Barbarian's Opinion

M&A等に際する企業価値評価(Valuation)に関連して言いたいこと(Opinion)を持つ管理人が運営しています。
株式買取請求権の下での企業価値評価等、法律とファイナンスの境界領域に属するトピックを中心にファイナンス理論と法に忠実に記述していきます。

カテゴリ: 9437

 日本電信電話(9432)によるNTTドコモ(9437)について当ブログではそのTOB価格について検証を行ってきました。また、本件に関しては当ブログにおいて一定の結論を出すと宣言しておりましたが、他のTOB案件などもあり、NTTドコモの結論については後回しとなっておりました。 N ... もっと読む

 他のMBO案件が次々と発表されたために記事を書くのを中断していました日本電信電話(9432)によるNTTドコモ(9437)に対するTOBにおける株式価値算定書の続きになります。今回は、営業費用及び運転資本の変動についてです。今回も、プルータス・コンサルティング作成のものと野 ... もっと読む

 前回の記事で、日本電信電話(9432)によるNTTドコモ(9437)に対するTOBでなされたDCF法評価での継続期間フリー・キャッシュ・フロー及び「非事業性資産-負債」について推定を行いました。今回は、この「非常性資産-負債」が適切なものかどうかについて検証を行いました。  ... もっと読む

 以前の記事で、日本電信電話(9432)によるNTTドコモ(9437)に対するTOBに際して提示された財務予測あるいは事業見通しについて検証を行いました。今回は、DCF法評価における継続期間のフリー・キャッシュ・フローについて推定を行います。 フリー・キャッシュ・フローの金額 ... もっと読む

 本日の13:49に開示資料23ページ以下で引用されている三菱UFJモルガン・スタンレー証券作成の株式価値算定書が開示されました(閲覧方法はこちらの記事を参考にしてください。)。残念ながら、その内容を詳細に検証するために必要な数値等の記載のないものとなっています。 ... もっと読む

↑このページのトップヘ