【勘流雑感】
昨日の日本株は米株高を好感して21,500円台まで上昇しながら、機関投資家の期末売り、先物での利入れが膨らみ21,300円割れにて終了。米株もめっきり落ち着いた推移となったため、本日は21,100円から21,350円辺りでの細々とした流れとなりそうだ。来週の米FOMCに前後しては上下いずれかに値を飛ばす動きが予測されるが、先物での買い派と売り派の勢力が拮抗して映るゆえ、本日も過度の楽観や悲観を排除した柔軟な構えで挑まれたい。

昨日21,100円までを買い下がった先物に関しては、本日も21,050円までを買いゾーンとした逆張りスタイルを続行。反発時は大半を60-80円幅の小救いで回すが上策。21,000円割れは半玉撤収。個別に関しては□ 短期指向銘柄の育成に力を注ぎながら、IPOへの参戦の是非を検討されたい。

【勘流銘柄】
□ 新たなる勘流短指向
直近のネガティブ材料も既定路線から大きな変化はない。過剰反応により投げ売りが膨らむなら粛々と買い集めるのみ。まずは、月末月初の2割高目標にて挑む。

(その他)
4384 ラスクル

再び10日ラインまで調整する局面があれば粛々と買い直されたい。

4563 アンジェス
S教授提唱中。昨日の大口売りによる1,100円台前半までの下落局面も、淡々と買い向かう上々の立ち回りを続けているようだ。ライフライン<7575>の1,800円台前半も長い目で格好の仕込み場となろう。

(会員サロンより抜粋)

何かしら参考になっていれば是非に
    ↓