株山人の投資徒然草

大手運用会社をリタイアし、八ヶ岳に住む株山人の日記

大手運用会社をリタイアし、八ヶ岳に住む株山人の日記

株を職業にして38年、株式投資の楽しさを個人投資家に伝えたい。
Kindle版のeBook「株式需給の達人 基礎編と投資家編」を出版しました。
需給を制する者は投資を制す!

オウム真理教とイスラム過激派

オウム真理教とイスラム過激派(2)

1F9AA628-AFFE-4694-B762-CBE4BEAA3467







オウム真理教には多くの高学歴の若者が集まっていた。
また、イスラム過激派、ISなどにも多くの優秀な若者が集まり、テロ行為を行っている。
何故、多くの優秀な若者が狂信的なカルト集団に命を捧げるのだろうか?

ワシはアラブ地域への数多く訪問した経験があり、アラブの人たちと話す機会も多かったので、イスラム過激派に参加する若者と、日本のカルト教団の参加する若者の共通点がなんとなく感覚的に理解できる。
それは既存社会の腐敗に対した時、若者はより原理的で急進的な考え方に魅力を感じるということだ。

たとえば、金利を認めていないイスラム教、それに対応するためイスラム金融では割引債が中心になったが、割引債だって金利だよねというのが一般のアラブ人の間に感情的にある。
古来からのイスラム教義を現代社会に合わせるために様々な宗教的妥協をしてきたし、それによりアラブ社会も近代化され発展してきた。

現代社会を生き抜く知恵でもあったわけだ。
世界各地に広大な別荘を持ち、プライベートジェットで飛び回り、高級ワインを飲むながらヨット遊びを楽しむアラブの金持ち・・・アラブ人社会の貧富の格差は想像を絶するし、こうした社会的不満が若者をより純粋な原理主義的に駆り立てる。
多くのアラブ人の大人たちも過激派の教義の方がより純粋にイスラム的であることを知っているし、貧しい純粋な若者がより原理主義の過激派の教義に引かれていくことを理解している。

日本は貧富の格差が小さいとはいえ、腐敗した部分が多くある。
接待付けの文科省の役人が逮捕されたが、この程度の大人は日本社会のどこにでもいる。
立場を利用して接待や贈答を要求したり、悪いことをしても謝らないオッサン(7/5記事参照)が普通にどこにでもいてまともな若者たちを呆れさせる。

この汚い社会に不信感を持つ若者が過激な宗教思想に引かれていく・・・オウムもイスラム過激派も同じような構図で出来上がっているような気がする。

そういう意味では、イスラム過激派は、腐敗したアラブの大人の世界が生み出したものだろうし、オウム真理教も歪んだ日本社会が生み出したものだ。
反省すべきは、今の社会を作り上げている大人たちなのだろう。


にほんブログ村


オウム真理教とイスラム過激派(1)

1F9AA628-AFFE-4694-B762-CBE4BEAA3467








オウム真理教のサリン死刑囚が結局、13人全員、死刑執行された。
死刑確定していたので執行についても問題はないが、一部のマスコミが死刑反対の意見を出している。
欧米の人権派の団体やマスコミから10人を越える大量死刑に対して異論が出ているからだそうだ。
イベント的な話題性のある大量死刑は、一般市民へのみせしめ、公開処刑に近いもので、中世の非人道的なイメージを彼らは持っているのだろう。

ただ、日本と欧米では社会も歴史も宗教も違う。
オウム真理教の大量死刑で中世的な魔女狩り処刑みたいなイメージを抱く日本人はほとんどいないだろうし、公開処刑といったような人道上の懸念は日本社会にはない。
でも、問題なのは、よく物事を考えずに、欧米人権派に影響されてギャーギャー死刑廃止を主張している日本のマスコミだ。
この日本の偽人権派のマスコミ・記者・評論家に違和感を感じるのはワシだけだろうか?

欧米社会はテロに対して超厳しい社会で、テロなどの凶悪犯はその場で射殺される場合が多い。
日本と違い銃社会なので自己防衛のための射殺は許されているからだ。
テロは極めて悪質な反社会的な犯罪なので、その場でズドン、一発キャピタルパニッシュメントでも法律上も全く問題はない。
でもこれって・・・人権も法廷も死刑も関係なく、死刑執行しているのと変わらない。

これに対して日本はどんな凶悪犯に対しても法律で裁かれる機会を保証している。
日本の警察は威嚇の発砲は許されているが、余程緊急の場合以外、犯人の射殺は許されていない。
一体、どっちが民主的なのだろう?
おそらくキリスト教の価値観なのだろうが・・・欧米では神の前で「懺悔」した者には次のチャンスが与えられる。
殺人犯でも法廷で懺悔をし悔い改めると発言すれば、どんな量刑であれ、立ち直るための更生の道が用意される。
こうした意味で欧米の人権派が「懺悔」をした犯罪者の死刑廃止を主張していることは理解できる。

日本では凶悪犯も生け捕りされて法廷で裁かれるが・・・でも、懺悔しても許されることはない。
それぞれの社会にはその市民たちが受容するモラルや犯罪観があり、もし、オウムが欧州でサリン事件を起こしオウム施設に踏みこまれたとしたら、麻原などはその場で射殺されていたはずだ。
そうした社会的・宗教的な犯罪観も理解せずに、人権という言葉の響きの良さに流されてしまう・・・マスコミのレベルの低さが露呈したということだろう。



にほんブログ村


プロフィール

kabusanjin

最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
楽天市場
カテゴリー
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ