56E2C753-7B74-410E-8A9B-2DBE952F3A5C
















昔は口コミで話題になって売れに売れた商品というのが普通にあった・・・というか、あまり宣伝費や広告費をかけずに友人・知人から「これ、いいよね」などを耳打ちされ、商品が売れていく・・・これが口コミだった。
でも、ネット時代になると口コミの意味が大きく変わり、口コミ自体を意図的に使うことが広告宣伝の中心になってしまった。

消費者のアンケートでも、口コミ評価が多数出ている商品と全くない商品、どちらを買うか?・・・大半の人が口コミ評価(☆を付けるのも含めて)が多い商品を買う、あるいは口コミ評価を参考にするという結果もでている。
こうなると、口コミ評価、それ自体が大きな宣伝効果を持つようになってしまう。

意図的なフェイク・口コミで客を誘導したり、ライバル企業を罵倒したり・・・食べログなどでもお店のフェイク・口コミが増えているようだし、アマゾンでも変な日本語の口コミもあり・・・大した理由の書いていないのに評価が5つ星だったり・・・でも、10人中9人が高評価なのに一人だけ「ボロボロ」な評価を書いていたり・・・
なんか普通に見ているだけでも、なんかおかしいなという違和感がある口コミ評価も多い。
もちろん、全部がフェイク口コミだとは言い切れないが・・・違和感のある評価は疑ってかかるようにしている。
ネット社会は誰でも意見を発信できる代わりに、フェイク情報も多く含まれてしまう・・・しかもフェイクかどうかを見極めるのもどんどん難しくなっていく。

ところが・・・ところが・・・なのだ。
田舎者は正直なので、フェイク・口コミはほとんどない。
たとえば、食べログで・・・「清里、そば、ランキング」と打ってみる。

第一位、翁(おきな)・・・長坂にある古民家風のお蕎麦屋さん、実際、「ざる」と「田舎」の二種類の蕎麦がムチャクチャ美味しい・・・純粋に蕎麦を食べたい人には人気No1は間違いない。

第二位、紬山荘(つむぎさんそう)・・・ここの昼の定食がメチャクチャ美味しい、元々フレンチ出身の蕎麦打ち名人が打つ蕎麦は工夫がいっぱいで、黒ゴマの蕎麦、すだち蕎麦などを選べ、さらにいろいろな一品料理が出てくるのがうれしい。

第三位、くぼ田・・・ここの天ぷらそばは天下一品だし、鳥のモツ煮がメチャクチャ美味しい、どうしても日本酒が欲しくなってしまう。

第四位、月舎(つきや)・・・ここの二段重ねのそばは絶品だし、てんぷらも美味しい、夜オープンしているので助かる。

第五位、いち・・・古民家蕎麦屋で、素アゲの野菜・山菜の天ぷらが物凄く美味しい、さらに一つ一つが素朴な味で、店の雰囲気とピッタリ合う。

というわけで、地元民が100%納得する人気ランキングとなっている。
蕎麦だけでなくて、鰻も鮮魚も実際の印象と口コミ評価との違和感を全く感じたことがない。
田舎者は正直に口コミを書いているのだ・・・このエゲツない世の中で、安心して口コミを信じていられる田舎はとても居心地が良い。


株式需給の達人 (投資家編))
興味のある方は以下のURLからアクセスしてください。
https://www.amazon.co.jp/dp/B07VW66RCN/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_5NdqDbDN159VD


株式需給の達人(基礎編)

https://www.amazon.co.jp/dp/B07TFM4GNL/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_2UadDbTW8SSZM





にほんブログ村