【勘流雑感】
昨日の日本株は売り派の息抜きにより22,500円台を回復したのも束の間、引けにかけての売り攻勢で再び22,400円割れまで下落。ナイトセッションでの先物の安値が22,260円に留まっただけに、本日中は22,300円台での小動きを予測しているが、遅かれ早かれ22,100円台に位置する20日ラインの底堅さを試す流れとなろう。そこで下げ止まったところでしばらくは23,382円の高値を奪回するは困難ゆえ、大陽線発生かトランプ税制改革の実現目途が整うまでは先物と東証主力は戻り売りの弱気スタイルで挑むが上策。
さすれば、連勝中の先物は本日も22,400円から22,550円まで売り上がり、大半を80-120円幅狙いに処す。先物の足を引っ張り続けている個別に関しては、市場心理の冷え込み中は現金枠を多めに空け、強引な逆張りは避けながら、上昇軌道に乗ったものに資金を寄せるスタイルで挑まれたい。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
(その他)
4275 カーリット

国内ファンド筋の断続的な梃入れとアナリスト連中の買い煽りの相乗効果にて、中長期的な上昇ベクトルが期される。本日も押さば820円近辺までを買い向かうが面白い。

6537 WASHハウス、3853 インフォテリア、36●●(売り)
チャートつきが悪化中の新興銘柄を空売りで注目。

1552 VIX
トランプ税制への警戒や決算一巡による日米株価調整リスクに対するヘッジでコツコツと。12,500円オーバーは買い乗せ。


何かしら参考となっていれば是非に  
  ↓    
 


会員制情報サロン GSvs勘助
銘柄解説を長々と述べる事や上がる確率の高い銘柄を挙げる事はたやすいさ。しかし、重要なのは種蒔きや買い乗せの頃合い、利入れや撤収ポイント、他の持ち株との兼ね合いなどを把握しているか否か。皆でそれらの急所を押さえながら、長期的している過剰流動性相場をシンプルに生かされたい。
  ↓  ↓  ↓
 http://www.gs-kansuke.com