【勘流雑感】
昨日のFOMCでは予想通りの利上げと今後の利上げ方針が決定された。同時に発表された資産圧縮策については思ったより早めの公表となったが、既定路線ゆえにマーケットへのダメージは限られよう。気になるのは米債券買い、ナスダック売りの継続具合。不安心理の拡散を目して声高に破滅シナリオを訴える評論家の意見に耳を傾ける必要はないが、短期的には売りが売りを呼ぶ打たれ弱い相場展開も危惧される。さすれば、分からない時には素直に‘見’に回るべく本日も現金ポジションを多めに確保しながら、既存銘柄の手当てに勤しむが善かろう。
細かく利入れが効いている先物に関しては、19,750円までを買い下がっての60−80円幅狙いを続行。19,700円割れに際しては損切かつ途転ショートも検討されたい。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
■ 6323 ローツェ
6/1 2,700円より 6/8 3,090円 +390 14%高
ハイテク関連はアップル株の下落により調整を余儀なくされているが、大口にとっての安定した運用先である現実は容易に変わりえない。3日続落でもスタート地点にはまだ余裕があるゆえ、本日の下げも買戻し好機として処す。

(その他)
3986 ビーブレイクシステムズ

本日の新規公開。感情的になっている市場心理を鑑みれば公開価格1670円の4倍、6500円オーバーの初値形成もありそうだ。、、、、、、、近辺で寄り付くなら遊びの範囲内で拾うが上策。

何かしら参考になっておれば是非に。
  ↓    
 

会員制情報サロン GSvs勘助
株価が上昇してからのテクニック勝負は個人にとって完全に不利。ファンダメンタルズに固執した先の見えない勝負も同様。明確は売買戦術を頭に置き、先手先手で攻め入られたい。
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com