クリック数に応じて投稿の可否判断を行う予定です。是非、毎日の恒常的なランキングクリックの応援よろしくお願いします

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村
 ↑
応援クリックお願いします!

くる天 人気ブログランキング
投票ボタンを押して頂けると助かります!

株式投資ランキング

bdowbnas






ダウ・・・1.47ドル安の16478.41ドル
ナスダック・・・10.59ポイント安の4156.59ポイント
シカゴ先物・・・16370(ドル建て)
        16290(円建て)

■NY市場分析■
先週末のNY市場は、短期的な過熱感から利益確定売りに押されて小幅反落。当然と言えば当然の動き。先週の27日の朝のレポートで「ここからの動きですが、ボリンジャーバンドの幅が拡大してきますので過熱感が意識され始めます。目先そろそろ一旦調整する動きになる可能性があります」とお伝えしておいた。先週末のNY市場の小幅下落はテクニカルによるところが大きいと考えます。

さて今週のNY市場ですが、重要なマクロ経済指標の発表が控えております。ここ最近の米国のマクロ経済指標は好調なものが多いために、市場の流れを変えるほどのものとはならないと思います。ただし、テクニカル的には過熱感あるために、上値では利益確定の売りも予想されます。経済指標によるところが大きいのですが、イメージ的には揉み合いとなるのではないかと予想しております。

■NY市場テクニカル分析■
テクニカルからでは、***************************。

■日本市場分析(12月27日)■
・日経平均 1万6178.94(+4.50)
・高値1万6232.69/安値1万6056.73
・値上がり1515/値下がり201/変わらず60
・出来高 26億4990万株 売買代金 2兆2190億円
・ジャスダック平均 2013.29(+21.04)
・日経平均先物(期近物)1万6200(−40)
・TOPIX 1290.07(+10.73)

先週の日経は上昇。現物株への証券優遇税制廃止や節税対策に伴う売りが止まり、これまで先物主導で上昇してきた相場から現物株主導の相場へ変化して日経指数に比べて出遅れていた現物株の水準訂正の動きとなり相場の潮目が変わったと言う事を実感出来た一週間となった。しかし、今回の税制に伴う売りは私の想像を遥かに超えていた。12月第3週の投資主体別売買動向では個人投資家が現金で1兆円の売り越しで過去にあまり記憶がないほどの売りが出ておりました。これだけ現物株に売りが出ていれば日本を代表するトヨタも上昇しないはずです。おそらく、この背景には大手証券会社が個人投資家へ保有する現物株の売却を進めた可能性があります。彼らは、売却させれば手数料が入りますし、売却させたことでこれまで投資を控えていた投資家にもNISAを勧める事で手数料が入ります。今回のこの証券優遇税制廃止とNISAで一石二鳥で大手証券会社は莫大な利益を手に入れた可能性が高いと思われます。そういう意味では、大手証券会社の株は買いとも言えますが。

さて今週ですが、30日が大納会で一日だけの取引となります。先週末のNY市場は小幅な反落ですが、為替市場は105円台の円安に進んでいるためにシカゴ先物は高く返ってきております。おそらく「掉尾の一振」という動きになると思います。来年につながる良い引け方になるのではないかという思いをしております。メンバーには、このお正月の間に私なりに分析して来年の相場に対する見通しや、有望株の発掘に取り組み、週明けには新春号をレポートしたいと思っております。

■日本市場テクニカル分析■
テクニカルからでは、***************************。

■注目の個別銘柄■
本日は分析銘柄ありません。週末に分析して良い銘柄あれば月曜の朝にレポートします。

■本日の日経先物ポイント■
さて本日の日経先物ですが、*************************。

★先物節目★
*********************

★寄り付き前デイトレ戦略★
******************

■225先物ラージ日々手口情報(12月27日)■

(買上位10社)
ABNアムロ 4206
MUMS 2781
ニューエッジ 1424
MSM 1171
HSBC 819
マネックス 676
みずほ 630
日産C 381
SBI 352
UBS 317

(売上位10社)
Cスイス −3775
野村 −3761
メリルリンチ −2106
大和 −1142
ドイツ −1125
ソシエテ −984
GMOクリック −857
ゴールドマン −764
バークレイズ −740
シティG −140

■今週の主なイベント(海外)■

30(月)
韓国11月鉱工業生産(8:00)
イタリア国債入札
米11月中古住宅販売仮契約(31日0:00)
露7-9月期経常収支・GDP(〜31日)
休場:フィリピン、タイ

31(火)
韓国12月消費者物価(8:00)
トルコ11月貿易収支(17:00)
南ア11月貿易収支(21:00)
米10月S&Pケース・シラー住宅価格指数(23:00)
米12月シカゴ購買部協会景気指数(23:45)
米12月消費者信頼感指数(1日0:00)
休場:各国市場休場

1(水)
韓国12月貿易収支(9:00)
中国12月製造業PMI(10:00)
ラトビアがユーロ導入
米国、EUなどは新たな自己資本規制(バーゼル3)の導入開始予定
休場:各国市場休場

2(木)
中国12月HSBC製造業PMI(10:45)
シンガポール10-12月期GDP速報値
タイ12月消費者物価
インドネシア12月消費者物価(13:00)
仏・独・ユーロ圏12月製造業PMI確報値(17:50〜18:00)
南ア12月カギソ製造業PMI(18:00)
米12月ISM製造業景況指数(3日0:00)
米11月建設支出(3日0:00)
休場:スイス、NZ

3(金)
トルコ12月消費者物価(17:00)
バーナンキFRB議長講演(4日4:30)
米12月自動車販売台数(4日7:00)

■今週の主なイベント(国内)■

30(月)
大納会
《決算発表》
シベール、きょくと、ダイヤD
《株式分割》※権利取最終日
ポールHD

31(火)〜5(日)日本市場は休場

今や世界はグローバル化しており、日本の市場分析だけでは到底やっていけいない。米国株を制してこそ日本株も制することになります。是非、当サイトの米国株分析を皆様の投資の判断材料にして頂きたく思います。当サイトは米国・日本の市場を両方分析しております。また、当サイトはザラ場が見れないという事を基本にして売買指示を先物・個別ともに行っております。基本はあくまでも指し値が基本で、利益確定もメンバーに余裕があるタイミングで出しております。一度入会の検討の程よろしくお願いします。

他投資顧問では「現物株」「先物」とコース分けして会費を別にしているところが多いですが、当投資顧問はコース分けしていません。どちらの情報についても会員様に配信しております。現物株においては、テクニカル系・情報系(ファンド・仕手)を中心に配信。先物においては毎日売買助言を行っています。また、当社は地合い等を考慮して銘柄を配信しており、毎日銘柄を推奨したり、銘柄の乱発等は行っておりません。さらには、カード決済等も行っておりません。カード決済は自分で解約を申し出しない限り自動で契約延長になり大きな出費に至る事があります


               [会員案内]               

*レポート会員・・・6,000円(税込)1か月間
毎日の相場レポートを1日3回配信。相場レポートの内容は、米国市場・日経のファンダ・テクニカルからの分析・注目の個別銘柄・当日の日経先物のポイントなどを書いています。かなり充実している内容となっています。ただし、個別においては基本は東1と新興大型が中心で新興小型などの売買高が少ない銘柄は取り扱いはしていません。また、先物の売買助言などはありません。先物売買助言はお試し・正規会員のみになります。

*お試し会員・・・10,000円(税込)1か月間(初回入会者のみ)         相場レポート+会員専用HP+ザラバでの緊急メール(相場状況・先物・噂の個別銘柄・ザラ場での注目銘柄注目銘柄に動きがあった場合の即お知らせなど)をご利用できます。なお、緊急メールはPC・携帯どちらか一つを選択して頂きます。とりあえず試したいという方専用

*正規会員・・・25,000円(税込)2か月間(1か月12500円になります)
相場レポート+会員専用HP+ザラバでの緊急メール(相場状況・先物・噂の個別銘柄ザラ場での注目銘柄注目銘柄に動きがあった場合の即お知らせなど)をご利用できます。なお、緊急メールはPC・携帯どちらか一つを選択して頂きます。

*VIP会員・・・30,000円(税込)1カ月間
正規会員サービスに加えて、弊社が独自に厳選した銘柄(仕手株・ファンド銘柄)が中心になります。相場への影響を考えて限定人数のみの弊社最高のサービス会員。

              [入会申し込み]

こちらのサイトからお願いします。 ← 入会申し込み

*なお上手く送信できない場合には、以下のメールアドレスまで直接メール下さい*
            spkbmail-super7@yahoo.co.jp