2019年03月

□ 投資マニアでは儲からない

【勘流雑感】
21,200円近辺での上下と読んだ昨日の昨日の日本株は一時21,000円割れまで売り込まれる大幅安。外人部隊の存在感拡大により、昔よりも期末の株価に固執しない市場風土が顕著な流れに。今日こそは多少のドレッシング買いを期待したいが、朝方ひとしきり買われたら、引けにかけては冴えない動きとなりそうだ。来週はトルコ金融不安、米景況感、米債券動向の3つが株価を左右すると予測されるが、景況感や債券動向に関しては日本株にポジティブな効果が期待される反面、トルコを中心とする新興国不安に関しては昨年8月並みの混乱を引き起こしうるだけに注意が必要だ。

昨日21,050円までを買い向かった先物は、場中の21,000円割れで半玉ロスカットとなりつつも、その後の21,200円近辺までの上昇によりトータルプラスと化したであろう。本日は21,000円まで買い向かい、大半は60−80円幅の小救い、残りはSQ値21,350円近辺までのリバウンドを志向されたい。個別に関してはエムアップ、ユーザーベース、シンバイオ、新日本科学と順に仕掛っている流れに逆らわず、本日も市場心理の懐疑心を利用して種蒔きに勤しむ。

【勘流銘柄】
□ 2395 新日本科学

昨年末の提唱後に急騰したリソー教育<4714>の流れ、「勘流」の一つの本流。淀みなく利入れも消化した事で目先が楽しみな環境だ。売買戦術はサロン提唱のものを続行。

□ 水曜からの3900番台銘柄 
新年度入りによるAI関連の見直し買いムードに乗るべく、会員サロンでは水曜5,400円台から提唱。3/13から今週火曜までに21%高を果たしたユーザーベース<3966>の後継銘柄として、本日も押さば5,●00円までを泰然と買い下がる。

銘柄名はここに記す
  ↓

(その他)
4438 Welby、7063 エードット

本日の新規上場。ともに人気化必至とみるが、昨日は日本ホスピスこそ寄りからストップ高まで買われたが、NATTY<7674>、フレアス<7062>は寄り付き後に急落しており、今一つ信用がおけぬ。さすれば、前者は公開価格5,200円の3倍水準、16,000円以下、後者は、、、、、、、、、、、、、、くらいまでに初値を形成するなら攻めてみたい。

      (会員サロンより抜粋)

■ □ 直近3週間の全勘流銘柄 □ ■ ※ 太字は現在提唱中。
□ 3661 エムアップ
3/13 2,450円より 3/22 2,815円 +365 14%高

□ 3966 ユーザーベース
3/13 2,650円より 3/26 3,220円 +570 21%高

□ 4582 シンバイオ製薬 3/27急騰

□ 2395 新日本科学 3/27急騰

□ 3/26からの7700番台  現在買値マイナス5%水準

□ 3/27からの3900番台 現在買値プラス5%水準

□ 昨日からの7000番台

誰もが知っているデータをそれらしく加工した長いだけの解説、日経が急落しようが急騰しようが毎日提唱される新規買い銘柄、複数のアナリストの担当制による集団としての一貫性の欠如、第三者へのアピールを目的としたボラティリティが高すぎたり、出来高が薄すぎる銘柄の提唱。
これらが現在の常識というのであればで、王道路線にこそ勝機が生まれる
 ↓ ↓ ↓

□ 儲かる地合いで儲ける

【勘流雑感】
昨日の日本株は配当落ち分170円程度に対して前日比49円安で取引を終える良好な結果に。米株は再び逆イールドを嫌気して3日ぶりに反落したが、景気敏感株が相場を下支える構図は悪くない。本日の日本株は21,200円を挟んだひ弱な推移が予測されるものの、日経先物の昨日の上昇局面をショートで入ったように本日の下落局面は途転ロングで処すが善かろう。買い下がりの目安は21,050円。

なお、メイ首相が自らの首を差し出して成立を目指している英国のEU離脱案に関しては、今朝方になっても関連採決が8件ともに否決される無残な状況だが、ポンドが売られている他に市場へのダメージは少ないゆえ、下振れ要因として過剰に警戒するのではなく上値が抑えられる原因としてチェックしておくが善かろう。
個別に関してはエムアップ<3661>、ユーザーベース<3966>、シンバイオ<4582>、□ 2300番台銘柄と順に仕掛っている流れに逆らわず、本日も強気スタイルを続行。

【勘流銘柄】
□ 2300番台短期志向

会員サロンでは昨年末提唱後に急騰したリソー教育<4714>の流れに触れながら、3/22 870円台から参陣。先週取りそびれたそーせい<4565>の代役、同様の背後関係を念頭にかかわった1月の市光工業<7244>、2月のJトラスト<8508>の仇討ち狙いも兼用。昨日の突発高と本日の市場心理の悪化を利用すべく ここからもシナリオ通りに粛々と駒を進められたい。

銘柄はここに記す
    ↓

□ 今週火曜、今週水曜、本日からの短期指向3銘柄
も目先の地合いの軟化を存分に生かし、資産拡張を目されたい。

上げ相場の序盤で買うか、終盤で買うか
前者志向なら皆とともに現況でこそ踏み込みを強められたい
  ↓ ↓ ↓
(その他)
4565 そーせい、6033 エクストリーム、4848 フルキャスト
昨日は各々が相応の仕事ぶりを見せた。本日からは36●●、39●●、37●●を同一観点で注目されたい。

◎ 3328 BEENOS、6184 鎌倉新書

GS君の方で提唱中。アンジェス<4563>は参陣直後に爆騰。

   (会員サロンより抜粋)

□ エムアップ、ユーザーベースからシンバイオへ

【勘流雑感】
昨日の日本株は前日の暴落に対する自律反発と買い戻しラッシュで大幅高。米株は大幅高で始まった後に上げ幅を縮めたが、悲観ムードは短期的にピークアウトしているゆえ 本日の日本株は170円程度の配当落ち分を即日埋める堅調な流れが期される。もっとも、日経先物が3月SQ値水準の21,350円を一気に上抜けるには材料不足。メイ首相がEU離脱案の成立と差し違えでの退陣を仄めかしている英国政治の混迷化リスクも鑑みれば、斜に構えた強気戦術を続行されたい。
さすれば、先物は21,400円付近までをショートでエントリーしながら、大半を80−120円幅での利入れに処す。21,450円オーバーは半数撤退。個別については 3661 エムアップ、3966 ユーザーベースに続いて、シンバイオが材料を伴って離陸戦としているゆえ、手綱を緩めずに新銘柄へと矛先を向ける。

【勘流銘柄】
□ 3661 エムアップ
3/13 2,450円より 3/22 2,815円 +365 14%高
新規買い買い提唱としては一旦終了しているが、上昇ベクトル継続中の押しは強気に。

□ 3966 ユーザーベース
3/13 2,650円より 3/26 3,220円 +570 21%高
昨日の3,200円突破により果たすべき使命は粗方達成。3,●00円オーバー目標を鑑みれば未だ買い妙味が大きいが、ここからは投資枠を減らして挑むが善かろう。

□ 4582 シンバイオ製薬
ここでは□ 4500番台銘柄として触れてきたが、会員サロンでは3/15 210円より提唱。昨日引け後の「トレアキシン」の腫瘍特異的T細胞輸注療法の前処置に関する一部変更承認を取得」を材料視してPTSでは230円近辺まで急騰しているが、本日の提灯動向や如何に。ここが飛ぶなら□ 2300番台も楽しみだ。

□ 本日よりの新提唱
上記のように仕込み玉が次々に離陸している関係上、昨日の□7000番台銘柄に続いて、本日も新たなる取り組みに着手する。

相場の序盤で買うか、終盤で買うか
前者志向なら皆とともに現況でこそ踏み込みを強められたい
  ↓ ↓ ↓

(その他)
4565 そーせい、6033 エクストリーム、4848 フルキャスト

3,4月は化ける銘柄も多いが、ディーラー連中の懐事情によるガセネタも増えるゆえ遠巻きで注目している。

何かしら参考になっていれば是非に
    ↓

□ エムアップ、ユーザーベースの次なる仕込みを粛々と

【勘流雑感】
昨日の日本株は先週末の米急落、先物での売り仕掛け、市場心理の急激な冷え込みを背景に前日比650円安の暴落となった。米株は小幅ながらも反発し、先物が20,970円まで切り返しているゆえ、本日は自律反発優位で経過するとみるが油断は禁物。先物での短期筋の買い戻しが一巡した後も実需筋が買いの手を委縮するようなら、もう一段の下値を試す流れに注意したい。今年度最終日の乱高下を値頃感や理屈で対処するは悪手なだけに、本日も基本はチキン戦術にてダメージ直撃を避けるが肝要。

さすれば、ショート目線で取り組んでいる先物は本日も21,000円台はパラパラと売り上がり、大半を80−120円幅での利入れに処す。個別については 3661 エムアップ、3966 ユーザーベースの逆行高による少なからぬアドバンテージを生かすべく、出遅れ●●●●関連や□ 新たなる勘流銘柄の種蒔きに勤しまれたい。

【勘流銘柄】
□ 3966 ユーザーベース
3/13 2,650円より 3/25 2,988円 +338 12%高
中国の景気後退と米中協議の不透明感により東証コア銘柄が瞬間的かつ消去法的な物色に留まっている傍らで、マザーズ銘柄の復権が目立っている。ユーザーベースは一般受けする業態ではないが、周辺の起業家連中を中心とする株集めにより息の長い上昇ベクトルが期される。昨日の特別益計上による上昇はおまけであり、2,900円台も買い場となろう。本日も目線を下げずに押さば買い。

□ 3661 エムアップ
3/13 2,450円より 3/22 2,815円 +365 14%高

3月に入ってから伸び悩む銘柄が多い中、先週末2,815円までの上昇により果たすべき役割はあらかた達成。2,6●0円近辺までを買い戻しゾーンとする強気続行が面白そうだが、あとは思い思いに処されたい。

何かしら参考になっていれば是非に
    ↓


2019年版の儲かるやり方 
急激に含み損を抱えた時に思考停止に陥りるは投資家の性。買い事由、売り事由、売買指針を明確にしてから市場に挑むことで、ロスカットの断行とともに上昇銘柄の買い乗せによる利益拡張を計るのが2019年のニューノーマル。

年度替わりを好機とすべく皆とともに
  ↓ ↓ ↓

□ ショック安を粛々とこなす

【勘流雑感】
先週末の米株は欧州や米国の経済統計の不振により一気に利入れが加速。米長期金利の急低下によるドル円の下落の煽りもあって、日経先物は前日比370円安にて21,000円割れまで売られた。このため、本日の日本株は下振れから始まった後も中国株や時間外のNY株を睨みながらの悲観優位の流れが危惧される。ブレグジットに関して時間の猶予が生じ、トランプ氏のロシア疑惑も司法長官が違法性を認めず、期末の配当取りにより売り一巡後の日経先物底堅い流れが期されるが、個別に関してはパニック売りの拡散に注意したい。
さすれば、先週末の21,400円台後半をショートでエントリーしたものはパラパラと利入れを交える一方、新規売買、特に買いに関しては一旦見送るチキンな戦術で挑む。個別についても買い要件内の逆張り、撤収要件の順守により種蒔きと被害拡大の回避を図られたい。

【勘流銘柄】
□ 3661 エムアップ
3/13 2,450円より 3/22 2,815円 +365 14%高
先週末2,815円までの上昇により、当初目標を達成。未だ押さば買いが有効との見立てに変わりはないが、本日の暴落により買い妙味を増す銘柄が増えてきそうな環境ゆえ、明日以降の新規提唱と天秤にかけながら強弱をつけるが善かろう。

□ 3966 ユーザーベース
3/13 2,650円より 3/22 2,872円 +222 8%高
中国の景気後退と米中協議の不透明感により東証コア銘柄が瞬間的かつ消去法的な物色に留まっている傍らで、マザーズ銘柄の復権が目立ってきた。ユーザーベースは一般受けする業態ではないが、周辺の、、、、、、、、、、、、、、により息の長い上昇ベクトルが期される。先週末のチャート良化を鑑みて本日も強気続行。

(その他)
4437 gooddays

本日の新規上場、公開価格2,280円。事前人気は高い部類だが、日経暴落により初値が伸び悩み、4,800円付近までに寄り付くようなら攻めてみたい。

□ 2300番台、□ 4500番台も動意を示さばここに掲載する
    ↓


□ メンバー様へ : メンバーサロンのシステム障害により現在ログインができない状況となっております。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。今朝の勘助氏コメントについては先ほどお送りしたメール内容を参照ください。

□ FRBの決断を買う

【勘流雑感】
祝日中の米株は昨日こそ対中制裁関税の解除を否定したトランプ発言が相場を冷やしたものの、FOMCにおける年内の利上げ見送りをはじめとするFRBの予想以上のハト派スタイルを好感して上昇機運を維持。悩みの種はカオス状態が長期化している英国情勢だが、重要な決断を先送りする欧州政治の伝統も鑑みれば「最悪の回避」だけを目的に不毛な協議が続くのであろう。英国経済の世界や日本への影響力はさほど大きくないゆえ、日常的に英国情勢を起点とするショック安に警戒するよりも、ショック安が起きた場合の対処方法だけ頭において俯瞰するが上策。今の日本株にとって最も警戒すべきは、中国大企業の連鎖的な破綻と米朝開戦か。

さて、祝日空け、週末、21,000円台半ばでの推移、IPOなど変動率の高い銘柄への資金流入傾向など、いずれをとっても本日中は積極的に売買すべきシチュエーションではないゆえに、現金枠は多めに残しながら、持ち株の種蒔きに勤しむが肝要。先物は本日も開店休業もしくは21,500円付近からのショート戦術にて挑まれたい。

【勘流銘柄】
□ 3661 エムアップ
3/13 2,450円より 3/20 2,655円 +205 8%高
マザーズや旧マザーズ関連への短期資金流入気配、比較的温和ながら値幅の狙えるチャート付きを鑑みた今月後半2,800円オーバー目標を続行。押さば2,4●0円までを目安に粛々と買い戻す。

□ 39●● 
中国の景気後退と米中協議の不透明感により東証コア銘柄が瞬間的かつ消去法的な物色に留まっている傍らで、マザーズ銘柄の復権が目立ってきた。一般受けする業態ではないが、、、、、、、、、、、を中心とする株集めにより息の長い上昇ベクトルが期される。

□ 新たなる短期指向 
昨年末提唱後に急騰したリソー教育<4714>に、、、、、、、、、、、、による上値模索が期される。一昨日取りそびれたそーせい<4565>の代役、同様の背後関係を念頭にかかわった1月の市光工業<7244>、2月のJトラスト<8508>の仇討ち狙いも兼ねて本日より攻め入る。

(その他)
4565 そーせい

一昨日は1,250円から一時ストップ高となる1,526円まで躍進。気を抜いた瞬間に膨大な信用買い残に足を引っ張られる環境に変わりはないゆえ、徐々に手を引くが善かろう。

7060 ギークス
一昨日の新規上場。4,000円以下とした買い要件を遥かに下回る2,900円での初値形成となったゆえ、そこそこ拾えたではないか。半数は利入れ先行で挑みながらも、上昇ベクトル中は一部ホールドにて上値を試すも面白い。

4436 ミンカブ
本日も1,350円以下から1,200円近辺までを買いゾーンとし、噴かば半数を利入れ先行に処す。
  (メンバーサロンより抜粋)

【雑記】

マリナーズのイチロー選手がついに引退の運びとなった。長きに渡り様々な場面で活躍してきたゆえ、各々思い出に残るシーンは異なるであろう。惜しむらくは昨年1年間の実質的な休養だが、ファンが引退に向けて心の準備をするために必要な期間であったのやもしれぬ。問題があれば会社や政府に責任を転嫁するこすっからい社会になったが、ストイックに本業を全うする精神を思い出したいものだ。

何かしら参考になっていれば是非に
    ↓

□ 買うにも売るにも中途半端

【勘流雑感】
先週末の米株は米中協議に関する報道に一喜一憂した末に小幅に反落。英政権と議会との不毛な対立は継続しているが、堅調トレンドを継続。明日の東京休場を前後してた海外情勢は利入れ主体の短期調整入りはあっても、壊滅的な下落ベクトル入りは回避されそうだ。本日予測される21,500円台は積極的に買うにも売るにも中途半端な水準であり、IPOラッシュゆえに短期筋の物色の矛先も曖昧になりやすいだけに現金枠は多めに残しながら、持ち株の種蒔きに勤しむが善かろう。先物は開店休業もしくは21,500円付近から上を売り上がったデイトレ狙いに処す。

【勘流銘柄】
□ 3661 エムアップ
3/13 2,450円より 3/18 2,599円 +145 5%高
マザーズや旧マザーズ関連への短期資金流入気配、比較的温和ながら値幅の狙えるチャート付きを鑑み、今月後半2,●00円オーバー目標にて育成中。本日からは2,4●0円までを買い下がりゾーンとし、小幅続伸時も買い乗せ、一段高にて部分利入れを交えられたい。□ 3900番台銘柄、□ 4500番台銘柄も押さば耽々と。

(その他)
4565 そーせい

膨大な信用買い残が足枷となるリスクに警戒してその他までとするが、、、、、、、、、、、、、、、、、、、を鑑みれば1,200円付近をパラパラと拾い、動意とともに買い乗せるも上策。

7060 ギークス
本日の新規上場。事前人気の高さを鑑み、公開価格1930円の約2倍、4,000円近辺までに寄り付くなら拾ってみたい。

4436 ミンカブ
昨日のIPO3社は揃って初値から大幅安で引けたが、ミンカブは認知度の高さもフォローとして早期に切り返してこよう。

何かしら参考になっていれば是非に
    ↓

□ IPOでの博打か、然るべき銘柄への種蒔きか

【勘流雑感】
先週末の米株は続伸。決定的な買い材料が見当たらぬ中で、コメルツとの経営統合によるドイツ銀行の地盤強化期待、OPECでの減産延長思惑などに支えられ、20日ラインを上回って引けた。今晩からの米FOMCにて金利の先行き低迷見通しが強まるなら26,000ドル超えが期されるが、英議会でのEU離脱法案が否決どころか採決に至るか否かの低レベルで不透明感が漂っているため油断はできぬ。これらがプラスに出れば日本株は21,800円から22,000円が射程圏に入るが、中国株の明らかな過熱感、木曜の祝日や期末接近による玉整理需要を鑑みれば21,200円近辺までの下落への備えも怠れぬ状況だ。
さすれば、本日の先物は21,450円オーバーの小口ショートを中心としながらも、ボラティリティの乏しさを鑑みて開店休業とするも善かろう。個別はラッシュ中のIPOと急騰銘柄への提灯資金の集結が予測されるゆえ、然るべき銘柄へと粛々と種を蒔く一日に充てられたい。

【勘流銘柄】
□ 3661 エムアップ
3/13 2,450円より 3/18 2,599円 +145 5%高
マザーズや旧マザーズ関連への短期資金流入気配を鑑みて2,●00円オーバー目標にて種を蒔く。比較的温和ながら値幅の狙えるチャート付きだが、IPOラッシュ期に既存銘柄で闇雲に値幅を狙うは下策。□ 3900番台銘柄、□ 4500番台銘柄も同様に押さば耽々と。

(その他)
△ 4436 ミンカブ

昨日上場の共栄セキュリティーーサービス<7058>は2,940円以下とした初値買い条件を下回る2,866円で寄り付いた後に3,370円まで17%上昇。余勢をかって1050円公開のミンカブの1,3●0円近辺以下寄り付きを勝負。コプロ<7059>は公開価格2,090円の22%高、2,466円以下で買い。KHC<1451>は買い見送り。

何かしら参考になっていれば是非に
    ↓

□ 英議会動向に常識を当てはめず

【勘流雑感】
先週末の米株は続伸。中国全人代での付加価値税の引き下げ、ブロードコムの好調な決算を受けたハイテク株高、低金利による景気不要期待、日本のメジャーSQに相当するクアドルプル・ウィッチングによる大商いなどが後ろ盾に。今週は明日からのFOMCにおける利上げ見送り期間と条件、21日からのEU首脳会談前の英議会にてEU離脱案が同意されるか、また 他のEU首脳が離脱延期に合意するかが相場の焦点。FOMCに関しては消費者物価も含めた景気動向を慎重に見極めるといった内容に落ち着き株価のフォローになるとみられるが、水曜までに採決されるメイ英政権とEUとの離脱合意案が議会に支持される可能性は低いため、週の後半は反乱含みの市場動向が危惧される。ゆえに、先週末25,848ドルで引けた米株に関しては今週は25,300ドルから26,000ドルの範疇での荒い値動きとなりそうだ。
日本株は米株と海外政治経済情勢に加えて、中国経済と上海株動向を睨みながらの上下に。中国経済については今週は重要指標が予定されておらぬために、トランプ口撃を回避できれば悲観色が高まることはないが、上海株に関してはまともな買い材料がない中で年初から25%程度も上昇しているだけに、急速に利入れムードが広まって日本株の足枷となる局面に警戒したい。国内事情としては、祝日前後の様子見、期末の玉整理需要などが上値の重い流れを演出するゆえ、まとめると21,200円近辺から21,800円辺りまでを浮遊するといったところか。
さて、先週後半21,100円付近までを買い向かい、その後の予測以上の上昇により裕に利入れたであろう先物に関しては、今週もSQ値21,348円から上下100円となる21,250〜21,450円はノータッチとし、21,250円割れを買い、21,450円超えを売り主眼の逆張りスタイルで挑まれたい。個別に関しては本日予測される21,500円以上での新銘柄への参入は下策ゆえ、□ 勘流短期指向3銘柄の強弱を図るが善かろう。

【勘流銘柄】
(その他)
7058 共栄セキュリティーーサービス

本日の新規上場。極端に人気の高い案件ではないが、時給妙味の大きさを鑑みれば公開価格2,100円に対して4割増しの2,940円以下で寄り付くなら拾ってみたい。

4384 ラスクル
再び10日ラインまで調整する局面があれば粛々と買い直す。

4563 アンジェス
S教授の方で提唱中。先週末の程よい押しを利用して仕込みに回るが上策。
(会員サロンより抜粋)

【雑記】
今朝の報道にてロシアの反政府デモの映像を目にした。現在の中国のように、かつてのロシアであれば海外メディアに国内デモ映像の報道を許可することはありえない。プーチン政権の不安定化、凋落を表す事案にも思えるが、むしろロシアが開かれた社会に進んでいるようにも映る。

何かしら参考になっていれば是非に
    ↓

□ 機関投資家とともに玉を整理しながら少数精鋭種蒔きへ

【勘流雑感】
昨日の日本株は米株高を好感して21,500円台まで上昇しながら、機関投資家の期末売り、先物での利入れが膨らみ21,300円割れにて終了。米株もめっきり落ち着いた推移となったため、本日は21,100円から21,350円辺りでの細々とした流れとなりそうだ。来週の米FOMCに前後しては上下いずれかに値を飛ばす動きが予測されるが、先物での買い派と売り派の勢力が拮抗して映るゆえ、本日も過度の楽観や悲観を排除した柔軟な構えで挑まれたい。

昨日21,100円までを買い下がった先物に関しては、本日も21,050円までを買いゾーンとした逆張りスタイルを続行。反発時は大半を60-80円幅の小救いで回すが上策。21,000円割れは半玉撤収。個別に関しては□ 短期指向銘柄の育成に力を注ぎながら、IPOへの参戦の是非を検討されたい。

【勘流銘柄】
□ 新たなる勘流短指向
直近のネガティブ材料も既定路線から大きな変化はない。過剰反応により投げ売りが膨らむなら粛々と買い集めるのみ。まずは、月末月初の2割高目標にて挑む。

(その他)
4384 ラスクル

再び10日ラインまで調整する局面があれば粛々と買い直されたい。

4563 アンジェス
S教授提唱中。昨日の大口売りによる1,100円台前半までの下落局面も、淡々と買い向かう上々の立ち回りを続けているようだ。ライフライン<7575>の1,800円台前半も長い目で格好の仕込み場となろう。

(会員サロンより抜粋)

何かしら参考になっていれば是非に
    ↓

Profile
KANSUKE
色即是空
しがない一投資家


会員制掲示板(会員サロン)

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
Sラボ関連サイト

  • ライブドアブログ