【勘流雑感】
昨日の米株はトランプ政権による輸入車関税導入の先送り「思惑」にて続伸。前日の米中首脳会談開催「期待」といい、今回の件といい現実で売られて反動で買われる様は心許ない。ただし、暴落相場が底を打つ際に見栄えの善い大義名分は必要がないだけに、本日もキャッシュを多めに残す斜に構えたスタイルは続行しつつ、火曜20,751円を底値とする反発基調入りに対しても備えを固めていくが善かろう。(もっとも、火曜からの□ 3700番台銘柄、昨日からの■ 6000番台銘柄は当概念も鑑みた提唱ゆえ、個別戦術として特に変更はしない。)
先物に関しては本日も21,150円から22,250円までをショートでエントリーし、100円幅程度の即回転狙いに処す。22,300円超えは撤収。

【勘流銘柄】
□ 3700番台銘柄

メンバーサロンでは火曜から提唱。昨日までの2日でまずは9%高を果たした。当該テーマ関連全般を買い進むには条件が整っておらぬが、サロン解説事由を鑑みれば 目先の押しもまだまだ仕込み甲斐が大きい。□ セプテーニ<4293> も現値は胆力を持って接し、動意とともに買い乗せる気構えで。

銘柄はここに記す
    ↓


■ 6900番台中期指向
勘流銘柄としては、、、、、、、にかけて10%高を果たして以来の提唱。トランプ政権による中国からのほぼ全ての輸入品への関税導入を嫌気して月曜に●,120円台まで売り込まれたが、直後に発表した決算の見栄えの善さや、、、、、、を起点に 東証コア銘柄内でも稀有なスピード感のある反騰基調に突入する可能性を含んでいる。本日もローリスクミドルリターン狙いで強気続行。

□ 本日からの新提唱
前述 □ 3700番台の好スタートの優位性を生かすべく、本日からはギャンブル度高めの銘柄も手をかけていく。

(その他)
3857 ラック、3356 テリロジー

政府が2025年のサイバー庁の創設を目指して動き始めた。テーマとしては蚊帳の外に置かれて久しいが、火曜の下髭で灰汁抜け感が生じているラック、最近の底這い過程での陽線多発が大口の仕込み形跡を匂わせるテリロジーは注目に値する。昨日の試し買いの後、動意とともに買い乗せるが上策。

   本日の会員サロンより一部抜粋

メンバーサロンでは毎週2,3銘柄を新たに提唱。基本スタイルとして、売り買いのしやすさと利益見込みに重点。過剰にボラティリティの高い銘柄、メンバー全員で売り買いができないような薄商い銘柄などは提唱対象から除外している。

大切なのは時勢の見極め、情報網の育成、戦術の組み立て。