【勘流雑感】
 昨日の米株は、米中協議に関する中国サイドの引き伸ばし作戦を報じたブルームバーグ紙の記事を嫌気して26,400ドル台まで下落した後、押し目買いにて26,600ドル台まで切り返したものの、最終的には10日ラインに屈する格好。ドル円は米長期金利が下げ過ぎの反動で上昇したために107円台を回復。日経先物はドル円の上昇を追い風に一時21,610円まで上昇した後に21,480円で取引を終えた。よって、本日の日本株は昨日同様に買い派優位での寄り付いた後、日和見ムードにて21,300円から21,450円ゾーンで弱含む展開が予想される。国慶節の休場明け中国株の下落を囃した先物での売り仕掛けには注意したい。
 さすれば、先物に関しては本日も上昇時は21,600円台後半までの売り上がり、下落時は21,400円で軽く、21,300円台では全玉利入れに回られたい。個別に関しては、日々の先物や信用動向を見るに、買いたい投資家よりも売る理由を探している投資家の方が多いゆえ、気になる銘柄を少量で片っ端から買うのではなく、少数精鋭にて突発的な下落に対応できる体勢を意識したい。

【勘流銘柄】
□ 昨日からの新たなる短期指向

夏場の提唱時と同様に半導体関連のムード良化をフォローとする梃入れが期される。前述のように投資家全体が自信を失いつつあるゆえ、先行エントリーの優位性は高くなろう。本日も押さば強気、10日ライン辺りも買い乗せる気構えで挑まれたい。

(その他)
8056 日本ユニシス

着実な成長性を誇る優良株。3,800−4,000円辺りでは上値が重くなる値幅見込みの小ささ故にその他までとするが、11/6の中間決算は上方修正は必至とみる。現値をサラリと拾ったら、日経安につられて売られる局面ではコツコツと買い増すが上策。

1458 楽天225Wブル(売り)
買い玉のヘッジ狙いを継続。上昇時は11,000円近辺までを粛々と売り上がられたい。




何かしら参考になっていれば是非に。
    ↓


会員制情報サロン GSvs勘助 
掲示板スタイルの会員サロンでは、市場開催日の朝8時前後を目安にコメントを発している。銘柄名のみならず、買い目安、利確目安、損切目安も注視されたい。

GS・勘助参加要項はここに
 ↓   ↓

     >> 入会案内