電話加入権 ADSL チューネン株娘のひとりごと。 - livedoor Blog(ブログ)

2016年05月01日

10年ぶりくらいの質問

前回が2011年6月だから5年ぶりの更新!
メインの「にゃこの家」もろくに更新をしてませんが、
ちょっとこちらも使ってみます^^

広島に住む母方の祖母がなくなりまして、お通夜・お葬式へと参列してきました。
広島と遠いこともあり、親戚付き合いは叔父叔母あたりより遠い関係は、さっぱり。

精進落としの席で、10年、20年ぶりという皆様も多い中にいたのですが、
親戚付き合い定番の質問、

「結婚は?お子さんは」

を久々久々に聞きました。
10年くらい聞いていない質問だったので、心構えができておらず、
母親は
「この子は仕事に生きてて」
というのを聞きながら、
いや、追われてるけど、仕事に生きてはない、と思いつつ、
「猫が子供のような」
と私は答えながら、
猫は私の中心のひとつではあるけど、子供ではないんだけどなあ。
ともやもやしながら帰宅。

2,3日後、
「うちはオットと仲が良すぎてできないんです
昔用意してたセリフは、これだった!
と思い出してすっきり!!
この返しのいいところは、相手が純粋にまあうらやましい!といってくればそれに乗るし、
あら、聞いてはいけない質問だったのね、という空気を感じればそれもまたよし、
という、「質問されたほうが気を使うなんてばかばかしい」という私の気持ちをうまくつかんだ返しなのです。
ちなみに遠慮がないおばちゃん相手に「うちはできなかったんですよ」というと、
かえって、その話が広がって長くなりそうな危険があるので使いません。

私は、昔、
「無意識でも無神経な質問をしてくる人間は許さない。わざとじゃなきゃいいっていうのは子供まで!」
と思っていた時期があり、
「でも許さないで覚えてると自分がつらいから、忘れたほうがお得だよなあ」
に切り替えていて、
いまは、まあ、この質問もどうでもいいのですが、
「年寄りのばーさんだから、20年前の価値観で固まってて、「結婚」「子供」「第2子」とかいまは失礼な話題なんだって知らないんだから、許してやるか」
と、「上から目線で許す技」を繰り出すことにしました^^

許せないときは、許さなきゃいいのですが、
「上から目線で、許す」は仕事でも結構使ってます。
性格は悪い許し方の時もありますが、不必要にイライラしないのが一番。
忘れるには、許すのが一番!



kabumusume2005 at 22:51|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2011年06月06日

久々です

2ヶ月くらい書いてないかなあ、と久々に覗いたら、
なんと、4ヶ月以上経っててものすごくびっくり・・・

電車の中で、頭の中ではいくつも更新してるんだけど、おかしい^^;

今年に入ってから読んだ本は、当たってもはずれても語りたくなる本が多いのです!
ベストセラーは腐ってもベストセラーだね!!
「もしドラ」とか、「謎ときはディナーのあとで」とか、ついつい最後まで読んじゃったし、
ものすごくいろいろ悪口をいいたい(笑)

ほんとにつまらない本は先も気にならず本を閉じてしまうので、
魅力はあるのでしょうね。

残業が多いと、平日は帰って寝るまでが1時間ちょっとしかなかったりするので、
とっても心がすさみます。。
最近、散財傾向なのは、やっぱりストレスがたまってるのかなあ。
でも散財しても解決しないんだけどね!

次の更新はまた3ヶ月後かもしれませんが、できれば週末にはしたいなっ、
と希望をのべて終わりにします^^

kabumusume2005 at 23:35|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)

2011年01月23日

以外に不評な筧史朗の若さと美貌

何のセリフかといいますと、よしながふみの

「きのう何食べた?」

というマンガに何度も出てくるフレーズです。
40代男性カップルが主役だけど、なんとモーニングで掲載しており、
料理の紹介にかなりをさいている、日常マンガなのだが、
とっても面白い。

ただ、
「43歳ですよ!
 芸能人でもない43歳の男で
 あの若さと美貌ははっきりいって気持ちが悪い!」
という評価をいろんな人から受けているという設定だけが
さっぱりわからなかった。
ホスト系のかっこよさがわからないとかいう話ではなく、
普通にかっこいいならよいのではないか?

しかし!
とうとう先日わかりましたよ!!

最近の飲み会で、相手のつれが40前半の俳優さんという、
いままでに一度もなく、これからもないだろうという貴重な経験を
したのですが、

「40何歳でこのかっこよさは嘘くさ!!」

としみじみ実感。
いや、その人は芸能人だからもちろんかっこよくて当然なのですが、
これ一般人だと、不評かも。

マンガのなかで、
「20代の頃は、筧くらいの美貌ならごろごろいた。
 しかし、30代で丸くなり、
 40代で薄くなり・・・」
と、「かっこいい仲間が減ってった」
という話があったが、そういうことなのか?

主役の筧が
「阿部寛だって40代じゃないか!」
と、主張して、芸能人と比べるなんて、というシーンもあるのですが、
飲み会でしみじみと、

「いままで知らなかった俳優さんでもこうなんだから、
 阿部ちゃんや福山と身近であったりしたら、かなり違和感がある
 のか?
 それとも、知ってる顔なら、純粋に関心するけど、
 なまじっか知らない顔だから『会社の席にいたら嘘くせー』なんて
 失礼なことを思ってしまうのか?」

と、いろいろ分析。
ともかく、いい体験をさせてもらいましたよ♪

タイトルの「以外に不評な・・・」は、実感しないとわからないに
違いないから、
「きっとよしながふみのまわりに、こういう美貌がいるに違いないよ!」
が感想の飲み会でしたm(__)m

・・・なんか間違った感想かしら?



kabumusume2005 at 21:23|この記事のURLComments(5)TrackBack(0)

2010年11月28日

乙女なげやり  三浦しをん

久々に三浦しをんが読みたくなり、図書館で何冊か借りてきました。

読みだしてから、一度読んだことがある(多分みわぼーさんに借りたのか?)のを思い出しましたが、ほぼ忘れてて
とっても楽しめました!
おたくっぷりがなんともいいわ〜
テンポよく、笑える文章もうまい!!

途中で、電車が事故で遅延する話があるのですが、

>「5分ほどのおくれでーす」なんて能天気な調子で案内するからから甘く見たのが甘かった。
的確に把握して情報を流すのが鉄道会社の使命ではないのか。
いまだに電話もめーるも使ってないのか?
情報伝達手段は伝書鳩なのか?

そのあとに、自分の状況判断能力の衰えをなげく話が続き、

>この調子だと、災害でサバイバルになったときも、進んで危険な方にあるいて崖から落ちたりしそうである。
・・・
いついかなる時も木ぎれを摩擦して火をおこせるようにしておくべき
かもしれない。それでのろしをあげるのだ。
「時間に遅れます、すみません!」と・・・

(途中省略がある上に、引用している文章も若干省略してます)


鉄道会社へのたんかの切り方もうまければ、
自己反省したのちの、最後のしめも面白い!!
「もっと、研磨しなければ」で終わってもいいくらいなのに、
火で食べ物を焼くんじゃなく、「時間に遅れます」なのね!
伝書鳩の鉄道会社に抵抗してるのか?(笑)

と、まあ、面白いエッセイなのですが、久々にこっちのblogに書く気が起きたのは、
久々に、何年ぶりに「にゃこ語録に加わった!!」という一言にであったからです。
(にゃこ語録・・・私の中の座右の銘みたいなもの。
 ごろごろたくさんある)
では、長い前置き終わり、本題です。
またまた引用します。

友達の新婚カップルが「バカ」というほどいちゃついているという話のあとに、自分も弟相手に実はやっちゃってて、しかも
「バカカップル」ならまだ二人だけど、弟は冷たくしか返さないから
「一人バカ」なんだよ!
という話のあとに、
>これは群れで生活する動物のさがなのか。あるテリトリー内での順位付けというか役割分担ができてしまって、それにのっとって日常生活を演技する。
演技するだけの余裕や情熱がなくなってしまうと、共同生活はうまくいかない。
いかなる愛情も、つきつめれば実態は「演技する愛情」なのだ。
演技するかどうかによって、愛情が持続するか終息するか決まるんじゃないかと思う。

ここ!

「演技する愛情」


です!!
「バカカップル」のイチャイチャは、、
最初は純粋におバカ満載かもしれないけど、
ある程度の時間とともに、
いい意味で形式化してくると思うんですよ。
「同じときに同じダジャレ」「このときは、この自作テーマ曲」
とか。
で、お、このパターンはこの台本!!みたいなのも、
演技する愛情のひとつかな、と。

これだと「まだバカカップルじゃん」と思われそうですが、
家族や友達の歴史なんかの台本はどうでしょう?
親戚で集まると、決まって出てくる話、
たとえば、動物のお医者さんで

「親戚で集まるといつも「ハリマオ」のまねをしてた、っていわれるの、うるさいのよ!」

という話がありましたが、
わたしも20代はお決まりの話が嫌いだったのに、
いまは、年に一度、何度も同じ話をするのが楽しくなってるし、
友達と、学生時代の、何度もした話をまた繰り返すのが
「まだその楽しみを知るには早いんじゃないか?」
というくらい、楽しくなってる(笑)

でも、ここらへんは「台本がある(既定の流れがきまってる)」
という意味で、「演技」といえるけど、
無理はせず、楽しく演技している部類かな?

楽しいわけではないけど、愛情ゆえに演技するのは
私がよく「親とあうと疲れる!」といってるような、
興味がない近所の話や愚痴をニコニコしながら聞いてることかな?

もっとも演技が大切とおもっているのは、
常に顔をあわせる同居の家族間なんだけど、
それは、疲れた時、面倒な時でも、
「しょうがないね、いいよいいよ」
「やっとくよ〜」
とかを、笑顔でいう演技ではないでしょうか?

たとえば、うちはいま、
オットが忙しくて毎晩午前様の上に夜ごはんを抜いてるので、
「朝にたくさん栄養をとらせる運動」
実地中です。
面倒だな、ということもあるけど、
「おいしいものを食べさせたい」
ということで、朝から1品2品作るように運動中。

えらい!という声と、ともに
「夕飯の残りは・・・?」
という声が聞こえてきそうですが、
オットがいない日の夕飯は、外食かコンビニですますことが多いんです^^;
週の半分はスープとか作ってるんで、次の日にまわしますが。。
なんだそもそも夕飯さぼってるんじゃんという話ですが、
9時ごろから自分の分だけでいいのに作る気力がないのは少し理解してほしい。。

この運動を始めてから、らでぃっしゅの野菜を消化できるようになたのが一番の効果です(笑)
面倒になったときのモチベーションは「愛情
より、「野菜がいたむ」デス^^;

・・・
話がまったくまとまりませんでしたし、
いいたいことがまったく言えなかったのですが。
ようは、昔から、
「思いやり」
といわれてたようなことなんですが、
「演技する愛情」
と、言い換えた方が、よりいろんなことが内包できるし、
ちょっと「無理して笑えるか?」というときに、
(気に入ってたお皿を割られるとか・・・
 第一声が「また!!」と、きれてしまったけど)
こんないいかたはいけない!「演技演技!」
と、ぱぱっと切り替えできる気がします。

なぜなら、それもまた「愛情」だからです。
相手に対しでもあるし、いやな言い方をしたら、自己嫌悪にあとで陥る「自分に対しての愛情」
でもある。と思う。

>いかなる愛情も、つきつめれば実態は「演技する愛情」なのだ。
演技するかどうかによって、愛情が持続するか終息するか決まるんじゃないかと思う。

もう一回引用。
ちょっとはなんか、伝わったでしょうか?


少し違うけど、似たことがかいているblogがあって、
面白いのでリンクはります。マンガで面白いですよ!

下記の「愛され女が言うことには?」のテーマにリンクがはってますが、
それが面白ければ、最新の「レストラン論」も続きなので、
読んでみてください^^

「結婚できないやつらの自虐的戦闘日記」

kabumusume2005 at 19:14|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)映画・本 

2010年09月27日

お金がなくても平気なフランス人 お金があっても不安な日本人

「はじめに」が偏ってなさそうな内容だったのに、
見事なまでの外国礼賛本でした。
タイトルから怪しいなあと思いましたが、ちょっとだけ話題になった気がした本が、たまたま図書館で見かけたので借りたのですが・・・

ともかく、この手の海外礼賛本にありがちな
「フランス人は○○」「日本人は○○」という決めつけで進んでいきます。
たとえば、
「フランス人は部屋を自分たちでリフォームするが日本人はしない」
というような感じです。
確かに、壁一面黄色に塗るような大胆リフォームをする日本人は滅多にいないだろうけど、
フランス人の全員がリフォーム好きというわけでもなければ、
日本人でも、好きな人もいるのに。

まあ、ほかにも突っ込みどころは多い本なのですが、
(Amazonのレビューをみたら、同じ意見が多かった^^;
 でも、数はたくさんついてるので、それなりに話題作なのかな?)
なぜこんなにこの手の展開にムカムカするんだろう、
と考えてわかりました。

「○○は○○だ」

という決めつけ表現がとても苦手なんです。
「女性はおしゃべりだ」←性別系
「昔は助け合ってた」←時代系
「ワールドカップに日本中が盛り上がった」←スポーツ系?

みたいな感じです。
そのほかいろんなパターンがあると思います。
たしかに、「傾向」は存在すると思うけど、
「みんな○○」ってことはないですよね。

「・・・が多い」「傾向がある」のような表現にしたり、
もしくは「私は」という一人称にすればいいのにと、
とても強く思うので、コメンテーターがでてくる番組は選ばないと
イライラして見れないです^^;
たとえば大金がからむ事件(汚職とか、税金の無駄遣いとか)に、

「主婦はみんな10円を節約するためにがんばってるんですよ、それなのに!」

なんて、コメントがでてくると、

「全部の主婦がやってるか!」

と、朝から無意味にイライラしてしまう。
ついつい、自分が入っているほうを「みんな思ってる扱い」しちゃったり、
褒めるときじゃなく、けなすときに、

「いまどきの若者は」

みたいなくくりをしちゃうんですけどね〜
つい最近、「いまどきはこうなのね」と思った話を次回書きます。
「結局あんたも決めつけてるじゃん!」とならないよう気をつけます^^;

「くくられること」にはみだしても、はまっても腹が立つことって、
ありませんか?

kabumusume2005 at 23:36|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)映画・本 

2010年09月11日

一人カラオケ

テレビをなんとなくつけたら、ミュージックステーションで
シングル/アルバム売上ベスト30(?)のようなのをやっていて
ついつい見てしまう^^
売上が多かった時代って1990年だからまさに青春時代ど真ん中。

青春時代、と表現するほどバラ色の青春はなかった気がするけど、
悩んだり、迷ったりするのが青春なら、やはり90年代は青春だった。

子供の頃は、親が今の曲より、昔の曲を好むのを

「次々いい曲でてるのに?」

と、不思議に思ってたけど、30過ぎてから、

「お、これなんとなく好き!って30なってから思う曲と、
 10・20代に恋に悩みながら聞いた曲とは重みが違って当然だよね。
 親の気持がわかった」

となり、30後半のいま、

「嵐のメンバーの名前が全員わからないけど、もういいよね??」

という境地にまで達しました(笑)

もともとタレントの名前も顔も覚えるのが苦手なわたし。
20年来のファンのスピッツのメンバーの名前も顔もわからないんだから、
ファンでもない嵐のメンバーを覚えられなくても、問題なし!

久々に懐メロをたくさん歌いたくなり、オットも帰ってこないことだし、
Wiiで一人カラオケを3時間ほど楽しみました^^

新しい歌も、聞いて楽しい歌はたくさんあるんだけど、
歌いたくまでなる歌は少ないんだよね〜
やはり、思い出がついているかどうかの差なのか?

ちなみに、Wiiカラオケ、1年以上前に買ったのに、使うの2回目。

「買ったけど、全然やらないよね」

と、先日オットに話したら、

「俺は一人のとき、たまにやってるよ」

という、裏切りの告知が!
24時間300円で買って、ネットから最新の歌も歌い放題という仕組みなので、
買った日は一言教えて欲しかった!

そんな記憶もあって、珍しくカラオケになんて夢中になってみました^^

そもそも、一人のときはテレビを滅多につけないので、
珍しいことが重なった日だったかも。


2010年06月24日

大人の飲み会・・・

先週土曜日、友人(にへこさんの家)での飲み会でした(^^)

いや〜、とっても楽しかったのはいいのですが、

お酒を飲むのをやめてから、1,2時間も経ったあとに急激に気分が悪化

いきなり帰る宣言をしたものの、どんどんさらに悪化して、バスに乗るのも無理になり、バス停からにへこ邸へ帰還。
そのままトイレ→そして就寝・・・

もう一人の仲間、しのちゃんもいたのですが、こちらはさらに1,2時間前にやはり突然「寝る」宣言をして、
一足先に夢の世界へ。

残るはホスト(ホステス?)のにへこさん、ゲストのてるさん夫妻、
・・・う、すみません。

あ、あと、お子ちゃまたち二人が元気に遊び回ってたとか。
ますますすみません!

ワールドカップ観戦中のオットを迎えにこさせ、
そのもうすぐ着くコールで起き、

「なんで起こしてくれなかったの〜」


と、3歳の息子が2時間しか昼寝してないのに、
倍の4時間は寝ときながら文句をたれる母親を無理矢理起こして、
片付けもせず帰ったしのちゃんと私・・・

後日しのちゃんから、「次回は余裕のある酒飲になる」とメールがありましたが、
30半ばの女子として、恥ずかしい飲み方でしたね(><)

たいして飲んでないんだけどなあ。
ストレスか?
楽しくって、気がゆるんじゃったってことで^^;

あんなにしゃべったのに、しのちゃんの夫婦喧嘩話と、
てるちゃん夫妻の馴れ初めしか憶えてないわ〜
あとはかなりかなり遅くまで遊んだのに、
帰り際は悲しそうだったかなちゃんの顔と、
しのちゃんが車から降りてトイレに行ってる間寝てるはずだったのに、すぐ起きちゃったアッキー。

「お母さんトイレだからね。すぐ戻るよ」

と、行ったら、けなげに窓の外をじーーっと見てたのがかわいかった(^^)

大人二人(私とオット)はなかなか戻ってこない母親に、
(終電は大丈夫かしら??)
とはらはらでしたが(笑)
いざとなれば、実家まで送ればいいや〜と思ってましたけどね!
いやー、うちのオット車に関してはほんと太っ腹!!

。。。
まとまりがまったくありませんが、久々のこちらの更新終りです。
楽しかった!!
けど、もっとカッコよくしないとね!ということで。


kabumusume2005 at 22:28|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2010年04月05日

「あなたの色に染まります」

職場を移動した時の座右の銘でした^^

ほら、なにかにつけ、

「前はこうだった」

と、主張されるのは嫌がられるだろうなあ、と思いましたし、
なにより、違うのは、私にはまだわからない

「理由」

があるのかもしれないと、
「違う」がポロポロでてきても、ぐっとがまんして、
「あ、違うんですね〜」
というだけで、そのまま素直に従うっと。
(やってることは同じだけど、取引相手が違う、という職場移動でした)
ちなみに、「違う」といちいち言ってるのは、
基本的に同じ手順の仕事なので、お互いどこがチガウのかわからず、
偶然発覚して「修正」を繰り返しためで、嫌味じゃないです。

この座右の銘「あなたの色に染まります」は、
一ヶ月くらいよく繰り返していたのですが、
つい最近、元がわかってすっきりしました!!

それは・・・







「動物のお医者さん」で、菱沼さんが就職するあたりの話



です。
漆原教授がいうセリフなのですが、
思い出せる人がいるでしょうか?(^^)

2010年01月11日

入院中の話

明けましておめでとうございます。
ほぼほったらかしっぱなしのこちらを訪れてくれている、
少数の皆様、ありがとうございます。
今年もよろしくお願いします^^

さて、入院中に思ったこと。
手術の次の日が一番つらかったのですが、
なかでも、起き上がったり歩いたりというのが傷に響いてかなり痛かったです。

で、思い出したこと。

「BANANA FISH」のアッシュは、たしか手術したその日か次の日に、
看護婦に扮した殺し屋に狙われて、
大立ち回りをしてたけど、
実際はおそろしくスローでしか動けないよ><
作り話だから?
いや、多分世の中に、緊急事態なら動ける人はいるよなあ、
すごいや。

という、どーでもいいことでした。


2009年10月12日

川原さん

相棒今週始まりますね!!
すっごく楽しみです♪
昨年の最初は、寺脇さんが、いなくなることを心配してましたが、
前回寺脇さん抜きの回も面白く、
ミッチーとの組み合わせも面白いといいな、と期待してます。

で、本題はここからなんですが、
今日番宣で相棒軍団がQさまにでているのを見てたんですよ〜
役っぽくふるまっている人もいれば、
そうでない人もいで、面白かったのですが、
ふと役柄と違う寡黙な川原さん(いつも寺脇さんにつっかかる一課の人です)を見てて、

・・・

ショーマの川原さんじゃん!!

と気がついて飛び上るほどびっくり
わたしが相棒を見始めたのは昨年の夏からなんですが、
そこからいままでの全シリーズを見つくしたのにもかかわらず、
気がつかなかった・・・
確か3回くらい芝居を観にいって、
ものすごくおもしろくて感動したのになあ。。
まあ、映画やドラマとちがって繰り返し見れないし、
ほかの人の顔も覚えてないから、
私にしたら、10何年も前に3回見ただけの俳優を思い出せた
だけでもすごいのかもしれないけど。
でも、やっぱりこんなに見てて気がつかなかったのはショックだわ^^;

学生時代の友達のみなさん、知ってました?
・・・絶対知ってるよね・・・

全盛期のショーマやサンシャインボーイズみたいな、
面白くて感動するような芝居をまたみたいなあ。
三谷幸喜の脚本はたまに観に行ってるけど、
ものすごく面白いんだけど、やっぱりなにかが違うんだよね。
劇団ではないからか、こちらが年をとったのか。