【勘流雑感】
 昨日の日米株は中国で発生した新型肺炎への警戒感から下落。中国当局の早期対応により今回の件が大惨事に至る可能性は極めて低いとみているが、米株は高値を更新し続けてきただけに、来週以降のアップルやグーグルなど大手企業の決算を前にあえて利入れを加速させてくるリスクは残る。日本株に関しても押さば買いが正論となるが、直近の生ぬるい相場つきの中でリスク感覚が鈍っていた投資家層がパニック気味に売ってくる可能性も鑑みれば、「分からない事象とは向き合わぬ」気構えが妥当であろう。
 日経先物や東証コア銘柄に関しては、先週木曜に「3:7で売り派優位」、先週末に「目先の日経高は偶然」と述べながら売りに転じたが、新型肺炎の件がなくとも現状程度の下げはあったはずだ。さすれば、23,800円割れにより相応のリターンを得たであろう先物に関しては、本日も23,800円から23,950円までをショート出入り、大半を80−120円幅狙いで回されたい。24,000円超えは半数撤収後、売り直しの頃合いを計る。
 個別については新型肺炎関連や各所でのマネーゲームに乗り遅れたダメージを受け入れ、隣の芝生を気にする事なく、現在参戦中のものへの水やり、育成を継続されたい。

【勘流銘柄】
□ 4847 インテリジェントウェイブ

1/8 817円より 1/21 844円 +27 3%上昇
多彩なテーマ性とチャートつきの良好さにより、ディーラー連中のみならず個人の提灯化が期される。本日も8●0円までを買いゾーンとし、急反発時は部分利入れを挟まれたい。

(その他)
3823 アクロディア

一昨日264円寄り付きから昨日285円まで2日で21円、8%近い上昇となったゆえ、相応の実入りはあったであろう。本日も反発時の買いスタイルで注目。

1459 楽天225ダブルベア
本日はサラリと利入れをかけるも善いが、一定数はホールドにて買い玉の保険役を継続されたい。

最近参陣した□ 短期指向2銘柄も動意づけばここに
   ↓