【勘流雑感】

先週の日本株は、外人部隊の需給整理終了に呼応したかのようなECB総裁の低金利策長期化発言により、先物メインで大幅高となった。今週も株価に一喜一憂する市場心理の懐疑さとは裏腹に上値を追いかける動きが想定される。

さすれば、下値については14,000円や6月天井圏の13,600円辺りまでの下げを頭に置きながら、上値については無理に目処を立てて処するのではなく、「春先同様のテクニカルお構いなしの上昇ベクトル」を大前提とするが上策。

ゆえに、再び持分が減少している先物買い戦術については、、、、、、、、、付近までの買い下がりにて仕込み直しを図り、個別については目先の乱高下に振り回されぬように売り買いゾーンを広めに取り胆力を持って接するが善かろう。

────────────────────────────
【勘流銘柄】
■ 5233 太平洋セメント

6/24 317円より  7/5 343円 +26 8%高
業界内の再評価の動きは極めて顕著。ここに株高が伴えば提灯マネーも大挙してこよう。安値で拾えている者は利入れを交えつつ、本陣は構えて動かず。

・ 2362 夢真
6/20 500円より 7/5 640円 +140 28%高
ライト工<1926>の急騰があって初めて夢真の急進がある。この点に着目せずして「国土強靭化」云々から夢真を語る評論家は先が危うい。

□ 新たなる8千番台銘柄
本日からの参陣。選挙を機に再び安倍政権の政策に注目が集まる中、主役をはれるテーマであることに変わりはない。おびただしい塩漬け玉を鑑みれば 端から年初高更新を目論むはおこがましいが、サロン提唱株価程度であればワンチャンスであろう。

何かしら参考となっていれば是非に。
  ↓           ↓
ブログランキング  
株・投資ランキング


少数精鋭


【株式情報サロン GSvs勘助 】
チャートや業績を睨み続けても平均点以上の成績をあげるのは困難。買いの基準、売りの基準が乱れている現状は、出遅れ組みが先頭に踊り出るチャンス大。

会員制情報掲示板
 ↓
 
   http://www.gs-kansuke.com