Barbarian's Opinion

M&A等に際する企業価値評価(Valuation)に関連して言いたいこと(Opinion)を持つ管理人が運営しています。
株式買取請求権の下での企業価値評価等、法律とファイナンスの境界領域に属するトピックを中心にファイナンス理論と法に忠実に記述していきます。

 本日、山陽電気鉄道(9052)による山陽百貨店(8257)に対する公開買付け(TOB)が発表されました。早速、DCF法評価が適切なものであったかどうか、検証を始めてみたいと思います。本件のDCF法評価の概要は以下の通りです。■会社側算定機関1株当たり株式価値:2,278円から2,829 ... もっと読む

 前回の記事からだいぶ日が経ってしまいましたが、NFS株式会社による日本フォームサービス(7869)に対する公開買付け(TOB)において採用された株式価値算定書のDCF法評価について、今回は継続期間のフリー・キャッシュ・フローを推定してみます。 前回のアイレックス(6944 ... もっと読む

 昨年の12月24日、ジャパンシステム(9758)が株式非公開化を目的とした公開買付け(TOB)を受けることが発表されました。こちらについても、その公開買付価格の決定に使用された株式価値算定書のDCF法評価について検証してみます。評価の概要は以下の通りです。■会社側算定 ... もっと読む

 昨年の12月23日、日本フォームサービス(7869)に対する公開買付け(TOB)が発表されました。公開買付価格は1株につき3,100円です。公開買付価格の検討に当たって採用された株式価値算定書のDCF法評価の前提および結果は以下の通りでした。■会社側第三者算定機関算定された ... もっと読む

 TCSホールディングス(非上場)によるアイレックス(6944)に対する公開買付け(TOB)において採用された株式価値算定書のDCF法評価について、今回は継続期間のフリー・キャッシュ・フローを推定してみます。 先日のアンドール(4640)、テクノ・セブン(6852)で用いた方法と ... もっと読む

↑このページのトップヘ