【勘流雑感】
米軍事産業の熱烈な思いにより週末にシリアへの空爆が実施された。前回同様にロシア、イランともに過剰反応は示さぬゆえ大ごとにはならぬであろうが、これ見よがしに中国が中東地域での存在感を高める事となろう。国内においても自己満足のために日本の未来を犠牲にし続ける朝日、毎日やポンコツ政治家の不断の努力が実を結び、安倍政権の支持率は40%割れまで低下。今朝の日経朝刊のトップ扱いとなっている「20年ぶりの高水準の賃上げ」が虚しく映る。労働者は政府の賃上げへの尽力を理解していないのか、アンケート対象が在宅率が多い年配者に偏るためにマスコミに毒された回答が多いのか、そもそも質問内容に偏りがあるのかは不明だが、中国や韓国を喜ばせる政治情勢が続いている。

今朝の日本株は何事もなかったかのように上昇して始まっており、4月は戻りを試し5,6月の世界的な政治案件に絡めて再び下値を探るとの見立てに変わりはないが、現金枠を多め残す斜に構えた強気スタイルを続行されたい。

先物に関しては小口で21,600円近辺までを買い向かい、大半を60−80円幅の小救い、残りをギャンブルを兼ねた日米首脳会談跨ぎで挑むが善かろう。3月SQ値水準となる21,550円割れは一時撤退。個別株、特に個人好みのボラティリティ高めの薄商い銘柄の需給動向は読みにくいゆえ、撤収要件を明確にしながら粛々と種まきを続行されたい。不確実要因の多さから本日の新規買い提唱は見送る。やんちゃな気持ちは先物にて表現されたい。
────────────────────────────
【勘流銘柄】
□ 9743 丹青社
薄商いゆえの需給の脆さを考慮しながら、1,200円台を粛々と拾う。
■ 6440 JUKI
最悪期は過ぎ去っただけに、戻り売りのみならず、買い乗せにての反撃も期されたい。

(その他)
3656 KLab

消去法的に短期マネーが流入しているゆえ、今週も1,●●0円付近までを買い下がる。