投資スタンス見直し

投資のスタンスというものは定期的に見直さないと変わってきていることに
本人が気がつかないというケースが多いです。特に私の場合。

外国株を中心に投資を進めていれば少なくとも評価額では年初より増えていたのかもしれません。短期的にはやっぱり国際分散投資とおもいます。

中国株の評価額が年初の91万円を越えてきました。
今私が注目しているのは、いわゆるBRICS、VISTAと呼ばれる国のファンド購入。
中国株はとりあえず今のままHOLDして2007年には一度売却します。
まずは、「HSBC世界資源エネルギーオープン」を
10000口ほど購入しようかと思っています。

確定拠出年金は月に1万5千円ほど、外国株式(アクティブ&インデックス)に
投資しようかと思います。
それ以外は日本株で持っている銘柄があがってきたらこつこつと
売却して、車のローンと住宅ローンを全額完済しようと思います。

投資信託の積み立てを遅ればせながら開始しました。
毎月4万円。日本株はおそらくあと1年は大幅に上がることはないと思うので。
具体的には以下を各10000円/月
インベスコ欧州東方拡大株式ファンド
シュローダーBRICs株式ファンド
フォルティス・トルコ株式オープン(メルハバ)
AIGコモディティファンド(ネイチャーメイド)