【勘流雑感】
 先週末、感謝祭明けの米株は短縮取引の中で利入れが優位となって100ドル強下落。ただし、ドル円が堅調ぶりを維持し、ブラックフライデーのセールも好調だったことから、本日の日本株は23,300円台でのしっかりとした流れが予測される。
 週末に向けては、海外では米中協議、米ISM指数と雇用指標などの経済指標、国内では13日のメジャーSQを視野に入れた先物動向などが主な株価の上下要因となるが、日本経済の底打ちを期した外人部隊の日本株買いの趨勢は続くと見込まれるゆえ、下値は23,000円、上値は23,500円から23,700円あたりとなりそうだ。
 個別については、メルカリの反発に伴って上昇しているだけのマザーズ指数もって市場心理の改善を語るお気楽な評論家が増えているようだが、いわゆる業績動向や将来性などで割安さが目立つ銘柄たちが買われるような地合いではない。すなわち、大口から個人まで教科書通りの投資活動よりも目先の利益に固執する環境は当面続こう。腕によほどの自信のある者はこれ幸いとIPOや急騰銘柄での瞬発力勝負に従事するも上策だが、仕事や生活面を優先しながら資産拡張を目す者にとっては先月から述べている茶飲みモードを続行しながら、「乾いた土地が潤う」が如くの株価調整を待って本格的な種蒔きを開始する脱力スタイルで挑むが善かろう。
 本日の先物は小口ロングで23,250円までを買い向かい、大半を60-80円幅の小掬いで回す。23,200円割れは撤収。

【勘流銘柄】
(その他)
3236 プロパスト、269●、293●
レイで述べているゲテモノ相場の観点で注目。

2491 バリューコマース
今週も押さば買いにて12月前半の2,200円オーバーを目す。

・ 4420 イーソル、6182 ロゼッタ
提唱としては既に先週中の利入れ先行としたが、イーソル1,750円、ロゼッタ3,800円割れを撤収要件とした強気続行も上策。

◎ 3840 パス 6184 鎌倉新書
GS君の方で11/25 166円から参陣。短期13%高の鎌倉新書<6184>に続き、先週末までの5日で13%高を達成。

何かしら参考になって居れば是非に
   ↓

11月の全提唱銘柄
 6182 ロゼッタ 
11/5 3,700円より 11/27 4,185円 +485 13%高

・ 5803 フジクラ
 

11/8 487円より 11/13 502円 +15 3%高(実質ロス)

・ 2491 Vコマース 

11/11 1681円より  11/14 2044円 +363 21% 

 3756 豆蔵
11/12 1,550円より 11/18 1,557円 +7 (実質小幅ロス)

・ 2693 YKT

11/15 465円より 11/20 564円 +9 21%高

・ 4420 イーソル 

11/18 1,578円より 11/28 1,934円 +356 22%高 

□ 4317 レイ

11/21 650円より 11/27 705円 +55 8%高


□ 8202 ラオックス 

11/26 294円より 11/27 298円

■ 本日からの新たなる中期指向
本業の成長力は無論のこと、このところの勘流銘柄ではあえてギャンブル色の強いものを挙げてきた流れも鑑み、じっくり型の種蒔きを開始する。

株価が上昇してからのテクニック勝負は個人にとって完全に不利。ファンダメンタルズに固執した先の見えない勝負も同様。明確は売買戦術を頭に置き、先手先手で攻め入られたい。

GS・勘助参加要項はここに
 ↓   ↓

     >> 入会案内