水道民営化が来週頭にも可決?!一気に流行のテーマ株へ【水道民営化関連銘柄】
WS001188

水道事業を「民営化」し易くする水道法改正案が5日午前に参議院本会議で賛成多数で可決された事で、水道関連銘柄への注目度が高まって来ました。

水道法改正案とは、自治体が公共施設や設備の所有権を保有したまま、運営権を長期間に渡り民間に売却出来る制度となります。事実上の運営権を「民営」に託すという事ですね。

これに関しては先行している海外では、水道料金の高騰や水質悪化などのトラブルが相次いでいるらしく、懸念が拡大しています。日本の水道のインフラは世界一と言われていますが、それでも少子高齢化や都市一極集中による地方過疎化など、水道インフラの老朽化などに対応する為の苦肉の策なのかもしれないですね。数十年後には水質悪化で水道水は飲めない状況が来るのかもしれないなぁ…。

参議院本会議で可決されたので、残すは衆議院。こちらも今国会中に可決する見込みとの事。つまり12月10日には決定しそうとの事。※12月6日午後、衆議院でも可決されました

生活に密着する水道に関する法案なので、世間の注目度も高い訳ですが、水道(水道民営化)関連銘柄への注目度も高まっています。

《テーマ株:水道民営化関連株》
【2588】プレミアムW
【4653】ダイオーズ
【4642】オリジナル設計
【5612】日本鋳鉄管
【6173】アクアライン
【6485】前沢給装工業
【9551】メタウォーター

水道設備や器具を取り扱う銘柄や、水道への不信感から漁夫の利を得そうなウォーターサーバー関連銘柄など、水に関連した様々な銘柄に物色人気が飛び火しそうですね。

流行のテーマ株として資金が流れそうですし、早めに水道民営化関連で狙いの銘柄の目星を付けておきましょう。

遂に師走相場に突入しました。そろそろ「年末相場」を意識されている方も多いと思います。年末相場は立ち回り次第で一気に収支を上乗せ出来る大チャンス。今は「絶好の仕込み時」だと思いますよ。どの銘柄を仕込むべきか、どのテーマ性で攻めるべきか。個人投資家にとっては腕の見せ所になりそうです。

そこで相場の専門家や投資顧問サイトなどの意見や見解を聞いておくのも大事な戦略の一つ、皆様は投資顧問サイトは利用されていますか?

「投資顧問はお金掛かるんでしょ?」

と思う方もいると思いますが安心して下さい。
私が紹介する投資顧問サイトは有料情報も扱っていますが、基本的には無料で十分活用出来るサイトです。

今は投資顧問サイトも無料でガンガン良い情報を発信してくれる良い時代です。利用出来るものはドンドン利用するべきだと思いますよ。「自分で株情報を探す」のではなく、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的ですからね。

また他にもメリットがありまして、例えば評判の良い投資顧問サイトの場合は

推奨された銘柄が小型株の場合、動意付く可能性がある

特に評判の良い投資顧問は利用者も本当に多いので、推奨された銘柄が小型株の場合、それが原因で動意付く可能性もあるんですよね。このケースも本当に美味しい。

下記は私が個人的に利用している投資顧問サイトです。登録まだの方は下記リンクより是非チェックしてみて下さい。
↓↓↓


【株価8.1倍】も急騰したALBERTを無料で情報公開した事で話題の株サイトです。今は第二のALBERT候補株を公開してくれてます。私も実際に見に行きましたが、かなりの情報を公開してくれている印象でした。まだの方は早めに見ておいた方がいいかも。


《株プロフェット》

ここはラジオNIKKEIでお馴染みの藤本誠之氏がコラム掲載してる事で有名で、とにかく頼りになる株サイトです。先月は【株価9倍】の大化け急騰したエクストリームをドンピシャリ、一番勢いあるかも。「今投資すべきはこの銘柄だ!!」無料配信してくれてます。


とにかくここは推奨する無料情報銘柄の「上昇率」が半端じゃないですよ。実際にサイトの方に見に行って貰えば判りますが、例えば昨年の無料情報の上昇率が平均【60%超え】ですからね。無料情報の力の入れっぷりが本当に凄い。


登録は簡単です。情報収集ツールとしても優秀なので登録だけでもしておく事をオススメしますよ。

▼【簡単利用方法】
下記リンクから簡単に登録出来ます。必要なのはメールアドレス一つだけ。パソコンのメールでもスマホでも携帯でも、どのアドレス使っても大丈夫です。
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰期待大注目銘柄」を受け取れます
3,後はメルマガで定期的に無料情報を配信してくれる
ブログランキングに参加しましたので応援よろしく!
1日1回押してくれたら
ピョンピョン跳ねます
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ