を重視していてはこの先の日本はなりゆかない。

何かしら参考になっておれば是非に  
  ↓    
 
  

会員制情報サロン GSvs勘助
銘柄解説を長々と述べる事や上がる確率の高い銘柄を挙げる事はたやすい。しかし、重要なのは種蒔きや買い乗せの頃合い、利入れや撤収ポイント、他の持ち株との兼ね合いなどを把握しているか否か。皆でそれらの急所を押さえながら、長期的している過剰流動性相場をシンプルに生かされたい。
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

□ 8927 明豊エンター

【勘流雑感】
昨日の米株は税制改革法案の成立見込みをフォローとして続伸。ダウは今年で70回目となる高値更新となった。大口投資家や大企業にフレンドリーな政策を好感した金融株やハイテク株の上げっぷりが目立つ。イランと北朝鮮をならず者と明言し、ロシアと中国を修正主義国と指摘するトランプ大統領の傍若無人ぶりが世界情勢にとっての最大のリスクとなるが、幸いにして米国は法治主義国家。彼の一存でできる事には限度がある。さすれば、年内も一度や二度はヒヤッとする場面はあるものの足元の上昇ベクトルに変化はない認識でマーケットに対処していくが善かろう。
先物に関しては買い傾斜での逆張りスタイルを続行。22,750円までの広めのゾーンを買い下がり、大半を60−80円幅の小救い狙い、残りを23,400円付近まで引っ張られたい。22,700円割れは撤収。
個別については、宮入バルブ<6495>、エディア<3935>、ビーマップ<4316>が20%超えを果たした11月の好調さから一時的に停滞したが、ここにきて■ 東芝<6502>、□ 明豊エンター<8927>で盛り返しつつある。出遅れ層が必死にIPOや急騰銘柄のジャンピングキャッチに勤しむ傍らで、仕込みに拘った投資スタイルを続行されたい。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
□ 6897 明豊エンター

12/8 366円より 12/18 443円 +77 21%高
メンバーサロンではカーリット<4275>と同日からの参陣。2日で12%高を成したカーリットに遅れは取ったが、昨日は好材料を利用して無事に離陸。2万株でも150万円近いリターンなら、300円台半ばで仕込みを入れ続けた効果は十分に表れたと言えよう。

ここからの上値は仕掛け人の気分と提灯次第ゆえ、新規買いは□ 4900番台、□ 9100番台、□ 昨日からの3200番台に回られたい。

どちらかが動意を示せばここに記す

  ↓    
 
  

(その他)
◎ 3550 スタジオアタオ
GS君の方で提唱中。小口勝負に面白そうだ。


会員制情報サロン GSvs勘助
評論家にとっての有望銘柄と勝ち組にとっての有望銘柄は似て非なるもの。売買戦術にも固執しながら皆でその他大勢からの脱却を図られたい。
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com

□ 短期指向8900番台銘柄

【勘流雑感】
先週末の米株は税制改革法案の成立見込みにより反発。11月下旬以来2週間半ぶりに主要3指数が最高値を更新した。半導体関連が買われたナスダックの大幅高やドル円の底堅さを鑑みれば、本日の日本株も22,600円から22,800円近辺での買い派有利の流れとなりそうだ。週末にかけても米中や欧州政治情勢が相場の攪乱要因となるが、例年通りであれば外人部隊の年末休暇入りの影響で 極端なベクトル形成には至らぬであろう。さすれば、先物に関しては買い傾斜での逆張りスタイルを続行。本日も22,650円以下を22,500円まで買い下がり、半数を60−80円幅の小救い狙い、半数を22,900円オーバーを目したホールドに処されたい。個別に関しては、12/8から12/11までの2日で12%高を成したカーリット<4275>や大型株にして短期14%を果たした東芝<6502>の躍進などの優位性を生かし、材料株の年末高に備える。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
■ 6502 東芝

12/6 287円より 12/15 329円 +42 14%高
日経先物の上値の重さがディーラー連中の東芝への駆け込みを加速させている。日経先物が23,000円オーバーからの上値追いに転じるまでは押さば3●●円前後までを買い下がり、噴かば売りにて気長に付き合うが上策。

□ 9115 明治海運
海運市況はこのところ調整気味だが、仕掛けの有無が最大の焦点ゆえ、本日も4●0円までを粛々と集められたい。475円超えも買い乗せ。

□ 短期指向8900番台銘柄
メンバーサロンではカーリットと同日からの参陣。純然たる仕掛け狙いとなるが、先週末の好材料により本日は期待通りの上振れが目される。小高く寄るなら買い乗せ。

銘柄はここに記す  
  ↓    
 
  
 
□ 新たなる3000番台短期指向
ピンとこない業態だが、チャートの見栄えとサロン解説状況を鑑みればワンチャンス以上のものが狙えそうだ。235●は遊び範囲で注目。

会員制情報サロン GSvs勘助
銘柄解説を長々と述べる事や上がる確率の高い銘柄を挙げる事はたやすい。しかし、重要なのは種蒔きや買い乗せの頃合い、利入れや撤収ポイント、他の持ち株との兼ね合いなどを把握しているか否か。皆でそれらの急所を押さえながら、長期的している過剰流動性相場をシンプルに生かされたい。
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com
Profile
KANSUKE
色即是空
しがない一投資家


会員制掲示板(会員サロン)

QRコード
QRコード
Sラボ関連サイト

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ