Barbarian's Opinion

M&A等に際する企業価値評価(Valuation)に関連して言いたいこと(Opinion)を持つ管理人が運営しています。
株式買取請求権の下での企業価値評価等、法律とファイナンスの境界領域に属するトピックを中心にファイナンス理論と法に忠実に記述していきます。

カテゴリ: 4115

 先日から当ブログで取り上げている三井化学(4183)および三井物産(8031)による本州化学工業(4115)に対する公開買付け(TOB)でなされたDCF法評価についてですが、前回の記事である管理人によるDCF法評価を行った前回の記事で検証を一区切りしたいと思います。今後別の株式価値 ... もっと読む

 一昨日より当ブログでは三井化学(4183)および三井物産(8031)による本州化学工業(4115)に対する公開買付け(TOB)開始予定の開示に際して提示された株式価値算定書のDCF法評価について検証を行ってきました。検証の方法として株式価値算定書の計算過程を逆算するなどして用い ... もっと読む

 昨日から検証を行っている、三井化学(4183)および三井物産(8031)による本州化学工業(41159)に対する公開買付け(TOB)開始の予定に再訂して開示された資料中の株式価値算定書におけるDCF法評価について、本日は投下資本の推定を行うとともにDCF法計算過程の再検討を行いまし ... もっと読む

※本記事につきましては、当初の内容に誤りがございましたので訂正の上ファイルを差し替えております。ご了承願います。 昨日から検証を行っている、三井化学(4183)および三井物産(8031)による本州化学工業(4115)に対する公開買付け(TOB)における株式価値算定書のDCF法評価 ... もっと読む

 本日発表された、三井化学(4183)及び三井物産(8031)による本州化学工業(4115)に対する公開買付け予定の発表に際して開示された株式価値算定書について、本日の記事でそのDCF法評価における継続価値のフリー・キャッシュ・フローを推定するとともに割引率が高いと直感的に感 ... もっと読む

↑このページのトップヘ