【勘流雑感】
 昨日の日本株は予想に反して大幅高。米株もナスダックが最高値を更新したように、月を跨いでなお11月からの騰勢が持続している。昨日述べた11月末にて財閥マネーによる上値追い終了、「日経は27,000円近辺が当面の天井圏となる」との予測が見込み違いとなる場面も想定しながら眼前の上下に対応されたい。

 すなわち、メインシナリオとしては27,000円近辺が天井となり12月3週目のFOMC前後までは保ち合いなり下振れなりの調整余地の高い環境が続く流れを、サブシナリオとしては上昇ピッチの継続による27,500円オーバーと調整ムード加速による26,000円割れの両方を意識。

 さすれば、昨日ロスカットを余儀なくされた先物は、本日も26,900円近辺から27,050円を売りゾーンとして大半を80−150円幅での即回転に処す。27,100円オーバーは半数撤退後に売り場探しへ。個別に関しては、ファイバーゲート、セラク、リネットジャパンの急騰に胡坐をかかずに耽々と攻勢をかける。ただし、27,000円近辺でコロコロと乗り換えるは下策ゆえ、本日は持ち株優先の法則で取り組まれたい。

【勘流銘柄】
直近3週間の全提唱銘柄を時系列で

2335 キューブシステム
11/11 1385円より参陣。11/13までの3日で8%高を達成した後も押しを強気に対処中。

3150 グリムス
11/16 2,000円で参陣。当日東証1部への鞍替えを発表。翌17日に2,425円、2日で21%高で利確提唱。

3915 テラスカイ
11/17 4650円より中期指向で参陣。昨日4,850円までの上昇により。まずは5%高

9450 ファイバーゲート
11/19 2073円から参陣。11/24 2,447円まで3日で18%上昇。利確提唱済み。

6199 セラク
11/25 2,088円にて参陣。27日の東海東京証券による2,800円目標を好感し、昨日までの5日で24%上昇中。

3556 リネットジャパン
11/27 640円から参陣。昨日は予定より早めにブログで公開。10時発表の子会社による新たな20自治体との新協定締結を材料視して一気に740円を突破。3日で16%高を達成。

今週月曜からの新たなる中期指向
テーマ性の高さ、昨日の下髭陽線によるチャートの上昇志向などを鑑みれば、近々にも見せ場が到来しそうだ。

注目されたきは、派手さや穴狙いを探求した結果ではなく、テーマ・チャート・出来高面で比較的買いやすく、売りやすい流れにおける提唱である事。

何かしら参考になれば
  ↓


GS君の方でも11/12から一貫推奨のMDV<3902>が昨日までに28%高を記録。アドウェイズ<2489>に至っては11/24 495円から、東証一部鞍替え発表にて昨日はストップ高まで上昇。6日で26%高を果たしている。◎ 本日からの新銘柄も着火すればあっという間に仕上がろう。

最近の成果が今後の結果を予兆するものではないが、3月と12月は材料株にとって儲け時である事は認識されたい。

GS・勘助参加要項はここに
 ↓   ↓

     >> 入会案内