一生懸命なる投資家 大ちゃんパパのノンビリ投資記録

中長期のバリュー投資を実践するブログです。自営業者,2児の父(30代)。 本格的な運用開始は2015年6月。2030年に1億円を目指しています。 グレアム、バフェットを信奉。 試行錯誤を経て、2016年9月頃から、バフェットの手法をアレンジした、パット・ドーシーの書籍(『The Five Rules For Successful Stock Investment』)に依拠した投資法に傾倒。



昨日に引き続き 投資は無関係

疲れた時に聴くB’zの曲 その2

アルバム Actionに収録

「光芒」

これまた名曲で、私の中ではB’zベスト5に入りますね! 


最近仕事に人生にヘトヘトな大ちゃんパパでした。

やさぐれています。はひー


株で失敗したら、光芒の2番を替え歌で歌いたいですね!(笑)

株で損切りしたこと、塩漬けしたこと、決算で被弾したこと♩売った株がその後テンバガーになったこと、みたいな感じでしょうか!?(笑)


ということで、私と同じように、人生に疲れている方は聴いてみてください! 爆



*今日も、記事は投資関係ありません。


上に貼り付けたYoutubeの動画の曲は、B’zのハピネス、という曲です。


純真で心の真っ直ぐな女性を描写する歌詞。
どこか哀愁と優しさと甘酸っぱさを帯びたメロディー。

良い曲が多いB’zの曲の中でも、個人的にはベスト5には入る曲です。

仕事でヘトヘトになって、心がささくれ立って、気持ちのやり場もない。
そんな時にこの曲を聴くと、随分と気持ちが安らぐのです。 


今日は、
「ああ、しんどいなぁ、、、参ったなぁ、、、」
そんな日だったので、職場で聴いて、なんだか少し気持ちが穏やかになりました。


もし、私と同じように、「もうヘトヘトだよ」という方がいらっしゃったら、ぜひ聴いてみてください。
きっと、少しホッとするんじゃないかと思います。

 

銘柄分析を不断に行うことの重要性!

わかっちゃいる!
いるけども!

やる気が出ません!!!
悪い癖です。


テクニカルは知りませんが、ファンダメンタルズというか、バリューで勝負している人の間では、成績と努力の量とは、 長期で均(なら)せば正の相関関係があるのではないかと思います。

そういう意味で、私も努力せねば、頑張らねばと思っているのです。
しかし、相場もそこそこ高いし、仕事も忙しいしで、後回しになっちゃうんですよね。
探せば、いいのはきっとあるのでしょうに。。また、監視銘柄候補も出て来るでしょうに。。

結局調査を怠り、暴落や調整が来た時に、慌てて新規銘柄を検討する。。。

今まで何度も繰り返してきた過ちです。
事前準備、大切なの、わかっているんですけどね。

家庭や仕事を優先しつつも、チョビっとであれば時間取れるハズだよな。
うーん。

あまり自己嫌悪になっても仕方ないので、まぁこういう時期もあると思って、ともかく相場とお付き合いを続けるのが大事と思って頑張りたいですね。

しかし、このままではイカンぜよ!



 




またも投資は関係ありません。
ただの読書感想文です。

さて、表題の本、読み終えました。
第一次世界大戦に従軍したレマルクという人の書籍。
タイトルを知っている方は多いんじゃないでしょうか。

私もご多分にもれず、レマルクなんて人は知らず、西部戦線異状なしのタイトルだけ知っている。けれど読んではいないという状態。
しかし、先日、テレビで、ノーベル賞を受賞したボブ・ディランもこの本が好き、というのをチラ見して、ボブディランをよく聞いたこともないのに、何とは無しにこの本を図書館で借りて読んでみたのでした。

陰鬱な内容かと想像していましたが、読んでみて驚いたのは、タッチの軽快さというか、リズミカルな文体というか、明るさ、無邪気さが溢れている点。

例えば、
散々意地悪してきた上官を、とある機会にみんなでコテンパンにやっつけるという痛快なシーンがあるのですが、このシーンなんか、夏目漱石の坊っちゃんが赤シャツ(名前失念。不正確かも)という名前の嫌味なヤツをとっちめるシーンを彷彿させるところがあります。

また、宿営地のそばで、これはモノにできそうだという若い女が3人いて、こっちの仲間は男4人っていう状況で、ちょっと頭の悪い仲間の男1人を酒で潰して、残る男3人だけで美味しい思いをして、やられた男が悔しい思いをするシーンなんかも、戦場とは思えない明るさがあります。

この明るさはどこから来るのかよくわからないんですけれど、大岡昇平さん(「野火」も「レイテ戦記」 も超暗い)とか、日本人が描く戦争の小説では、なかなか見られない特徴のように感じます。

当たり前ですけど、明るいといっても、凄惨な死がたくさん出て来る

カチンスキーやらクロップやらという名の戦友が物語の最初っから出て来て、話進むうちに、みんないいヤツだなぁという気持ちになって、どうかこいつらだけは死なないでくれ、と祈るような気持ちで読み進める自分がいます。

そうして読みながら、自分が同じ状況だったらと考えます。
もしも、学生時代の気心知れた仲間達が、足を撃たれて足を切断せねばならなくなり、死んだ方がマシだと絶望している野戦病院とか、目の前で頭から上を吹き飛ばされて首から血を噴き出しながら3,4歩も歩いて倒れる様だとか、顎を吹き飛ばされてる様子とか、砲弾に怯えて発狂する様子だとか、そんな状況になったらと考えます。負傷して死にいく仲間を、絶対死ぬと分かっていながら、「お前は死ぬわけない、故郷に戻れるよ」なんて励まさなきゃならない場面とか、そいつがそれでも自分が死ぬと分かってて、何も言わずに涙をボロボロこぼして、数時間後には死んでしまうシーンとか。

まぁ、たまったもんじゃねぇな、と思います。

第一次世界大戦でコレかよ、勘弁してくれよ、という感じです。
19とか20の若者達にこんな経験をさせる戦争というのは、本当に残酷だなと思います。

また、戦争を経験した人に、戦争のことを尋ねるのも基本タブーだなと感じました。自分から話すのでない限り、他者が尋ねることではないなと思います。
トラウマを持ってる人に、トラウマの場面を聞くのと同じだと思います。

ともあれ、戦争反対とか叫んでいるだけで平和になるかのようなお気楽な考えには抵抗があるのですが、同時に、戦争の凄惨さというものをしっかりと認識しないまま勇ましいことを言う人の考えにもまた強い違和感を感じます。

息子らに、こんな経験はさせたくないなぁ。。。
 
ドイツが、こんな凄惨な経験をしたのに、その僅か10数年後にまた戦争に突入していくというのは、やはり驚きというか、何でだよというか、何とも言えない気持ちになりますね。

まとまりませんが、読んで見て損はないと思います!
翻訳が古いのか、漢字は読みにくいのですが、日本語は軽快です。

Amazonのリンクを貼りますが、僕は図書館で無料で読みました!









*投資関係ありません。

父の日が近付いてきました。

幸運にもお父さんの健在な皆さま、 何かプレゼントは用意されましたでしょうか。

私は、昨日、銀座のデパートでかわいいオチョコを見つけたので、それにしました。
私の実父用と、妻の父、つまり義父用です。

購入したのは↓こちら




真上から見るとこちら↓
IMG_7023


オチョコの中に、金色で、三日月が描かれていて、「なかなかイケてるじゃん!ここに日本酒注ぐと美味しそう」というのが購入理由。
手作り感のある微妙な味わいも良し。


話変わりますが、去年は、嫁さんの両親に沖縄旅行をプレゼントして、私や嫁さん、それに子ども2人(嫁さんの両親からすれば孫)と皆で沖縄行ったのですが、数十万、お金がかかりましたが、去年のお金の使い方のうち、満足度の高い消費でした。

そんなこんなで、親へのプレゼントは、随分喜んでくれるので、なかなか良いお金の使い方だなと思っています。いつどうなるか分からない世の中でもありますし。
 
 今回は、出費額は、2人の父、合計で1万円少し超えたほどでした。

喜んでくれると嬉しいですが、果たして!? 

新たに何か銘柄を買うチャンスがあるのか。

値動きに勝負する人にはチャンスはあるのだろう。

しかし、本質価値と株価との乖離に勝負している身としては、今は好機が少ないと感じる。

自分は需給や値動きで 勝負する気は毛頭ない。


当面は、新規銘柄の購入による資産の拡大は諦めモード。

代わりに、節約して、働きまくって、稼いだお金を入金して、という形で資産を増やしたい。これぞ兼業投資家の強み!

ひたすら入金入金入金!!!

株は知ったこっちゃありません。機会損失かかってこい!

入金に燃えます!!! 

先日のブログでご紹介しました、自己啓発本のベストセラー、カーネギーの「人を動かす」


この本の中の例は、出てくる年代は1920年だとか、古いものばかりなのですが、中身は全く古さを感じさせないんですよね。
技術が進歩しても、人間自体は全然変わらないから、人間の喜怒哀楽は昔から何一つ変わらないから、ということなのでしょうね。


今読んで、現在にも、そして自分にも応用できると思うのは、以下のような例です。


一部、そのまま引用します。
セオドア・ルーズベルト、1901年から1909年までのアメリカの大統領の例ですね。

「セオドア・ルーズベルトの絶大な人気の秘密も、やはり、他人に寄せる彼の深い関心にあった。
彼に仕えた黒人の召使ジェイムズ・エーモスが、『召使の目から見たセオドア・ルーズベルト」という本を書いている。
その本の中に、次のような一節がある。

ある日のこと、わたしの妻が大統領にウズラはどんな鳥かとたずねた。
妻はウズラを見たことがなかったのである。
大統領は、ウズラとはこういう鳥だと、噛んで含めるように教えてくれた。
それからしばらくすると、私達の家に電話がかかってきた。(エーモス夫婦は、ルーズベルト邸内の小さな家に住んでいた)。
妻が電話に出ると、相手方は大統領ご自身だった。
今ちょうどそちらの窓の外にウズラが一羽来ているから、窓からのぞけば、それが見えるだろうと、わざわざ電話で教えてくれたのだ。
この小さな出来事が、大統領の人柄をよく示している。」



思うに、この行動によって、大統領は、他者を気にかけていることを示したのです。だから、された人は嬉しくなるのです。この召使の大統領への忠誠心たるや、推して知るべし、というところです。

この話、会社の社長さんとか、政治家とか、セールスマンとか、結婚している男か女か、およそどんな人にも役立つのではないかと思うんですよね。

私自身は、昔は、なんとなく「すごいなー」だけで済ませていたのですが、今思うと、こういう大統領の行動は、絶対マネできるな、と思っています。

要するに、
①他者の関心のありかを把握する。
②その他者の関心のある情報を自分が入手したら、その情報を提供してあげる
というだけです。
意識するだけでできる話ですよね。

やらなきゃ損だと感じています。やれば、自分も世界も、もっと幸せになるんじゃないか。
誰も損しない、良いことしかないですよね。
単に、他者にもっと関心を持てばよいだけです。



ちなみに、私事ですが、今、マイホームを買え買えと、セールスマンからガンガン電話が来て、カンベンしてくれよと辟易しています。
不動産のセールスマン、営業って、なんであんなにイケてないんだろう。。

上と同じこと、つまり、私の関心のあることを把握して、その話題を提供するように頑張れば、そのセールスマンから買ってもいいかな、と思いそうなものなのに。

自分の利益(家を売りたい!)だけを押し付けてくるから、カンベンしてくれよ、ってなります。
そんなん、こっちが及び腰になるに決まっているジャマイカ!
そんなことより、株の話でもしましょうよ~って感じです(笑

といっても、私自身、できていないので。
この記事は、私がこうしていきたい!という決意表明です。
私に接してくださっている方には、「あんなこと言ってたけど、大ちゃんパパは、結局自分のことしか考えていないじゃん」と思うことが多々あるかと思います。
そこは、もうなんともいいようもございません。
ただただ恥ずかしく、私の不徳の致すところ、幼い自己中心性の抜けきらないゆえんです。

それでも、ちょっとずつでも変わっていけたら、自分にも、周りの人にも、ちょっとでもポジティブな影響をあげられるようになれるんじゃないかな~と思って、頑張っていきたいと思っています。そういう未来を想像すると、なんだかワクワクしますね!

そんなこんなで、未読の方のために、リンク張っておきます。
未読の方は、とりあえず図書館で借りて読んでみても良いんではないか!?と思います。

人を動かす 新装版
デール カーネギー
創元社
1999-10-31

この年になっても、

「もっと早くこうしていれば!!!」と思うことの多い私です。

株式投資なんかも、当然その一つです。

もちろん、30代で出会えてよかった、という気持ちもあります。

過去を後悔しても仕方ないので、この年で出会えたことを感謝するべきですよね。

(本当に、株をギャンブルと見る日本の風習(そして過去、同様に考えていた自分)は、残念です)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

株以外で、最近、同じように、「もっと早くこうしていれば!」と考えていることがあります。

それは、いわゆる「黄金律」ですね。

新約聖書マタイ7ー12
だから人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。

こんなこと、誰でも知っていることです。
私も、知っていました。
でも、実践していなかったなー、馬鹿だったなぁーと、過去の人生を振り返って、強く思っています。


先日、ご紹介した、ジョー ジラード。世界一のセールスマンで、シボレーを売って売って売りまくった人。彼が成功した理由。これも黄金律を実践したから、と結論づけられると思います。
もっというと、彼の成功の要因は、他者を気にかけていること、好意を持っていること、これを伝わるようにあらゆる努力をして実践したこと、と言ってもいいと思います(気にかけてほしい、好意をもって欲しいというのは、多くの人の普遍的欲求)。
例えば、有名な話ですが、彼は、顧客や見込み顧客に対して、毎月、簡単なハガキを送り、「アイライクユー」と一言添えていたそうです。

今思うと、私の好きな新島襄の言葉にも、「小生は、諸君がいかがあらんと日夜忘るる能わず」といったような言葉に、ずいぶん胸を打たれたことを想い出します。


デール・カーネギーのベストセラー、「人を動かす」という書籍にも、「重要感を持たせよ」というルールがあったと思います。
重要感というのは、ちょっと大げさな気がしますが、存在を肯定せよ、気にかけていることを伝えよ、ということではないかなと理解しています。

人を動かす 新装版
人を動かす 新装版 [単行本]

バフェットも、このカーネギーの「人を動かす」を実践してみて、実践結果の統計をとり、効果に満悦だった、というふうに記憶しています。話し方教室にも入っていますしね。


投資の心理学的な面でも面白い、「影響力の武器」という書籍もあります。有力な投資家が買った銘柄だと、追随してしまうイナゴ投資家と呼ばれる行動について、「社会的証明」などという心理的メカニズムを明らかにする等しており、マンガー様も絶賛の書籍です。

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか
影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか [単行本]

投資の心理学的には、この「社会的証明」というのが大事だと思います。
しかし、社会生活という面では、それ以外の箇所の方が重要性が大きいと思います。
結局のところ、黄金律と同じですが、返報性の法則(先に与えると、お返しをもらえる)とか、好意の法則(自分に好意を持ってくれる人が人は好き)といったルールは、当然のことのようですが、やはり重要なルールだと思います。



上に挙げた、聖書の「黄金律」も、「ジョー ジラード」も、「カーネギー 人を動かす」も、「影響力の武器」も、ビジネスマンであれば、ほとんど知らない人はいないのではないかと思います(ジョージラードは比較的マイナーでしょうか)
私も、正直言って、10年くらい前には皆知っていたんじゃないかなぁ。

それでも、実践していなかった。
うーん、もったいなかった。

アクアラインとか、投資先企業の役員、従業員にも、上の本は、万一未読であれば、ぜひ読んで頂きたいと思っています。
例えば、修理しておしまい、ではなくて、スタッフが、顧客を気にかけていることを伝えられるようなメッセージを伝えられれば、本当に素晴らしいと思います。アクアラインのスタッフは、ジョー ジラードを見習って欲しい。業績は、今まで以上にうなぎ登りになると思います。

当たり前のことかもしれませんが、黄金律を実践してくれる社員たちであれば、顧客は、離れないと思います。
自分自身、全然実践できていなかったなぁと今振り返って思うのですが、黄金律の実践をできれば、それは、超強烈な差別化になると思います。


そんなこんなで、自己中心的な自分ですが、ちょっと改善していきたい、もっと他者に関心をもち、黄金律を実践したい、そう思っているのでした。
最近、少し実践をしてみて、既に、非常に効果というか、面白さというか、幸せを感じています。
例えば、フェイスブック上で、あるサービスを宣伝している友人がいました(私が投資している非上場会社の件とは全く別です)。
以前は、あんまり気にしたこともなかったのですが、そのサービスの利用者になってくれそうな人に対して、そのサービスを私が売り込み(お手伝い)を雑談がてらしてみたのです(結果は、その人は既に友人のそのサービスを利用していた)。その話を、友人に伝えたら、非常に喜んでくれました。それだけで、私はなんだかうれしい気持ちになったんですよね。

人間関係って、こうして、他者に関心をもち、他者のために何か行動すると、もっと豊かになるんだなぁと実感したのです。そう思うと、本当に面白いんですよね。


ちなみに、このブログも、もうちょっと、読者の方の便宜になるような良いブログになるように、努力したいと思っています。
尊敬するゆうゆーさんのブログ等、多くのブロガーの方々の読みやすくわかりやすいブログは、敬服しております。
最近では、イエティさんが、銘柄の情報収集に関して非常に優れた記事をアップされて、多くの方の反響があったことが記憶に新しいところです。
いっつも非常にわかりやすいグラフや図表を多用して、銘柄分析をツイッターにアップされるoo_ffeeさん等も、非常にありがたいです。
そういう読者目線のスタンスの方が、もっとより多くの読者に支持されるわけですからね。
誰かのためになること、それは、結局自分のためになるんですよね。


そんなこんなで、至らない所も非常に多い未熟者ですが、少しずつ成長していければと思っています。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

2017年5月の取引ですが、売りが中心の1か月でした。

セルインメイなんてどうでもいいのですが、セルインメイをした1か月でしたね。

ファンデリーは今月で全て売り切りました。1年ちょいの保有で2倍になってくれて、有難いことです。

エンカレッジも、500株減らしました。(さらに、今月に入り、200株減らしています) こちらは、50%超えくらいです。まだ安いかなと思いつつ、雰囲気で売買していますw

今月は、コラボスに参入しました。2630円で600株購入です。すぽさんの銘柄です。
議論としても、すぽさんブログにおける、すぽさん、もぐりさん、みやびさんらの議論を追認します。
ストックビジネスはやはり良い。
あとは、こういう会社はシステムの安定性が命だと思いますので、そこにしっかり投資している姿勢も安心感があります。
CRMの顧客も、エニプレイスのちょうど半分くらいいて、約半分の顧客は、がっちりコラボスに絡みとられているとみてよいと思います。
シェアの推移を、引き続き見守りたいですね。

なお、コラボスは、ちょっと、社長の雰囲気が好きになれないのが玉に瑕です。なんか、好きになれん。
すぽさんは全く重視されないでしょうが。
個人的には、ぺんたさんが億万投資家名鑑の中か何かでおっしゃられていた、「この人の下で働きたいか」という基準は、非常に参考にさせて頂いています。ビジネスといっても人の力なくして成り立たず、人の協力を得られないような人では先が知れていますからね。
投資家としても、好きになれない社長だと、握力がどうしても下がってしまう
(RIZAPのS社長なんかは、もう完全に、個人的には、肌に合わな過ぎると思ってすぐ手放しましたw)。

あとは、ビーグリーという漫画の会社に、ビビっ!!と来ていくらか買ったのですが、どのくらい強みを持てるのか不安になり、すぐに売るという情けない売買をしてしまいました。(広告の訴求力が強く感じられ、伸びるような気もするのですが、確信が持てず、、)

月次の成績は、修正ディーツ法(月初に入金と仮定)で +3.3%
年間の成績は、+18.0%
となりました。

入金は、DC86000円のみでした。

6月も、高くなったら売る、安くなった買う、どちらでもなければ放置(本業に専念)、という方針で行きたいと思います。

201705

201705末exe


読んでくださる方のことを考えた記事にしよう。

自分は、自分本位の、書きたいこと記事ばかり書いている。


リンクをきちんと貼るとか

IR読んでない人にもわかりやすいような画像貼るとか


自分が少し手間をかけて、その分読む人に手間をかけないようにするとか。

少しずつ、改善していきたいですね!





 

営業の天才
世界一のセールスマン
1日平均、6台のシボレー(アメリカの車)を売ったセールスマン

等として有名な、ジョージラードの本を最近読み直しています。
昔読んだときより、感銘を受ける。

スラム街同然の町に生まれて
父親から虐待を受け続け、「お前が生まれた時に首を絞めて殺せばよかった」と言われる。


8歳から靴磨きを始め、35歳まで職を転々として、35歳でセールスマンになってからの成功。
野性味あふれるバイタリティ。実行力。
創意工夫の数々。

「男が女に好かれようとして、いじめることがある。殺してしまうことさえある。狂っているかもしれないが、世の中にまともに相手にされない怒りを抱えている人は、そうしてしまうのだろう」

など、時々、はっとさせられる鋭い人間洞察


気合いと根性系のこういう話が大好きな私です。
ウォルマートのサム・ウォルトンと、どこか似た臭いを感じます。

トップセールスマンっていうのは、欲望や欲求が非常に強いような気がしますよね。そして、その欲望、欲求を実現するために、全身全霊を捧げる。がつがつしています。そのがつがつさが、私には、なぜか爽やかに感じます。



株とは全く関係ないですね!
でも、会社の売上を伸ばすには、セールスは非常に重要。
PLのトップラインに貢献するのですから、セールスマンは、資本主義社会の縁の下の力持ちであり、けん引役であると思います。資本主義の発展は、セールスマンの双肩にかかっていると言っても良い。
ジョージラードみたいなセールスマンのいる会社なら、非常に心強いですね!


この書籍が、「私に売れないモノはない」です。 
株には関係ないですが、素晴らしい本です。ご興味あれば!
下記リンクから買っていただければ、私は若干うるおいますし!読む方も、支払った値段以上の価値を得られることは間違いありません!
逆にいうと、買わないと、買った場合に得られた筈の利益を失うことになります!
自分のわずかなマージンが欲しくてお勧めしているのではなく(わずかでももらえるのは嬉しいですがw)、読んだらきっと読んだ方にも良いことがあると思っているからおすすめしているのです!
お勧めですYO!

私に売れないモノはない! (Forest 2545 Shinsyo)

オフ会などでお世話になっている、バリュー投資家の化学男さん

リンクはこちら

ご結婚とのこと!

おめでとうございます㊗️🎉


ザ イケメン!

にして、

冷静かつ的確な判断、分析!

にして、

よく笑う、とても楽しい人です!

今まで開催のオフは、化学男さんとSさんの掛け合いでいつも漫才状態。(←私は気の利いたことも言えず専ら聞き役です)

ということで、今後とも公私共々よろしくお願いしたい!

お幸せにーーー!!!

 

自分の投資スタイルという仰々しいものではないですが

ツイッター等を通して、他の投資家のスタイルを見る中で感じるのは、

自分は、機会損失を許容するタイプなのだろうと感じています。機会損失を許容する姿勢になったのは、おそらく、愛読書の、The Five Rules.. の影響が大きいです。

アホの間抜けのような気がしますが、安全運転です。
その分、膨大な機会損失が生じています。

それでも、大き目のリスクに自分をさらすよりは、安全運転でショボい成績。
その方が自分には居心地が良いのです。 

もちろん、爆益の方は羨ましいです!羨ましーという感情が湧いてきます。そういう時は、そういう感情を抱いている自分を認め、受け入れます。でも、羨ましさだけに突き動かされる形では、スタンスは変えません。
*もちろん、合理性感じることであれば、方法を変えることはあり得ます。ここで私が言いたいのは、 欲望だけに感染して、合理性を失いたくない、ということです。

そんなスタンスでも、私なんかは、かつては株を危ないと思って遠ざけていたので、年10%も超えた日には、万々歳なんですよね。

投資に出会えたこと自体、そして、ツイッターやブログ、オフ会など、リアルかネットかを問わず、すばらしい方々とあえて、本当に感謝しています。
お会いしたことなくても、親近感を勝手に抱いている方も本当にたくさんいらっしゃいます。


そんなこんなで、爆益の方々を羨ましいと思いつつ(笑)、楽しく投資を続けて行きたいと思っています、




 

投資している非公開株


3月までの業績は苦戦している模様。



これが上場企業なら、損切だかなんだかしているレベルかもw


110万投資しましたが、紙切れになるかもな。。。

やはり未公開株への投資はリスクが高いですね。

紙切れになったら悲しい。。


とはいえ、ここの社長には期待しているんですけどね!!

一気にハンドレッドバガ―(100倍)くらいでお願いしますw

そうすれば、一瞬で億り人w

以前の記事にも書いた、バフェットの伝説の投資教室

 
再読中です。心が洗われます。


やはり、企業の本質価値の推計こそが最大の仕事だと改めて思います。

それさえやってしまえば、あとは、株価の上下をうまく利用するだけです。

それ以外の雑音は、全て、シャットアウトして全く問題ない。


本質価値の推計と、株価の上下(ミスターマーケットの躁鬱病)の利用、やることはこれだけです。

株式投資って本当にシンプルだと、バフェット様は教えてくれます。

 

ツイッターで、問題のあるコメントをしたことについて

反省しています。

まさに、私の不徳のいたすところです。



*誰に何か言われたわけでもないのですが、ここに自責の念とともに記します。

配慮に欠ける、不適切なツイートでありました。

猛省



エンカレッジテクノロジの決算が出ました。


被弾の恐怖におびえていましたが、まぁ軽く被弾の内容では。


特にホルダーとしては、昨年比でのESS RECの退潮傾向は懸念点です。
マイナス金利による金融機関の投資抑制、というのが会社の言い訳です。
真に受けていいものか。

とはいえ、同社の強みが失われたという判断をするには尚早と思っています。

また、保守サービスというストックビジネスは着実に積みあがっており、これはホルダーとしては安心感が強いですね。


今期の決算の予想は、おおむね5%前後の伸び(売上で約7%の増収、営業利益で4%の増加、等)という控えめに見える数字です。
特に、上半期は、営業利益が前期比マイナス43%とかいう予想の数字です。
(この数字の根拠は開示資料には、一見、見当たらず)


予想の悪さから、月曜日は、どう見ても売られてしまうと思います。
まぁ、知ったこっちゃないですが。

恩株予定の100株


今朝の気配が強く、成り行きで売っちゃいました。


@1890円


これで、私のPFの主力として1年近く頑張ってくれたファンデリーは、全て売りました。

完売御礼です。


ミスターマーケット様にごひいきにして頂きました。
ありがとうございました。

今日、さらにファンデリー売りました

1742円で300株でした。
*ツイッターで、1744円と書きましたが、誤記でした。正しくは上記のとおり1742円。

これで、ファンデリーは100株を残すのみとなりました。
また安くなったら買いたいです。しかし、安くなる日は来るのでしょうか。

連休中はずっと微熱で寝てました。
今も微熱が続いています。
正月とか、仕事ないと、熱出すんですよね。
お休みは、緊張感無いせいでしょうか。

大型連休で休むよりも、仕事する方が 、適度な緊張感があって私の健康には良いようです。
 

後出しで言わせてもらうと

ワトソンの売り上げが気になるのに、ワトソンの売り上げがいくらなのか、決算書から分からない。
当時は自分の英語力が不十分のせいかと思っていたが、そうではなかった。
ということで、開示の誠実性に、問題はある会社だと感じていた。

以上、後出し感バリバリ。


まぁ、IBMは放置。
外国株は、せこせこ動く気になりません。

国内株で戦います!
 

今月は、ショボイ売買を繰り返しました。

・残ったのは、エンカレッジテクノロジの売り

・エコス100株 買い 
・パイプドHD100株 買い


市場が不安に包まれ株価が安い時に買うという基本は遵守。

今月の株価の上下をどうこういうのは、アホみたいですし全く意味を感じないので、市場雑感的なことは、何も言うまい。
一つだけ言えるのは、再び、徐々に株価が上がってきてしまい、これに反比例して、私のやる気はなくなりつつあるということです(笑
ブログのタイトル、「怠惰なる投資家」に変えないといけない頃合ですナ~。。。


4月の月次は、-0.06%
年初来は、+14.3%

でした。

入金を頑張りたいのですが、なんやかんやと支出が多く、DC86000円しかできていません。
特に、消費税の支払い事業者になってしまい、がつんと支出があり、そのダメージが大きいです。。


来月は、まぁ市場はどうにでもなれという感じです。
株価はどうなろうが、知ったこっちゃないですね。
高くなれば売る。安くなれば買う。そんだけです。
セルインメイ?あほくさーって感じです


私は、来月は、打診銘柄のリスクモンスターの検討を頑張りたいと思っています。それが納得いくレベルにできれば、私の来月の目標は達成です。


ぶっちゃけ株は、人生の一部に過ぎないわけで。

これは個人的な価値観ですが、私にとっては、仕事で社会に貢献したいです。
誰かに感謝されるような仕事をできるように、頑張りたい。
そのために、自分自身を高めることを最優先したい。
そう思っています。
死ぬとき思い出すのは、株でいくら儲けたかよりも、自分が何か役に立てたとか、そういうことじゃないかなと思っています。

お金ももちろん、大好きですがっ!!!(笑)
あと、家族のことが気になるのは間違いないので、そういう意味でも、お金は気にかかるでしょう!
お金は大事!!! ←どっちやねんw

ということで2017年4月末のPFはこんな感じです。
IBMがやたら下がる、マイナスに突入。決算何も見ていません(爆)
まぁ、放置です。
DCが、不気味に存在感が大きくなってきました。これ、65歳とかまで引き出せないヤツです。。。悲しい~
このDCの存在感が大きくなるようでは困ります。入金&投資の利益を頑張って増やしたいです。

201704cir



201704exe




今月は、銘柄分析不十分ゆえに、安くなって来たときに買わなきゃと慌てるも、リサーチ不足のため適切な対応ができないという、いつもの過ちを再び犯すという悲しい状況です😭

要するに、調査不十分ですね。


パイプドHD
イーギャランティ   :すぐ売り
 エコス
ゲンキー:  すぐ売り

 などなど、一瞬買って、迷って売る、みたいなことを何度かしました。

しかし、自分なりに成長したなーと思うのは、それぞれ、100株しか買わなかったことですね(笑)
1000株とか買っていたら、 ホント昔と一緒なので、せめてここは成長したと思いたい。。。


ともあれ、忙しさを言い訳にせず、せめて1カ月に1銘柄は分析したいなぁ。
そうすれば、1年で12銘柄ですもんね。


バフェットかピーターリンチどっちかが言っていたと思いますが、安全域のある価格はいくら、と自分なりにある程度の自信をもって弾き出した銘柄(自分なりにしっかり分析した銘柄)が1つある方が、曖昧な銘柄10個よりも、はるかにマシですからね。

過去と他人と株価の動きは変えられないですが、自分の企業への理解度は変えられる!


どっかの名言ちっくに言ってみました(笑)

株価がどう動くかなどということよりも、十分に理解したと思える銘柄を1つ1つ積み上げて行くことが大事ですし、それを目指そうと思います。

そうすれば、どう見ても、結果は後からついてくることでしょう!!
もう4月ですが、残り8カ月ですもんね。
今年は、なんとか、8銘柄の分析を目標にしたいと思います。ガンバロー






 



遅まきながら、読みました。図書館の予約が多く、順番待ちの末、やっと借りられたのです。

感想としては、大きな変化のある会社を見つける手法として、年初来高値を更新した銘柄をチェックしてみるのは、良い手法だな、ということ。

新高値であっても、成長性等を勘案すれば、なお割安だ、という意味で、その手法はれっきとしたバリュー投資だと言える、というのが本書の私の理解です。

新高値ブレイクというのは、その銘柄の過去の株価に比べれば高いというだけで、今後の成長を勘案した会社の本質価値の推計に比較すれば安値だ、という意味ですので、これはバリュー投資なのです。
本質価値よりも安く買うのがバリュー投資ですから。

そういう意味では、自分にも取り入れられる点があるし、参考になりました。

株探などを利用してそういう銘柄を探す手法も、具体的で実践しやすく、親切だなぁ感じました。

丁寧に書かれた良書と思います。


しかし、それ以外の、損切のルールとかは、私には受け付けず。

新高値ブレイクというのは、今後の会社の成長性に影響を与える事情を探知するきっかけにすぎず、探知した結果、会社の本質価値を推計すれば、あとは、その本質価値より安くなったのであれば、損切なんかせずに買い増すべきではないでしょうか。本質価値の推計が誤っていない限り。

「株価の変動が正しく、自分が間違い」、みたいな考え方は、「ミスターマーケット」という株式市場の認識と対極をなし、私には受け付けません。むしろ、バリュー投資信者の私には、生理的な拒絶反応が出てしまいます。もちろん、株価の変動が、自分の気付いていない点や見逃していた点についての警告となっている可能性はあります。株価の上昇が、自分の気付いていない、好材料を示唆している可能性がある(これこそ、新高値ブレイク投資法でしょう。ただし、気まぐれで新高値をつけているだけで、無意味に思える株価の上昇もある)のと同様です。ですから、株価の下落があれば、それは、一種の警告音と思って、真摯に検討すべきと思います。しかし、検討してもなお自分の推計の方が正しいと思えば、自分を信じればいいのです、それでもやっぱり市場が正しい、などというのはナンセンスです。

実際には、新高値ブレイク投資法は、新高値ブレイクした銘柄について、その合理性、高値ブレイクの根拠あるものを自分なりに検証し、選別する手法なんですよね。選別するというのは、要するに、根拠のある新高値もあれば、根拠に乏しい新高値もある、ということを前提にしています。もっと言えば、株価の変動が正しいと盲目的になっているわけではなく、健全な批判精神をもって検討しているということです。そうであれば、安値をつけたものについても、それが根拠のあるものかどうかを選別するのが必然と思います。株価の下落についても、根拠のある下落もあれば、根拠に乏しい下落もあると考えるのが一貫した姿勢であり、合理的な態度と思います。なぜ、下落した場合についてはm株価の変動が正しいと盲目的になり、健全な批判精神を放棄するのでしょうか。片方については根拠があるかどうか検証するのに、もう一方は、根拠の有無を検証しないというような、両者で扱いを区別する合理的理由はありません。
高値ブレイクした銘柄について、ファンダメンタル分析をして選別するのに、損が増えたらファンダメンタル分析をせずに一律損切りというのは、私からすれば一貫性を感じませんし、理解に苦しむところです。

自分が正しいか間違っているかというのは、短期的な株価の変動なんかが教えてくれるわけではなく、大事なのは、本質価値の推計(←成長余地、ビジネスモデル、経営者の質や誠実さ、今後の予測成長率、競争優位性の強さ、業界の状況、等々から推測する)に関する間違いがあるかないか、という点でしょう。そこで間違えがあると思えば、潔く損切りすべきでしょうが、株価が買値より10%下がったら損切り、という手法は、疑問です。

多くのバリュー投資信者からすれば、私と同様の感想になるのではないか、と思いますがいかがでしょう。

ともあれ、学ぶ点はあり、非常に有益ではありました。

自分に合う部分だけ、取捨選択すればいいんじゃないかなと思います。

今朝、将軍様がミサイル発射のニュース。

昨日を無事通過して、小休止かと思っていましたが、相変わらず不安定な情勢が続きそうですね。

これを機に、もうちょっと買いを入れつつ、余力も十分に残して、さらなる下落に備えたいと思っています。
 
株価的には下がって欲しいのですが、安全面では不幸なことがないよう願っています。
そうも理想的な展開にはなかなかならないかもしれませんが。。。。 

昨日は、エコスを100株、優待用に買いました。@1091円

あとは、ちょっと投機で売買したら、見事に失敗して、一瞬で撤退しました。これが4,500円の損でした。

黒電話将軍様が核実験をすることなく4/15を通過しました。
個人的には安堵しています。 

しかし、月曜日はとりあえず反発しそうですね。
ほとんど買うことなく、反発を迎えそうで残念です。
5-10%くらいは買い出動しようと思いつつ、できないまま終わってしまいました。
万一のリスクが実現した場合用に出動しようとしていたキャッシュも、使わず仕舞いになりそうです。

下がって来たのうー、何か買うぞー

ということで、今日はパイプドHDを買ってみました。

100株@969円

たったの100株です。

買った後で、下方修正の常連会社と知りましたw
しかし、一見チャラそうな社長が、IR動画など見ると、下方修正や情け無い業績にショゲかえっていて、なんだか可愛い気もしますw

こちらはもうちょいリサーチの上、保有量を増やすかも知れません

競合はエイジア。こちらはかつてのすぽさん銘柄の模様。
エイジアも、なかなか安くなりつつあるという印象です。
エイジアの方が優等生と思います。

ところで、今日は何故か多少反発ムードでしたね。

自分の保有株も上がったのもちらほら。


キャッシュ大量の私としては、やっぱ下がれよーと思います。

幸い? 将軍様も怪し気な雰囲気を出しているので、イベント回避のために、明日は売り圧力が強いだろうと普段やらない短期株価予想をしておきます。


 

いざ自分の主力のエンカレッジなどがダダ下がりすると、動揺しますね 汗

ともあれ、そろそろ、買い出動の準備を始め、ちびちびと買い始めたいと思っています!

銘柄調査ガンバラにゃ!


話変わりますが、ツイッターとかを見ていて、ツイッター界の人達は、今下落で大小あれダメージ受けているのでしょうけれど、皆さま、長期的には損するとは到底思えないですね。心強い方たちばかりです。
なんだかんだ、雰囲気が一変した現状を楽しんでいるようにすら見えます。
相場とは皆様基本的には逆行する逆張り派が多く、孤高の少数派な方々が多いです。
楽しいユーモア溢れるツイートも多く、相場の癒しを頂いています。


楽しみつつ、この厳しい相場を乗り越えたいですね!

 

つい先月までは、もしかして1,2年、ガンガン上がって行くのかなー、キャッシュポジション多めの僕は指咥えて眺めてるだけかなー、なんて思っていたのですが、

怪しげな市場の雰囲気になってきて、非常に喜ばしいですね。

グレアムやバフェットを信奉する身としては、安く株を買うことのできる下落相場は大歓迎です。

しかし、相場の雰囲気が変化するのは、ほんと一瞬ですね。
3末の時点では、私は想像だにしませんでした。たった1週間で、ここまで変わるかー、という感じです。
相場は、本当にエキサイティングです。
しかし、先週の土日の段階で、これを予想できた人いたら教えてくれ!って感じですね。
私の知る限り、piculさんぐらいじゃないですかね!?
(piculさん半端ないっす。3/30の記事読んだ時は、当時は、!?何おっしゃってるの!?ってレベルでしたw)

ともあれ、やっぱり下落相場の方が、物色しがいがあって楽しいですね!
ジェットコースターのように、3月までは高いところに上がったので、ここから一気にギューんと急降下お願いしたいw

******

アメリカについては、仮に世界の警察官になる決意の現れであれば、喜ばしいと思います。
警察官のいない世界を想像するとゾッとします。

とはいえ、フィリピンとかみたいに、警察官が自由にやりたい放題もまた困ります。
警察官とて、縛りがなければ暴走しがちなことには留意しなくてはと思います。
警察とて、警察を縛るルールがあります。そういう意味では、今回のアメリカの行動は、評価できる面と、ルールを逸脱しているのではという懸念との両面を抱いています。
総じて私は警察官的行動について、ポジティブに考えていますが。
安倍さんの言い方も上手だと思いました。「決意を全面的に支持」であり、行動自体を全面的に支持したわけではないという言い訳を残しました。万一、的確な証拠が見当たらなかったり、あるいは、今回の行動が性急すぎるという問題が生じたとしても、日本が支持したのは、化学兵器の抑止に対する「決意」への支持だけと言えるのですから。適切な表現だったと思います。

 

銘柄の分析せにゃまずいな。

そろそろお買い得なものも出て来ていそうだ。

しかし、ここ数日ずっと、仕事でぐったりで、銘柄を検討する力が出ません。
今日も終電まで仕事になりそうです。
疲弊しています。 

来週もどうか市場全体が下落基調でズドーンと下にお願いします。 

 

仕事に追われて、分析する余裕ありません。

ファンデリーやアクアライン、エンカレッジが暴落すれば、適宜の価格で買いますが、今はまだその価格ではないと思っています。

他の銘柄は、本質価値推計ができておらず、高いか安いか判断つかず、行動できません。

こういう不安が、せめて来週いっぱいくらい続いてくれればと思っていますが、どうでしょうか。 

日経も大して下げてないし、あまりまだパニックが生じているようには思えないんですよね。


幸運にも、3月に随分ファンデリーとアクアラインを売っぱらったので、今はキャッシュが豊富です。

もっともっと下がり、大出血バーゲンセールが始まることを願っています。


 

今日は新興はそこそこ調整しましたね。

もっとドカンと来ないかな。日経1000円以上、ガツンと下げるようなヤツ。

キャッシュ多いので、暴落大歓迎です。


値上がりしていくと、指をくわえて眺めるだけになってしまいます。

暴落がくれば、同じく眺めるだけですが、高見の見物となります(エンカレッジとアクアラインは食らいますが)。



そんなこんなで、強烈な下落相場の始まりを祈念しています。



悪名高き(?)優待クロス


この快感が異常です


優待が届いた時、1回目の快楽が訪れます。

そして、これを使う時、「いいんだろうか!?」と戸惑いながらも、しかし理性で抗えない、押し寄せる2度目の絶頂に身を委ねるのです。


・・・キモい文章ですみません。


今朝、日経で、優待クロスいかんぞ、的な記事もありましたが。。。

ともあれ、旨味がなくなるまで、優待クロスでこの快感を味わい続けたいと思います。たまりません

***********

さて、4月は、「休むも相場」どおり、ひたすら本業に専念しようと思っています。仕事忙しく、新規銘柄発掘はなかなか難しそうです。
高値になれば売りますし、安値になったら買うかも知れませんが、売るほど高くも、買うほど安くもならないような予感がしています。
でも、こんな予想は絶対当たらないので、やっぱり大波乱があるかも知れません。どうなることやら。

ともあれ、株を放置して、仕事に専念できるのも、中長期投資家の、しかも兼業投資家の良い点だと思いますね!





2017年3月が終わりました。

今月は、私の保有銘柄のうち、成長株として保有していた主力のファンデリーとアクアラインがずいぶん株価が上がりました。


終値で比較すると、
ファンデリーは2末の1129円から、3末は1584円、
アクアラインは2末の1222円から、3末は1380円です。


3月月中は、両銘柄とももっと高い値をつけており、その間に、私はけっこう売却しました。


ファンデリーは2700株あったのですが、2400株は売却して、残りは400株だけとなりました。

アクアラインは、2100株あったのですが、残りは1300株となりました。

さらに、エンカレッジも、100株だけ、1900円超えの価格で売却しています。

あと、試し買いのインベスターズクラウドは、どうも落ち着かず、やっぱり売ってしまいました。
化学男さんの買っていた、リスクモンスターも試し買い。こちらはまだ持っています。

今年の途中入金は、相変わらず毎月強制積立のDC86000円だけでした。
今年はDC用以外入金がまだゼロです。
そろそろガツンと入金したいのですが、なかなかうまくいきません(;^_^A

あとは、こっそり優待クロスをコッソリとやりました。

そんなこんなで、

今月の損益率は +7.9%
年初来は、14.4%

となりました。(修正ディーツ法が、途中入金の計算わからずパピってしまったので、単純に資産で対比しています・・・入金分だけ、プラス額がかさ上げされてしまいますが、まぁいいです。見た目かさ上げされていると思って差っ引いて読んでくださいませ)

個人的には、十分満足のいく数字です。
もう、今年は売買は何もしなくてもいいかな?くらいの気持ちです。

目標低い、と思われてしまうかも知れませんが、
欲しい銘柄の株価も高いですし、あまり無理することもないかな、と思います。

本業頑張りたいですね。

キャッシュの比率が、ずいぶん増えています・・・

20170331


201703exel





有名な、2年前の東大卒業式の式辞です。

リンクはこちら


「あらゆることを疑い、あらゆる情報の真偽を自分の目で確認してみること、必ず一次情報に立ち返って自分の頭と足で検証してみること、この健全な批判精神こそが、文系・理系を問わず、「教養学部」という同じ一つの名前の学部を卒業する皆さんに共通して求められる「教養」というものの本質なのだと、私は思います。」


この精神は、そのまま株に当てはまると思いますね!


ところで、このリンク先のタイトル、「東大総長」ということ自体、間違ってますね(笑
「教養学部長」と「東大総長」は全然違うみたいです。
東大総長の下に医学部とか経済学部といった様々な学部があり、その学部のうちの一つが教養学部で、そのトップが教養学部長なのだから。

連日、上昇するファンデリー

今日も売りました。
もはや400株しか残っていません。

1660円で800株
1711円で500株です。 

途中買い増したりして平均取得価格は上がっていますが、最低取得価格は802円か803円かと思います。
買い増す前は845円くらいだったか。

それらの価格を基準にすると、めでたくダブル バガーになりました。
恥ずかしながら、株でダブルバガーは初めてです。
ファンデリーには感謝しかありません。 

ブログ用資産も、一瞬ですが、2000万の節目を超えました。
売却後、税金の支払いにより、2000万より少ない現金になってはいますが。

 買付余力が50%超えと、現金ダブダブです。
焦らずに、割安な良い企業を見つけたいと思います 



piculさんの上記書籍、kindleにて、読了しました。 

印象としては、ビジネスモデル、業績、財務、四半期進捗、バリュエーションという5項目を重視するなど基本的なところから始まり、非常に手堅い。
これで大きく負けることは絶対無いな、長期的には絶対に儲かるな、という良書だと思います。

個人的にも、投資の経験に乏しい者としては、大先輩のpiculさんの手法と比較的類似した手法を取っているつもりですので、方向性としては、このままやっていけば、相場のアップダウンはあっても、大丈夫じゃないかな、長期的には着実に資産は形成していけそうだな、と自信を与えてくれる内容でした(もちろん、勉強は続けなくてはなりませんが)。

特に参考になるのは、分割での購入、売却の箇所ですね。いわゆる分割利益確定、というヤツです。
以前保有していたピックルスの売却の際にも、piculさんのブログの影響で、分割して利益確定を進めて、非常に精神的に落ち着いていられたのを思い出します。

過去にも、「十分割安だと思うが、もっと割安になる場合にどうしよう」という悩みを考えていたことがありましたが、(→こちらの記事)、その答えも、分割購入がベストと今は思っています。当時の悩みに、自分なりに解決の答えを書いていましたが、やはり精神的に苦しい答えだったと思います。その問題を、piculさんの分割購入という手法が解消してくれたというわけです。

もちろん、安い値段でちょびっと買ったら、その後値上がりしてしまい、たくさん買えない、というリスクはあります。機会損失のリスクですね。
でも、ちょびっと買った株が値上がりしていくんだから、それを楽しもうよ、というのがpiculさんのスタンス。
機会損失は甘受する。このスタンスも、私は非常に共感します。それで現実の損失は回避できたのだから、機会損失は甘受もやむなしということですね。また値下がりによる買い増しのチャンスを待てばよいのです。

信用取引を使わない点も含めて、一発勝負の大勝負に出ない点、精神面での安定を重視する点がpiculさんの手法の大きな特徴と思います。

私も、非常に影響を受け、参考にさせて頂いています。投資は、やはり、投資家それぞれの性格と一致する手法を取るのがベストだと思います。信用を使う人も、一発勝負をする人も、それで良いと思います。piculさんも否定していません。私自身、否定する気は全く無いです。それでめっちゃ儲けている人も知っており、うらやましいくらいです。 でも、自分のビビリな性格的には、自分には合わなくて、むしろpiculさんの手法は非常にしっくりきます。

今回のアクアラインや、以前のエンカレッジ、ファンデリーのちょびっとの売却もそうですが、価格が急騰したときは、自分なりの理論株価から乖離しても、多少売ったりします。これは、その後値上がりしてもまた下がっても、自分の精神面に悪影響を与えないための対応です。
自分なりに算出した理論株価を脇に置く点では、私の理論は後退しています。
しかし、理論よりも、精神面の安定を重視したいと思っています。
とくに、株価の上下動に対するストレスを軽減させたい、私のように心臓の弱い方にとっては、非常に参考になる手法だと思います。

短期間の大儲けは容易ではないかも知れませんが、ノンビリ、地道に株式投資をしたい人にとっては、非常に役立つ書籍です。

簡潔でリズミカルな文体も、個人的に好みです。

ツイッター界隈でも話題ですが、とてもオススメです!!!

昨日、アクアライン以外にも若干売買したので記録します。


・ファンデリー     300株 1530円  売り
          700株 1580円 売り

・インベスターズクラウド 100株 4595円 売り


キャッシュが44%と、ずいぶん増えてきました。

先日のIR


広島ガスとの提携は良いとして、リフォーム仲介の子会社を5月から立ち上げる由。



予想では、同社の2Q、5~7月は利益ダウンして、見た目BADな決算になると思っています。


いっつも、アクアラインさん、新規立ち上げ後、一定期間はうまく回らずドタバタして利益ダウンさせるイメージなんです。
今回も安定のそのパターンだと読んでいます。

どうなることやら!


あと、提携の拡大については、以前のブログ記事でも、なぜアクアラインが提携を結びやすいのか、3つの理由を書きましたが、この論拠は現在も引き続き妥当していると思います。
引き続き、提携の拡大は、同社の成長ドライバーとなることを期待しています。

昨日に引き続き、アクアライン 300株  1478円で売り。

per見たら、まだ13倍ないのか。安かったかな。。

完全に雰囲気で株やってます


ここ数日、急に仕事が忙しくなってしまって、心身ともに悲鳴をあげています。
これがまだ続きそうです。
最近の癒しは、子どもとの触れ合い&  帰宅時に優待クロスでゲットした優待券を見ることですw この嬉しさはなかなか良い!

今日は、

インベスターズクラウド 100株@4710円
リスクモンスター  100株@ 953円

でそれぞれ購入。

インベスターズクラウドは、いきなり 終値4500円と約4.5%も買値から下落しました(^^;;

いずれもまだ調査中で、味見程度の購入です。

同社は目下すぽさんブログで議題になっております。

 私の見るところ、土地の提供者と購入者の双方にとってのメリットのデカさ
(提供者のメリットについては、すぽさんブログにて人参さんご指摘のとおり。購入者にとってのメリットは、すぽさんブログにてパラッツォさん指摘のとおり)

これゆえに、提供者と購入者がどんどん増える

増えたこと自体が魅力になりさらにどんどん増える

これゆえに、提供者と購入者がどんどん増える

増えたこと自体が魅力になりさらにどんどん増える



という、ネットワーク効果こそが同社の利益を生み出す根幹だと思います。 


不動産投資関連ビジネスは、シクリカルな面強く、あまり好きではないですが、
シクリカルでありながら、波はありつつも、上方への成長は今後も期待できると考えています。

現段階では、目ぼしい競合も見当たらないように思います。 


リスクモンスターは、地味に堅実に成長しています。
化学男さんのパクりです。
こちらも、調査はこれから頑張りたいです。 

欲しい銘柄は買える水準に無いです。

もう、今は本業に専念です。

なかなか下がってくれませぬ。

こういう時は、本業に専念しましょうぞー!!

あと、こっそり優待クロスを頑張ります(笑) 

前回に続いて、2章 避けるべき7つの罠  の内容はこんな感じです。

ホームラン狙い
 一か八かという銘柄ばかりでPFを組むことは、破滅に至る確実な道である。
 (超集中投資もここに含まれると思う)

 → 個人的には、過去のまんだらけへの超集中は危険だったと改めて思っています。
   同時に、自分の考えでは、どんなに自信あっても、せいぜい20~30%がPFの許容限度かなとも思っています。
   なかなか40%、50%という比率では、おっかなくて持てません。
  
「今回は違う」という思い込み
  ITバブル期等の話が想起されますね。

製品に恋をする
  これはピーターリンチも言っていますね。
  結局、その製品が会社の財務・決算に与える影響まで考慮しないと。

・暴落でパニックになる
  これも常識。


・タイミング手法
  チャ―ティストの否定。ファンダメンタルズに立脚することを宣言しています。

・バリュエーションを無視
  当たり前。


・(キャッシュフローを見ないで)会計上の利益のみ重視する
  これも当たりまえ。ちゃんとCSまでチェックしましょうということですね。



こうしてみると、7つとも、当たり前の内容ばかりですね。
しかし、こういう当たり前のことをきっちりと、投資の際は、毎回チェックすることが大事と思います。

(チャートの否定など、あえてチェックするまでもないこともあるかと思いますが。)

The Five Rules for Successful Stock Investing: Morningstar's Guide to Building Wealth and Winning in the MarketThe Five Rules for Successful Stock Investing: Morningstar's Guide to Building Wealth and Winning in the Market [ペーパーバック]

Pat Dorsey
Wiley
2004-12-29





今日は、私の超お気に入りのマイナー書籍、「The Five Rules・・・」 のご紹介の続きです!

今日は2章のイントロをご紹介!


2章のタイトルは、「投資家が避けるべき7つの過ち」

イントロは、こんな感じです。↓  翻訳は、相変わらず、適当でいい加減です。全く不正確なのです!

  投資は、多くの面でテニスに似ている。
 テニスでは、素晴らしいサービスや強烈なバックハンドがあれば点を稼げるだろうが、そのようなアドバンテージも、ダブルフォルトや様々なミスによって簡単に帳消しになってしまう。
 5セットが終った時、勝つのはたいてい、最もミスの少なかった者なのだ。

 投資も同じだ。
 もし、投資におけるよくある過ちを避けることができなければ、優れたリターンを得ることはできないだろう。
 少数の大きな過ちによる損失を埋め合わせるためには、多数の良い銘柄を当てる労力が必要になるのだ。

 そこで、良い銘柄を選別する方法の検討に入っていく前に、7つの、容易に避けることのできる(しかし、投資家がしばしば陥る)過ちについてこれから紹介したい。

 こういった過ちを避けることが、あなたが経済的な目標を達するための、最初のステップになる。


こんな感じです。
「なるほどなるほど!過ちを避けるのが大事なのは分かった。じゃあ7つの過ちってなんやねん!?」と気にならざるを得ない、いいイントロですよね!私はテニスは全然しないので、テニス好きな方には異論があるかもしれませんが・・・

本書は、いい本だな~ってこういうイントロからも私は感じるのです。


本書の超ゴリ押しですみませんw (でも、いい本と思いませんか?なんで日本語訳ないんだ!?って本気で思います!)



各論は、また後日アップしたいと思います!!! 


ブログを読み返すと、昨年の3月7日に、主力銘柄の一つ、アクアラインを購入していたようです。


購入時のブログはこちら


当時のブログを見ると、異常なほどせかせか動いていますね(笑

ブログの更新頻度もすごい(笑


このころは、チャイナリスクだか原油安だかが理由で、2月12日に暴落が起き、これが多少落ち着いてきたかな、くらいの時期で、

私自身は、まんだらけの業績不振にあえぎ、同社の一極集中からPFの分散を進めようという時期だったと記憶しています。

まだ、『The Five Rules・・・』とは出会う前の時期ですね。

やはり、本書(FIVE RULES)を読んだ影響は自分には大きいな~と、この時期(同書に出会う前)の自分の記事を読むと、自分自身の変化の大きさを感じます。


アクアラインについては、途中で多少買い増したり、やばいと感じた決算で慌てて売ったりしつつも(汗)、1周年を迎えたのは、おめでたいですね。

異性関係で例えて言えば、今まで付き合ってもすぐに別れてしまってばかりだったのが、初めて1年というそこそこの期間継続して交際できた、という感じでしょうか(笑

今後も、惰性の腐れ縁にならないように、私自身も少しずつでも成長していき、アクアラインさんと、尊敬しあえる関係になれればと思っています!?(笑

更新頻度減ると宣言した翌日の記事でした!(笑

尊敬するゆうゆーさんも似た趣旨のことをおっしゃっていたように思いますが、更新減るとか宣言すると、急に気が楽になって、かえって筆が進むような気がしますね!!!これからは更新しまくるかも!?どっちやねーんw

いつも訪問頂きありがとうございます。

表記のとおり、更新頻度が減りそうです。


理由は、

投資のスタイルが 、長期ホールド(少なくとも1年以上)が基本的に性に合っていると最近自覚しつつあること

ゆえに、1年未満の、何らかのイベント等による利益を狙った売買はしないであろうこと 

ゆえに(?)ネタがほとんど無いことです(笑)



私としては、色々試行錯誤していた時期を経て、安定的な巡航速度に現状は落ち着いた、という認識です。

とはいえ、更新は続ける予定であり、特に休止するわけでもありません。

ただ、かつてよりも更新頻度は減りそうだなーと感じていまして、そのご報告です。 

いつも訪問してくださる方には、更新されていないままの当ブログを晒すのは、やや心苦しく、お詫びかたがたここに報告する次第です。 

多大な苦労を強いられます。。。


なかなか時間取れないし。


こういう時は、専業投資家ってうらやましくなる。

仕事抱えながら新規銘柄の企業分析って、けっこう大変と思います。


しかし、自ら選んだ道だから文句はいうまい!

パットドーシー様もいうとおり、株を買わなくて機会損失はあっても、実際に現ナマのお金が減ることはないですからね!!!焦らず調べましょうぞ!!!

*今日も投資関係ないです


子供らへ遺書を書こうとしたら、やはりこの本はぜひ読むべし!みたいな本を10冊くらいは上げておきたいような気がするんですよね。

しかし、その10冊は何を選ぶのかというのは難しいです。

皆様だったら、子どもに勧める本、どんな本を勧めますか?


もちろん、どういう子かにもよるのだろうけれど。


私の読書の貧しさが明らかになってしまいお恥ずかしいですうが、道徳系や自己啓発系は、やはり何冊か入るかなぁ。

そういうのが、生きていく根本だと思うので。

フランクリン自伝とか、スマイルズの自助論(西国立志編)とか。

手紙系の本も入れたい気がします。
 チェスターフィールドとか、ウォードの本です。あと、新島襄の手紙も、入れたいかなぁ。。。

新島襄は、私は好きなのです。

例えば、奥さんを他人に紹介する言葉にも、惹かれます。

いわく
「もちろん彼女は決して美人ではありません。しかし、私が彼女について知っていることは、美しい行いをする人だということです。私にはそれで十分です」
というもの。

八重の桜というNHKの大河ドラマは見なかったのですが、そういえば、綾瀬はるかが主演でやっていましたね。

綾瀬はるかだと、当然美しい人ということになるのでしょう。
実際はどうだったのかはよく分かりません。謙遜して言っているのか、本当に美人ではなかったのか。

ともあれ、新島襄の言葉はかっこいいと思います。
私は、新島襄が好きなのです。
熱烈な愛国者にして、愛情深い教育者でもあります。
教え子にあてた手紙
「小生の心は、日夜、諸君を忘るる能わず。何事を聞くにつけても、今は諸君は如何あらんと心配いたし居り候。」
なんて、こんな手紙をもらったら、ずいぶん感動してしまいそうです。
しかし、親の気持ちというのは、まさにそのようなものでしょう。



 あと、エマーソンも入れたい気がします。自分の心・直感を信じる、その強さを教えてくれる。

論語や孟子も、もしその時点で学んでいなければ、当然入ってくる。日本人の道徳の根幹は、やはり孔孟の道です。


お金の本も、入れるかなぁ。。分からない。しかし、やっぱり入れたい。
「隣の億万長者」は入るかなと思います。
あとは、優れたバリュー投資の本は1冊は入れたい。うーん。。。


とりとめもないですがお終いですw


*投資関係ありません。



学生時代にお世話になった先輩の訃報届く。

今日、お通夜に行ってきました。
奥さんとまだ小学生の男の子2人を残して、つい先日まで元気だったのに、突然亡くなってしまった。
無念を思うと、残念でならない。

ただただ、ご冥福と、ご家族のご多幸をお祈りするのみです。。。

====================================

こういう事態にあうと、投資の成績とかで一喜一憂できるのは、幸せなんだなと思う。

せめて息子が一人立ちして、一人前になるまでは、死ねない、死にたくないと強く思う。
(娘は、どのタイミングか、よくわからない。安心できる旦那をもらえたときか、一人立ちできる力つけたときか。)



あと、万一の時に備えて、遺書は作っておこうと思いました。
息子や娘には、仮に僕が突然死んでしまうようなことがあっても、僕(父)の想いは伝えたい。

何を伝えるのか、決まっていないが

お父さんにとって、世界の誰よりも君らが大切なんだ、といういこと
君らは世の中的には「普通」の大人になるかもしれないが、お父さんにとっては、世界の誰も替わりになれない、特別な存在なんだということ
お父さんは、世界の誰よりも、君らの幸せを願っているのだ、ということ

は伝えたい、と思う。

これを前提にして、色々お説教っぽいこと(自分もできもしないようなこと)を、たくさん言いたいと思います(笑
ついでに、グレアム様、バフェット様など、株のことも遺書にも書こうと思います(笑
マンガー様にも、学ぶこと多いと思うので、マンガー様のことも(笑
「The Five Rules・・・」 も読め!と書こうかな(笑


↑このページのトップヘ