Barbarian's Opinion

M&A等に際する企業価値評価(Valuation)に関連して言いたいこと(Opinion)を持つ管理人が運営しています。
株式買取請求権の下での企業価値評価等、法律とファイナンスの境界領域に属するトピックを中心にファイナンス理論と法に忠実に記述していきます。

2020年12月

 TCSホールディングス(非上場)によるアイレックス(6944)に対する公開買付け(TOB)において採用された株式価値算定書のDCF法評価について、今回は継続期間のフリー・キャッシュ・フローを推定してみます。 先日のアンドール(4640)、テクノ・セブン(6852)で用いた方法と ... もっと読む

 TCSホールディングス(非上場)によるテクノ・セブン(6852)に対する公開買付け(TOB)において採用された株式価値算定書のDCF法評価について、今回は継続期間のフリー・キャッシュ・フローを推定してみます。 先日のアンドール(4640)で用いた方法と同じく、1.DCF法の計算 ... もっと読む

 TCSホールディングス(非上場)によるアンドール(4640)に対する公開買付け(TOB)において採用された株式価値算定書のDCF法評価について、今回は継続期間のフリー・キャッシュ・フローを推定してみます。 推定方法としては1.DCF法の計算過程を再現して逆算する。2.財務 ... もっと読む

 先日から取り上げ始めた出光興産(5019)による東亜石油(5008)に対する公開買付け(TOB)のDCF法評価に関して、今回は継続期間のフリー・キャッシュ・フローほかについて検証を行いたいと思います。 本件で第三者算定機関がDCF法評価の前提とした財務予測は次のようなものでし ... もっと読む

 アンドール(4640)、テクノ・セブン(6852)に続いて、TCSホールディングス子会社による上場子会社・関連会社に対する公開買付け(TOB)においてなされたDCF法評価の検証を、今回はアイレックス(6944)について行います。 アイレックスの利用した第三者算定機関のDCF法評価の結 ... もっと読む

↑このページのトップヘ