【勘流雑感】
 昨日の米株は暴騰。米バイオテクノロジー会社のモデーナ社によるコロナウイルスワクチン候補の臨床試験で有望な初期結果が示されたとの発表を受け、世界経済が急速に立ち直るとの期待が高った。原油と米国債利回りも一斉に蜂起。保ち合いの継続から上下どちらでもよいので値を飛ばしたかった財閥マネーにとって、上値追いの格好の大義名分となっている。このモデーナ社の臨床試験は絶対的な数が少なく、一時的な気安めとの見方もあるだけに、本日の飛び乗りは最小限に控えるが妥当だが、東京五輪開催への現実味が増すようなら21,000円突破も視野に入ろう。
 
 さすれば本日の先物は20,500円ブレイクは順張りの従来戦術に則って、買い主体での即転狙いを目す。個別に関しては、昨日の「懐疑のうちに種を蒔く」スタイルを続行。バイオや医薬品など直接的な武漢コロナ関連については現金化が加速する流れに警戒。

【勘流銘柄】
■ 3939 カナミック

4/24 710円より 5/11 779円 +69 9%高 
東京都からの新型コロナウィルス感染症患者対応医療機関検索システム受注をはじめ、医療分野を中心とするクラウドサービスの成長性を追い風とする上値追いが期される。700円台半ばの保ち合いも準備運動にすぎぬ。本日も押さば強気、噴かば月内900円オーバーも視野に入れながら部分利入れを図る。

□ 新たなる勘流短期指向
前述の武漢コロナのワクチン開発への期待とともに世界経済の復活思惑が高まるようなら、まずは、、、、、、、関連への目先筋の終結が予測される。週末の中国全人代における大型経済対策も期待材料。

(その他)
3774 IIJ

先週末は3,800円寄り付きから4,000円近辺まで上昇。今週も3,800円割れを撤収要件とした強気スタイルを続行。

3694 オプティム、3993 PKSHA
これらは無理せず利入れ先行。

────────────────────
【GS銘柄】
◎ 2492 インフォマート

5/11 792円   5/12 868円 +76 +9%
食品業界向けの電子商取引システム「FOODS Into Mart」を運営。企業間における請求書の受け取り・発行業務を紙から電子データ化する「BtoBプラットフォーム 請求書」も利用企業数が40万社を突破するなど、一層の飛躍が見込まれます。870円超え辺りからの上昇ピッチ加速に期待。

何かしら参考になっておれば
  ↓