ブレジンスキーの世界はこう動く―21世紀の地政戦略ゲーム
ズビグニュー ブレジンスキー
日本経済新聞社
1997-12


imoekatさんのブログで紹介されていた、「ブレジンスキーの世界はこう動く」という本、本当に面白いです。
(最近、私は地元の図書館で借りました)。
imoekatさん、良い書籍の紹介感謝です!(無断リンクいつもすみません・・・)


この本、世界史の勉強より100倍は面白いですね。
同時に、アメリカ人支配者層の、世界を把握する力のすさまじさに驚きます。
地球儀で、物を考えていますね。

私なんかは、日本を中心に、韓国、北朝鮮、中国くらいしか普段見えていないので、自分の近視眼さと、世界国家のアメリカとで、全く世界の捉え方が違うことに驚かされます。

トランプ後のアメリカがどう動くのかはよくわからないですが、アメリカにとっては、日本と韓国は同じようなもんで、中国(アメリカの覇権を脅かしかねない存在)、ロシア(同左)に対するアメリカの極東における重要拠点、という位置付けは不変なのではないか、と感じました。

特に世界史が好きな人には、とっても面白い内容なんじゃないでしょうか!!!
ブレジンスキー氏の続編もあるのかな?期待です!