2009年11月07日

京都・烟河(湯の花温泉)3

スーパー銭湯ではないんですが、温泉つながりということで今日は京都亀岡の湯の花温泉にある烟河という旅館に行ってきました。



湯の花温泉は京都亀岡市にある温泉街で、実家の方へ帰る際のルートの途中にある温泉なんです。なのでいつも横を通っているだけでした。

温泉街なので日帰り入浴などは無いものだと思ってたんですが、一応調べてみると日帰り入浴も可能な旅館などもいくつかあるようです。

ただ、お値段が高いんですよね。日帰り入浴だけで2,000円(タオル類付き)とかするところがある位でして。。。

しかし、今回訪れた所は入浴料が600円とスーパー銭湯なみのお値段なので気軽に行けるお値段です。

今週は残業が多くて体が結構疲れたので丁度良い距離ということで昼過ぎに行ってみました。

今回訪れた所はこちら。

京都の旅館 −里山の休日 京都・烟河−

最初、旅館とは知らなかったので入り口を見たときは驚きました。
烟河玄関












中に入り、フロントで料金を払って2階奥の大浴場へ進みます。

旅館てやたらと複雑な構造をしている所が多いように思うんですが、ここもご多聞に漏れません。

ようやっとたどり着くと・・・。
元亀の湯












歩いていて気づいたんですが、従業員としかすれ違いません。お客はいないのか???(ロビーなどには一杯いましたけどね)

さて、脱衣所に入るとそこには・・・・・・誰もいない!?

いやいや2人ほどいるようです。少なっ!

まぁ時間が昼の3時前という微妙な時間帯のせいもあるでしょうが、どうやらここの大浴場を日帰り入浴で利用する人はさほど居ないようです。

まぁそれはそれで空いているのは快適に利用できるんで大歓迎!

が、浴場に入ると納得。

広さこそあるものの、比較的大きな内湯とジェットバスに露天風呂があるだけ。

こりゃわざわざお金払って温泉だけ入りに来る人もそういないわなぁ〜。

そういや温泉の成分はこんなんでした。
湯の花温泉成分












ここの泉質はあまり体感できるタイプの温泉ではないようです。まぁ泉質の問題ですから仕方ないことでしょうが。

しかし、今日は寒すぎず暑すぎずという快適な気温だったので、露天風呂は中々快適でした。さほど広い訳ではないですが一人だけで入るとリラックスできました。

格別すごい温泉というかお風呂ではありませんが、その後マッサージチェアが無料だったので暫く体のコリをほぐしてから帰途に着きました。

この旅館の特徴は他に野外施設が豊富に用意してあり、パターゴルフやテニスコートを完備しているので、一汗かいた後に温泉に入るというパターンが一番良さそうです。

温泉施設単独で見ると少々魅力が欠けるのですが、お客が少ないのがある意味魅力ではあります。

評価するとしたら2.5に空いているというメリットを足して3といったところでしょうか。

やっぱりスーパー銭湯って色々工夫しているなと感じさせられました。


kabudemoyaruka at 18:51│Comments(2)TrackBack(1)温泉・スーパー銭湯 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 役立つブログまとめ(国内旅行): 湯の花温泉 by Good↑or Bad↓  [ 役立つブログまとめ(国内旅行)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓ ]   2009年12月02日 07:26
「湯の花温泉」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

この記事へのコメント

1. Posted by サンコン   2009年11月08日 05:10
肌寒いこの時期、温泉は最高ですよね。関東に来てから箱根位しか温泉に入ってないなぁ〜、腰痛が酷くなった身としては羨ましいデス☆
2. Posted by カティス   2009年11月08日 18:57
>>サンコンさん
ツーリングの目的地として良い時期になってきましたね。

箱根には一度行きたいなぁと思ってるんですが、中々機会が・・・。本当は今年の社員旅行で箱根に行く予定だったんですが、中止になってしまって本当に残念です

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
Twitter
Archives