一生懸命なる投資家 大ちゃんパパのノンビリ投資記録

中長期のバリュー投資を実践するブログです。自営業者,2児の父(30代)。 本格的な運用開始は2015年6月。2030年に1億円を目指しています。 成長を控えめに見積もった企業価値算出をして(1つ目の安全域) 算出された企業価値の65%前後の価格(2つ目の安全域)で株を買う という二重の安全域の投資法でやっていきます。 最大の課題はブレブレの弱小メンタルです。

2020年1月が終わりました。


ブログ用口座は、主力の一角のウィザスの低迷などがひびき、

年初来(=月初来)マイナス0.99%

ほぼマイナス1%
でした。


ブログ外の口座で、多少残っているコラボスが、つい先日のIRの発表などで、偉いことになっています(悪い意味で)

世の中の趨勢を考えるに、コラボスは売り時(=損切)だなと考えています。
優待導入発表時にはだいぶ売って儲けさせてもらいましたが、通算だとトントンくらいでしょうか?
あの売り時で売り切れなかったときに、売り残り分をまぁいいかと放置していたら、株価がドンドン低迷してしまいましたね。

株で思うのは、少しの違和感を大切にしないといけないということですね。
それを黙殺すると、痛い目に合う気がします。
しかも、自分の性格は、けっこう黙殺しがちだということです。
当初の判断に固執するきらいがある気がします。
このあたりは、性格を改善できなければ、株はやめた方がいいかも知れませんね。


さて、引き続き、本業&家庭重視にて、ほとんど株には時間は割くことができない状況です。
数年以内には、株もまた頑張らなくちゃと思っています。
当面は、放置投資を継続する予定です。

2019年12月が終わりましたね。

私の500万円開始のブログ口座の成績は、
 月間で+6.5%
 年間で+12.0%でした。

期初資産は475万4122円でスタート
期末資産は531万9190円でフィニッシュ。
約56万円の増加でした。
昨年は元本の500万割れしましたが、今年は挽回してほっと一息。
だいぶ11月12月に盛り返した印象です。主力のCASAやウィザスがここ1,2か月で大きく伸びてくれたおかげです。

結果にはとても満足しています。
ちょっと他人の成績が目に入ってしまい、すごい成績に目ん玉飛び出ましたが、、、苦笑。

自分としては、他者の状況などは気にしない方が本業にも、おそらく投資にも好影響なので、
やはり見ないのが自分にとっては一番と思っています。
有益な情報も逃しているのでしょうけど、自分にとっては、見る事によるデメリットの方がはるかに大きいので。

来年も、ドルコストのインデックスは(ブログ外口座ですが)買い続けますし、個別株も、低PERや低PBRなど、極力定量的で時間をかけない投資をしたいと思っています。
その分、時間は本業に注ぎます。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆様、よいお年を!

今月は +3.1%
年初来は +5.3%

ブログ開始時の久々に500万を超えました!やっほい。

リンクバル損切してだいぶ食らった割には、予想以上に良いですね。今月プラスとは思わなかった。
まぁ環境が良いのでしょう。
自分のインデックスの積み立てには完全に負けていますw

ともあれ、今月は、主力のウィザスや
100株だけのG7、
同じく100株だけのGMOインターネット
などが頑張ってくれました。

ウィザスはチラっと決算見た感じ良さげですが、どうしましょうかね。そろそろ売ろうと思っていたら放置したら上がってくれたのですが、やはり今の自分には株やってる時間があまりないので、こういう成長株は売ってしまおうかと思っています。
比重かけるのは怖いので。

東京汽船とか、ぱっとしない感じのだけを持っていようかと思っているところです。

リンクバルは損切しました。今期予想、前期同様ぐらいは維持すると思っていたんですが、なんなんでしょうね。理由はよくわかりません。決算表紙だけで売っちゃいました。


よくわからないまま保有している人に対して、株式市場は罰を与えるというバフェット爺のお言葉どおりに罰を受けました。

そういえば、あー売ろうと思って、なり売り出したのですが、昨日の場中は、引けてから100株しか売買成立せずでしたね。一斉に売りが集中すると、売買成立するのが少しというのは見聞きしていましたが、自ら体験することとなりました。

また気長に頑張ります!


今日株やってる仲間から、株本腰入れるのはいつかと聞かれました。
僕は5年後くらいと答えました。
本業今は頑張って、5年後ぐらいには、また株頑張りたいんです!!!


とはいえ、なんちゃらショックが来たら、やっぱり頑張りたくなるかもしれませんw

ともあれ、それまでは、やっぱ成長株は無理かな。
どうせ決算書ちゃんと読めないのだから、売ろうかな。うむ。
そうしないと、きっとまた罰を受けてしまうでしょう。
そうしよう。


今月はプラス2.3%
年初来でプラス
1.9%


体感では今月はけっこう上がった気がしたのですが、錯覚でした
w

今月は川澄化学売ってます

ではまた!

今日は資産株の川澄化学を売却しました。898円にて。

久々に計算したら、自分の換算する資産価値を上回る時価総額だったためです。
多少 利益出ました。

資産株は、ほとんど思考しないで済むので、ラクチンな気がします。 

9月もそこそこ食らいました


月間では-2.1%

年初来は、マイナスに転落してしまい、-0.3%です。


GAテックは撤退しました。


本業の方は、2019年は、昨年比売上2倍が見えつつあり。
戦っているというか、人生にチャレンジしている感があり、楽しくやっています。
引き続き本業に注力、株はお休み気味です。

株での能力、自分は無いので、株に注力していても、株は同様の成績だったと思います。
株ですごい人、たくさんいます。自分はそうではない。

という意味では、自分は本業に注力して正解だったと感じます。
株に注力しても、僕は、うだつが上がらないでしょう。

とはいえ、数年以内には、また株も頑張りたいですけどね!

取り急ぎ現状の記録をば。

8月は、だいぶ食らいましたね。

月間 -6.96%
年初来は プラス1.86%
です。

まず、リンクバルは全然ダメで、決算見て「こりゃあかん」という感じだったのですが、すぐに損切しようと思いつつなんかグダグダしていたら、結局えらい下がってしまいました。


損切遅いですね。

わっはっは!


ではまたごきげんようっ!!!

7末時点のブログ口座は520万4828円
年初来は 9.48%
月間では 5.23%

でした。


今月は、主力(casaやGAテック等)が軒並み頑張って、他方で、優待とか用で少ししか持っていない銘柄(三機サービスなど)は軟調でした。逆よりはよっぽどいいですね。


現状は、仕事が非常に楽しく、どんどん世界が開けているというか、未知の世界をたくさん見る事ができて、それが気に入っています。

株は相変わらず放置状態ですが、決算シーズン突入ということもあり、多少なりとも精査しないとなぁ~という感じです。全然やれてないんですけどね。
ともあれ、マイペースにやっていきます。



ツイッターも引退して、精神的に本当にいいです。
変な焦りも皆無です。

前は、株に時間を割けない自分、頑張れていない自分を責める気持ちが出てきたけれど、今は、株に時間割いていなくても、誰も非難する人もいないですからね。

上記の成績も、投資家界隈ではショボいかも知れませんが、他人の成績を自分は知らないですし、自分自身では満足行っています。

人生の勝負どころは人それぞれで、株で勝負する人はそれで素晴らしいと思います。
自分は他の場所での勝負に自分の持てるリソースを割きたいのです!


それぞれの場所で頑張りましょうっ!!!

自分も頑張るぞいっ!!!!


6末の記録をアップしていませんでした。

ブログ口座は494万6256円。

一瞬500万を超えましたが、すぐに切ってしまいました(苦笑)

6月月間は +2.19%
年初来は +4.04%

です。


6月は、東京汽船を買ったのみ。
他は売買ありませんでした。

引き続き本業メイン。
株は細々と継続します。

IMG_2830
昨日今日と、GAテック等が大幅上昇。

おかげで、500万で始めたブログ口座、久しぶりに500万回復です!

めでたい!

当然YHです。イエー!

嬉しいので記録しておきます。
(なお、リンクバルの含み損は見ないで・・・w)

3491GAテックの2Qが出ました。

売上は前期2Qまでの2倍になっています。
営業利益は+21.9%

売上の伸びをしっかりと投資に回せており、好印象。

ただし、経常は+1%にとどまる。

利息と支払い手数料が経常を圧迫しています。
過去からこうだったかな。
時間あるときに確認したいと思います。


個人的には、イタンジという子会社がまさに不動産テックという感じで好きなので、ここに頑張って欲しいのですが、
同社は、売上利益ともに、好調そうとはいえ、社内全体での占める割合は小さそうなのが残念。

主力のCasaが決算を出しました。


ざっと見たところ、粗利率、営業利益率が微減しているものの、売上利益ともしっかり伸びており、それほど懸念することはないかな、という印象でしたね。

相変わらずの放置ホールドです。

昨日、9193東京汽船を購入しました。

ブログ口座内外にて購入。

資産バリュー株です。

今日の値上がりの恩恵を全く受けず、取引ゼロという地味株ですw

決算を見ると、ゆるやかに売上、利益とも減少傾向とはいえ、2001年以来、一度も赤字を出したことがない会社です。

この会社が、時価総額70億程度、現金預金+株式等-総負債で100億程度、配当は2.8%程度ということで、損するリスクは低いであろうという判断です。

5末時点でブログ口座は484万352円

月初481万4782円からは0.53%の増加でした。

年初来は+1.8%です。


*ツイッターは消してしまいました。
また気が向いたら始めます。

*5月は、14日にいくらか買い出動しました。

割安なものや優待、配当狙いが中心です。
G7ホールディングス
楽天
エコス
三機サービスなど。

ブログ外でも同様に、ちょこちょこ買い増しています。

業務忙しい時期と被ると、とても個別株分析はやっぱり無理だという結論に達しまして、
単純な割安株や配当株、優待株を当面やることにしました。
時間的制約がやはり最大の理由です。



なお、5月9日にはリンクバルを買い増しましたが、これは失敗だったかなぁと開示資料読んで思いました。十分検討もせずに手を出したらイカンっていうことです。
同社については、次のQであかんようならいったん撤退も考えるつもりです。


話変わりますが、自分の幸せは自分が決めるんです。
色々な人がその人の基準に基づいて色々言いますが、それはその人の基準に基づく話なのです。
ということで、投資は投資で、僕は淡々とやっていくつもりです。




ツイッターが近時メインになっていましたが、

色々考慮して、弊害も大きいと考え、ツイッターアカウントは削除しました。
関わってくださった皆様、ありがとうございました。

とても面白かったです。


こちらのブログは続けて行く予定ですので、引き続きどうぞよろしくお願いします。 

といっても、本業メインにがんばって、こちらはゆるーくやっていきます。 

2019年3月を振り返ります。

【月間成績】
ブログ口座の成績は

年初来 +3.8%
月間  +1.2%

でした。

昨年500万ではじめたブログ口座の残高は現在493万。

昨年のスタートから見たらまだマイナスですが、なんとか500超えを達成したいですね!

【3月の振り返り】
★売買について
 購入したのは、2銘柄です。

1つは、かの有名な(?)リンクバル。
これについては、先日の記事にアップしたとおりです。
購入理由を「妖精銘柄だから」と書いたのは、正直なところ照れ隠しです。
なんかね、大膨張さんも言ってましたけど、あれだけ妖精銘柄っぽくなると、買いにくいのですよねw 
ともあれ、少なくとも妖精を妄信して買ったわけではないということは、やっぱり一応言っておきたいと思いますw
 800円台、700円台と買い下がる予定でしたが、分売後株価は反発して1100円台に戻しました。 買い増しのチャンスはないかもしれませんが、4月には暴落が来るかもしれませんし、なんともいえません。上がればよしですが、下がれば買い増す予定です。

もう一つは、3491 GA テクノロジーズという会社です。
 買った理由は、かなりお花畑な思考です。「アナログな不動産業界を革新してくれるかもしれない」、という期待感ワクワク感で買いました。このワクワク感は、zozoスーツ発表以来です。というわけで、zozoスーツと同じ展開になりはしないか、嫌な予感がすごいしています(笑)。
もう少し書くと、同社は、アナログな不動産業界にAiとITを導入。 特に、エンジニアの採用が上手くいっていて、継続的に効率化を進めることが可能な点は優れていると思います。これは、他の不動産業者とは大きな差別化。
不動産業界は零細な多数の小規模不動産会社が存在し、不効率の極みがまかり通っています。そういう意味で、同社の成長余地は極めて大きいと思います。同社は急激に売上を伸ばしており、そうして稼いだお金をしっかりと投資に回せることができており、旧態依然の会社との差別化をスピーディに果たすことができます。
実際にサービスの利用者、売上は急増しており、優れたサービスであることが伺えます。
先行投資を継続していますが、規模拡大に伴い、利益率の向上も期待できます。売上・利益の急激な上昇自体は確実性が高いのではないか思われます。 
懸念点は、高いPERと景気低迷による不動産業界の失速、あとは増資による希薄化ですかね。
売上や利益の拡大が夢に終われば、叩き売られて苦難の道を歩むことになりそうです。不動産業界の失速も恐ろしいところ。
さらに、会社説明会動画をみると、なんか社長が元気というか、落ち着きがないというか、オラオラ系というか、なんとも言えません。もうちょっと落ち着きが欲しい気がします。
とはいえ、5年でここまで会社を作るのは、驚異的だなと感嘆しています。
優秀な人材を集めることもできています。とくに、先ほども書きましたが、今はどこも人手不足のエンジニアを、社員の4割近くも確保している不動産会社です。エンジニア社員の4割。これだけの投資ができる会社。正しい方向への投資だと思います。
 かなり株価のボラの大きい会社ですが、あまり株価に振り回されないようにしたいものです。

 新規購入は2銘柄のみ、1か月あたり2回の購入です。頻度的には、セッ●スレス投資法にふさわしい低頻度だと思います(!?)。

★従来からの保有株
 ・Casaについて
  3月に決算が出ましたが、短期的に予想していた上方修正が外れました。売上原価で貸倒引当金を多く繰り入れたためです。
  その理由について、会社が開示しているのですが、開示されているのを見てもよくわかりません。
 この点については、ネガティブですし、社長に聞きたいところです。
  他方で、自社株買いや増配など、株主向きの施策も行っており、これは好感度が高いです。
 950円くらいになったら買い増すつもりでいましたが、上記の売上原価の上昇の問題が気になって、結局買い増しはしませんでした。他方で、指標的に高いとは思えず、また、2月振り返りの際に購入理由の箇所で書いた長期的理由には変化があるとは思えないので、あえて売る必要も感じません。
 ということで保有を継続しています。

・川澄化学について
 資産株枠の住友ベークライトが大株主になるというニュースでストップ高するも、その後はずるずる下げています。
 ストップ高しても、こちらの想定の売却株価に足りなかったので、結局保有したままでした。しかし、1枚くらいは売ってもよかったかなと思っています。

【3月の目標とその達成について】
3月の目標の振り返りです。

2月末に掲げた3月の目標は、
 ・他人の儲けを羨ましく思って、短絡的な行動をしない
 ・早く買わないと株価があがっちゃう!と焦って買うとろくなことないので、そういうことはしない
の2点でした。 

 リンクバルの購入もGAテックの購入も、冷静に対応できていると思っています。
 GAテックは、やや夢を見ていますが・・・。

 いずれにせよ、基本的に3月も目標は守れましたね。よしっ!

【4月の目標】
4月の目標は、

 ・上記2点の継続!
 ・せめて最低週5日、1日15分は投資の時間(銘柄調査の時間)を作ろう、ということです。(1週間で最低75分)。

 昨日の、piculさんのツイートに衝撃を受けたというのが大きいです(笑)


 これに刺激を受けて、自分も、自分なりに、具体的目標をもって投資を頑張らねば、と思った次第!
 「銘柄分析しよう」だけの掛け声だけだと、結局しないので、具体的数値目標を設定することにしました。低すぎる目標かもしれませんが、自分なりには納得のいく時間配分です。

自分なりにコつコツと続けていきたいと思っています。
 
 それでは、4月も頑張りましょう!!!

現在、資産のうち、リンクバルは10%前後を購入しており、Casaともども主力化しています
3月18日には、もう少し買い増したいと思っていたブログ外口座でも無事に10%近くに買い増すことができ、ブログ口座内外いずれも資産の10%ほどで同社を保有しています。

同社の購入理由について述べますと、

妖精銘柄だから

以上!!!

これが99%の理由なのですが(笑)、1%だけ、自分が買った理由をば、ほとんど出尽くしている浅い話かもしれませんし、あるいは的外れなこともあるかもしれませんが、以下、自分なりに検討した理由を記しておきます。

【拡大市場】
まずは、街コン市場ですが、市場調査等によれば、拡大基調が続いているように見受けられます。
他方、街コンそんなに未来あるの?という実感としての素朴な疑問もないではないです。
もしも今後、市場の拡大自体にネガティブな情報があれば、黙殺せずに、虚心坦懐に検討したいところです。

【同社のプラットフォーマーとしての立ち位置】
市場が拡大する中で、同社は、プラットフォーマーとしての地位を盤石なものにしつつあると思います。
プラットフォーマーとしての首位を走る同社に投資するのは、いわゆるネットワーク効果を考えると、失敗の確率は低く、もっとも合理的と思います。
もちろん今後失敗し、首位を明け渡す可能性も無いとはいえませんが。2位以下の会社に賭ける気には到底なれません。

【他社コンは利益率を向上させ、プラットフォーマーとしての地位を強化】
さらに、同社の他社コンへのシフトは優れていると思います。

・他社コンと自社コンの原価率をそれぞれx、yとして、粗利の数字をふまえて連立方程式を解いてみると、
概算ですが、他社コンは、原価率が約7~8%程度、自社コンが、原価率38%くらいとなりました(正確ではありませんが、極端に外れてもいないと思います)。

 ですから、同じ売上100でも、粗利でみると、自社コンだと62くらい、他社コンは92~93の粗利なのです。販管費は一定だとすると、この差がそのまま営業利益に落とし込まれてくるので、自社コンの売上が他社コンに変わると、営業利益率で30%近い差が生まれることになります。これはかなり大きいです。

 しかも、他社コン5000円の売り上げで1000円がリンクバルに入る場合は、リンクバルの売上は1000円。しかし、プラットフォーマーとしての商品取扱高としてみると、リンクバルのプラットフォーマーとしての売上はその5倍の5000円ということになります。もちろん5000は他社の売上であり、リンクバルとしての売上は1000に過ぎないわけですが、リンクバルプラットフォームの売上(商品取扱高)こそプラットフォーマーの実力と考えれば、他社コン1000の売上アップは、自社コン5000の売上アップに等しい実力の向上ととらえることができます。それだけ、同社のプラットフォーマーとしての支配力は高まっていくと考えることができる、いうことです。

 このように、自社コンで売上が1000円増えるのと、他社コンで売上が1000円増えるのでは、単純に考えれば、後者の方が、約5倍、プラットフォーマーとしての地位を強めているということになります。

 その意味で、同社の進める他社コンシフトには、
・粗利率の急激な改善(ひいては営業利益率の急上昇に直結)
・プラットフォーマーとしての地位のさらなる強化
という2つの強力なメリットをもたらす、優れた施策であると思っています。

*なお、売上5000円、リンクバル取り分1000円という例は、同社の社長さんの決算説明会における発言を基にしています。実際には多少比率は違うかもしれませんが、あたらずと雖も遠からず、といったところではないでしょうか。

【ウェブ施策】
 上記のようにプラットフォーマーとしての地位が強化されるに従い、このプラットフォーマーとしての地位を利用した広告事業などの基盤も強まります。
ウェブ施策は今の段階では貢献は小さいようですが、低コストで利益を生む、優れた戦略だと思います。
ファンデリーの広告事業みたいで、好きですね(ファンでリーはMFDがやや踊り場状態ですので、それを基盤にする広告事業も心配ですが、、、)

【コト消費】
 同社が強調するコト消費については、あまり期待していません。うまくいけば儲けものですが。どのくらい伸びるのか、予測しかねます。
あまりこのコト消費は、同社の評価にあたり期待はしていません。

【成長率】
 ともあれ、以上のような市場の拡大と、その中での強いプラットフォーマーとしての地位、がさらなる強化を見込めること、他社コンへのシフト等を勘案すれば、ざっと年20%、強いときは30%以上の成長を見込んでも良いのではないかと考えます。

【四半期進捗】
四半期の進捗も悪くないと思っています。
同社は、基本的に土日祝日連休など、お休みがある月、日数の多い月(31日とかが多い月。逆に2月含む1~3月なんかは日数が少ない)の売上が多い傾向にあるようです。
その結果、基本的に、同社は、1Q2Qよりも、3Q4Qに売上利益が若干偏よっています。
(といっても、極端な偏りはありませんが)
今般の1Qは、少なくとも営業利益をみるに単純に4倍すれば通期営業利益を達成できる位置につけており、通期の達成は固いと思います。
ただし、1-3月期(2Q)の数字は例年それほど強くないので、今度の2Qはそれほど期待できないかもしれません。

【不況耐性】
婚活と不況の影響はどうでしょうか。
ここは、影響受けるかも知れないですね。財布が厳しくなると、飲食代も減るし、婚活に回す余裕もなくなるかも。
ただ、同時に、出店者側からみると、不況期ほど、客が減り、集客の必要性はより切実になるわけで、リンクバルのような街コンによる集客に頼らざるを得ない、という状況も生まれると思います。
そう考えると、一定程度の打撃は受けるにしても、強烈な打撃を受けるかというと、そこまでではないのではないか、と思っています(やや楽観的かもしれません)。

【バリュエーション】
バリュエーションについては、近時の株価低下により、旨味が増加していると思っています。
プラットフォーマーとしての地位を維持し、市場の拡大傾向が続く限り、という限定はつきますが、その限定が維持されるのであれば、PERは控えめにみても25倍程度で、これを切ることはなかなか想定しがたいように思います。
25倍を切るのは、おそらく、プラットフォーマーとしての地位を失ったときか、市場の拡大が頭打ちとなり、同社の限界も見えたとき、のいずれかではないでしょうか。
仮に前述のように、20%成長が3年続くとすると、会社予想どおりの純利益としても、今期純利益で638百万(営業利益で1030百万)、その次の決算で765百万(営業利益で1236百万)、その次の決算で918百万(営業利益で1483百万)の純利益になります。
なお、自社株を引いた発行済み株式総数は1864万6896株ですから、918百万となった場合のEPSは49円となります。PERが25倍の株価は1231円となります。ちなみに、PER30倍のときは、株価は1478円です。
なお、会社は、来期で1500百万は営業利益を達成することを目標にしているようです(業績連動ストックオプション)。もしこれが達成できるようなことがあれば、サプライズな意味で非常に喜ばしいところです。
 いずれにしても、現在の900円台という株価は、バリュエーション的な旨味も出てくる株価であると思っています。
 以上のような1%程度の理由と、生きる妖精の盲目的信頼から(笑)、リンクバルに参戦しました。

 現在は資産の10%ほどですが、800円台、700円台と下がれば、さらに5%分ずつ程出動して、最大20%ほどは保有しても良いかな、と思っています(それ以上は怖くて持てません)。

 拙いですが、妖精信者のバイアスばりばりの投資理由でしたっ!!!

2019年2月が終わりましたね。

【月間成績】
ブログ口座の成績は

年初来 +2.5%
月間  +0.7%

でした。

昨年500万ではじめたブログ口座の残高は現在487万。
昨年のスタートから見たらまだマイナスですので、焦らず、しかしなんとか500超えを達成したいですね!

【2月の振り返り】
・売買について
  1月に100株だけ持っていたCasa7196を買い増して、口座の10%程度の主力としました。*「三方良し」はCasaの決算説明資料のラストにドドンと出てくる言葉です

2月最終日の今日、急に5%近くも上昇して1100円を超えてきたので、いい気持ちで2月が終われました。

 また、少しだけ、資産株として、川澄化学工業を買いました。
 川澄化学については、前回の記事に書いたとおりです。PLはよろしくないでしょうし、あまり楽観はできないのですが、気長に持てるようにします。
 ブログ外の口座でも、Casaを資産の10%程度に加えて、川澄化学他色々購入しましたが、詳細は割愛します。ブログ外の毎月のインデックスの自動積立も継続しています。毎月、13~14万円ぐらいの積み立てです。


Casa購入理由について

 主力にしたCasa購入理由についても、簡潔に記載しておきます。(アカウント名は挙げませんが、Casa保有者のツイッターの情報から多くを勉強させていただいています)

 ・家主ダイレクトが好調である(「大幅に拡大」等の3Q決算短信の表現ぶり(好調な2Qの表現よりも強まる)をみるに、絶好調とみてよいと思う←決算短信比較法!)し、長期的に見て、自主管理市場における今後の拡大も期待できる。
 自主管理市場は利益率が高いため、利益率の向上も期待できる。現時点で自主管理市場における強力な競合がなく、ここはCasaの独壇場になりうる。
さらに、Casaの市場占有率はまだ3%程度で、同市場の拡大余地は十分ある。要するに、売上、利益とも堅調に伸びるであろうと推測している。
 *この理由が一番大きいです。

 ・意外とCASAダイレクト(管理会社市場)の業績も悪くないようだ(伝聞情報)。ただし、個人的には、管理会社市場は競争が激しいためあまり期待していない。

 ・Casaの審査が厳格で、賃借人の質は高い : 無茶な信用保証をしているわけではないので、危機時にはむしろ生き残り、シェアを高めるであろう。賃借人などに出回っている情報では、審査が厳しいことで有名な様子(そういう内容のネット記事あり)

 ・短期的に見ても、業績好調で、4Qの上方修正は期待できる(普通にいけば、当期純利益で10億程度、PERで11倍程度になると考えている)うえ、自社株買いもしているにもかかわらず、株価は低迷しており、上方期待の短期筋が入っていないと思われる(ただし、2月最終日の今日の値動きを見るに、3月決算までに急騰する可能性もあるかもしれない)。

・定番の理由であるが、連帯保証人を求めないのはCasaの強みの一つであり、2020年4月施行の民法改正は追い風。
 有報記載の理由であるが、業界全体としても、少子高齢化、晩婚化、核家族化等の社会情勢の変化の中で、連帯保証人がいない賃借人が増えているというニーズの高まり。
 空室の増加で、賃貸人は、賃貸契約時に敷金等を減らさざるを得なくなっているという状況。
これもニーズの高まりを支えるている。

 以上のように、短期的にも長期的にも期待できるであろうというのが、購入の理由です。


 とはいえ、ブログ口座500万弱のうち約410万、つまり80%強はまだキャッシュですので、まだまだキャッシュがたくさんという状況です。


・2月の目標とその達成について
2月の目標の振り返りです。

1月末に掲げた2月の目標は、

「他人の金銭的な成功を目にしても、うらやましい気持ちから、自分が、より大きなリスクを取ろうとするという愚行を避けること」

でした。

今月は、この目標はしっかり守れました。よしっ!

なお、資産の10%を若干上回る額をCasa購入のため買い出動しましたが、これは、うらやましい気持ちからの行動ではなく、つたないながらも自分なりに上記のとおり検証してのことですので、自分の2月を振り返ると、成功であったと思います。


・具体策
 上記の目標達成のために、何点か工夫しました。

 ツイッターでは、「年初来」というワードはミュートにしました。




 他者のすごい数字を見ても、自分の場合は、それで自分の行動が銘柄調査を頑張る等良い方向に変わるわけではなくて、かえって羨ましい気持ちや焦りなど不要な感情が出てしまい、上記目標を考えると、自分にとっては非常に有害なワードだからです。
比較し、競争するのが好きな人もいそうですけどね。

自分は、かえって、他人を気にしない方が、自分は自分なりに落ち着いて銘柄を調べて、落ち着いて投資をできるという意味で、明らかに良いです(もちろん、それで成績が伴うかはわかりませんが、自分にとっては良いことは間違いない、というのが自分の感触)。

 「年初来」という言葉をミュートにすると同時に、ツイッターのプロフィール欄に、自分が日ごろ犯しがちな誤りを、自戒3点として記載しました。

↓ これです ↓

✴️株式投資自戒三点✴️
1  他人の儲けを羨ましく思う弱い自分が最大の敵!
2  早く買わないと株価上がっちゃう!と焦って買うとロクなことない!
3  日頃銘柄分析してないと、急落時に自信ある対応できない!




 この自分のプロフィール欄は意外とちょいちょい自分の目に入るので、このようにプロフィール欄に自戒の言葉を入れたのは、自分にとっては有益であったと思います。
 3月もこの調子で、軽率と思える行動は自制したい。
 売買してもいいししなくても構わないので、とにかく、ツイッターのプロフ欄に掲げた3点、特に最初の2点を厳守すること、これが3月の目標です。
 あとは、気になる銘柄を一つ、自分なりに検討したいと思います。ツイッターでもちょいちょい名前が挙がっているんですけどね。
 以上が3月の目標です。
 
 それでは、3月も頑張りましょう!!!

久しぶりに個別株の記事です。

といっても、今回のは資産株です。


7703、川澄化学


何をしている会社だか、よく知りません。

私の購入理由は、2月8日にツイートしました。
*時価総額については、自己株式を除外するのは正しくないかもしれません。
考えあまりまとまっていません。


*資産価値の計算にあたっては、極力控えめに計算するように留意しています。
具体的には、現金預金はそのままの金額を計上しています(これは控えめにする必要なし)。
他方、売掛金は、控えめに見積もってBSの8割にしています。
投資有価証券については、まぁ50%くらいのドローダウンを食らうことはあり得ると考えて、5割にしています。
これら以外の資産は、まったく資産価値の計算に入れていません。
負債は、有利子負債に限らず、全負債を差し引いています。
以上から、資産価値の計算を控えめにしていることがご理解いただけると思います。

二重の安全域を標ぼうする私としては、資産バリュー株においては、資産価値の計算を控えめにすること、それが一つめの安全域になります。

このようにして出した192億という数字から、上記のように二つ目の安全域、25%という安全域のあるのを確認して購入したと、そういうことになります。

資産バリューは退屈でしょうし、ビジネスの中身には着目していないですし、将来どうなるかはわかりません。1銘柄あたり、せいぜい資産の5%以内にとどめるつもりです。そういうわけで、ブログ口座でも300株だけ、3~4%程度の購入にとどめています。



あと、今回同社を買った理由のもう一つは、業績面です。
資産株については、赤字垂れ流しだと資産が食いつぶされる、つまり時間が敵になってしまうわけですけれど、同社については、購入前日の2月7日に、赤字予想を変更するIRを出して、最終益がプラマイゼロ予想になりました。
当社は長期的にも営業利益、経常利益では常に黒字業績を維持していましたし、今回も赤字を回避できることになりました。それで、上述の資産価値が削られていくリスクは小さいであろうということで、購入に踏み切りました。


かなりマイナーというか、ツイッターで見かけたことのない銘柄なので(僕が気づいていないだけかもですが)、そういう意味ではなんとなくうれしい気がしています(まぁ損するかもしれませんがw)


資産バリュー、どうなりますかね~(笑


ともあれ、マイペースに投資していきたいと思います。


今日は7196Casaも買い増してブログ口座の主力化したのですが、それについても今度書く元気があれば書きたいなと思っています。








2019年1月が終わりました。
私のブログ用口座の1月はといいますと、年末からの反動上げの影響でプラス1.8%
その後はいったん手仕舞って、キャッシュ100%。
その後、CASAが良さげだなと思って100株だけ購入。
という状況です。



< 1月振り返り >
今月は、ラストのサンバイオの印象がやはり強かったですね。
サンバイオについては、自分は何もわからないので何も言えません。
ただ、サンバイオに投資した人をひとくくりにするのはおかしくて、優秀な人もいれば、愚かな人もいたのだと思います。愚かな人は気の毒ですけど自業自得だと思います。優秀な人は、どうせ資産も成績も復活するので、一時的に苦みを感じているでしょうけれど、長期的には大丈夫。


個人的には、1月は、上昇へのうらやましさを強烈に感じました。1月後半なんかは、サンバイオの治験が評価項目満たせず、というIR出るまではサンバイオにも強烈に羨ましさを感じていました。
パルマとか、スルーして爆上げした他の銘柄もです。
いったん手仕舞った自分の愚かさと、他者が儲けてるうらやましさで、地獄の業火に焼かれる思いでした。

自分のツイッター振り返っても、
1月18日には、「ウェイに溢れたTLを見る地獄の苦しみで破産」
1月25日には、「儲けてる奴らはガン無視!!!」
などとつぶやいています。

どれだけ他人の儲けに自分が苦しめられているのか。。。
自分のことながら、苦しんでいる自分が一番可哀そうです(笑


今思うと、この精神的苦行の中で、羨ましさに負けて、儲かりそうな銘柄によく分析することもなく飛びつくというようなことがなかったのは、自分としては褒めたいです。

自分の弱点を考えるに、
「暴落への恐怖感で株価が下がったときに耐えきれず売ってしまうこと」
これは自分はそんなにしないんですよね。グレアム様の本を頭に叩き込んでいるおかげでしょう。
少なくともしっかり分析して、ある程度業績に自信の持てる、安定感のある銘柄ならなおさら。

他方で、金への欲や羨ましさや「自分もドヤりたい!」等という欲求(笑)、こういった感情に負けて、短絡的に高いリスクをとってしまうこと、これが自分の最大の弱点だと、特に2018年に感じたのです。

そういう意味では、4%以上の損失を被った2018年は、自分を知ることができた1年で、収穫もあったんですよね。
これから学ばないといけません。

この自分の感情面における最大の弱点については、常に気を付けるよう、自分を戒め続けたいです。
そうじゃないと、せっかく2018年を経験した意味がないですからね。


誰かが言っていましたが、株は車の運転に似ています。
僕は、自分の運転技術はしょぼいと思っています(要努力ではありますが)。それでも、安全運転続ければ、いつか目的地には届くと思います。
スピード出せば、早く到達する可能性も上がりますが、事故のリスク、そしてその時に大けがするリスク、最悪命を失うリスクもあがります。
制限速度が60kmの道路で、自分は30-40kmぐらいで走るイメージです。60kmの人よりももっとゆっくり走るんです。
たぶん、60-70kmぐらいが適正な速度なんでしょうけど。
100kmや120km出している人もいますが、それは運転技術の優れた人か、ただのバカかのどちらかです。
運転技術の優れない自分が真似しようとしたら、ただのバカになります。
羨ましいと思ったら、自分は負けなんです。

2月の目標は、1月末にツイートもしましたが
「他人の金銭的な成功を目にしても、うらやましい気持ちから、自分がより大きなリスクを取ろうとする」という愚行を避けることです

また皆が儲けていれば、自分は地獄の業火に焼かれるのでしょう。。。
株って、やっぱり苦行で修業だなと思います。

足るを知らない、欲望にまみれた自分のような人間にとって、株は本気で辛いですね。
ほんと悟り開いてヒョウヒョウと株をしたいものです。

しかし、弱い自分には、ずっと耐え続けなければならないのかもしれません。



それでは、2月も頑張りましょう!

2018年の相場が終わりましたね。

1年間お疲れ様でした。

ブログ口座は、500万ではじめて、475万4122円でふぃにっしゅ。
24万5878円の損失です。ざっとマイナス4.98%くらい?
ほとんど5%なんですけどね、なんか印象が違うので、四捨五入はしませんよ(笑



今年を振り返ると、ほとんど利益確定できた記憶がありませんね(笑

年初のコラボスでは、ブログ外口座ですが、piculさん方式で分割利益の確定をして、若干売りそこなった悔いは残るものの、ともあれだいぶ高値で売りまして、これが今年の利益の8割がたじゃないでしょうか。

他方で、損失、損切は色々多かった気がします。

反省点の第一は、まずもって、やはりZOZOですね。
夢のような成長を信じてしまいました。

成長株投資において安全域を確保するには、将来の成長を控えめに見積もることが不可欠です。
私のスタイルでいえば、
1 成長自体を控えめに見積もって事業価値を算出する 
  (例を挙げると、年15%成長と多くの人が予想するであろう場合、それより控えめな数字、
   例えば10~12%程度の成長率をベースにして、DCFにより価値を見積もる)
 
2 1で算出した控えめな企業価値が仮に100億だとした場合、その65%前後の値段以下の場合  
  (つまり、時価総額65億以下の場合)に株を買う

という2段階でやるのです。
(なお、第3段階は、3回に分けた分割購入です。つまり、本質価値の65%で買い、55%で買い、45%で買う、という3分割の購入のイメージでいます)

ところが、今回は、1の段階において バラ色の未来だけを前提に、かなりお花畑な思考方法で買ってしまったと思っています。
今振り返ると、そもそも、不確実性が大きい内容でした。
また、そういう兆候が出ていたのに、放置してしまいました。


2019年は、特に1の段階の成長見積もりのところを、もっと頑張りたいです。まぁ、そこがほとんど株式投資の全てといってもいいところでしょうが。

1の段階の反省点としては、複数のシナリオを用意した上で、成長率を考えていなかったことでした。
少なくとも、3つのシナリオ、つまり、通常シナリオ、うまくいったシナリオ、失敗シナリオの3つのシナリオと、それぞれに至りそうな可能性とを勘案しなければいけませんでしたね。

つまり、例えばの話、
30%成長する可能性が2割くらい、
20%成長の可能性が5割くらい、
10%成長の可能性が3割くらいかな、
というようなざっくりとした感覚的なものでも良いのでそれぞれのコースの可能性を考えて、
1の段階で用いる成長率の数字も出すし、その後の経過も、どのシナリオを進んでいるのかを見守り、適宜当初の見立てと変化がないか見守る、という必要があると感じています
(それをしっかりやっていた凄腕投資家の方は、同じようにZOZOに投資しても、それほを深手を負わずに済んでいました)


反省点の第二は、2018年は株に時間を避けない、本業頑張るぞ、と決意したのですが、それにも関わらず、個別株を保有したことですね。
まぁ、言い訳がましいのはよくないですけど、基本ゾゾも買ってから、「なんとかなるだろ」と放置していました。結果、なんとかなりませんでした(爆

個別株投資では、当たり前ながら、放置はアウトですね。その当然のことを学びました。
この経験が、本業専念するならもう個別株投資は無理だろ、ということで、夏以後、インデックスなり、定量的な分散投資をメインに切り替えた一因でした。これは、株に時間を割かない場合には、やはりある程度合理的な方法だろうと感じています。


ところが、反省点の第三ですが、年末にかけての株価の急落により、割安そうな株が増えてきて、俄然銘柄を調べるモチベーションが上がってきました(笑
そんなこんなで、定量的分散投資はもうやっぱやめますw

こんな風に、方針がブレブレなのはとても反省です。
まぁ、指数にはこれでも勝てるんじゃないかと思ったんですけどね。
辞めちゃうんで検証不能です。
あと、急落時に相対的に指数に勝ったとしても、マイナスだと、やっぱり不全感が残るんですよね。
結局保有している銘柄が、安いのか高いのかすらよくわからんけど、なんとなく安いんじゃね?ぐらいな感じの投資は、まぁやっぱつまらんです。
とはいえ、株と他の事柄の時間管理は依然として課題ですが、、、。

第4は、つい昨日か一昨日書いたことですね。
自分の感情との闘いです。メンタルのコントロール法ですね。
結局のところ、上記1のような、価値を算出したら、機械的に買いと売りをするということに尽きるわけです。
それ以外の投資法は、うーん、どうしましょうかね。
多少は学びたいのですが、やっぱり無理かなー。

なんて感じで思っています!
来年は、相場が荒れてくれれば、良い銘柄を安く仕込むチャンスでもあると思います。
そのために、しっかり準備をしたいと思います!
可能であれば、株クラオフ会にも来年は参加したいです。


それでは皆様、良いお年を~~~!!!






ツイッターでも少し書きましたが、昨年から今年にかけての自分を振り返るに、自分の問題は、メンタル面だと改めて認識しました。


『賢明なる投資家』の180頁(パンローリングの分冊になっていない方)から。

「思慮深い投資家は、日々の、あるいは毎月の株価変動によって自分のカネが増減するものではないと考えているであろう。

しかし変動幅が大きく長期にわたる場合はどうであろうか?
ここで実際的な問題が生じてくるわけであるが、心理的な問題の方はより複雑である。

相場が大きく上昇すれば投資家は満足し、また慎重な思考を促す動機ともなるが、それは同時に軽率な行動へと投資家を導く誘惑の魔の手ともなり得るのである。

あなたの持ち株が上がった。結構なことだ。あなたは以前よりも金持ちになった。大いに結構。

しかし、株価が上がりすぎたとして、売却を考えた方がよいのだろうか?

あるいは、株価水準が低かったときにもっと株を買っておかなかったことで、自分を責めるべきなのか?

はたまた、これは最悪パターンであるが、強気相場の空気にのまれ、群衆(結局はみんなその一員なわけだが)の熱気とうぬぼれと貪欲さに感化され、大きく危険な売買をすべきなのだろうか?


活字としてこの内容を見れば、最後の問いかけに対する答えがノーなのは自明であるが、賢明なる投資家でさえも、群衆に同調しないためにはかなりの自制力が必要なのである」


これを読んでいたとき、「自分はやらんよw」と笑っていたけれど、実際のところは、自分もやったというw


自分のメンタルの凡庸さ、自制心のなさは大きなリスクだ。
けど、このリスクを明確に認識できたのは大きな収穫です。

規律を破る自制心の乏しさをいかにコントロールするかが、自分の株式投資における最大のリスクコントロールであると再認識。

他人の儲けとか、比較とかは、シャットアウトするように心がけたい。
そして、いわゆる自分にとっての絶好球だけ打つ。それまではひたすら見逃す。
そういう戦いをしていく。


自分の人生で何が答えかは、他人じゃなくて、自分が決めるんだ
他人に、正解を教えてもらう必要はない
(*株式投資において学ぶことは当然あります。株式投資も含めた自分の人生をどうするか、の話です)




 

ここ数日の大幅な下落を受けて、ブレブレ投資家ながら、今思うことを書いておきたいと思います。

 

まず、個人的には、2017年頃から、高値の銘柄が多くなっていて、割安成長株投資には困難を感じていた。

今年はほとんど、個別株投資は諦め気味だった。

諦めて現金多目に持つ、チビチビインデックス買う、みたいな方針だった。

 

しかし、イキり妖精等の煽りに負けてw、あるいは羨ましいという感情に負けて、色々動いてしまった。

  

これは腰の座ってない自分のアカンところだと思います。

「他人をうらやむな!他人を気にするな!自分の道を行け!」

これを頭に叩き込みたい。

 


あとはメンタル

 

合理的であっても、フルポジや信用は、ここ1,2日の状況だと、恐怖で自分のメンタルが崩壊しそうだと感じています。

やっぱりpiculパイセンの、分割買い、分割売りが自分には合っています。

なんてことを考えながら、過去のブログを見ていたら、今年の3月頃にも同じことを考えていましたw

3月の記事

これを見て、改めて考えたことが同じで、「進歩していないなー、この間、ブレブレやん自分」と思って苦笑ものなのですが、それも自分なので仕方ないです。

戻るべき自分の道は、やっぱりここ、二重の安全域の投資法と、分割買い、分割売りのメンタル安定投資法なんだなと再確認。


もちろん、このブログを書いた3月頃の時期と違い、これからは、割安の良い銘柄も出てくると思う。


分析の時間は正直なかなか取れないが、それは他の兼業投資家の皆様も同じなはずで。
せっかく相場が下落しているので、今までと違い、銘柄探しのカイは出てくるというものです。
激安成長株が出てくれば、凡人でも儲けられる相場になると思いたい。

同時に、他の手法も勉強したいんですけどね。やっぱりこれは無理かなぁー。。。
とはいえ、チャートとか需給のことも、学びたいとは思っていますが!
それはやっぱり補助かな。

20日の暴落一発目の日に、ブログ用口座で100万ちかく、ブログ外では200万ちかくのお金を出動させて、翌21日の暴落でことごとくダメージを受けましたが(笑)、幸いにして、まだキャッシュは現時点では十分あるので、もう一度、基本に立ち返って頑張りたいと思っています。


ともあれ、こうして色々とぶれてしまう、へっぽこな自分を見ると、
何十年と基本的に同じことを言い続けるバフェット爺は、ほんと変人だなと思いますね(笑

今年あと少しですが、皆様、頑張りましょう!




11月が終わりましたので、今月の振り返りです。

まず、10月までずいぶん放置してしまっていたのですが、マイトレを見ると、10末の時点では479万円だったのが11末は482万円なので、3万円ぐらいプラスだったようです。
月間は0.6%ぐらいのプラス。
年初来では、500万でブログ用口座はマイナス3.6%です。

★★★
約半年前に、このブログで本業に専念するという宣言をしていらい、基本的に本業専念の日々でした。

思い付きというかノリで買ったJSSや、買い増したZOZOでは打撃を受けました。

もちろん私の能力不足が最大の要因でしょうが、片手半分でやったことも、やはり敗因だったと思っています。
株は、真剣に取り組まない者には、相応の報いを与えるのだと感じました。

私としては、引き続き本業に注力したいと思っています。(今月に税理士に登録はしたのですが、本業は税理士ではありません。)
ということで、引き続き、株は放置の方針です。

ただ、完全な放置、定期的なインデックスのドルコスト平均法じゃあつまんないなーという思いもあります。
それで、なんとか色々、定量的な方法でうまくいかないかなぁと試行錯誤したのが、今月の上旬でした。
あれを買ったりこれを売ったりと、色々とガチャガチャやりました。
なんとなくこの時期は精神的に不安定で、株やツイッターに時間を費やすことで、なんか精神的に混乱していましたね。。。
色々私の見苦しいことがあったのではないかと懸念しています。

ともあれ、今となっては自分に納得のいく基準は見つけました。

前回の記事で書いたとおりです。

ので、当面は、引き続き本業専念の方針です。
本業で、価値を提供できるように頑張りたい。

株の世界では、うだつが上がらないことこの上ないのですが、もちろんこのまま終わるつもりはありません。
この定量的スクリーニング投資でも、10年20年単位で、指数をアウトパフォームするのは、結構自信があります。
本業での2023年までの目標、5年後の目標ですが、これを達成したら、株にも相当時間を割きたいと思っています。

それまでは、今月だいたい方針を固めた、省エネスクリーニング投資を継続する予定です。

スクリーニングしないで勢いで買ったパクり銘柄のオリジナル設計は売っちゃう予定ですが。

残る、データアプリ、エイジス、プラップジャパンは、2018年11月銘柄として、1年後、2019年11月までのトピックスとの闘いに勝って欲しいもんだと願っています。

ブログ用口座は、今ほとんどキャッシュなのですが(約400万円がキャッシュ)、そのうちの100万程度を使って、第2陣を、2019年1月に購入予定です。4~5銘柄ぐらい。

2019年1月銘柄は、2020年1月に売却して入れ替える予定ですが、これもトピックスをアウトパフォームして欲しいなと思っています。

今から、2019年1月銘柄がどうなるかは楽しみです!

個人的には、「ここまで省エネでも、指数に勝てるんだ」というような驚きを、株クラ会に与えられるんじゃないかとひそかに期待していますw

もちろん、個別株投資に熱意を注いでおられる方々には、退屈というか、保守的というか、たいして儲からない爺くさい投資手法に見えるでしょうけれど!!!

そこは株との距離感は人それぞれということで!自分は自分なりにこの相場を楽しみたいと思います!


どうも、いったんツイッターを始めると、だらだらと見てしまい、本業に差し支えるレベルです。


今日の午前中は、かなりだらだらとツイッターを見てしまいました。

今は、もうタブレットを強制隔離して、Twitterに簡易にはアクセスできない状態にしております。

(blogは書けます)



ツイッターの良いところは、情報の即時性にあると思います。

また、優秀な投資家の方々の注目銘柄を知ることができる。

そういう意味で、自分で銘柄を探す前の情報収集ツールとしての意義づけが大きいと思います。

このように、情報収集ツールとして使うのであれば合目的的と思うのですが、何らかの銘柄について深堀する時間も意欲もない今の自分にとっては、情報が多くても消化不良で終わります。

むしろ、SNS内での承認欲求等に引っ張られて(←「いいね」がついていたらうれしくなる、のような感情)、滞在時間が長くなってしまうというデメリットを感じています。


しかし、人は人、自分は自分です。

冷たい話かもしれませんが、極論、他者が大損していようが、大儲けしていようが、自分の人生にとっては、全然関係ない話です。



Twitterは、依存性、中毒性があるので、困ったものです。


Twitterとの付き合い方は、改めて考えなくてはなりません。



ツイッターには書いていたのですが、


11月8日の段階で、JTと東鉄工業は売りました。

売った理由は、定性的な理由はなくて、定量的に、

・次期予想が減益でないこと
・四半期進捗が前年比でプラスであること

という2つの条件を加えたところ、JTと東鉄工業は外れたということです。

下方修正リスクは避けたい、ということですね。


下方修正リスクという意味では、最初、高ROE、低PERというだけで盲目的に買ってみた(気持ち悪くてすぐ売った)、ハナツアーやリミックスポイントは今日ダブルで下方修正でした(苦笑

売った自分を褒めたいです。同時に、やはり見せかけの低PERだけでは、安いという判断はできないと再確認。株の難しさを感じました。

省エネ投資といっても、最低限、四半期や、開示している会社については、月次の進捗は見ないといけないですね。


さてさて、ともかく、JTや東鉄工業を売った代わりに、

エイジスとプラップジャパンにINしています。

ですので、2018年11月銘柄は、

データアプリケーション
オリジナル設計
エイジス
プラップジャパン

の4銘柄で相場及びTOPIXと戦いたいと思います!


相場の雰囲気が、なんとなく怪しげですね~。


気分的には、株を始めて以来、株価の先行き懸念という意味では、なんだか一番暗雲垂れこめているような気がしています。


まぁ、あまり気にせず、私は次回は2019年1月に、機械的省エネ投資第2陣を出動させたいと思っています。

どうせなら、その前にガンガン下げて欲しいですね!

半年ぶりの記事になります。

記事をチェックしてくださっている方には、毎回更新されていない状態で真に申し訳ありませんです。

 

半年前の記事でも書いていましたが、現状、株に割ける時間が乏しく、株に費やす時間を減らし、本業に集中しようと考えていました。

 

そのため、確定拠出年金の毎月の積み立てに加えて、毎月数万円、インデックス投資の積み立てを2,3か月前から始めています。いわゆるドルコスト平均法ですね。

 

これは、リターンが大したことがない代わりに、何も考えなくてよい、時間も1分もかからないという意味で、時間をかけたくない人には、とても優れた投資法だと思います。

株で時間をさけないことにストレスを感じていた私としては、このインデックスに盲目的に投資するやり方はけっこう気に入っています。外国株のインデックスにしているので、日本円だけに集中しないという意味でもメリットを感じています。

 

ただ、割高な株や、どう見てもクソ株だろという株も同時に買ってしまうのはインデックスの難点です。

 

他方で、銘柄の調査分析は、どうしても私には多大な時間がかかってしまいます。1つの銘柄についてさえ、しっかりと検討しようとしたら、時間的精神的コストは大きいです。現状、自分には、それほどの時間的余裕がなかなか取れません。

 

そこで、私としては、11月から、定量的なスクリーニングで銘柄をピックアップし、分散投資をするという、「ラクチン省エネ投資法」を開始することにしました。

 

スクリーニング基準としては、色々あり得るでしょうが、

 

・事業が効率的であること ・・ROEベース

・割安であること ・・PERベース

・不況耐性があること

・一定の安全性があること 自己資本比率ベース

 

を満たす企業を選出したいという意図でスクリーニングをしています。

 

事業の効率性と割安さは相関的に判断しています。極めて効率的ならある程度割安を犠牲にすることが許容され得ますし、それほど効率的でないなら、割安そうでも許容されない場合もあります。

3点目の基準については、当初は導入しなかったのですが、景気の拡大傾向が続いている現在(201811月)時点では、割安銘柄はシクリカル銘柄が多く、保有に不安が多く、試しに買っても気持ち悪くてすぐ売ってしましました(例えば、買って翌日に売却したリミックスポイントなど)。それで導入しました。

 

このような基準で、今月は以下の3銘柄を購入しました。

 銘柄は、

 

・データアプリケーション

JT

・東鉄工業

です。

いずれも1単位(100株)ずつです。

アクシーズも買いたかったのですが、買値にささらず。

 

 あとは、ツイッターでフォローさせていただいている凄腕おにぎりまんさんの、オリジナル設計も、悪くなさそうかなということで買っています。こちらは200株。

 

現在のブログ用口座の布陣はこんな感じです。↓


IMG_0962 

 

 ブログ外では、コラボスや丸順を保有していますが、結局減らしていくかもしれません。

 

ともあれ、ブログ用口座では、こんな感じで、2か月に1回、スクリーニング作業をして、その結果抽出された4~6銘柄程度を購入したいと思っています。1回あたりのスクリーニング時間は、おそらく3時間もかからないと思います。2か月で3時間ですから、1か月あたり、株に使う時間は90分程度になります。

 なお、あまりにその時点で四半期の進捗の悪いもの、下方修正の可能性が高そうなものについては、割安と言っても下方修正後のEPSで見たらそんなに割安じゃないということはありえます。これを避けるには、企業が出す毎月の月次情報や、決算短信を3か月に1回フォローして、進捗状況を把握するのが王道でしょう。しかし、時間的コストを考えると自分はそこまではできないかもしれません。

 そういう意味では、スクリーニングでは、希望に基づく予想PERではなくて、実績EPSベースで考えた方がいいかなと思っています。来年1月の買い付け時点では、スクリーニングの基準は、実績EPSに変更しているかもしれません。このあたりはまだ検討中です。

 

2か月に1回購入するとなると、購入月は基本的に奇数月になります。始めたのが奇数月だったというだけで、特に意味はないのですけど。

あと、今月は銘柄を5日前後に購入したのですが、ちょうど決算発表が相次ぐタイミングで、スクリーニングした株価から1日で大きく変動した物も多く、買い付け時期としては失敗でした。今後は、そういったイベントのない、月の半ばころに買い付けをしたいと思います。

2か月に1回なのは、銘柄だけでなく、購入するタイミングも分散させようということです。インデックス投資のドルコスト平均法に近いです。問答無用で買うことで、判断エネルギーという精神的コストを株に使いたくないということです。

 

それで、来年の9月の購入完了時点までの6回の買い付けで、ざっと30銘柄程度を保有している予定です。

 

30銘柄そろったら、だいたいブログ用口座のキャッシュも尽きるでしょうから、来年2019年の11月には、今回今年の11月に買った銘柄を売却し、その代わりに、その時のスクリーニングによって抽出した上位銘柄に銘柄を入れ替えたいと思っています。

以後、2020年の1月には20191月の銘柄と入れ替え、2020年3月には20193月買い付け銘柄との入れ替え、5月には20195月の銘柄と入れ替え・・・と、以後ずっとその繰り返し。

 

これによって、大勝はしないでしょうけれど、対TOPIXでの年間1~5%の勝利を目指したいと思っています。

 

勝てるんじゃねえか!?と思っていますが、どうでしょうか(笑

そんなに甘くないかな?

 

株に全力を注いでおられる多くの株クラ投資家の方々にはあほらしいし大勝できそうもないつまらない投資法かもしれませんが、自分のように、株に使う時間はそこそこにしたい、他のことにもっと時間を使いたい、というような方には、もしかしたら参考になるかもしれません

 

ともあれ、以上は、自分が今、基本的に、株に対して時間的、精神的労力を極力使わないことを目指している、ということが前提での投資法です。

株には極力、時間も労力も使わない、ということで、「省エネ」を最大の眼目に置いています。

株に対するスタンスはまさに人それぞれだと思いますが、少なくとも今の自分はこういうスタンスであり、そういう自分に見合った投資法で戦っていこうということです。

 

 

省エネ投資法、見守って頂けたらありがたいです!

 

 

この投資法でぼろ儲けして、将来、投資本を出版するんやー!!!!(笑

 

 

今月のブログ用口座の成績は、+8.2%

年初来では、+4.1%です。

先月末のスタートトゥデイの決算後の株価上昇が大きかったです。


 

ブログ用口座では、スタートトゥデイ株を若干売りました。

理由としては、ゾゾスーツのパンツ側の精度に若干不安を感じ、コストがまだまだ嵩みそうだ、という想定です(外れるかもしれません)。

売った後でまた株価は上がってしまっており、失敗だったかもしれません。


 

あとは、スイミングスクールのJSSを買い戻しました。

@866円でした。燃料費高騰で利益は削られるかもしれませんが、長期的には伸びて行くのではないかと思っています。しかし、正直精査はしておらず、雰囲気での投資と言わざるをえません。


ブログ用口座は、スタートトゥデイが7%、JSSが5%キャッシュ比率が88%ですから、ほとんどキャッシュです。

 

 

前回(512日)の記事でも書きましたとおり、株に割くエネルギー(時間、お金)を大幅に減らすことにし,実際に大幅に減っています。

 

 

毎日、毎時間のようにチェックしていたツイッターも、5月下旬からは、1日あたり23回のチェックだけにするようになっています。

スマホに登録されているツイッターアプリは、業務用の別アカウントが立ち上がるようにしたのですが、その結果、株用アカウントは、夜寝る前などだけ見るような状態になっています。(2,3日前のイタリアショックも、その日の夜23時過ぎに知る、というような状況でした)

 

どうせ調査に時間を取れないのだから、ツイッターの株クラの皆さんの有益情報が流れてきても、調査できずストレス抱えるくらいなら、このくらいの距離感の方が良いように感じています。

その分、自分の本業などに多くの時間を割いている、という状況です。

 

とはいえ、株クラの皆さんのツイートは面白く有益で、また、やっぱりお会いしたことない方でも勝手に親近感を感じている人も多いです。

そのためか、夜、疲れたとき、株クラ用アカウントのツイッター開くと、安心感があります。(新しく作った仕事用のツイアカは、外面なので、なんか緊張感がありますw)

そういう意味で、株クラのツイッターは非常に心安らぐ、有難い場所です。

 

 

投資の方は、当面は、やはり時間が取れない人向けの投資ということで、
インデックスかETFの積立などにするかもしれません。


ちょっとキャッシュ多すぎるので、6月は、少しは何か買うかもしれません。

 

では、6月もいい月になりますように!

 

タイトルのとおりですが、

当面、個別株は断念することにしました。



理由は、時間を個別株の分析に当てられないからです。

個別株の分析に当てる時間よりも、本業での学びの時間に当てることにしました。



私は、本業については、なんというか、「そこそこ」の現状の自分で納得していました。

しかし、もう数年で40歳になるという今、改めて考えて、やっぱり、自分の本業で勝負したい、という思いを強くしています。

改めて、本業で必死に学びなおしたいのです。「そこそこ」で妥協していた自分から、もう一度、チャレンジしたいと思っています。

本業での価値の提供のため、提供できる価値を上げていくためには、今本業に費やしている時間以外に、自分自身が、必死でさらにいっそう学ばなければなりません。

株式投資は、どうしても、多大な時間が必要です。

そして、自分は器用でなく、あれもこれも同時並行というのが非常に苦手です。


私は、時間とお金を、株式投資ではなく、自分の本業に投資する、ということです。


このアセットアロケーション、そしてタイムアロケーションは、結果的には失敗になるかもしれません。
株に時間とお金を投資した方が、儲かるかもしれません。


しかし、自分の心に聞いたら、本業で勝負したいと自分の心は言っています。

今は、5年後の2023年までに、売上で1億を目指して戦おうと思っています。



なお、ツイッターは、とても楽しいし、つながっている皆さんが好きなので、続けると思います。


しかし、投資では、未定ですが、何も考えず、インデックスのドルコスト平均法などで、インデックスの比重を増やすかもしれません。

ともあれ、当面、膨大な時間の必要な個別株は断念です。

ともあれ、ブログ用口座の話は、もちろん続けます。

スタートトゥデイについては、事業が変調orめちゃ割高になれば売ると思いますが、そうでなければホールド継続予定ですし。

いずれにせよ、当面、なかなか新規銘柄が出てこない、退屈なブログになることは請け合いです。

そんなこんなですが、引き続きたまに覗いて頂けると嬉しいです!

突然ですが、夫婦関係問題についてアップします。

 

私は、夫婦関係に不満があるのです。

まぁ、何が不満と言いまして、妻は別に恐妻とかではないのですが、全然感謝の言葉や気持ちが感じられないのが、積もり積もって不満を感じています。

 

情けないアラフォー男の愚痴ですが、よろしかったら聞いてやってください。

 

私の家族ですが、自分、妻、4歳の息子と1歳の娘の4人家族です。

妻は専業主婦です。

  平日は、私は仕事、4歳の子はとある場所に預かってもらい、妻は1歳の子のみ育児しています。

 

まず朝食ですが、平日は常に私が作っています。土日はまぁ気分です。簡単なものですが。ブロッコリー茹でて、ミニトマト、あとはナッツ類を出して、今朝だと土曜で時間もあったのでホウレンソウとツナのマヨネーズ&オリーブオイル和えも作りますた。

主食は昨夜自分がセットした、全粒粉50%のレーズン入りのパンです。

ここは専業主婦の妻がやってもいいのにと思いますが、まぁ1歳の育児もしているということで、自分がやっています。

平日は、私が朝食を作る間、妻は化粧、あとは息子娘の着替えと荷物の準備。

自分は、息子や娘の歯磨きをして(歯磨きは妻と分担)、それから息子をとある場所(保育園のようなもの)へ連れて行き、仕事へ行きます。

 

 

日中、妻は1歳の子の育児と、洗濯、掃除、昼食、夕食作りをしています。

 

自分はなるべく早めに仕事を終わらせ、夕食時に帰宅。

   夕食後は、自分は息子娘の歯磨き・息子(たまに娘も)の風呂入れ

   その後、息子の身体拭く、クリームを塗る、パジャマ着せる、麦茶飲ませて髪をドライヤーで乾かす、絵本読んで寝かしつけ

夜食器洗い などを自分がします。

 

   Or. 入浴後、息子のケアを妻に任せて自分は再度仕事行く。

 

*仕事で遅いとき(平日のうち、週1,2回くらい?)は、妻が息子娘の風呂以後の世話は全てやっています。

 

だいたいこういう感じです。

 

 

夜なんかは、私が食器を洗うと、感謝の言葉はなく、それどころか、常に、洗った食器の水切りでの重ね方が気に食わないらしく、妻によって、カチャカチャと置き直されるんですよね。一言、「洗ってくれてありがとう」

とかあってもいいと思うんだよな。。

 

育児や家事で疲れてるかなと思って、たまにハーゲンダッツのアイスとか買って帰っても、特に喜ぶ様子もなし。

花とか買って帰ってみても、喜ぶ様子なし

 

 

ともあれ、とりあえず、家事はいいから、仕事への感謝して欲しい。そういうのもない人との生活で、自分が精神的に疲弊しています。

 

感謝の気持ちのない、あるいは基本的に感謝の気持ちを表現できない人と結婚してしまったんではないかと思っています。

 

これ、後天的に治せるものかな?

あかんやん

結婚自体失敗したわ

 

というのが、非常にずっと感じているところでした。

 

 

しかし、

  こういう状況だからこそ、挑戦もあるのかも知れない、とも思っています。

 また、何か問題を抱えていない夫婦の方が珍しいのかな、とも。

 

 

 

昨日、ツイッターで仲良くさせてもらってるイケメンべるさんラインで話していて、やはり、夫側にもできることがあるんではないか、夫婦関係である以上夫側にも問題があるに決まっている、という指摘を受けて、考えてみたのです。


↑うまく貼り付けられませんが、このあたりのやりとりです。
「肩でももんでありがとうって言いましょう(笑」というべるさんのセリフなど。

いや、俺頑張ってるんだけど、少なくともべるさんよりは家事とか育児とか絶対やってるやん!と内心思ったんですが(笑)、べるさんの発言を受けて、ともかくも、自分自身、不満ばかりに捉われないで、自分からありがとうと言ってみようという風に考えてみました。

 

具体的には、昨日は、妻が頭痛するとかいうので、頭のツボをマッサージしながら「いつも頑張ってくれてありがとう」と言ってみました。

それ以外にも、意識して「ありがとう」と色々言ってみました。

そしたら、妻のセリフは、 「どうしちゃったの?」というもの。

 

 この言葉を聞い思ったのです。

「どうしちゃったの?」と言われるくらい、自分自身が、「ありがとう」という言葉を、全然伝えていなかったんだなと。

 

自分自身、妻への不満ばかりで感謝を伝えていなかったんだなと思った。

 

やってくれてることに対して、キチンと感謝を伝えるようにしよう、今まではそれをしていなかったんだなと。

 

自分自身が、減点思考というか、妻がやってくれないことや、妻にされて嫌なことをあげつらっていたんだなと感じました。

今後は、そういうことに注目するよりも、妻にやってもらっている、有り難いことに注目しようと思いました(この記事の前半を書きながらも、やはり妻は色々やってくれてるなぁと感じています)。

 

「どうしちゃったの?」なんて言われないくらい、当たり前にやるように、やはり自分が変わらないといけないと感じています。

相手の不満ばかり言っていて、自分は頑張っていると思っていて、自分を棚にあげていたんだなと、妻の言葉で感じたのです。

 

もちろん、不満も感じることは今後もあるでしょうが、やはり株も健康も人間関係も基本は我慢だなと。リターンが得られるまでには、我慢して投資を続けないといけません。長期投資は全て我慢でありますw

 

妻との関係では、というかおよそ人間関係で同じかもしれませんが、妻の気に食わないとこや自分が感じている不満とかよりも、相手がしてくれていることを認めて、そういう言葉を投げかけるようにしたいと思いました。

 

今後は、低い目標ですが、まずは、11回は、感謝なりなんなり、相手を認める、そういう言葉をかけるようにしていこうと思っています!

 

 昨日のツイッターで、ズバリと厳しい言葉を言ってくれたべるさんのおかげで、不満ばかり抱いていた自分に気付きました。自分自身が変わるきっかけをもらいました。

この場を借りて、べるさんにもありがとうと伝えたいです。

べるさん、ありがとう!

 

自分も、ツイッター界でたくさんいらっしゃる、うらやましいなぁーと感じていた、夫婦円満カップルを目指して頑張りたいと思います!

 

まずは、「1日1ありがとう運動」を推進します(どこの標語だよって感じですが・・・w)


20184月が終わりましたね。1か月お疲れ様でした。

 

【成績】

今月のブログ用口座の成績ですが、

4月単体では、先月末比で +6.3%

年初来では、 -3.75%

でした。

(1月末からブログ用口座を始めましたので、年初来には1月中のコラボスの売却などの利益は含めていません。)

 

年初来プラスが見えてきました!

 

【今月の売買とその理由】

今月の売買ですが、ちょうど今日、スタートトゥデイを一部売却しようかと思い、結局指値に刺さらず。

結果として、何もせずでした。

 

売却したいと考えた理由は、何回か言及していますが、1銘柄上限20%というマイルールに反して、保有量が多すぎたためです。

自分としては、やはり20%程度を上限にしようというマイルールに回帰したい、という思いがあります。購入後、ルール違反してすぐにでも損切すべきだったのかもしれませんが、この間、ずいぶん下落したために、逆に買い増しちゃっていました。

結果的には、安値で拾えていたため買い増しは成功でしたが、マイルール破棄という意味では失敗だったのかもしれません。まぁ、資産増えりゃいいじゃん、ともいえますけれど。

 

自分では、マイルールを守るべきなのに、それに違反してしまった場合、その後の行動をどうするのか、という意味では、なお課題です。

 

売却のタイミングは難しかったのですが、今日(2018年4月27日)は、引け後1630分から、同社の前澤社長の説明とか中期経営計画の発表とかいろいろある、ということなので、内容次第では爆上げするかもしれないし爆下げするかもしれないし無風かも知れないのですが、いずれにしても、50%以上の保有は、自分のメンタルとしても良くない、と思い、少しでも売りたかったです。

過大なリスクをとって急激な資産の上昇を狙う(同時に大幅な下落の可能性もあるリスクも引き受ける)よりは、少ないリスクで、安定的な資産の上昇を得ることを狙いたい、というふうに最近は強く考えています。

一発ドカンとホームランを狙うよりも、コツコツ狙うスタイルに戻したい、ということです。

 

ともあれ、結局は今月は何もしていません。

 

【入出金(ブログ外口座)】

入出金は、ブログ外口座のみです。

ブログ外口座への入金が 350万円

いつものDCへの入金が 8万6000

でした。

出金はありません。

 

今月は、5月の引っ越しを控えて、

・引っ越し関係の諸費用支払い に加えて、

・新居での時短のための食洗器購入(予定)、

健康のため、

・室内トレーニング用のクロストレーナー購入(予定)

・自宅で野菜ジュース作成のためのミキサー(石臼タイプのやつ)購入(予定)

 

等で諸々の出費があった(購入予定のものは購入に備え引当金(?)を計上した)にもかかわらず、十分な額の入金ができたことには非常に満足しています。

たぶん単月の入金としては自分の中では最高額です。

 

【今後の方針等】

売買の基本的な方針は、前回や前前回のブログ記事で書いたことと今後も変わりありません。

 

安いものを買う。安いのが無ければ買わない。他人の成績気にするよりも、自分の戦場に集中する。

という、前回ブログに書いたスタンスを引き続き継続です。

テクニカルとかモメンタムとかは、今の自分には学ぶ余力も能力もありません。よってやりません。

パルマとかビジョナリーとかが今月爆上げしたのは知っています。しかし、自分は全然調べなかったのです。そこは自分の戦場ではありません。対岸の火事。異国の戦場で、大勝利者がいて、大敗北者がいるのだな、というだけのことです。調べなかった自分を責めることもありません。そこは自分の限界です。不完全で未熟な制約をかかえた一人間として株式相場に向き合っているのです。ツイッターでは、「1日1銘柄調べれば1年で365銘柄調べられる」などという凄い書き込みをみました。しかし、自分にはそれは確実に不可能です。

自分は、自分なりに相場と付き合いたいです。(とはいえ、極力、怠けないように頑張りたいですが。。)

 

今月は、売買という意味では何もしませんでしたが、2つほど銘柄を検討し、(自分なりのざっくり)価値算出までしたので、自分では満足しています。(結局、安全域が無いか不十分という判断でしたので、購入には至っていませんが。)

こういう価値算出をする銘柄を増やしていけば、一時的な含み損はあっても、長期的に見てそうそう負けることは無いのではないか、と考えているので、株式投資の世界では、自分は、この作業に集中したいと思っています。

 

【自分の中での株式投資の位置付け】

 

上述したような 株式市場との付き合い方ですが、私としては、

 

①株式投資 

以外でも、

②自分の健康への時間的経済的投資

③本業での価値の提供(本業への時間的・エネルギー的な投入)

④自分自身が本業でさらにお客さんに価値を提供できるような時間的金銭的投資(=主として各種勉強、能力アップ。あとは業務効率化施策の導入等)

⑤家族との時間

⑥友人との時間

等もバランス良く大事にしていきたい、お金や時間を使って行きたいと思っています。

 

逆にいうと、私にとっては、株式投資は、これらのうちの一つにすぎないのだ、ということです。もちろん、とても大切な一つでもありますが。

 

割安株投資が難しいと感じている今、自分としては、①の比重は低下させて(全くやらないわけではなく、チャンスに備えて少しずつ準備はしていますし、今後もそれは継続させたいです)、②~⑥に時間やお金を使おうと考えています。

 

【健康への投資】

上述した②の健康への投資についてちょっと補足します。

 

人生100年時代と言われる中、自分にとって健康というのは、それ自体幸福の基盤となる素晴らしい価値であることに加えて、長期間の労働を可能にし(自分は、できれば日野原さんみたいに、100ぐらいまで働きたいです。

もちろん、がむしゃらにというよりは、自分のペースでですけど。)、医療費の支出も節約できるという意味で、経済的にも莫大な価値がある、と考えるに至りました。

投資の面でも、バフェットも言っていますが、複利効果を最大限享受するという意味でも、長生きするほど儲かるに決まっています。

医療費等(保険)の負担の多くを税金に負わせている現状の仕組みの下では、健康であれば、国家財政にいたずらに負担をかけることもない、という意味でも有意義です。

さらに、そもそも息子と娘がちゃんと自立した大人になってくれるのを見届けるまでは、自分は絶対死ねません。

このように、当たり前ですが、健康は、代わりの効かない、極めて重要な価値があるものです。

株の判断にも、本業へも、家族関係にも、健康であることはポジティブな影響があると考えています。

このような認識をふまえて、健康というものの重要性に見合った、時間と金銭を注ごうと決意した4月でした。

 

具体的には、上述したクロストレーナーの購入(=自宅で簡単に有酸素運動を可能にする仕組みづくりです。5月から開始予定)はそのような判断に基づく行動です。

また、ペンタさんがツイートでお勧めされていた健康本(↓)に大きく依拠して、食生活も大幅に変更しています。

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

 

すなわち、白米には玄米食を何割かまぜるようにしていますし(100%玄米はちょっときつい)、食パンは、白パンをほぼやめて、全粒粉50%の自家製パンをホームベーカリーで作っています。パン食の時には、いつもオリーブオイルをつけて食べます。

また、Amazonでナッツ類をまとめて購入し、毎朝、家族でナッツ類を食べるようにしています。これは定期便なので、食べ続けます。

そして、朝は大量の野菜と少量の果物を、自家製ミキサーで野菜ジュースにして摂取予定です。これも、野菜や果物を摂取するための仕組み化です。朝食時のソーセージやベーコンは止めました。

外食時は、極力肉ではなく魚を取るようにしています。

 

意識して、簡単に続けられるように、一時期流行った(?)「仕組み化」をしています。

 

ちなみに、前回の健康診断(H29.12)では、

コレステロールと糖で多少高い数値でした。

 

具体的には、誰も興味ないと思いますが!

<脂質代謝> の項目では、

HDLコレステロールが  54(正常)

LDLコレステロールが 149(高い。正常は119以下)

中性脂肪は 142(ギリギリ正常。正常値30-149)

総コレステロール 226(高い 正常は140-199)

<糖代謝>の項目では、

血糖 87 (正常 60-109)

HbA1c 5.7(高い 正常は5.5以下)

食事状況 空腹

という状態でした!!!

 

次回の健康診断は6月ですが、4月下旬から始めたこの健康法で、上記の数字がどうなっているか、今からとても楽しみです!

 

 

私の4月はこのような感じでした。

いい1か月だったなぁと振り返っています。

 

5月もいい月になりますように!

 

ちなみに、5月の成績は、これから(16時から)発表されるスタートトゥデイの決算と、中期経営計画によっていきなり大きな影響を受けそうです。どうなることやら。

減らしたいけど減らさなかったんですよね。。やっぱ減らさなかったのは大失敗だったと思っていますw

 

 

では皆様、よいゴールデンウイークをお過ごしください(^^

 

ツイッター界の有名投資家のもぐりさん、銘柄もとても参考にさせて頂いていますが、もぐりさんが、ランチェスター戦略の書籍を以前紹介されていました。

 

私は、ランチェスター戦略自体は知っていたのですが、それをあまり株に当てはめて考えたことは無かったです。

 

ランチェスター戦略というのは、簡単に言うと、

弱者が、強大な敵に戦うにはどうしたらいいか、それを考えた戦略です。

 

 

私の理解では、その解は、

 

・戦線を拡大せず、狭いエリアに戦場を限定して戦う

・その狭い戦場で、有利な地形に敵をおびき寄せ、持てる兵力を全力投入する

 

というものです。


アメリカ軍とゲリラ戦で戦った、硫黄島の戦いや沖縄戦、ベトナム軍みたいな感じでしょうか。

 

 

これを株に当てはめると、

機関投資家のような強大な敵との戦い方が見えてきます。

 

 狭いエリアの戦場 = 時価総額の小さな中小型株。
    しかも、銘柄を絞る。 せいぜい5~10銘柄 


 その少ない銘柄に分析の労力や時間を集中投入。これにより、強大な敵の有利さを打ち消し、優位に戦いを進める。

 

さらに重要なのは、株では、宣戦布告するかしないかが完全に自由であることだと思います。

自分は、勝てると思える戦いだけ、宣戦布告します。

それ以外の戦いは、完全に無視します。 

勝てるか否かよくわからない戦いも、完全に無視します。

 

最近やっと割り切れるようになってきたのですけど、ツイッターの爆益報告も、対岸のこと。流れてくる多数多様な情報に流されていたら、キリがありません。

 

 

日本の個別株は、たしか3000以上の銘柄があると認識しています。日経平均などの指数も含めたらもっと色々あるでしょう。

これは、戦場が、3000個以上あるのと同じです。指数や外国株まで含めたらもっと多くなります。そして、時価総額が大きいほど戦場が広いと考えれば、広大な戦場もあれば、狭い戦場もある。機関投資家だらけの戦場もあれば、個人投資家だらけの戦場、両方入り混じった戦場、もしかしたら、ほとんど戦闘が起こらないで睨み合いばかりの戦場(=流動性激低の銘柄)もあるかもしれません。

 

自分が今戦っている戦場は、ブログ用口座では1つだけ。残る3000個以上の戦場は、自分とは(全くとは言わないが)基本的に無関係な場所です。

 

自分は、その中で、「この戦場で、この場所に敵をおびき寄せれば勝てる」という算段(=適正株価の算出です。)をつけて、敵がその罠にかかった時(株価がなぜか下落した時)だけ出兵します。

算段つけられていない戦場もたくさんあります。よくわからない戦場もあります。そういう戦場では戦いません。

*自分には、勝算をつける、算段をつける準備が遅い(銘柄分析が遅い)という問題はあります。これは、正直言って自分の大きな問題点だと思っていますが、受け入れつつ努力をするしかないと思っています。

ともかく、算段のついていない戦場では戦いません。

他の戦場のことを気にして、焦って準備不十分のまま出兵するのは愚の骨頂です。

 

現実の戦場やビジネスの世界と違い、株の良いところは、出兵しなければ、少なくともダメージは受けないことです。受けるのは、せいぜい機会損失だけ。でも、最近思うに、機会損失なんかどうでもよいのです。うまく言葉にできませんが、そう感じます。戦いに勝てる算段をつけずに出兵して、結果的に勝てたとしても、それが何なのか?機会損失を回避できたから良かったのか?と思います。違います。やはり、ちゃんと算段をつけて出兵せにゃいけません。長期的に生き残るためには。

 

他の戦場で、大勝している人がいても、それは自分の戦場ではありません。

 儲ける人は儲ける。それは当然です。

 大谷の例でいえば、大谷は素晴らしい野球選手で、自分は一日本人として誇らしいしとても嬉しいです。しかし、もしもの仮定の話で、自分が同じプロ野球選手だったら、大谷に嫉妬する気持ちも生まれるかも知れません。しかし、それでも、自分のできることをやるしかないし、それをきっとやるだろうと思います。

 株でも同じ。やはり自分にできることをやるだけです。優れた人を見習い、盗むべきところはしっかり盗むのは大事だと思いますが、あくまでも、自分の最適解を見つけないといけないのです。

 

例えば、ダウ平均がどうなったとか気にしなければならないような、夜中にぐっすり眠れない投資は、本業を抱える自分には不可能です。「そんなのどーでも良い」と思える投資をします。

 空売りのように、精神的に大きな負担のある取引も、自分のメンタルや本業への影響を考えたら不可能だと思っています。

 

あんまり環境とかばかりのせいにする、言い訳がましいのもよくないのですが、やはり、個人個人に合った戦い方があるのだろうなと最近は感じています。

 

自分の正解を知っているのは、(自分で自分が見えていないと困るが)最後は自分だと思います。

やっぱり、自分は自分の戦いをするしかないのだと、最近は強く感じています。

色々な情報や凄腕の皆様の成績に焦りや嫉妬をたぶん自分が感じていたであろう一時期よりも、今は、落ち着いて、相場とも、ツイッターの凄腕の皆様とも、付き合えている気がします。

株でもそれ以外でも色々と学ばせて頂いたり、すごいなーと舌をまいたり、楽しいツイート(天才的に面白い人が多すぎるのはなぜなんですか!?w)で笑わせてもらいながら、楽しくお付き合いさせて頂いております。

 

ともあれ、こういう感じで、あくまで自分の戦場を戦って行きたい、自分の戦場が全てだ、と今はそう思っています。

 



まあ、爆益報告がバンバン出たら、また嫉妬にかられるかも知れないんですけどね!笑



今月のブログ用口座は、1.5%でした。

 

年間では、-9.4でした。(小さめに)

マイナスが1ケタになったのは喜ばしいですね。

 

 

今月の売買ですが、3/20に一回、スタートトゥデイを100株だけ2635円で買い増しています。

 

ブログ外では、

 

50万円の増資

DC(確定拠出年金)86000円入金

 

でした。

 

あとは、優待クロスを多少、という1ヶ月でした。

 

*****

<割安成長株投資が妥当しないことについて>

 

最近、割安成長株投資という手法が、成果を出しにくい相場だという意見を見ます。

 

僕も同感です。

 

割安銘柄自体が減っているからです。

 

こういう時、「この相場に合わせた手法」というものもきっとあるのだと思います。

 

でも、じゃあそれをやるべきなのかと言ったら、きっと、その人次第、ケースバイケースです、ということになると思います。

 

僕の場合は、後述しますように、それで新しい投資法を云々する余裕はないし、それで自信もないので、やらないです。

「割安成長株投資が難しい、そういう銘柄が見つけられない」というのなら、やらないだけです。

買わないで待ちます。安いのがあるなら買います。できない時期なら、やらないだけ。

「相場に合わせた別の投資手法」というのは、少なくとも、後述するような、色々な制約も抱えた自分にとっては、不可能ですし、やるべきではないと考えています。

 

<それぞれに合った投資とは? 自分の優位性は? 不利な点は?>

 

私自身で言えば、今月は、「何か自分に優位性があるのかな?」とけっこうずっと考えていたような気がします。

 

その結果、ぼんやりと考えたのは、自分なりに理解できる銘柄の適正株価を算出して、そこから安全域のある株価を算出して、それより安く買う、という投資法をするのが自分の優位性だなと、改めて思いました。

(もちろん、やっている人はたくさんいますけど、比較的少数派ではないかと思います)

 

そして、100個の不確実な理解の銘柄よりも、自信のある1銘柄の適正株価の算出の方が、儲けられますし、損しません。

 

4月は、色々なことを「捨てる」月にしたいのです。

有益なこと、やりたいこと、やれれば良いことは、きっとたくさんあります。

でも、自分の置かれた状況や制約の中で、可能なもの、大事なものだけを選択しないといけない。

自分の場合は、多くの兼業投資家の方もそうだと思いますが、本業や家庭・小さい子を抱えながらの投資ですので、多くのことに手を出すことはできないのではないかと考えています。また、新しい投資法にエネルギーを割いている余力もありません。これは、例えば専業の方に比べて、不利な点かもしれません。

そういう制約の中で、自分は、株式市場というジャングルで戦わなければいけない。

 

自分の場合は、多くの銘柄を知るよりも、1つ1つを深掘りする。そして適正株価を算出する。そういう作業を、少しずつ積み重ねて行こうと思いました。それが、このジャングルで生き延びる術だなと思っています。

 

<メンタル管理の重要性、メンタル管理を重視した投資法の重要性を知る>

あとは、たった2か月ですから大した期間ではないのですが、スタートトゥデイ、含み損を抱えたままの投資というのは、多少なりともストレスを感じています。

理屈の問題と、メンタルの問題は別で、やっぱり含み損を抱え続けるというのは、あまりメンタルに良くないと実感しています。まぁ、耐えられないことは無いですが。。

そういう意味で、メンタルに影響をあまり大きく与えるような投資法は、好ましくないなと思っています。

(スタートトゥディは今月も買い増してしまいましたが、あかんですねw)

 

・やはり、ブログ口座では50%超えるような集中状態をしているが、これはまずい。過度の精神的負担を負わないために、適度な分散は大事です。(ブログ外含めると小さい額なので、それでメンタルが大した影響受けていないと思いますが、ブログ口座がもし自分の全財産なら、けっこうメンタルは大きくダメージ受けそうです。)

 

・あとは、piculさんの、メンタル面をコントロールする投資法は、ここ1,2か月の含み損生活の中で、改めてその価値・素晴らしさを実感しているところです。一気に買い付けたり、一気に売ったりしない。

 例えば、コラボスなんかは、一時期の上昇期にだいぶ売ったおかげで、株価がやや低迷してしまっている現在でも、精神的には「あのとき多少は売ったから」という思いが出て、やっぱりラクなんですよね。もちろん、含み益だから、というのもあるかも知れませんが。

 分散で買うのも同じですね。安いと思っても一気に買うと、下落したときダメージ受けますし(今回のスタートトゥデイのパターン)、上昇したときでも、多少は買ったぞ、と思えますからね。

 メンタルの強固な人間にはいらないのかもしれません。理屈ごりごりで押すのもありだと思います。

しかし、私は、そんなにメンタル安定していませんし、あまりストレスのある投資はしたくないです。

そういう意味では、piculさんの分割購入、分割売却の手法は、私にとってはベストな解決だと改めて感じています。

 

<その他>

・ツイッターで同じ意見を見かけましたが、「暴落が来たら買う」じゃないのですよね。

「超割高」な株価が「暴落」したからといって、まだ十分「割高」というケースはいくらでもあります。それだと買えないですよね。

 そういう判断を、しっかりできるようにしていきたいです。

 

・他人と比べても仕方ない、という意見を見て、そうだなーと思っています。

 どうしても、自分はパフォを比べちゃいますけどね。

 今みたいに、自分のパフォが軟調なときは、特にそうです。

 

ただ、 パフォで劣っていても、人間の価値として劣っているわけではないです、当然ですが。

 愚かなこともしますが、自分なりに頑張っている自分のことも尊敬する気持ちを持って、自分の勝負に集中するように、気持ちを切り替えたいですね。

 

 では、4月もいい月になりますように!!!

 

 

 

四季報購入していますが、PER50倍とか100倍とかがゴロゴロしていますねー。

なかなか買いたいレベルの銘柄見つけるのは困難だなぁと感じています。


今は、株探を使いながら、長期的に安定的に売上・利益が成長してきた安定成長銘柄をピックアップしています。
高成長銘柄よりも、中・低成長でいいので、安定している銘柄がいいです。価値評価がやりやすいです。(スタートトゥデイは現在のPFでは主力ですが、自分としては例外的位置付です)

安定成長銘柄の中で、特に2009年~2013年ぐらいまで売上・利益(株価ではない)が低迷しているような銘柄は、景気循環、シクリカルな影響が大きいのではないかと考えて、その2社は別枠に分離したいと思います(シクリカル銘柄は、不況になれば買うかもしれないが、今はなかなか買えないなぁと思います)

今はエクセルに、250程銘柄を打ち込んでます。前回の四季報の続きで、作業が楽にはなっています。
銘柄分析にもストックの効果が出そうです。
(これは、piculさんがツイッターかブログかで紹介されていたやり方を真似しています)

前回は、営業利益率で10%超えみたいな基準で選別していましたが、今回は、営業利益率はとりあえず置いておいて、まずは売上・利益の安定成長という視点でピックアップしていきたいと思っています。
たぶん前回のよりも、銘柄は増えるだろうな。

ともあれ、こういう作業は比較的楽しくやっていますが、株価的に買いたいと思えるものに会えるのかどうかはわかりません。
売買という意味では、もしかしたら当面、凍死状態かなぁとおも思っています。

ツイッターでは、信じられないような上手な売買をする方もいるので、なかなか真似をするのは無理だろうなぁと思いつつ、そういう方々の手法についても、頭ごなしに拒絶するのではなくて、学べるところや盗めるところがないかは考えたいと思っています(自分には無理な気もしますがw)

ともかくも、当面は、ブログ外口座では入金を頑張りつつ、銘柄の選別、深掘りに精を出したいと思っています。

前回の失敗があるので、もうみんなが儲けていても慌てて買ったりはしません

今月のブログ用口座は、

 

・シェアテクを全て売り

・スタートトゥデイを買い増し

 

という1か月でした。

 

 数字は、1末の5215100円の資産が、2末には4457822円となっています。

 ―14.5%という数字です。

 

 

ブログ外口座では、

 クックパッドを監視用に100株だけ購入

 100万を入金

 

でした。

 

 

シェアテクは、22日のIRで、ちょっとついていけないなという印象で、撤退しました。

 自分は、既存事業をしっかり、丁寧に育てて行くような会社が好みなのだなと思います。シェアテクは、既存事業を超スピード感で育てていく感じかなと思いましたが、既存事業外にも大きく踏み出す姿勢が、私の好みとは合致しなかったということです。

 私の好みと合致しないと判断しましたが、株価は上昇しましたので、それを契機に売却しました。

というか、ちょうどシェアテクのIRが出た22日は、インフルエンザで40度近い熱にやられていました。もしも元気だったら、IR翌日の23日に売っていた(損切していた)と思います。

少し売却が遅れたのは偶然ですがラッキーでした(薄いながらも利益出しての撤退になりました ブログ口座の方は、2200円台で買い増していたので、もうちょい利益出しての撤退でした。)。

 売却遅れたおかげで利益出せたという意味では、インフルエンザに感謝ですね(笑



 

 

もう一方のスタートトゥデイは、

・ゾゾスーツの発送の遅れ

・既存事業のいくつかの問題(KPIの低下)

・クーポン乱発による出店ブランドのブランドイメージ毀損懸念

等が原因と思われる株価の低迷中ですが、全く心配はしていません。

 とはいえ、ブログ口座PFの50%を占めているので、もう下落してもなかなか買い増しにくい。

 こちらは短期的には足引っ張るかも知れませんが、ゾゾスーツは、接続不良などの問題はあるものの、やはり精度は期待以上というか素晴らしいことは確信しています。PBの精度も素晴らしい。ユーザーの方の声は、ZOZOSUITやそれを利用して発注したPBに大満足というもので、ほとんど虜にしていると表現しても良いくらいだと感じています。4,5年後でみれば勝ちは動かないでしょう。

 もちろん、本音としては今ぐらいの安さでたくさん買いたかったですけどね。

それはもう仕方ないですし、株式投資なんてそういうものと思います。

(業績確認してから買えばよい、という趣旨の意見を見かけることがあり、その意見が現時点では正しいように見えますが、その意見は、それまで株価が低迷しているであろうことを前提としていると思われます。しかし、それまで株価が低迷するであろうと予測・判断する合理的な説明は、今までのところ私は見た事がないですし、私はそのような株価予測に合理性を見出すことはできません。よって私は採り得ません。

また、私の判断では、小さなトラブルは今後も起きるかもしれませんが、ゾゾスーツ(というか、個人サイズの把握を基盤にしたスタートトゥデイのビジネスモデル)の強固生が失われることは(Amazon等の注視の必要はありますが)現時点で考え難く、既に極めて強固ですが、今まで以上に、さらに極めて強固なビジネス上の優位性をスタートトゥデイが確保する未来が不変であるという考えも不変です。

これに伴い、上述したKPIの数値の一時的な悪化についても、改善していく筈であると考えています。(クーポン乱発は、止めた方がいいと思っていますが。ゾゾスーツ注文するためにゾゾアプリDLしたら、毎日クーポンのメルマガが来て、どうもこれには正直面食らっています。)

 

 

相場全体では、正直、当たらないと思いつつ「今度こそは本格的な下げ相場到来間違いなしだろう」と思っていましたが、やっぱり当たりませんでした(笑

 とはいえ、今は小康状態ですが、また下げ相場が来るかもしれませんね。

 いずれにせよ、予測はやっぱりアテにならないと思いましたね。

 自分の性には少なくとも合わないですね。

 

自分の性に合う株式投資を今後ともやっていきたいです。

 

 

 

ここ数日の下落で学んだこと

 

*まず、自責の声は、前回ブログ記事のみつを会の開催により完全に払しょくされている! 

 これは、優れた自己コントロールだったと思う。自分ながら自分を褒めたい。

 

そこで、改めて、純粋な反省(不当な自己非難の要素はゼロの反省)を記事にしたい。

 

一番の反省は、シェアテクやスタートトゥデイの買い付けにあたり、

PF20%までというルール

・安全域ある買値を自分なりに算出して買うというル―ル

の2つのルールを破ったこと

 

なぜ、こんなルール違反をしたのかというと、自分の内面を振り返るに、、、

・なんとなく、まだ上がるかも、という慢心や油断があったかも知れない。

・雰囲気に流されていたか

・ツイッター上に流れてくる多数の爆益報告に嫉妬していたか

・強欲に突き動かされたか

・あるいは、ブログ外口座であるが、1月中に保有株のコラボスの暴騰で随分と儲けを出せたのも、自分の慢心を大きくしたかもしれない。

 

 

いずれにしても、自分という人間の弱さや甘さが原因だろう。

 

 

自分を、「(警戒していても馬鹿をやることはある。いわんや)油断するとますます馬鹿をやる人間なんだ」という目で、監視する必要があると感じた。

流されやすい人間なんだと。

 

本を読んだりしていて、警戒していたつもりだったが、甘かった。

優れた人間は他人の過ちから学ぶものだが、

悲しいけれど、自分は自分で失敗して、経験しないと理解できないのかもしれない。もう少し頭良くなりたいし、できれば他人の失敗から学びたいところだが。

しかし、今回は、残念ながら自分で身をもって失敗して、身に染みた。

せっかくなのでこれは生かしたい。

 

「まぁいいや」が相場では致命傷を負うことを忘れずに生きていきたい。

 

 

同時に、今後の方針という意味でも、貴重な学びを得た。

 

まず、相場のトレンドがどう変わるかは、全く読めないということを改めて感じた。

今年の131日の時点で、この2月の相場動向を読めた人がいたのか?と思うと疑問。

つまり、相場は、たった1週間後のことすらわからないということ。

 

逆に言えば、投資の判断は、相場の雰囲気は無視してやらなければならないということ。

上昇相場でもっと上がると思うのも根拠がないし、下落相場でもっと下がると思うのも根拠がない。

他者が儲けているか損しているかも関係ない。

先月自分が何%儲けたとか、そういうのも全部関係ない。

 

上昇だろうが下落だろうが、そういう市場の雰囲気を、意識的に、シャットアウトしないといけない。

自身の過去の投資行動の成功体験による慢心も、意識的にシャットアウトしないといけない。

自身の過去の投資行動の失敗による過度の臆病さも、同様にシャットアウトしないといけない。

 

市場の雰囲気とか、過去の自分の相場での経験(成功失敗問わず)は全て無視して、

ただ純粋に、会社の価値推定と株価の比較。

純粋に、それだけに生きるようにする。

 

逆に、これらをやらずに投資行動をすることは厳に慎みたい。

 

1 価値の推定

2 安全域のある買値の推定

3 売値の算出

4 その株価での売買行動

 

やるべきことは、単純にそれだけ。

他を、意識的にシャットアウトするし、逆に、この4つについては、いい加減なままの売買行動はしないようにしたい。

 

 

 

あと、同時に今回の下落相場で良かったことは、上昇相場でも下降相場でも、同じスタンスで臨むんだというが、自分の中で明確に理解できたこと。

 

ツイッタでも書いたけれど、私の基本的な方針は、

 

100円のものを65円以下(50円~65円)で分割して買い、100円から125円くらいの間で分割して売却する、というもの。

 

そして、その後130円とか150円とかになっても、それは相場の過熱しすぎだと思って諦める、というもの。

相場は、過熱して行き過ぎることがあるから、そんな高値で売り抜けられなくても、100125円で売られれば満足である。

こういう売りのスタンスは、自分の中ではしっかりと実行できている、と感じているし、今後も継続したい。

 

他方で、買いについては、悩むことが多かった。

65円で買えたとしても、その後、50円、40円、30円になるかもしれない。そしたら、65円で買ったことを後悔するんじゃないかと。

それで買いが及び腰になってしまっていた面があったし、自分の中では答えが出ていなかった。

 

しかし、この買いの悩みについても、今回の下落相場の中で自分なりに明確にできた。

自分としては、買いについては、65円~50円くらいの間で分割して欲しいまで買うようにする。

そして、それ以下に株価が下落しても、それは市場の行き過ぎだと思って気にしない。

40円とか、30円とか行くことはあるだろう。

でもそれは、強欲や楽観で100円のものが150円とかになるのと原理は同じ。逆に、相場が恐怖に支配されているだけだと思って諦める。

(ただし、キャッシュが残っていて、PFの許容限度内ならば、ラッキーと思って買い増す)。

 

 

今回は、シェアリングテクノロジーは、ブログ外口座であるが、この方針に従い、昨日(214日)には若干だが買い増した。

こういう行動は良かったと思う。

 

別に明日とか短期的に株価が下落する可能性が無いと言っているのではない。

そんなんは、いくらでも下落する可能性はあり得ると思っている。でも、そんなんは知ったこっちゃない。

強気相場でガンガン株価が上がろうが知ったこっちゃないのと同じように。

 

自分が言いたいのは、自分なりに100円のものを65円以下で買えたと考えられる行動を取ったのが良かったと思うということである。

 

こういう行動を、今後も積み重ねて行きたい。

 

 

あと、相変わらずの反省ですが、企業の価値を、50円のものを100円と評価するようでは話にならないので、相変わらず、普段の企業価値の評価の鍛錬は必須だと思っています。

 

以上。

売買記録等が、全て今はTwitterになっており、ブログの更新は滞っております。
売買記録等は、後日書きます。

以下は、自分を非難してしまうことをやめるように、言い聞かせる内容です。

多くの人には無関係と思います。

こちらは備忘録として。


==================



自分の現在の内面を分析するに、自分を非難しているのは、含み損を抱えた結果そのものよりも、投資に際して課していたマイルールをあっさり破った自分の行動そのものにある。

 

「ブログ用資産だしまぁいいや」くらいの軽い気持ちで
「1銘柄20%まで」というルールを破ったり、
「バリュエーションまぁいっか」で投資したり。

 

以上は問題だった。

大いなる反省点。


 

しかし、さらなる問題は、「そういう規律を完全に守る自分でないといけない、守るべきだった!」、という自分に対する要求、完璧思考、べき思考が、恐らくは自分を現在、二重に(不当に)苦しめている点。

 


反省して改善することと、自分を不当に非難することは違う。

自動的に、無意識が、自分を攻撃し、非難してくる。

この無意識とは、全力で戦う必要がある。

 


 

そもそも、自分自身を、不合理にも完璧な規律の人間だと求めてはいないか。

実際には、自分は、むしろ規律を破る可能性は十分ある傾向の人間なのだ。

いつもではないが、お調子者のような行動をしてしまうこともある。

勢いで行動しちゃうこともある。不注意なところもある。

 

そういう自分の不完全さを、自分の無意識くんが、否定し弾劾しすぎ。

むしろ、それが自分なんだと認める必要がある。

 

人間三段論法!

人間は、時に過ちを犯すことは不可避である

そして、私も人間だ

ゆえに、私が時に過ちを犯すことも不可避である


時に過ちを犯すのは、人間である以上、不可避である。
誰か過ちのない人間がいるなら教えてくれ!
お前は神ではないのだ。
自分の過ちを不当に非難するのは、自分を神にでもしようと考えているのか!?
 

今回の過ちも、人間だもの、である。

過ちを犯すのは当たり前のことであり、貴重な教訓を得たと思えば良い!



 

ただし、もう2度同じ間違いはないぞ。

 

覚えてろー。。

 

株式市場に復讐を誓う!!

負けねえ!!!!!!


 

パフォーマンス測定が従前のブログではハチャメチャだったことをふまえ、

新しく、GMOにブログ用口座を開設しました。

現在は100%現金の500万円口座です。

こちらで今後は戦って行きたいと思います。

出入金は全くしない、純粋にパフォーマンスONLYが記録される予定の口座です。

GMO201801019







2017年は、特に株への取り組みという意味では、中途半端さが否めない1年でした。
銘柄分析も不十分でした。投資の判断も、不十分でした。色々と投資の方法がブレました。

2016年末と2017年初頭に決めていた手法を、2018年は初心に帰って愚直にやりたいです。

具体的には、二重の安全域のある銘柄に対する投資です。二重の安全域についてはこちら

リンク飛ぶのが面倒な方のために引用しますと、二重の安全域による投資とは、

「成長株投資については、DCF法による本質価値を算出するわけですが、その算出の際には、

① 成長率を控えめに見積もった本質価値を算出すること(1つ目の安全域
② ①で算出した控えめな本質価値から、さらに65%前後の安全域を設け、それよりも安い場合にのみ、株を買うこと(2つ目の安全域

という、2重の安全域によって、資産の損失リスクを極力減らそう、という投資方針です。」

必然的に、5年後、10年後も安心であろうと思える銘柄、1か月後に暴落が来て、株価がたとえ半値になっても、業績がけん引して株価も必ず回復するであろうという自信の持てる銘柄に絞って投資をしていきたいと思います。要するに、短期の業績向上や短期の上方修正とかは、狙わないということです。
(短期の上方修正が狙える銘柄でも、その後に市場の暴落とかが来た場合、株価は下落するでしょうし、長期で安心の銘柄でなければ、その後の株価の回復に自信を持てないのですから、そもそも私のスタンスでは買うべき株ではないのです。)

原点回帰。2018年はこれで行きます。例外は、11月22日、衝撃のZOZOSUITの発表を受けて発表即日に購入したスタートトゥデイ。これは、夢を買いました。成長を控えめに見積もるというよりも、強大なパワー、強さへのワクワクする期待から買いましたw アホっぽいけどしょうがない。

この銘柄だけは、例外です。
これ以外は、基本的に愚直に行きます。二重の安全域です。

銘柄選択等では、基本的に、ツイッターでフォローさせて頂いているもぐりさんやすぽさんと類似性が高い気がします。ストックビジネスを愛していますよね。僕もそうです。カネを出してくれる人や企業の、血となり肉となり、不可分の存在となっているか、そういう不可欠の企業に投資したいです。

投資のスタンスでは、まるのんさんを参考にしたいです。愚直に、淡々と、貫くというスタイルです。
2018年末に、1年を振り返って、そうできたと評価できる自分でいたいですね。



あと、今年の大きな反省の一つは、成績評価がメタメタのグダグダだったことです。
つまり、入出金をふまえた投資成績の算出ができないというヘタレカスっぷりだったことです。それで、資産ベースで計算しようとしたのですが、これも、今思うと、やっぱどうなのか!?という感じです。
例えば、12月には、実際には数百万入金しましたが、これは今回の集計には反映させていません。反映させたら、めちゃくちゃやんけ、という気がして。でも、なんか一貫していないな、自分、という感じです。

検討・反省の結果、結局私にとっては入出金が諸悪の根源ですので(アホすぎて入出金すると成績計算ができない)、ブログ用の投資口座を2018年は開設することにしました。残念ながら、NISA口座は含められないですけどね。
その投資口座に、500万円を入れて、500万からスタートして、入出金は一切無しで、配当金とか税金とかは加味して、要するに、500万円がどうなったかが完全にわかる形で成績を計測します。
これで5年やってみて、日経平均やTOPIXに負けるなら、個別株投資は引退せよ、ということでしょう。
個人としては資産の絶対値がもちろん大事なのですが、投資の技術を計測するとか、そもそも個別株投資を継続するべきなのか検証する、という点では、インデックスとの対比で物を考えざるを得ない、という結論に至りましたので、このように指標との差異を計測するというわけです。
この点も、年初と年途中で今年は方針がブレてしまった(最大の原因は、先ほど述べたとおり、入出金により成績の計算がわけわからなくなったためですがw)


ともあれ、私にとって、投資手法の原点といえば、「The Five Rules・・・」であり、二重の安全域による投資です!

そんなこんなで、2018年は原点回帰!来年は再出発のつもりで頑張りたいです!

2018年も皆さまどうぞよろしくお願いします!


今年が駆け足で去って行きました。

早さにただただ呆然。

12月は、まんだらけを買い、1週間程度で売却。
エンカレッジ売却
エリアクエストの残り売却
IBM売却
という月でした。

中途半端感じが否めない。

成績としては、12月単月は、どうも本当か怪しいのですが、

単月で   +6.13%
年初来では、+9.1%

となりました。実感では、今月は6%も増えていないので、何か間違えているかも。

年初来の額は、資産ベースでですので、出金を加味したらもうちょいマシとは思いますが、いずれにせよ、

100%超えの人や50~100%の人がぞろぞろいる中では、寂しい数字だなぁと思わざるを得ません。比較しても仕方ないとはいえ。

画像を一応貼り付けます。

今年の総括と来年の抱負などについては、また明日したいと思います。

20171231circle

20171231




色々11月は動いたので、書きたいことは多いのですが、時間無いため簡潔に。

今月の損益 +1.78%
年初来    +2.8%

でした。

本業への投資を経てなおプラスということで、非常に喜ばしい。

スタートトゥデイに大きく投資。

コラボスとエイジアは、ちょっと似てますね。
CRMの会社といえると思います。

201711PFexe

201711PFcircle





先月、つまり2017年10月は、仕事において残念なことの多い1ヶ月でした。

特に、納期を守らず、プロジェクトのスケジュールの共有・管理のできないSE業者とのトラブルには随分疲弊してしまいました。

ただ、10月の自分を振り返るに、もちろんこの業者には問題があるのですが、やはり問題は自分自身だと思い直しました。
私は、他者への不満を募らせ、不満や怒りに自分の貴重なエネルギーを浪費してしまったように感じます。その結果、自分の努力でコントロールできることにすら、十分にエネルギーを向けられず、ますます空回り、悪循環に陥ってしまいました。
これは、とても非生産的で残念なことでした。 

ずっと前から言われている真実ですが、

自分が「可哀想な被害者」で、世の中に不平や不満を持つだけでは、何も変わらない。他責だけの思考で、自分の責任と受け止めなければ、自分の人生にはプラスにならない。

ということを、改めて確認しました。ちょっと遅いですけどね。10月中に、被害者意識を持っていた自分に気付くと良かったと思います。
11月は、切り替えて、また頑張りたいですね!

*10月の成績などは、昨日アップしています。
個人的には満足な成績ですが、他者と比較するといかにも見すぼらしい成績で侘しいので、ツイッターにはブログ記事更新の告知はしませんでしたw
 

2017年10月が終わりました。


今月は、アクアラインが随分値上がりしたので、100株だけ残して全て売りました。
アクアラインは、初の3バガ―銘柄になりました。有難いですね。
思い入れはある銘柄なのですが、保守的な成長予測に基づくDCFを用いた適正株価を、25%以上超えたとの判断から、売却しました。
仕方ないですね。

エンカレッジは、先日上法修正が発表されました。基本的に順調そうです。

今日はファンデリーの決算もありましたが、メインであるはずのMFD事業がいまいちで、ちょっと懸念しています。ここがしっかり伸びてくれれば、安心なんですけれどね。

入金は、DCの5万6000円のみでした。

資産では、先月比+3.06%
年初比では、+1%
となりました。

6~8月にかけての、新規事業用の比較的多額の出費を吸収してプラスに転じたのは嬉しいですね。


しかし、新規事業の方は、予想外の障壁・トラブルがどんどん登場しています。心が荒みます。。。
また、規制の多さも実感します。規制緩和、ほんと大事だよ。許認可の規制、大杉。。。
11月も、そんな1か月になりそうです。仕事辛いっす。。。。

中だるみというか、心の折れっぷりを反映して、早起きの頑張りも、10月はあかんでした。。うーん、きついです。


PF貼り付けます。アクアライン売って、だいぶ変わりました。
20171031円

20171031exe










10月からスタート予定の自分の新規事業、やっと9割戦う準備ができましたが、

まだ、最前線に武器を持たずに突撃するような感じにて、しっかりとした武器の完成は11月にずれ込みそうな感じです。


ともあれ、新規事業スタートしました。

痛切に感じるのが、新規事業の難しさ!
日々、悪戦苦闘しています。

当初の10月の目標は、到底叶いそうもありません。
あと1週間残して、断念しました。到底不可能な目標になり、もはやモチベーションが上がらず、行動につながらない目標になってしまいました。
やむをえず、残る10月の日々を有効に使えるよう、下方修正した目標を再設定したいと思います。


ところで、こうして自分でビジネスをやってみますと、ビジネスを成功させて上場まで漕ぎ着けていく、日本の若き起業家、創業者たち、ベンチャー起業家達のバイタリティ、能力は凄まじいなと、改めて感じます。
特に、自分の主戦場である中小型株では、かつての主力だったファンデリー、アクアライン(ツイッターでつぶやいただけでブログには記載していませんでしたが、アクアラインは、株価上昇に伴い10月中に100株残して全て売りました。)とも、まさにゼロから作りあげた社長たちですからね。改めて、尊敬の念を強くしました。

たしかに、上場させただけではダメで、そっからどう成長するかが投資家にとっては大事です。
でも、冷静に考えると、上場ということ自体が、やはりすごいことなんだなと思います。また、上場させたこと自体で、少なくとも、その経営者にある種の何らかの有能さがあるということは推定して良いのではないかと思います。凡人が上場できますか?という話です。こういう敬意というものは、1人の投資家として、忘れたくないと思いました。(もちろん、怪しげな上場企業の社長がいることは百も承知ですが。。。)

そういう意味では、自分でビジネス、新規事業を立ち上げたのは、株式投資にも副産物があったと感じています。
(そもそも、新規事業の立ち上げ自体、株式投資でビジネスの勉強をする中で思いついたことですし)

ともあれ、自分の戦場は自分の新規事業(と株式投資)です!
これの成功のために、精一杯戦いたいと思います!!
 

4月の北朝鮮危機の頃、打診買いしたまま放置していたパイプドHD
↑自分で言うのもなんですが、株価チャート見ると、安い時にうまく買えている。ドヤァ ! 100株だけですがw

先日の決算短信を踏まえて、本日30分だけ時間を取って検討してみました。
昨日やると言った手前、やりましたよ!
下方修正の常連ですが(笑)、良い企業ですね。

B to B で、顧客管理や従業員管理ソフトなどのストック性の強いサービス、スパイラルを提供。
これがコアな事業で、毎年少しずつアカウントを積み上げている。
利益率も20-30%くらい?このコア事業の利益率は非常に高い。
まだ市場も拡大期にあると見て良いと思う。

新規事業には、色々手を出しており、こちらはどうも腰が座っていない印象。
「試しにやってみる」みたいな軽い気持ちで進出をしている気がする。
路上でダメ元でナンパするチャラい男のようだ。
やるからには絶対勝つ、そういう気迫でやっているんだろうか。
チャレンジを奨励することは好ましいけれど、責任あるチャレンジにして欲しい。
無責任なチャレンジであれば、頂けない。

ソリューションがやっと1Qで黒字化したのは一安心かな。

ともあれ、なんだか可愛いパイプドビッツ。
下方修正でショボくれている社長などなど、私の母性本能をくすぐります(笑)

もう少し分析してみたくなりました。
株価もそんな高くないしね。









 

株に最近ほとんど全く労力を割けておらず

IRのチェックなど、やるべきこともきちんとやっていない。

若干焦りを感じています。

焦り、と言ったけど焦りなのか。

それでいいのかい? というリトル大ちゃんパパ(?)の声が自分の内側から聞こえてきます。

いいのかな。

こういう声が聞こえるときは、たいがい、良くないんですよね。

うむ!

良くない!

言い訳せず、最低限やるべきことはやらねば。

うむうむ!

100株だけ打診買いしたままのパイプドHDの先日の決算短信から始めようと思います。




今月は、アクアラインが急騰して、2645円で100株だけ売却。( その後株価はまた下落。)

DCに入金56000円。

優待クロス いくつか

 

という1ヶ月でした。

 

資産は、アクアラインの上昇と、過去の減資で遊休資本が減って資本効率が向上したおかげ(?)で月間4.5%ほど増加しました。

年初来だと、-2%ですね。先月よりだいぶ回復

 

長いお付き合いのアクアラインも、以前算出したとおり49億を現在の適正企業価値と考えており、一時的に時価総額がこれを超えたので、100株の売却でした。

引き続き、上昇するなら漸次売って行きたいと思っています。

 

先日も書いた、「生涯投資家」は図書館で借りて、面白く読みました。自分は読み始め遅い方かと思いますが。

どうしてもどこか胡散臭さの漂う村上さんですが、胡散臭さは読了後も消えなかったです。。(^◇^;) 村上さん、大義を掲げるのもいいんだけど、「私はお金大好きです!私はお金の亡者です!」と突っ走った方が、かえって爽やかだったんじゃないかなと思いますね(笑)。少なくとも僕はその方が好きです。なーんかグダグダ言い訳がましいこと書いてあるなぁという気がして、そこはどうも好きになれませんでした。

 

でも、面白く読めました。良い本だと思います。

 

マンガー様の本の新しいのも、図書館で借りる予定でいます

 

=====

 9月の目標だった、早起きと猫背改善は良い感じです。

これは引き続き続けたいです。10月こそは平日早起きパーフェクトを目指したいですね。

 

10月は、私事ながら、いよいよ本業で勝負の始まりです。

良い10月の終わりを迎えたいです。そのために精一杯やりたい。

 

10月は、早起きと猫背改善と同時に、

「仕事中は、とにかく仕事をする」が目標です。怠惰に流されず、集中力を失わず、精一杯集中して仕事をしたいと思っています。集中力を失い、無駄にする時間が9月はやや多かったと反省しています。これを改善したいです。

 

本業での数値目標もあり、その達成にもベストを尽くします。←自分の手帳には、「必ず達成します!」と自分の手書きで書いてあります(笑)

 

株の方は、今までどおり。

個別株は、高くなれば売る。安くなれば買う。企業価値と株価のみを比較する。それ以外は考慮せず。

インデックスは雰囲気で投資

という方針で行きます。

銘柄分析の時間は無さそうです。今はそういう時期だと自分に言い訳をします。

なんて言いながら、新規銘柄を購入するかもしれませんが。。。

 

=====

仕事以外だと、息子と自転車の練習をしたり、野球をしたり、絵本を読んだりということに加えて、最近、色々なオモチャ作りに時間を割いています。

自分は、あまり小さい頃やらなかったのですが。

 

ゴム動力の船や飛行機を作ったりして、一緒に遊んでいます。

10月は、ポンポン船を作る予定です、

既に、試作1号機から4号機まで作りましたが、いずれも失敗。密閉空間からストローで空気の逃げ道を作るのですが、どうしても空気の漏れができてしまう。

 

まだ原理が分かっていませんw

空気が暖められて膨張し、その空気圧が動力となるのかな?

水が暖められて水蒸気になり、その空気が出て行く反動が力となるのかな?

我ながら、理系の素養無さすぎw

 

前も息子に虹ってなんでできるのと聞かれて、適当に回答しちゃったし。

グーグル先生によれば、虹は、光の波長と関連してるらしいんですよ。

光が波長とかって、たしかに昔習った気がするけど、不思議ですよね。

「え!?光は真っ直ぐじゃん!グネグネ波打ってる光なんて見たことないよ!光が波長ってなんやねん!」というのが、バリバリ文系人間の私の偽らざる本音です。←アホ丸出し

9末のPFです。
201709cir

201709


ついでに、失敗続きのポンポン船をアップしますw

これが試作1号機

IMG_7645

缶にすき間があり、空気が漏れてしまい失敗


次が2号機

すき間ができた失敗を反省し、密閉されている缶に穴を開ける作戦。これならすき間ができようがない!

IMG_7646


ところが、これは缶に入る水の重さに耐えきれず転覆してしまう。失敗


3号機は、転覆しないように。

IMG_7647

木の船に。自分で削る。

しかし、これでもやっぱり転覆してしまう。

けっきょく密閉という意味で缶を利用しても、重さに耐えられないことが判明し、缶の利用は断念


そして4号機

IMG_7648


再度、空き缶を加工するも、どうしてもストローの挿し口にすき間が。


ちなみに、完成版はこんな感じです

 


仕事と家庭優先ということで、株はしないで家では息子とこんなことばっかしています(;^_^A

でも、途中で投げ出すことは見せたくないので、頑張らないといけません!




↑このページのトップヘ