【勘流雑感】
米中事務レベル協議は懸念事項の外堀を埋めて、次の閣僚レベルの協議へとバトンを渡した。知的財産権の侵害、先進技術の窃盗や強奪に対する中国の罪悪感は皆無なだけに 真の米中合意は不可能だが、支持率に不安が残り、株安に歯止めをかけたいトランプ陣営にすれば現状で事態を混乱させる気もないであろう。ゆえに、来週の英国議会でEU離脱法案の否決、米企業決算の本格化が10月以降の世界的な需給悪の転機となるなら日本株は21,000から21,500円までの上昇が期される。反対にリバウンド相場終焉のきっかけとなる場合も19,500円近辺では売りが止まろう。

さすれば、昨日からの途転ショートにて20,400円台半ばから20,200円割れまでの下落を利した先物に関しては、本日も20,350円超えがあれば20,500円近辺までをパラパラと売り上がり、100-150円幅での回転を目されたい。20,550円超えは半数撤退。個別に関しては物色意欲の減退も見受けられるゆえ、撤収要件を高めに設定した強気スタイルで挑むが上策。日経ベア2倍のようなプットポジションでのリスク管理も抜かりなく。

【勘流銘柄】
□ 6033 エクストリーム
1/7 3,440円より 1/8 3,780円 +340 9%高
バイオ関連同様に、正味の将来性よりも瞬発力を重視した目先資金の暗躍が期される。事前戦術のイメージ通りに3,400円近辺までを買い直したら、、、、、、、までのリバウンドも買い乗せ、一段高で再び部分利入れを図る構えで挑まれたい。

(その他)
3905 データセクション、3556 リネットジャパン、428●

個別株の物色意欲に陰りが生じているゆえその他までとするが、、、、、、、、、余地が大きいようだ。本日の地合いの悪化を利用して試し買いを入れ、上昇を買い乗せ、下落を即売りの順張りスタイルで挑むが面白い。リネットはS教授の方で久しく注目中。

1360 日経ベア2倍、1459 楽天225Wベア
日経平均の21,000円辺りを天井圏と見立て、押さば粛々と買い戻す。

何かしら参考になっておれば是非
    ↓

2019年の戦いの火蓋は切って落とされた

皆とともに背後関係と売買目安を把握しながら、公開前の□■勘流銘柄の安値を粛々と攻められたい!