【勘流雑感】
昨日の米株はトランプ税制改革への期待再燃により急騰。きっかけとなったムニューチン財務長官発言に新鮮味は全くないゆえ、今後の需給動向を見据えた仕掛けとみるが妥当であろう。すなわち、フランス大統領選後の急落を見越した落下地点の引き上げ、または 前日安値20,379ドルでの底打ち反発モード入りの合図として対処するが上策。北朝鮮情勢は予断を許さぬが、3月序盤から2か月弱となる調整期間を鑑みれば後者優位か。仮に米株が上昇ベクトルに転じた場合も日本株に関しては来週からの決算本格化、ドル円の低空飛行から18,600円から上の水準を追うには材料不足となるゆえ、先物やVIXで下振れに警戒しながら、個別は買い一本足にて貪欲に挑むが善かろう。
さすれば、本日の先物は18,650円近辺までをショートで入り、大半をデイトレにて処す。個別に関しては、幅広く種を蒔きながら、芽を出したものに資金を集約するスタイルを続行。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
■ 6535 アイモバイル
メンバーサロンでは先週よりの提唱。3/10の決算が示すようにアドネットワーク、ネット広告事業を柱とする増益体制に揺るぎはなく、動画広告やAppBankへのOEM提供など事業の多様化もアナリスト受けは非常に善い。商いが20万株程度まで膨らむまでの小動き、特に1000円以下は耽々と拾うが善かろう。
□ 6875 メガチップス
サロンでは4/17 2,516円より提唱。昨日2,680円にて +164 6%高を成したが、チャートは依然としてどん底圏。ウェアラブルを含めたモバイル向けMEMS(微小電気機械システム)需要の拡大による業績改善余地を鑑みれば、9か月ぶりの26週線割れは割安感が著しい。売り長となっている信用取り組みも踏み上げを期待させる。

■ 新たなる中期指向
材料株に勤しむ間に日経高で東証コア銘柄がぐんぐん上昇するほどの下策はない。大人のモラルを買う。

(その他)
1552 VIX
4/27までは買い玉のヘッジ目的にて押し目買いを続行。

【雑記】
米メジャーリーグでまたイチローがやってのけた。システム上、数年に1度しかない古巣のシアトルマリナーズとの昨日の対戦において9回の最終打席で見事なホームラン。数々の大記録やその人柄で未だにイチローファンの多いシアトル側の応援席からは、敵軍のホームランにもかかわらず大歓声とスタンディングオベーションでのイチローコール。そして、彼らの手にはマリナーズから試合前に配られたイチロー人形が。

国会では自らの暴言は許容し、他人の暴言は微塵も許さない民共とマスコミの横暴が目立っているというが、目標を高く据え日々努力する姿こそ日本人の気質に合っている。

何かしら参考になっておれば是非に。
  ↓    
 

会員制情報サロン GSvs勘助
株価が上昇してからのテクニック勝負は個人にとって完全に不利。ファンダメンタルズに固執した先の見えない勝負も同様。明確は売買戦術を頭に置き、先手先手で攻め入られたい。
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com