【2158】フロンテオ
《テーマ株:人工知能(AI)関連銘柄》
WS001094
イナゴが群がる理由(好材料)
新薬開発に必要な情報収集を人工知能(AI)を使って活用する技術を開発

今朝の日経新聞で大きく報じられた事で、フロンテオが動意付いているようです。

内容としては、フロンテオの子会社「フロンテオヘルスケア」は、ヘルスケア業界向けに独自開発した「客観性」「透明性」「再現性」を特徴とする人工知能(AI)エンジン「コンエプトエンコーダー」を活用した新規医療品候補探索技術を開発したそうです。

これにより新薬候補に関する単語などを入力するだけで、関連の深い疾患や遺伝子を変動させる薬などを重要度に応じて点数付けと提示をする仕組みです。新規医薬品のターゲット候補に具体的に辿り着く事が容易になり、解析にはスーパーコンピューターや大規模サーバー群などの大型設備が不要で処理の速さも特徴との事。

従来なら1カ月程度かかっていた情報収集の作業が数日で済むとしていることから、製薬会社などへの販売が期待されているそうです。

人口知能(AI)関連で他にも注目したいのが「スマート農業」に注力している【3694】オプティム。

【3694】オプティム
《テーマ株:農業関連銘柄》
WS001093
こちらは農業にAIやIOTの技術を導入する事で、次世代型農業の在り方を提案している企業ですね。同社はAIなどを活用した害虫検知システムで、農薬を極力使用しない「スマート米」の販売開始を先週発表、注目を集めています。

またこちらはTPP11の発効が12月に迫っていますので、農業関連銘柄として物色される可能性も有るかもしれません。引き続き注目しておきたいですね。

ブログランキングに参加しましたので応援よろしく!
1日1回押してくれたら
ピョンピョン跳ねます
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ