イメージ 30




※まだお正月の話題で~すw

↓前回レポはこちら↓



1月2日(水)@愛知県北設楽郡設楽町津具

【津具の花祭】


榊鬼が引っ込んだのが午後10時ごろ
自分の体の感覚だと、鬼=深夜になって登場なので、

「まだ0時になってない(^^;)」とか思いつつw(※経験に基づいた体内時計との時差が生じてる状態w)

そのままのんびりと座敷の囲炉裏端で見させて貰います♪



これからの予定。
次第ではこうなってるんですが、これ通りじゃないのがお祭りの良いトコロw
イメージ 1


というワケで、
榊鬼の後に【三つ舞(八刀の舞)】
イメージ 2

イメージ 3



からの~【擂り粉木(すりこぎ)の舞】
イメージ 4


摺りこぎ杓子が楽しそうに舞ってるんですけど、、、
イメージ 5

見た感じすりこぎの味噌は固そうなので、
「これは塗られないのかも(゚∀゚d)」

そもそも座敷=安全地帯ですからね。

たとえ味噌を塗られても舞庭とか外にいる人がやられるんだろうな♪




























とか思ってたらぁぁぁぁあ!!!Σ(゚ω゚) 
イメージ 6



ヽ(゚ロ゚; )ギャアア!!三三\( )/三三ギャアア!!( ;゚ロ゚)/
イメージ 7


※もれなくワタクシもほっぺにお味噌を頂きましたw

津具の味噌は「赤みそそのまま!」って感じで、硬くてしょっぱいお味噌でした(笑)。


・・・とりあえず五平餅食べよwww(味噌繋がり)
イメージ 8


あ、、、
摺りこぎ&杓子が観客を襲ってる間に女郎も登場してました(笑)。
イメージ 13



ではこの先、写真が残ってる分だけアップしていきます♪
【四つ舞(八刀)】
イメージ 9

津具の舞庭は1段高くなっているせいか、とっても静かでセイト衆(観客)も入ってない場面がほとんどだったんですが、
この頃からだんだんと舞庭に人が入り始めます(*・ω・)

小さな榊を貰って、周りの人が「ヤジ」って言ってた気がするんですが、
要は観客も一緒に入り込んでって事かと思います。



【榊鬼】
イメージ 28


なんと2回目の榊鬼!!ヽ(´∀`*)ノ
花祭には願主からの祈願に応じて舞ってくれるパターン(一力花とか祈願花って言われてた気がする)があるのですが、
こちらは榊鬼もその対象の様でびっくり☆というか何回も見られるので嬉しいw

イメージ 10

・・・相変わらず松明パコンはタイミングが測れず(涙)。



【御神楽(みかぐら)】
イメージ 11

こちらも願主の祈願に応じて舞われますが、
この時は地元の消防団だったか自警団だったかが4人で舞われていて、
かなり盛り上がっておりました♪o(*≧∇≦)ノ



その盛り上がりのまま【湯囃し(ゆばやし)】へ☆
イメージ 29

イメージ 12


   では、現場でお湯を浴びまくる気分になれる(?)動画をどうぞ♪♪♪


湯ばやしが終わったのが午前2時前だったので(早い!)、
髪の毛やダウンコートを拭いて濡れたタオルを交換がてら一旦車に戻って仮眠することに。。。

舞庭から車までの約3分の道のりが真っ暗だったんですが、
星空がむちゃくちゃ綺麗で感動しました♥(*´∀`*)


暖房をつけてダウンコートの上から毛布を被っても寒い正月の奥三河w
なんとか午前5時ごろまでねばって仮眠して(笑)舞庭へ行くと、、、


【翁の舞】
イメージ 17


この時間帯は観客ほぼおらず(笑)。
そこそこ人数のいたカメラマンも他の地区へ移動したか車で仮眠してたみたいで、
なんだか舞庭を独り占めしてる様な贅沢な気分でした(* ´艸`)❤



そのままワタクシ3度目の【榊鬼】へ❤
イメージ 14


若い方が指導を受けながら問答をされておりました☆(こういうの良いなぁ♪)
イメージ 16


どの位置からでも撮影できる最高の条件だったんですけど、、、

もう寒いし眠いし体力も気力も無くなってまして(爆)。
とりあえず暖かい座敷からサボって撮影(-ω- )
イメージ 15


・・・この後、座敷の端っこで座ったまま寝落ちしましてw
(花祭でよくやるやつw)


気づいたらお外明るくなってるし!!【朝鬼】出てるし!!
イメージ 18

ちなみに、津具では朝に登場する役鬼以外の鬼【朝鬼】って呼ぶそうな。
というワケで↑の鬼の団体さんまとめて朝鬼です♪(^^*)



そして、、、
【茂吉鬼】キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
イメージ 19

イメージ 20

イメージ 31


【茂吉鬼】『びゃっけ』の中の『蜂の巣』を落とすんですが、
蜂の巣の中には福銭が入っていので、それをみんなで拾います♪
イメージ 21

・・・ってこんな写真しか撮れんくてsorry(涙)。



そして舞庭には【獅子】が登場!
イメージ 22

イメージ 23

イメージ 32


獅子が湯たぶさをくわえて舞い、舞庭を清めたら、、、

ここまでで『舞』の次第は終了。


このあとは最後の『神事』
花祭で最も重要と言われる【鎮め(しずめ)】
イメージ 24


天狗面が舞い、
舞庭へ来られていた神々が心を鎮めてそれぞれの御座へと還られます。

イメージ 26


しずめ様が太鼓に合わせて鼻を「ツンっ」って上に向ける所作がなんだか可愛かったです(*・ω・)


イメージ 25


こうして【津具花祭】は終了。



帰りにちらっとだけ東栄町【古戸の花祭】を覗いて、、、
イメージ 27


とうえい温泉に浸かってから帰りました♪♪♪

【奥三河の花祭】は同じお祭りのスタイルでありながら、
それぞれの地区に特色や面白さが有って、どの地区を見に行っても素敵だなぁと感じます☆

また来年のお正月も見に行けると良いなぁ♥


津具花祭関係者の皆さま、お世話になりました♪
レポにお付き合いくださった皆様もありがとうございました!!