【勘流雑感】
 昨日の米株は米国とイランの本格開戦リスク低下を好感して史上最高値を更新。英議会下院におけるEU離脱法案の可決、第1段階の貿易合意に署名するための予定通りの中国劉副首相の訪米も市場心理の警戒感を和らげた。一方で、イラン軍のウクライナ旅客機撃墜、トランプ大統領による第2段階合意の大統領選後までの先送り示唆など看過しにくい事案も浮上している。
 
 国際政治を熟考する機会としては非常に興味深い状況となっているが、それは投資家が尽力すべきテーマではない。昨日まで4日連続で前日比300円以上上下している荒れ相場、明日からの連休を鑑みた現金枠の確保、横並びで上下している個別需給を考慮した保有銘柄の少数精鋭スタイルを念頭に置いたら、小難しい事は考えずに耽々とシナリオを遂行していく気構えで挑むが上策。
 
 先物は5分足を睨みながら高速売買をこなすか、開店休業が妥当。新春2銘柄の躍動を生かすべく、新たな取り組みに新出されたい。

【勘流銘柄】
□ 2375 ギグワークス
1/6 1,890円より 1/9 2,390円 +500 26%高
新春第一弾は首尾善くその役割を果たした。ここで公開してからの8日の2,160円台からでも10%以上の上昇となっている。買えた者は何よりだ。派遣業に更なる上振れを期するも酷ゆえ、あとは思い思いに回していくが善かろう。

□ 3300 AMBITION
1/6 1,172円より 1/9 1,309円 +137 11%高
ここも公開後の1/8、1,200円近辺で拾っても既に7%の上昇。当初からの目標株価1,300円突破後は1,●●0円オーバーを次なる目標に据え、眼前の押しを買い直す予定だ。

■ 本日からの中期指向
年越し銘柄の失態も新春銘柄2発で大きく取り戻しているゆえ、投資家のハイエナ化が進んでいる現況とは距離を置き、月末月初を見据えた種蒔きを開始する。無論、億単位の売り買いも可能であり、即効性も秘めている

動意を示さば早めにここに記す
   ↓

会員制情報サロン GSvs勘助 
ギグワークス<2375>のようにディーラー連中や一般投資家が襲来してくる銘柄を先んじて拾うだけのこと。

cal-2020-k1mon-p

GS・勘助参加要項はここに
 ↓   ↓

     >> 入会案内