2007年03月20日

タンゴを踊って、「男」復権。

[loopa] ストレッチパンツ ブラック(Vフロント S/M・Lサイズ)・レギンス共同購入 Vol.45  ヨ...
【PJ 2006年11月01日】− 10月29日、東京の港区麻布十番”WAREHOUSE”でJoe Tango Presentsの「Tango Estrellaタンゴの星」の公演があった。Joe (Masayuki Honma)(36)は、日本のタンゴ界で、TV、雑誌、ラジオで活躍するタンゴのダンサーであり、インストラクターでもある。アマチュアのレッスン生総勢24人の熱きタンゴダンスの競演があった。

 近頃、舞踊のレッスン教室が盛況を呈している。ヒップホップ、バレエ、ストリート、フラメンコ、ジャズ、フラダンス、ソシアル、ベリーダンス、サルサ、タップ、民族舞踊、タンゴと、特に若い女性から、お年寄りが多い。男性は比率的に一段と落ちる。




最新ベリーダンス情報は・・・ベリーダンスランキング




舞踊とは、民族の音楽性とリズム感、独特の仕草と表現感、訓練された体力と運動感が一体になり、快感の極地にまで行ける。ボディコンシャスな人達が健康のために、メンタルな解放を求めて始めている人が増加中とのことである。中でも、タンゴはソシアルダンスの延長で難しいとされているが、そのカッコ良さは理解され広がりを見せている。

 タンゴは19世紀半ばに、アルゼンチンのブエノスアイレスのラ・ポカ地区で、スペインやイタリアの貧しい移民が男同士で踊っていたのが始まりとされる。その後、娼婦相手に踊るようになり、二人ダンスとして、芸術的なダンスにまで高められて、今日に至っている。強烈なリズムとメランコリーな旋律が一体化した3拍子に強いスタッカートがある...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆ベリーダンス関連ブログ記事
水タバコ&ペルシャ料理 - 烏有洞 (3月20日12時56分)

女王様が60人! Part2 - 一日一感動 (3月20日12時56分)

久しぶりにベリーダンス - 幸せが一番! (3月20日12時36分)

プレゼント - ブルーウェーブのtea room (3月20日12時19分)

お留守番 - 春樹&桂 “喜び便り” (3月20日10時3分)

Hafla - 猫のあくび (3月20日1時32分)

もうすぐタムタム楽団関西ツアー! - 押忍!MANDE ! (3月20日1時25分)

札幌すぴこんに出展 - 詩音のスピリチュアルな日々 (3月19日21時58分)



◆ベリーダンス関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

kabukom1172 at 14:39│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔