総務省は27日、ふるさと納税制度を巡り「返礼品の基準違反」を新たに確認したとして、31自治体を公表しました。

返礼品に加え、ネット通販大手「アマゾン」のギフト券を付与するなど、これも返礼品に含まれるとみなし「調達費が寄付額の30%以下の地場産品」ではないと判断したとの事。

尚、総務省が公表した自治体は以下の通り
WS001333
WS001334

今年からは「確定申告が不要」となる「ワンストップ特例制度」が始まった事で、ふるさと納税には大きな注目が集まっていますよね。テレビCMも凄いですし。

そこで「テーマ株:ふるさと納税関連銘柄をピックアップしたいと思います。

【9984】ソフトバンクG
ふるさと納税サイト「さとふる」
【6535】アイモバイル
ふるさと納税サイト「ふるなび」
【2489】アドウェイズ
「ふるなび」と連携したアフィリエイト
【2122】インタースペース
「ふるなび」と連携したアフィリエイト
【2376】サイネックス
ふるさと納税サイト「わが街ふるさと納税」
【4755】楽天
ふるさと納税サイト「楽天ふるさと納税」
【6030】アドベンチャー
ふるさと納税サイト「ふるさとツアー」
【3962】チェンジ
子会社がふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」

ふるさと納税で各自治体の寄付金集め競争が激化し、総務省により返礼品の規制などがされています。
またふるさと納税のポータルサイト同士のテレビCMなど競争激化や広告費上昇なども問題視されそうです。ルール厳守の為に法整備まで必要なのか、各自治体、ポータルサイト運営側共に自制が求められます。
WS001337
━━━━━━━━━━━
ちなみになんですが、皆さん「株サイト」って結構利用されてますか?

所謂、「投資顧問サイト」ってやつです。

「それって有料なんでしょ?」

そう思っている方も多いとは思いますが、実は「無料情報」だけの活用でも結構役に立つ情報が多いんですよ。無料登録さえしておけば、後は色んな情報をバシバシ配信してくれますし、私は「情報源の一つ」として投資顧問サイトを活用しています。

逆に今の時代、個人投資家の方で投資顧問の無料情報を活用していない方の方が「少数派」かもしれません。これだけインターネットが発達して、色んな情報収集方法が活用出来る訳ですから、「無料なのに使わないのは勿体ない」と感じてしまう位です。あくまで個人的な見解ですが。

投資顧問サイトの情報もそうですが、少しでも多くの「情報源」を確保しておく事って何も悪い事じゃないと思います。「備えあれば憂いなし」のことわざの通りです。

例えば何の材料も無しで急騰するような仕手株情報とか、個人で入手するのって難しいですよね。少しでも多くの「情報源」を確保しておく事で「何か想定外の出来事」があった時に助かるケースが出て来るかもしれないじゃないですか。

やはり個人では対処出来ないような状況でこそ、組織的に情報収集を行っている投資顧問サイトは頼りになると思うんです。その中でも最近本当に凄い勢いで急騰銘柄をガンガン当てている株サイト、投資顧問サイトをいくつか紹介しておきますね。

Ads by Cueinc.

とにかくここは推奨する無料情報銘柄の「上昇率」が半端じゃないですよ。実際にサイトの方に見に行って貰えば判りますが、例えば昨年に推奨した無料情報の平均上昇率が【63%超】ですからね。トータルでキッチリプラスを確保出来ているのは、それだけ情報力に優れているからだと思います。

Ads by Cueinc.

ここは【株価8.1倍】も急騰したALBERTを無料で情報公開した事で話題の株サイトです。今は第二のALBERT候補株を公開してくれてます。私も実際に見に行きましたが、かなりの情報を公開してくれている印象でした。どう判断されるかは本人次第ですし、まだの方は早めに見ておいた方がいいかも。

上記は実際に私も利用している株サイトです。無料情報でも相当良い推移を見せてくれるケースが多いので重宝してます。登録自体は簡単なので、チェックしてみて下さい。

▼【簡単利用方法】
必要なのはメールアドレス一つだけ。パソコンのメールでもスマホでも携帯でもどのアドレス使っても大丈夫です。
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「無料情報」を受け取れます
3,後はメルマガで定期的に無料情報を配信してくれる

《ミリオンストック投資顧問》
《ファーストリッチ投資顧問》

今は色んな情報源を活用しないと生き残れない時代だと思います。無料で使えるものはどんどん活用すべきですよね。

ブログランキングに参加しましたので応援よろしく!
1日1回押してくれたら
ピョンピョン跳ねます
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ