【勘流雑感】
 昨日の日本株は米モデーナ社の武漢ウイルスワクチンへの期待剥落で売られるかと思いきや、米中貿易合意の継続という不可思議な理由で20,600円を突破。米株も欧米でのロックダウン解除トレンドを好感してS&P500は約10週ぶりの高値水準にまで上昇した。全ては、大規模金融緩和による膨張している財閥系資金の潤沢なリスクマネーのなせる業といったところか。このような地合いにあって理屈で相場を考察しても意味はない。急騰銘柄のジャンピングキャッチ、気になる銘柄を片っ端から買うなどの不作法は論外としても、流れ善き銘柄から上旬を絞り込んで厚く入るのみ。絞り込めない場合には、複数に種を蒔き、芽吹いたところへと資金を集約する構えが上策。(くれぐれも利入れを急いだ結果、伸び悩むものだけが残る状況は回避されたい。)

 先物に関しては連日の強気スタイルがようやく形となっているゆえ、本日もアホになって買い向かいながら、半数を即回転、半数を20,900円台まで利入れを引っ張る構えで挑まれたい。20,400円割れは撤収。

【勘流銘柄】
■ 3939 カナミック

4/24 710円より 5/20 880円 +170 23%高 
大型連休を跨いだ中期指向は2銘柄。先に種を蒔いたパソナ<2168>の28%高に続き、一昨日の動意にて20%弱まで上昇率を高めてきた。新規買いに適した頃合いは終了しているゆえ、後は思い思いに処されたい。

□ 火曜からの短期指向
先週までのカナミック、セラク<6199>、JIA<7172>の優位性をフル活用すべく、周囲が武漢コロナ関連の物色に勤しむ中で新たな方面に戦局を拡大。昨日の年初来高値更新の後も昨年11月高値に上旬を合わせて押さば粛々と攻め入る。

銘柄はここに記す
  ↓


(その他)
・ 7172 JIA
5/13 1,095円より 5/14 1,427円 +332 30%高
提唱としては既に終えているが、その他として5/19の1,150円近辺と1,200円近辺での再戦を図った者は、1,350円台までの上昇裏での利入れ後を、1,150円割れを撤収要件として押さば買い戻す。

◎ 2492 インフォマート
5/11 792円   5/20 890円 +88 +12%
GS君の方で断続的に力を注いでいる。今はじっくりと発射台の切り上げに勤しんでいるといったところか。◎ 9759 NSDも同様。