2006年12月24日

メリークリスマスということである

諸君ご無沙汰である。

私は人生で最もヒマなクリスマスイヴを過ごしている。

諸君のクリスマスの楽しみは何だろう?

恋人とのディナーか、それともサンタさんからのクリスマスプレゼンかもしれないな。

このオキタの最大の楽しみは「M-1」グランプリだ!!!

こんな何のプレッシャーのないクリスマスもたまにはいいもんだ。
(と強がってみたりもする)

吉本さん本当にありがとうございます。
破産しても株買わせていただきます!!!
だから、もうちょっと株価さげてください!!

さてさて引きこもりを続けて、数ヶ月が過ぎた。

バネは縮みきった。ここからは一気に伸び上がりジャンプするだけである。

あと数日で大殺界もおわる。

次に何をするかを色々苦心していたがついに結論がでた。

私はやりたいことを全てやることにした。

ジャンルにも時間にも社会にも制限されず、ネット社会であらゆる挑戦をしていくことにしたのである。

サイト自体は未だ工事中のため大変お見苦しいが、一応次のフィールドを紹介しておく。

ねらいとしてはリアル・ネット社会にこだわらず複雑化した現代社会に鋭いメスを入れ、様々な謎の解明と前人未到の偉業を達成することに挑戦していくということである。

目指すは今やオンラインゲーム社会で伝説の存在となった、TENPAIのような人間心理を斬新、かつ深く捕らえられるような挑戦に取り組んでいきたいと思う。

是非、楽しみにしていてくれ。

kabu_monkey at 15:45|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)

2006年11月14日

マタアイマショウ

みなさん、ご無沙汰である。
全く更新をしていないにも関わらず毎日、本校に通ってくれている生徒諸君には非常に感謝している。

私は今年、大殺界である。
やることなすこと裏目に出る毎日である。
すべてを無くし、毎日廃人のように過ごす日々である。

株投資にいたっては、DNAチップ研究所(2397)に続き、さくらインターネット(3778)の見誤りで、占めて30万円近くの損失を被ってしまった。
さくらインターネットは連日のストップ安で売り切れず、恐らくあと10万近くは損失が拡大すると見ている。あまりの下げの大きさに信用買いの追証に耐えられず、投売り状態が続いている状態である。
業績が回復したとしても企業の信用回復にはかなりの時間を要するだろう。

負債が膨らみ通算で70万円ぐらいの損失となり、資産の3分の2を失ったことになる。
金銭的なショックよりも、本校の校長でありながら、このような失態を犯してしまったことを反省し、実はしばらく株は控えようと思っている。
といっても今年いっぱいぐらいの休業だが。

まさに、オキタ先生、人生の底といったところである。

そんな中、実は既に次の新しいエンターテイメント企画を考えているのだが、今はもう少し企画を暖めようと思う。
年末、もしくは年始あたりにその企画をスタートさせようと考えている。
内容についてはその頃に発表しようと思うが、本校の生徒諸君は一番最初にお伝えすることを約束しよう。

人生の押し目買いである。

そんなこんなで、諸君とはしばしの別れとなる。
ふざけた学校がったが、私自身、全身全霊でふざけてきたつもりである。
今まで応援いただき、本当にありがとう。

そして、マタアイマショウ。

kabu_monkey at 23:07|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2006年10月24日

クロスロード

--------------------------------------------------------------------------
★首位奪回キャンペーン中★
あなたの愛のあるクリックで本校をお救いください<(_ _)>
--------------------------------------------------------------------------

オキタ先生は悩んでいる。
人生最高と言えるほど悩んでいる。
まるで思春期に恋に落ちたかのように悩んでいる。

諸君は人生の分岐点に出会ったことがあるだろうか?
自分の選択によって人生が正反対に進んでいく。
そんな大きな決断に直面したことがあるだろうか。

ロバート・ジョンソンが悪魔に出会ったという十字路にオキタは立っている。

決断の時である。

実は私には大きな夢が2つある。

1つは本校の生徒であれば、ご存知のはずであろう。
投資家として信州と沖縄にペンションを購入してのんびりと生活することである。

実はオキタ先生にはもう1つ大きな夢がある。
それは本当の学校の先生として子ども達と人生を歩むことである。
今まで培ってきたオキタの経験、またこれから身に着けていくであろうオキタのノウハウを子ども達に託し、オキタの人生を子ども達に伝承していくことである。

いずれも、片手間で達成できるほど簡単ではない。
本気で考えれば考えるほど、早い段階での決断が必要である。

決断の時である。

人生のクロスロード。

どちらを選択するべきか、もしかするとどちらの道にも正解はないかもしれない。

精神と時の部屋で、悩み、考え、委ねようと思う。

必要なのは時間ではない、意思である。

悪魔と契約するべきか、それとも人間の力量で小さな幸せを掴むべきなのか。

--------------------------------------------------------------------------
みんなオラに力を!!!
(人生ランキングにご協力をお願いします)
--------------------------------------------------------------------------

2006年10月19日

ガンホー批判の影響

--------------------------------------------------------------------------
★首位奪回キャンペーン中★
あなたの愛のあるクリックで本校をお救いください<(_ _)>
--------------------------------------------------------------------------

新興市場が連日、堅調な動きを見せており、喜ばしい限りである。
オキタ先生の保有しているfonfun(2323)+12.42%と劇的な上昇を見せている。
まぁ、そんなことは時の運であり、大したことではない。

さて、私は昨日、一昨日と連日にわたって、ガンホー・オンライン・エンターテイメント(3765)を全力で批判してきたつもりである。

しかし!!

私が批判をはじめてから、ガンホー株が急上昇してしまったではないか。
2日間でなんと+約8万円(+15%)である。どないなっとんねん。
私の批判により、逆にガンホーの認知度を上げる結果となってしまったようだ。(ないない)

また生徒の中には、「ガンホーのお姉さんの個人情報をかたくなに守る姿勢は見習うべきである」という意見をもつエテ公もいた。というか、意外にもガンホーサイドのサポーターが多かったのである。オキタ一生の不覚なり(+_+)\バキッ

結果的に敵に塩を送ることになってしまったわけである。こともあろうか、この認知度向上のマーケティング戦略が評価され、ガンホー代表取締役社長である森下一喜氏にガンホー本社に招かれることになった。

森下氏

森下氏「いやーオキタ先生のおかげで弊社株は急上昇ですよ」

オキタ「うるせー、いつかお前の会社を買収したるからな」

森下氏「そう、怖いことをおっしゃらずに、カプチーノでもどうぞ」

オキタ「じゃあ、せっかくやから、一杯だけご馳走になるか」

森下氏「お土産には天使のヘアバンをご用意してますよ」

特にオチは考えていないので、今日はこの辺で失礼する。

--------------------------------------------------------------------------
ちょぼっとクリックしてくださいな(激戦ブログランキング)
--------------------------------------------------------------------------

2006年10月18日

本末転倒〜後編〜

--------------------------------------------------------------------------
★首位奪回キャンペーン中★
あなたの愛のあるクリックで本校をお救いください<(_ _)>
--------------------------------------------------------------------------

前回のお話

問題となるサービスのポイントをまとめておこう。

・個人情報(名前や住所など)をネット上で登録し、アカウントIDとパスワードを取得。
・アカウントIDとパスワードでガンホーサイトにログインし、クレジット情報を登録。
・この手順で、毎月のゲーム使用料が自動で振り込まれるというサービスを利用できる。

ちなみに、最初に登録する個人情報は、当然デタラメなものを登録した。当然、内部告発のあったガンホーが相手である。そんな会社の情報管理なんて信用できるはずがない。こんなところで、国家機密であるオキタ先生の個人情報を流出する訳にはいかない。

さてさて、私はゲームには飽きていたが、我が子のように大切に育ててきたキャラクターを抹消されるのが嫌で使用料は払い続けていた。(何度も言うが私はイケメンオタクだ。どうでもええわ。)
しかし、さすがに使わないキャラのためにお金を払い続けるのはバカらしくなったので、涙を飲んで解約手続きをとることにした。解約するためには、アカウントIDとパスワードでガンホーサイトにログインしてから、ネット上で行わなければならない。

そして・・・

いかん、いかん、しばらくゲームをしていなかったので、ログインするためのIDとパスワードを忘れてしまったではないか。しかたがないので、ガンホーのヘルプデスクに電話で問い合わせをすることにした。

その時の状況をノンフィクションでお伝えしよう。


お姉さん「はい、ガンホーこちらお客様窓口でございます」

(お、なかなか元気が良く、好感のもてる対応ではないか。感心である)

オキタ「すみません。IDとパスワードを忘れてしまいました」

お姉さん「はい、かしこまりました。すぐにお調べいたします」

お姉さん「お手数ですが、お客様の氏名、住所などを教えていただけますか」

オキタ「おやすい御用。×××・・・・・×××です」

お姉さん「え〜、お客様の情報は登録されておりません」

オキタ「へ?いやいや、そんなはずないよ。毎月お金払ってますから」

お姉さん「では、もう一度お調べします」

オキタ「すみません。よろしくお願いします」

お姉さん「やはり、お客様の情報は登録されておりません」

(実家の住所からオキタ先生の恥ずかしい過去まで、あらゆることを教えること15分)

お姉さん「やはり、お客様の情報は登録されておりません」

オキタ「ん????????なんでやろ、変ですねぇ。」

(あっ!最初の個人情報の登録をデタラメにしたから、本当の情報が登録されていないのか、なーんだ)

オキタ「じゃあ、IDとかは結構ですので、解約手続きだけお願いします」

お姉さん「いえ、解約手続きはネット上でしかできません」

オキタ「へ?いやいや、じゃあIDとパスワードを教えてください」

お姉さん「お客様の大切な個人情報ですので、登録情報が確認できないと、教えることができません」

オキタ「だから、登録情報を忘れてしまったので、解約だけお願いします」

お姉さん「いえ、解約手続きはネット上でしかできません」

(機械のようにワンパターンな対応に多少いらつきを覚える)

オキタ「いやいやいやいや、じゃあIDとパスワードを教えてください」

お姉さん「お客様の大切な個人情報ですので、教えることができません」

(ここでオキタ先生はキレた)

オキタ「まてまて、お前は誰の個人情報を守ってんねん!」


お姉さん「お客様の大切な個人情報ですので・・・」

オキタ「俺の情報を俺から守ってどうすんねん!!本末転倒やん!!」

お姉さん「お客様の大切な個人情報ですので・・・」

オキタ「じゃあ何かい、登録情報を忘れたら一生、ゲーム料金を払い続けなあかんのか?」

お姉さん「そのようなご質問にはお答えできません」

(答えろよ、めっちゃ大事なとこやん)

オキタ「もうええ、君では結論出されへんやろ。上の人と代わってくれ」

お姉さん「そのような対処はこちらでは、できません」

(話が進展しないまま討論すること30分)

お姉さん「お客様の大切な個人情報ですので・・・」

オキタ「お前らのやってること、完全にヤクザやぞ」

(ついに横にいた上司も根が尽きたのだろう。横からボソボソ)

お姉さん「わかりました。対応策をメールにて後ほどご連絡いたします」

後ほど連絡がきた対応策とは私が免許書のコピー等を郵送すれば、その内容に準じて登録情報を更新してくれるというものだった。

こうして長く続いたオキタ先生とガンホーの1年戦争は終焉を迎えたのである。

というわけでクリックよろしく(ブログランキング)


2006年10月17日

本末転倒〜前編〜

--------------------------------------------------------------------------
★首位奪回キャンペーン中★
あなたの愛のあるクリックで本校をお救いください<(_ _)>
--------------------------------------------------------------------------

どうも、最近めっきり不調のオキタである。
ここ数日で少し挽回しているものの、含み損が大きく資金の運用が停滞している状況である。そんな中、久しぶりにクソ企業に遭遇できたので、ご紹介しよう。

「猿でもわかる株の学校」今月の売り推奨企業は

ガンホー・オンライン・エンターテイメント(3765)

である。

いやー、この会社は本当にクソである。もともとネット社会では悪評が高いとされており、以前も自社で運営しているラグナロクオンラインというオンラインゲームで「社員自身がBOTという不正なプログラムを使用してレアなアイテムを取得し、ネット上で現金売買をしている」という内部告発が起きていた会社である。

ラグナロクというゲーム事態は非常によくできていて、世界観も楽しく、ついつい依存してしまう優れたゲームだと思う。実は私自身も一時期このゲームの虜となり、ゲーム上のイベントに参加するために有休をとっていたほどである。(ひとつ断っておくが、私はイケメンオタクである。勝手に言うとれ。)

ラグナロクは月額の使用料金を支払い、ログインするためのアカウントを取得するという仕組みである。私は毎月ゲーム料金を支払うのが面倒なので、ずっとクレジットカードで自動的に振り込みができるようにしていた。この自動振込み自体はガンホーの提供するサービスの1つであり、クレジット情報と個人情報を入力すれば、誰でも気軽に利用できるという、ありがちなサービスである。

しかし!!

このありがちなサービスをクソ会社が提供することにより、大変な惨事を生んでしまうこととなる。

〜後半へ続く〜

後半が読みたい人は是非ともクリックしておくれ


2006年10月11日

ユーチューブについて語る

--------------------------------------------------------------------------
★首位奪回キャンペーン中★
あなたの愛のあるクリックで本校をお救いください<(_ _)>
--------------------------------------------------------------------------

おっす、オラ悟空!(NGワードました)
含み損って、いざ抱えると処分できないですよね。あっという間に、含み損10万円。ガクガクブルブルで仕事が手につきません。しばらく冬眠攻撃で、期を伺いたいと思います。

さて、今日はユーチューブについて講義をしよう。

ユーチューブは不特定多数の人が動画をもちよって、共有することにより、誰でも自由に動画の閲覧を行うことができるサイトである。
アメリカの企業が運営管理しているが、この度ついにGoogleが買収に乗り出したのである。

収入は主に広告収入で上げている。動画を公開するためにこのサイトに群がってくる人の数はハンパないので、閲覧できる動画の数もハンパじゃない。そのハンパない動画を求めて、さらにハンパない人が動画を求めてやってくる。その種類たるや、紋舞らんからタイガーマスクにいたるまで様々である。

みんなが動画を自由に公開できる場所を提供しますよってに、自由に使ってくおくんなはれ。という感じで、じゃんじゃん人を呼び込む仕組みをつくり、あとは勝手に集まってくる人をターゲットにした広告収入でがっぽり儲けるというのが、ユーチューブのビジネスモデルだ。

最近ちまたで流行っているWEB2.0の見本ともいうべき考え方ではないだろうか。
これからの時代は、どのような情報を発信できるかではなく、情報を発信できる人をどれだけ集められるかが大切になってくる。

このサイトで一番の問題とされているのが著作権であるとされているが、まったくもって論外である。このレベルで論争している時点で、現在のマスメディア業界の質の低さが伺える。私から言わせれば、著作権を侵していようが、いまいが、もはやそれは問題ではないのだ。例えこのモデルに違法性があるとしても、ユーチューブという絶大な集客能力もつ場所の資産価値は想像を絶するものであろう。

ここにいち早く目をつけ、買収に踏み切ったGoogle社は、やはり世界レベルでの勝ち組集団であると言えよう。

ブログランキングにご協力お願いします
(ご意見ご感想もどしどしお待ちしております)




2006年10月09日

核実験の影響

--------------------------------------------------------------------------
モンキーランキングにご協力お願いします
3連休もあっという間におわってしまいましたね。明日も笑顔でモンキージャンプ。
--------------------------------------------------------------------------

方向性の見極めが難しい日本の株式相場ですね。
上がったり、下がったり、はたまた上がったり。ちなみに、オキタ先生の保有しているDNAチップ研究所(2397)はコンスタントな下落を見せている。うむ、非常に裏表のない憎めない奴である。いいかげん、社長の松原謙一をトイレに呼びだしてやろうかと考えている今日この頃だ。

さて、明日の株価は今日の北朝鮮の核実験の発表をうけ、反落が予想される。ここ数日はイケイケどんどん、もう少しで16500円台を超える勢いであっただけに残念なニュースとなるだろう。それに加え、この大ニュースに対しての安部内閣のあいかわらず、スーパー棒読みコメントが株価下落に拍車をかけると見ている。ある意味、常に冷静に棒読みができることが、クールな内閣ということで、逆に信頼を得るかもしれないが。

北朝鮮の核実験については、今までにも当然行われていると見られいたので、株価にはおおかた折込み済みのはずだ。今さら大きく株価に影響を与えるような材料ではないと見ている。いずれにしても、一時的に投資家真理を冷やすだけのニュースとなるだろう。もしも、今週いっぱいかけて大きく反落するような動きが見られる場合は、逆に押し目買いのチャンスとなるだろう。

明日も笑顔でモンキージャンプ(ブログランキング)

2006年10月05日

有言実行

--------------------------------------------------------------------------
ヤバメムーチョキャンペーン中
まだヤバメムーチョの意味がよくわかっていません(笑)が、ご協力よろしく。
--------------------------------------------------------------------------

いやいや、少年カミカゼのライブ、最高でしたね。
はりきってスピーカー横にポジション取りしたら、2曲目ぐらいで意識を失いかけました。今だに左耳がおかしい・・・しかし、左耳と交換するに値する、熱いライブでした。いやーJA−Gくん感動をありがとう。

ライブの前日、JA−Gくんが久しぶりに電話をくれた。

JA−G「JA−Gだ」

オキタ「おーお久しぶり、TVにも出演してて大活躍やね」

JA−G「俺も色々大変やけど、がんばってるで」

オキタ「ライブなんて、大学時代にJA−Gくんのバンド見にいって以来やわ」

オキタ「あの頃はJUDY AND MARYのカバーとかしてたね」

JA−G「そうだな、じゃあ明日はジュディマリっぽいこと何かしたる」

オキタ「ジュディマリっぽいって何やねん(笑)」

JA−G「お前がジュディマリっぽくないと思ったら100万やる(笑)」

(今思えば、JA−Gくんの(笑)は(本気)だったような気がする)

オキタ「じゃあジュディマリっぽいの楽しみにしてるわ」

JA−G「おう!また明日な!」

ライブ当日・・・

ジュディマリっぽいことって何をしてくれるんだろうとドキドキしながらライブの当日を迎えた。最高の滑り出しで熱いライブだスタートした。そして、3曲目か4曲目ぐらいでのできごとである。


「次はJUDY AND MARYのそばかす聞いてください」


マジか!?そのままやんけ!!
そんなんできるんか!ええのか!最高すぎるぞ!
電話した次の日に、いきなり曲できるもんなんか!?
早くもテンション最高潮となり、おもいっきりハジケルとともに、感動で涙が出そうになりました。JA−Gよシブすぎるぜ。

まさに、有言実行である。

有言実行・・・口にするのは容易いが、実行することの難しさは私が言うまでもないだろう。これは、投資の世界でも非常に重要なことである。有言実行は信頼を産み、信頼は人を動かす。人を動かせない人間は金を動かすこともできない。

JA−Gくんを見習って、私自身も有言実行を肝に銘じ、人生に真剣に取り組んでいきます。
また、JG−Gくんのリクエストを受け入れてくれた、熱いバンド仲間の皆様にも感謝したいと思います。

少年カミカゼと猿株を応援よろしく(ブログランキング)

2006年10月02日

少年カミカゼ

--------------------------------------------------------------------------
おかげ様で人気急上昇どぇす
絶え間なく注ぐ愛の名を永遠と呼ぶことができたなら。
--------------------------------------------------------------------------

明日は大学時代の友人のライブに行ってくる予定だ。
生のライブなんていつぶりだろうか。
お恥ずかしながら、このオキタ、しゅごくドキドキしてましゅ。

実は私も高校生時代にバンドをしていたのだ。
もちろん、目立ちたがり屋の私はヴォーカル担当であった。
決して演奏が上手いわけではなかったが、ソウルをもった熱いバンドだった。
今となっては、昭和の歌謡曲を聴きながらジャックダニエルを飲むだけが楽しみのオッサンになってしまった。(誰がハゲやねん!誰も言ってない。)

ロック

というわけで明日は久しぶりに、はっちゃけようと今からドキドキしているしだいである。
そうそう肝心の友人はというと少年カミカゼというバンドで「JA−G」と名乗っているようだがご存知だろうか。
彼の担当はドラムなのだが、最近ちょくちょくテレビにも出ているようで素晴らしいかぎりである。

少年カミカゼ

彼は、一言でいうと天才異人伝説のような人間である。大学時代は本当に気が狂った奴だと思っていたが、最近になってやっと彼の才能に私が追いついてきたような感じである。彼とはテニスサークル仲間であったが、合宿の朝、我々が眠い目をこすっている時、彼はモーニングコーヒー片手に、日経新聞を読みながら株の売銘柄をさがしていた。今思えばあの時、彼は既に我々のずっと先を進んでいたのだろう。

彼は少しずつ遠いところに行ってしまうかもしれないが、私も負けないよう、彼の耳に届くぐらい有名な投資家になりたいと思う。
これからも、もっともっと楽しい音楽で人々に夢と感動を与え続けてくれ。

少年カミカゼと猿株を応援よろしく(ブログランキング)