5348F1F2-E30B-4A6E-BFC5-133EC2AD49CC
















新型コロナ騒動の中で、中国では外出せずにネットを介して働く在宅勤務が増えてきているらしい。
日本でも満員電車の中でも新型コロナ感染リスクをを考えると、在宅で働ければその方がいいという人が増えてくるはずだ。
でも、現在の労働基準法では労働時間が規定され、残業時間も制限されている・・・こうした労働基準が「時間」であるかぎり、在宅勤務はいろいろな問題に直面する。

また、自宅のパソコンから社内システムにログインするので、外部からの社内システムへの侵入というセキュリティ上の問題が出てくる。
指紋認証や顔認証などのセキュリティシステムの導入が不可欠になる。
テレワーク、リモート・ワーク、在宅勤務などは、一部の企業がなし崩し的に行われているが、実際に推進すると、いろいろな問題に直面する。

昔、運用会社にいる時、アナリストから自由にリサーチ活動をしたいという要望が上がり、各アナリストに会社内のシステムにつながるノートパソコンを配ったことがあった。
しかし、問題は「時間」だった。
アナリストが社外の説明会に出席し、家に帰りレポートを作成し、社内システムに送る・・・ファンドマネジャーはそれらを読んで投資判断をする・・・となるが・・・
自宅でのレポート作成が労働時間に入るのか、残業時間にカウントされるのか・・・さらに自宅での勤務が増加じた場合、労働基準法に抵触しないのか・・・「時間」に関する様々な問題が出てきた。
労働評価を従来の「時間」から「成果」に変える必要がある。
その一方、長時間労働などの労働規制も強化されてきた社会で・・・テレワークが過剰労働につながる可能性も排除できない。

「時間」から「成果」に労働評価を変えると、おそらく、一般にサラリーマン、朝から出社して8時間働き、残業を少しして帰るという生活をしている人たちからすれば、サラリーマン生活がひっくり返るようなことになるはずだ。
逆に「時間」管理をそのままにテレワークにしたら・・・たとえば・・・1時間ごとに仕事の進捗を上司に報告し、その時間きちんと仕事をしていたことを証明しなければならない。
たとえば・・・社内ネットワーク上でいくつもの会議に出なければならない、残業時間は働いた証拠とともに自己申告することになる。
余計に面倒くさい報告が増えていく。

さらに大した仕事もせずに会議に出席するのが唯一の仕事・・・の中年サラリーマンは困った事になる。
報告するような仕事をしていないので、自宅で仕事をしていたという証明ができない・・・新コロナウィルスの危険があっても通勤して会社でデスクに座っていた方がずっと良いと思うだろう。
中年「窓際族」には厳しい現実が待っている。


株式需給の達人 (投資家編))
興味のある方は以下のURLからアクセスしてください。
https://www.amazon.co.jp/dp/B07VW66RCN/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_5NdqDbDN159VD


株式需給の達人(基礎編)
https://www.amazon.co.jp/dp/B07TFM4GNL/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_2UadDbTW8SSZM






にほんブログ村