【勘流雑感】
昨日の日本株は前日の暴落に対する自律反発と買い戻しラッシュで大幅高。米株は大幅高で始まった後に上げ幅を縮めたが、悲観ムードは短期的にピークアウトしているゆえ 本日の日本株は170円程度の配当落ち分を即日埋める堅調な流れが期される。もっとも、日経先物が3月SQ値水準の21,350円を一気に上抜けるには材料不足。メイ首相がEU離脱案の成立と差し違えでの退陣を仄めかしている英国政治の混迷化リスクも鑑みれば、斜に構えた強気戦術を続行されたい。
さすれば、先物は21,400円付近までをショートでエントリーしながら、大半を80−120円幅での利入れに処す。21,450円オーバーは半数撤退。個別については 3661 エムアップ、3966 ユーザーベースに続いて、シンバイオが材料を伴って離陸戦としているゆえ、手綱を緩めずに新銘柄へと矛先を向ける。

【勘流銘柄】
□ 3661 エムアップ
3/13 2,450円より 3/22 2,815円 +365 14%高
新規買い買い提唱としては一旦終了しているが、上昇ベクトル継続中の押しは強気に。

□ 3966 ユーザーベース
3/13 2,650円より 3/26 3,220円 +570 21%高
昨日の3,200円突破により果たすべき使命は粗方達成。3,●00円オーバー目標を鑑みれば未だ買い妙味が大きいが、ここからは投資枠を減らして挑むが善かろう。

□ 4582 シンバイオ製薬
ここでは□ 4500番台銘柄として触れてきたが、会員サロンでは3/15 210円より提唱。昨日引け後の「トレアキシン」の腫瘍特異的T細胞輸注療法の前処置に関する一部変更承認を取得」を材料視してPTSでは230円近辺まで急騰しているが、本日の提灯動向や如何に。ここが飛ぶなら□ 2300番台も楽しみだ。

□ 本日よりの新提唱
上記のように仕込み玉が次々に離陸している関係上、昨日の□7000番台銘柄に続いて、本日も新たなる取り組みに着手する。

相場の序盤で買うか、終盤で買うか
前者志向なら皆とともに現況でこそ踏み込みを強められたい
  ↓ ↓ ↓

(その他)
4565 そーせい、6033 エクストリーム、4848 フルキャスト

3,4月は化ける銘柄も多いが、ディーラー連中の懐事情によるガセネタも増えるゆえ遠巻きで注目している。

何かしら参考になっていれば是非に
    ↓