【勘流雑感】
 昨日の米株は、中国サイドが農産品の輸入拡大の見返りに制裁関税の一部解除を求めるとの報道をプラス材料視して反発。FOMC議事要旨は真新しい材料に欠いたが、株価は一時26,400ドル台まで上昇した末、前日比181ドル高の26,346ドルで取引を終えた。
 ブルームバーグやWSJと同様にゴシップ紙と化しているフィナンシャルタイムズの報道を真に受ける株式市場には困ったものだが、今の流れで行けば本日からの米中貿易交渉は強弱サプライズのないまま「有意義な協議だった」とするトランプ氏の締めの発言で波乱なく経過する可能性が高い。
 国内では週末の大型台風19号の襲来が心配されるが、国内最大のゴシップ紙である朝日新聞の衰退により政治情勢は安定化が進んでいるゆえ、連休明けまでは21,500円から上下200円程度のエリアにて可もなく不可もない展開が予測される。
 さすれば、本日の先物も21,600円台でのショート戦術を続行。大半を80−120円幅で回しながら、個別については背後環境が良好なものにターゲットを絞った少数精鋭にて挑まれたい。

【勘流銘柄】
□ 6721 ウィンテスト
10/7 254円より 10/8 275円 +21 8%高
短期21%高を達成した8月後半の提唱時と同様に半導体関連のムード良化をフォローとする梃入れが期される。本日も押さば粛々と買戻し、噴かば3●0円オーバーを目先目標とした部分利入れに処されたい。

□ 8848 レオパレス
10/9 275円より 10/9 291円 +16 5%高
短期16%高を果たした9月上旬以来の提唱。前回同様に、、、、、、、、、、によるM&A思惑に絡めたハイエナ筋の玉集めが期される。昨日は頃合い善く動意を強めているゆえ、本日も押さば2●●円までを買い下がるが善かろう。

(その他)
9678 カナモト、9699 西尾レント

台風19号関連。先日のゴールドウィン<8111>にて日本の勝利を期待しながら空売ったのとは反対に、被害が最小限に留まる事を期待しながら買う。

4461 一工薬
5G部材関連を囃した目先高が期される。昨日は地合いが悪い中で2,974円寄り付きから3,120円まで約5%上昇。本日も押さば買い、続伸なら部分利れに処す。決算を落ち度なく通過したリソー教育<4714>も同じ穴の狢ゆえ順張り狙いで継続。

何かしら参考になっていれば是非に。
    ↓

会員制情報サロン GSvs勘助 
■ 3000番台中期指向
ディーラー連中が腰の据わらない日経や個別需給に振り回されているうちに、前述の□ ウィンテスト、□ レオパレスなどで着実に短期的な利益を積み重ねながら、他方では来週なり月末以降に市場心理が明るさを取り戻す局面に照準を合わせた取り組みに勤しむ。

掲示板スタイルの会員サロンでは、市場開催日の朝8時前後を目安にコメントを発している。銘柄名のみならず、買い目安、利確目安、損切目安も注視されたい。

GS・勘助参加要項はここに
 ↓   ↓

     >> 入会案内