【勘流雑感】
昨日の日本株は下げ幅1000円超の暴落。月初からの利上げペース鈍化思惑による財閥資金のポジション組み換えによる株売りが、トランプ乱心を起爆剤としたアルゴ発動にて加速。10月以降のカオス相場で意気消沈中の国内勢が年内の損失処理に追われた事で個別も全面安に終わった。

本日からの実質的な新年相場も荒れた流れが危惧されるが、現状で注意すべきは下値の深さではなく、反発相場入りに際しての立ち居振る舞い。持ち株の大半が塩漬けに近い中で祈るように相場の反発を眺めるは思考停止ゆえ、買い乗せるか、売却するか、確固たる戻り売りポイントを意識した上でホールドに処すかを明確に意識するが上策。今月1か月の相場予測は燦々たるものであったゆえにゴリ押しはせぬが、ここまでの深押しとなった以上、短期的には5日ラインが上値の防波堤となるゆえ、その手前では切るべき銘柄を切り、流れ善きものに乗り換えられたい。目先の政治案件に絡めては、英議会でのEU離脱協定を巡る採決をきっかけに新たなる下値模索が開始される可能性が残るゆえ、採決が予定されている1月14日の週の前、すなわち1/11までに外すべきものを外すが善かろう。

1月前半までの流れと戦術の大枠を固めたら、本日も材料株の仕込みと日経ベア2倍<1360>の買い直しを耽々粛々と進める。昨日の大陰線にて敗退した先物に関しては、18,950円割れを撤収要件にロング戦術を続行。大量の資金投入にてV字反転を目すのではなく、リターンの額よりも率にこだわり勝ち癖の回復に努められたい。

【勘流銘柄】
(その他)
3994 マネーフォワード、3356 テリロジー、23●●
新興全般の需給が壊滅的な状況な中で、あえての勝負ならこの辺に注目している。目先4,5日内の即回転狙い。

□ 新たなる短期指向
メンバーサロンでは昨日から提唱。理不尽な相場には理不尽な銘柄で対応するが上策。傍らでは ■ 先週末からの中期指向での王道路線を邁進。

勘流仕込み銘柄も条件が整えば順次ここに記す
    ↓


皆とともに背後関係と売買目安を把握しながら、公開前の安値を粛々と攻める! 
  ↓ ↓